【NISAでインデックス投資】NISA口座で投資すべきおすすめファンド(投資信託)10選!

「NISA口座を開設したけど、どの金融商品に投資すればいいのか分からない……」と、途方に暮れていませんか?

NISA口座は、2018年12月末時点で累計1,150万口座を突破していますが、そのうちの半数に上る518万口座は入金もされず手付かずのままとなっています。

NISA口座の金融商品選びに困っている人が非常に多いことが見てとれます。

NISA口座では、個別株に投資すべきだと考える人は多いのですが、個別株投資(アクティブ投資)は初心者にとって非常に難しいというのが実態です。

投資初心者がNISA口座で投資すべき金融商品は、個別株ではなくファンドに運用してもらう投資信託なのです。

 

目次

NISA口座でファンド(投資信託)に投資するメリット

NISAは、2014年1月から始まった個人投資家優遇制度です。

株式投資や投資信託で発生した利益を確定するときには一律20.315%の税金が発生しますが、NISA口座内では年間120万円の非課税枠が最長5年間に渡って有効となります。

例えば、年間120万円ずつ5年間積み立て投資をして、値上がり益や配当金で合計100万円の利益が出ていた場合には、その利益に対して約20万円の税金が発生します。このときNISA口座内で投資していた場合には、値上がり益・配当金は非課税となるため税金は発生しません。

NISAの対象商品は、株式投資信託や国内株、外国株、上場投資信託(ETF)、REITなどあらゆる金融商品が対象となります。

NISA口座は1人につき1つの金融機関でしか口座開設することができず、2018年1月から始まったつみたてNISA口座と同時に開設することもできません。

NISA口座を使う人の多くは、日本株の個別銘柄に投資することが多くなっています。

個別銘柄に投資することをアクティブ投資、日経平均などの指数に連動することを目指すファンド(投資信託)に投資することをインデックス投資と呼びます。

多くの投資初心者は、NISA口座でアクティブ投資を手掛けているわけですが、これはおすすめできません。

インデックス投資の優位性は示すデータは数多く、投資歴が10年以上ある上級者ならともかく、投資初心者がアクティブ投資で利益を出すことは至難の業です。

投資初心者は、NISA口座で個別銘柄へのアクティブ投資をするのではなく、投資信託へのインデックス投資をすべきなのです。

 

NISAで投資するファンド(投資信託)の選び方ポイント

・投資信託は、「運用手法」によって、リスクが小さいインデックスファンドとリターンが大きいアクティブファンドに分かれる。
・投資信託の手数料となる「信託報酬」と、リターンの目安となる「直近3年間の運用成績」を要チェック!
・投資信託がどのような「ポートフォリオ」で構成されているのかも要チェック。
・投資信託の信頼を見る上では運用が始まった「運用開始日」もチェックしておくとよい。
・その投資信託を「NISA口座で扱っている金融機関」を確認しておこう。

 

今回は、投資初心者がNISAで運用するおすすめのファンド(投資信託)をランキング形式で紹介していきます。

その前に、投資信託の基本や、NISAで運用する投資信託選びのポイントを抑えておきましょう。

 

そもそも投資信託とは?

投資信託とは、個人投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、ファンドマネジャーが株式や債券などで運用する金融商品です。

投資信託は、運用手法によってインデックスファンドとアクティブファンドの2つに分かれます。

インデックスファンドとは、日経平均株価のような指数と同じ運用成績を目指すファンドで、コストも安く、運用成績も安定していることが特徴です。

アクティブファンドとは、独自のテーマに基づいて運用して、指数を上回る運用成績を目指すファンドで、コストはインデックスファンドよりやや高く、運用成績もハイリスク・ハイリターンとなります。

 

NISAで運用する投資信託選びのポイント

NISAで運用する投資信託選びのポイントを見ていきましょう。

まず、その投資信託の「運用手法」がインデックスファンドかアクティブファンドなのかを抑えておきましょう。インデックスファンドはリスクが小さい一方で、アクティブファンドはハイリスク・ハイリターンとなります。

次に、投資信託の手数料である「信託報酬」は必ずチェックしておきましょう。同時に、投資信託の運用益の目安として「直近3年間の運用成績」も確認しておきましょう。

また、その投資信託がどのような「ポートフォリオ」で構成されているのか?も重要なポイントになります。投資信託では、債券より株式、先進国よりも新興国の方がハイリスク・ハイリターンとなります。

投資信託は、運用を開始した年月が長いほど信頼も大きくなります。投資信託の運用が始まった「運用開始日」もチェックしておくとよいでしょう。

最後に、その投資信託を「NISA口座で扱っている金融機関」もチェックしておきましょう。

 

NISAの運用におすすめのファンド(投資信託)10選!

NISAの運用におすすめのファンド(投資信託)をランキング形式で見ていきましょう。

 

第10位 複合資産型投資信託の代表格!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.4968%
ポートフォリオ 先進国債券43.54%、先進国株40.74%、新興国株式5.81%、国内債券5.61%、国内株式3.70%、現金0.6%
運用成績(直近3年間) +13.73%
運用開始日 2007年3月15日
NISA口座 セゾン投信

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、世界30ヶ国以上の株式と10ヶ国以上の債権に分散投資しているインデックスファンドです。株式と債券の比率は5:5となっています。信頼も運用成績も申し分なく、最もおすすめのバランス型投資信託ですが、NISA・つみたてNISAでの取り扱いはセゾン投信のみとなっており、証券会社では取り扱っていません。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの公式ページ

 

第9位 外国株投資信託の決定版!セゾン資産形成の達人ファンド

運用手法 アクティブ
信託報酬 0.5724%
ポートフォリオ 先進国株69.38%、新興国株13.23%、国内株10.87%、現金6.52%
運用成績(直近3年間) +33.39%
運用開始日 2007年3月15日
NISA口座 セゾン投信

「セゾン資産形成の達人ファンド」は、世界中の株式に分散投資しているアクティブファンドです。長期的な視点に立った資産形成を行う世界株ファンドで、信頼や運用成績は申し分ありません。しかし、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と同じく、証券会社のNISA口座では取り扱っておらず、セゾン投信のみの取り扱いとなっています。

セゾン資産形成の達人ファンドの公式ページ

 

第8位 新興株型投資信託!たわらノーロード 新興国株式

運用手法 インデックス
信託報酬 0.3672%
ポートフォリオ 新興国株82.24%、外国株13.97%
運用成績(直近3年間) +27.24%
運用開始日 2016年3月14日
NISA口座 楽天証券SBI証券など

「たわらノーロード 新興国株式」は、中国や韓国、台湾といった新興国株を中心にポートフォリオ構成されているインデックス型投資信託です。信託報酬・運用成績ともに申し分なく、ハイリスク・ハイリターンの新興国投資信託の中でもおすすめの金融商品となっています。

たわらノーロード 新興国株式の公式ページ

 

第7位 欧州株ならこれで決まり!フィデリティ・欧州株・ファンド

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.6200%
ポートフォリオ 先進国株91.2%(イギリス28.4%、フランス14.7%、ドイツ11.5%など)、外国株8.5%、現金0.3%
運用成績(直近3年間) +31.84%
運用開始日 1998年4月1日
NISA口座 楽天証券SBI証券など

「フィデリティ・欧州株・ファンド」は、欧州株に特化したアクティブファンドです。欧州の成長企業を選びぬく運用力と20年以上の卓越した運用実績に裏付けられたおすすめのファンドです。欧州株で運用する場合は、この投資信託を選ぶようにしましょう。

フィデリティ・欧州株・ファンドの公式ページ

 

第6位 アクティブ型米国株投資信託!フィデリティ・米国優良株・ファンド

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.6092%
ポートフォリオ 米国株98.8%
運用成績(直近3年間) +25.42%
運用開始日 1998年4月1日
NISA口座 楽天証券SBI証券など

「フィデリティ・米国優良株・ファンド」は、米国株に特化したアクティブファンドです。1998年から20年以上に渡って米国株で運用してきた実績があり、アクティブ型の米国株投資信託としては最もおすすめです。

フィデリティ・米国優良株・ファンドの公式ページ

 

第5位 米国株インデックス投資信託!楽天・全米株式インデックス・ファンド

運用手法 インデックス
信託報酬 0.1696%
ポートフォリオ 米国株100%
運用成績(直近3年間) +8.52%
運用開始日 2017年9月29日
NISA口座 楽天証券SBI証券など

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は、米国株で運用するインデックスファンドです。米国株インデックスファンドとしては、信託報酬は非常に安く、人気の投資信託となっています。運用成績や信頼性では、アクティブ型米国投資信託の「フィデリティ・米国優良株・ファンド」に分がありますが、低コストかつインデックスファンドという点で、初心者にはこちらをおすすめいたします。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの公式ページ

 

第4位 バランス型投資信託!野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.5400%
ポートフォリオ 先進国株17.1%、国内株16.8%、国内REIT16.5%、外国REIT16.5%、新興国債券11.1%、国内債券11.0%、先進国債券10.9%
運用成績(直近3年間) +11.39%
運用開始日 2013年9月12日
NISA口座 楽天証券SBI証券など

「野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型」は、国内および外国の株式・債券・REITなど7資産でバランスよく運用する複合資産型インデックスファンドです。低リスクで安定したリターンを追求したい人には、おすすめの投資信託となっています。

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の公式ページ

 

第3位 インデックス型日本株投資信託!eMAXIS 日経225インデックス

運用手法 インデックス
信託報酬 0.4320%
ポートフォリオ 日本株100%
運用成績(直近3年間) +25.18%
運用開始日 2009年10月28日
NISA口座 楽天証券SBI証券など

「eMAXIS 日経225インデックス」は、日経平均株価と連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。日経平均を構成する銘柄からポートフォリオが構築されており、日経平均連動型の投資信託の中では信託報酬が安くなっています。安全な日本株投資信託としておすすめの金融商品です。

eMAXIS 日経225インデックスの公式ページ

 

第2位 日本株投資信託の決定版!ひふみプラス

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.0584%
ポートフォリオ 日本株84.05%、外国株10.23%、現金など4.01%
運用成績(直近3年間) +30.32%
運用開始日 2012年5月28日
NISA口座 楽天証券SBI証券など

「ひふみプラス」は、日本の成長企業の株式を中心に運用している日本株ファンド「ひふみ投信」の銀行や証券会社販売用の金融商品です。名前が違うだけで、ポートフォリオ構成は「ひふみ投信」と全く同じとなっています。日本株投資信託に迷ったら、「ひふみプラス」で運用するとよいでしょう。

ひふみプラスの公式ページ

 

第1位 外国株インデックスファンド!たわらノーロード 先進国株式

運用手法 インデックス
信託報酬 0.2160%
ポートフォリオ 先進国株100%(アメリカ65.45%、イギリス6.29%、フランス3.79%など)
運用成績(直近3年間) +29.93%
運用開始日 2015年12月18日
NISA口座 楽天証券SBI証券など

「たわらノーロード 先進国株式」は、米国株と欧州株を中心にポートフォリオ構成された外国株インデックスファンドです。ポートフォリオの過半数はアメリカ株で構成されています。AppleやMicrosoft、Amazonが構成銘柄上位3位となっており、グローバル企業の成長を自身の資産運用に生かししたい人にはおすすめの投資信託です。

たわらノーロード 先進国株式の公式ページ

 

NISAの運用におすすめのファンド(投資信託)比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

投資信託 運用手法 信託報酬 ポートフォリオ 運用成績(直近3年間) 運用開始日

たわらノーロード 先進国株式
インデックス 0.2160% 米国株・欧州株 +29.93% 2015年12月18日

ひふみプラス
アクティブ 1.0584% 日本株 +30.32% 2012年5月28日

eMAXIS 日経225インデックス
インデックス 0.4320% 日本株 +25.18% 2009年10月28日

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型
インデックス 0.5400% 複合資産 +11.39% 2013年9月12日

楽天・全米株式インデックス・ファンド
インデックス 0.1696% 米国株 +8.52% 2017年9月29日

フィデリティ・米国優良株・ファンド
アクティブ 1.6092% 米国株 +25.42% 1998年4月1日

フィデリティ・欧州株・ファンド
アクティブ 1.6200% 欧州株 +31.84% 1998年4月1日

たわらノーロード 新興国株式
インデックス 0.3672% 新興国株 +27.24% 2016年3月14日

セゾン資産形成の達人ファンド
アクティブ 0.5724% 世界株 +33.39% 2007年3月15日

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
インデックス 0.4968% 複合資産 +13.73% 2007年3月15日

 

NISA口座で投資信託に投資するときの注意点

NISA口座で投資信託に投資するときの注意点を抑えておきましょう。

投資信託の場合はリスクを取っても良い

NISA口座を使った投資をするときも、当然リスク管理は必要となります。

しかし、個別株投資に比べると、投資信託ではリスク管理の必要性は薄まります。なぜなら、投資信託は、商品自体が既にリスクヘッジされたポートフォリオ構成になっているためです。

リスクの大きい半導体株やバイオテクノロジー株などが含まれる多数の銘柄の中から、自己責任で投資対象を自分の手で選ぶ必要がある個別株投資とは訳が違うのです。

このため、投資信託に投資する場合は、アクティブファンドや新興国ファンドなどにも積極的に投資して構いません。

NISA口座の120万円をフルに使ってリスクを取っていきましょう!

 

長期積立目的ならつみたてNISAにする

NISA口座でも投資信託に投資することはできます。

しかし、長期・分散・積立投資という人生100年時代に向けた資産形成を行いたい場合は、一般NISAではなく、つみたてNISA口座で行うことをおすすめします。

投資信託に積立投資する場合には、非課税期間が最長5年のNISAよりも、20年間に渡って非課税となるつみたてNISAの方が適しています。

投資信託に特化したつみたてNISAが始まった現在、NISA口座は5年程度の個別株投資にしか旨味がなくなっていますが、個別株投資は初心者にはおすすめできません。

つみたてNISAが始まった現在、投資初心者がNISAを選ぶメリットは薄くなっていると言えます。

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status