NISA

【少額投資非課税制度】NISA口座の開設におすすめの銀行・証券会社10選!

2014年1月から始まった少額投資非課税制度NISAは、2018年12月末時点で1,150万口座を突破しています。

NISAは年120万円の投資枠から発生した利益が最長5年間に渡って非課税となる個人投資家優遇制度であり、個別株や株式投資信託、REITなどさまざまな金融商品が対象となっています。

今や日本人の10人に1人が開設しているNISAですが、今から口座開設しても遅くはありません。

ただ、NISAは1人につき1口座しか開設することができないため、NISA口座を開設する金融機関選びは慎重に行う必要があります。

 

NISA口座を開設するメリット

NISAは、2014年1月から始まった少額からの投資を行う個人投資家のための非課税制度です。

株式投資や投資信託で発生した利益を確定するときには一律20.315%の税金が発生しますが、NISA口座内では年間120万円の非課税枠が最長5年間に渡って有効となります。

例えば、年間120万円ずつ5年間積み立て投資をして、値上がり益や配当金で合計100万円の利益が出ていた場合には、その利益に対して約20万円の税金が発生します。このときNISA口座内で投資していた場合には、値上がり益・配当金は非課税となるため税金は発生しません。

NISAの対象商品は、株式投資信託や国内株、外国株、上場投資信託(ETF)、REITなど多岐に渡ります。

ただ、NISA口座は1人につき1つの金融機関でしか口座開設することができません。また、2018年1月からはより長期の資産形成に特化した「つみたてNISA」も始まっていますが、NISA口座とつみたてNISA口座はどちらか1つしか開設することができません。

このため、NISA口座を開設する金融機関選びは慎重に行う必要があります。

NISA口座は証券会社に口座を開くことが一般的ですが、普段使いの銀行用途のついでに積立投資したい場合には銀行にNISA口座を開くのもアリです。

 

NISA口座を開設する銀行・証券会社の選び方ポイント

・銀行でNISA口座を開設するメリットは、普段使いの用途に加えて資産運用できること。証券会社(ネット証券)のメリットは取扱商品が非常に多いこと。基本的には証券会社を選ぶのがおすすめ。

 

NISA口座を開設する銀行・証券会社の選び方ポイントを抑えておきましょう。

まず、NISA口座を開設するのは、銀行と証券会社のどちらにすべきかについてですが、銀行のメリットは普段使いの用途に加えて資産運用できることです。一方、証券会社(ネット証券)のメリットは取扱商品が非常に多いことが挙げられます。

NISAでは全ての個別株が投資対象となっているなど、対応している金融商品が多いことから、基本的には証券会社でNISA口座を開設することがおすすめです。仮に投資信託だけを手掛ける場合であっても、証券会社の方が品揃え豊富です。

銀行のNISA口座では投資信託しか対応していませんが、普段使いの延長で簡単な積み立て投資をするだけで十分ならば、わざわざ証券会社でNISA口座を開設する必要がないとも言えます。

銀行と証券会社、それぞれの選び方ポイントを見ていきましょう。

 

NISA口座を開設する銀行の選び方ポイント

・NISA口座に対応している「取り扱い投資信託」を要チェック。
・「コンビニATM出金手数料」と「振込手数料」といった普段使い時の利便性も要チェック。

 

銀行にNISA口座を開設する場合のポイントは、NISA口座に対応している「取り扱い投資信託」の種類が重要になってきます。

また、銀行で重要となってくるのは、ATM手数料など普段使い時の利便性です。普段使いの利便性が良くなければ、わざわざ銀行にNISA口座を開設する利点はありません。

利便性をはかる上で重要なポイントは、「コンビニATM出金手数料」と「振込手数料」が挙げられます。

日本中どこにでもあるセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンに設置してあるATMでは、あらゆる銀行からお金を引き出すことが可能となっています。日本全国どこにでもあるコンビニATMでお金を無料で引き出せるなら、もはや、わざわざ店舗型銀行のATMに行く理由はありません。

 

NISA口座を開設する証券会社の選び方ポイント

・証券会社は手数料が安い「ネット証券」を選ぶこと。
・「NISA口座の株式手数料」は必ずチェック。
・証券会社選びのNISA口座選びで最も重要なのは金融商品の種類。「投資信託」「外国株」「IPO株」の3点を抑えておこう。

 

証券会社には店舗型の総合証券と、ネットで全て完結するネット証券の2種類があります。現代において、手数料が高い店舗型総合証券を選ぶメリットはほとんどありません。必ず、手数料が安い「ネット証券」を選ぶようにしましょう。なお、今回紹介する証券会社はいずれもネット証券となっています。

NISA口座では株式の買い付け/売却で発生する手数料が優遇されていることが多くなっています。「NISA口座での株式手数料」は必ずチェックしておきましょう。

証券会社のNISA口座選びで最も重要なのは、証券会社ごとに取り扱っている金融商品の種類です。具体的には、「投資信託」と「外国株」の種類を要チェックしておきましょう。なお、国内市場に上場している国内株は、全ての証券会社で全ての銘柄に投資することが可能です。

また、近年、個人投資家に人気となっている「IPO株」に対応しているかどうかもチェックしておきましょう。IPO株とは新規上場する新興株のことで、IPO公募に応募してから上場時に売却すれば大きな利益が期待できることが多くなっています。

 

NISA口座の開設におすすめの銀行3選!

NISA口座の開設におすすめの銀行をランキング形式で見ていきましょう。

 

第3位 全国の郵便局・ファミマでATM無料!ゆうちょ銀行

取り扱い投資信託 142本
コンビニATM出金手数料 ファミリーマート(一部店舗):何回でも無料
振込手数料 同行間:月5回まで無料 以降113円
他行間:216円~432円

ゆうちょ銀行のNISA口座では、外国株式投資信託として名高い「セゾン資産形成の達人ファンド」や「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」など142本を取り扱っています。普段使いの銀行口座としても、全国の郵便局に設置してあるATMを無料で利用できるほか、ファミリーマートの一部店舗でも無料で引き出すことが可能です。

ゆうちょ銀行の公式ページ

 

第2位 イオンユーザーにおすすめ!イオン銀行

取り扱い投資信託 250本
コンビニATM出金手数料 ファミリーマート、ローソン:月0~5回まで無料
ミニストップ:何回でも無料
振込手数料 同行間:無料
他行間:月0~5回まで無料 以降200円

イオン銀行のNISA口座では、日本株投資信託の代表格である「ひふみプラス」を始めとする250種類の投資信託で資産運用することができます。イオン銀行の預金金利は、イオンの電子マネー「WAON」の利用額が増えれば増えるほど高くなる仕組みとなっているため、イオンユーザーには一押しの銀行です。また、ファミリーマート、ローソンではATM手数料が最大で月5回まで無料になり、ミニストップでは24時間365日何回でも無料で引き出すことが可能です。

イオン銀行の公式ページ

 

第1位 セブン・ローソン・ファミマのコンビニATM手数料無料!ジャパンネット銀行

取り扱い投資信託 264本
コンビニATM出金手数料 セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン:3万円以上で無料
振込手数料 同行間:54円
他行間:172円~270円

ジャパンネット銀行のNISA口座では、低コスト投資信託として知られる「eMAXIS Slim」シリーズや日本株投資信託の代表格「ひふみプラス」など264本の投資信託に対応しています。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのATMでは3万円以上の出金が何回でも無料となる利便性も魅力的です。

ジャパンネット銀行の公式ページ

 

NISA口座の開設におすすめの銀行比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

銀行 取り扱い投資信託 コンビニATM出金手数料 振込手数料

ジャパンネット銀行
264本 セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン:3万円以上で無料 同行間:54円
他行間:172円~270円

イオン銀行
250本 ファミリーマート、ローソン:月0~5回まで無料
ミニストップ:何回でも無料
同行間:無料
他行間:月0~5回まで無料 以降200円

ゆうちょ銀行
142本 ファミリーマート(一部店舗):何回でも無料 同行間:月5回まで無料 以降113円
他行間:216円~432円

 

 

NISA口座の開設におすすめの証券会社(ネット証券)7選!

NISA口座の開設におすすめのネット証券をランキング形式で見ていきましょう。

 

第7位 手数料が安い!ライブスター証券

NISA口座の株式手数料 80円~400円
投資信託 1本
外国株 取り扱いなし
IPO株 対応

ライブスター証券は、ネット証券の中でも手数料が最安値となっている個人投資家に人気の証券会社です。通常時の株式手数料は最安値となっていますが、NISA口座で無料にならない点はネックとなります。投資信託は、「ひふみプラス」の1本しか扱っておらず、外国株の取り扱いもありません。なお、「ひふみプラス」の手数料は無料となっています。

ライブスター証券の公式ページ

 

第6位 NISA口座の手数料無料!GMOクリック証券

NISA口座の株式手数料 無料
投資信託 116本(ノーロード98本)
外国株 取り扱いなし
IPO株 対応

GMOクリック証券は、FX取引において世界一の取引量を誇る証券会社です。NISA口座での株式手数料は無料となっており、投資信託は日本株投資信託の「ニッセイ日経225インデックスファンド」や「ひふみプラス」など厳選された116本を取り揃えています。

GMOクリック証券の公式ページ

 

第5位 株式手数料無料!主要投資信託が揃っている!松井証券

NISA口座の株式手数料 無料
投資信託 805本(ノーロード671本)
外国株 取り扱いなし
IPO株 対応

松井証券は、NISA口座での株式手数料が無料となるほか、多くの主要投信を含む805本の投資信託を取り揃えています。外国株の取り扱いがないのはネックとなりますが、個別株・投資信託ともに問題なく投資できるおすすめの証券会社です。

松井証券の公式ページ

 

第4位 NISA割で現物手数料が安くなる!カブドットコム証券

NISA口座の株式手数料 無料
投資信託 1,103本(ノーロード678本)
外国株 取り扱いなし
IPO株 対応

カブドットコム証券は、NISA口座での株式手数料が無料となっており、投資信託は1,000本以上取り扱っています。NISA口座を開設すると、現物株式手数料が最大5%割引となる「NISA割」を受けることができるのも大きなメリットです。NISA口座では、【7201】日産自動車や【2914】JTといった配当利回りが5%を超える高配当株が人気となっているようです。外国株の取り扱いがない点がネックとなります。

カブドットコム証券の公式ページ

 

第3位 NISA口座にもおすすめの万能証券!楽天証券

NISA口座の株式手数料 無料
投資信託 2,671本(ノーロード1,350本)
外国株 米国株2,067銘柄、中国株922銘柄、アセアン株258銘柄
IPO株 未対応

楽天証券は、全てのサービスが平均以上の水準を誇るネット証券です。NISA口座での株式手数料が無料なのはもちろん、2,600本以上の投資信託、2,000銘柄以上の米国株、900銘柄以上の中国株にも対応しています。また、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシアといったアセアン株も取り扱っています。ただ、IPO株がNISA口座に対応していない点がデメリットとなります。

楽天証券の公式ページ

 

第2位 外国株に強み!マネックス証券

NISA口座の株式手数料 無料
投資信託 1,178本(ノーロード755本)
外国株 米国株約3,300銘柄、中国株約2,300銘柄
IPO株 対応

マネックス証券は、NISA口座での株式手数料が無料となっており、1,100本以上の投資信託も取り扱っています。特に強みを持つのは外国株で、米国株は約3,300銘柄以上、中国株は約2,300銘柄取り扱っています。IPOにも対応しており、NISA口座で取り扱う金融商品に困ることはありません。

マネックス証券の公式ページ

 

第1位 IPO株にも強い最強証券!SBI証券

NISA口座の株式手数料 無料
投資信託 2,715本(ノーロード1359本)
外国株 米国株約1,800銘柄、中国株約1,400銘柄、その他外国株式
IPO株 対応

SBI証券は、NISA口座での株式手数料が無料となっており、投資信託は2,700本以上、外国株も米国株1,800銘柄、中国株1,400銘柄、韓国株・ロシア株・シンガポール株なども取り扱っています。また、同社はIPOにも強みを持ち、2018年の実績では、総合証券も含む全証券会社で最多となる91銘柄を担当し、主幹事証券も12銘柄担当しています。デメリットは見当たらず、NISA口座の開設に文句なしでおすすめの証券会社です。

SBI証券の公式ページ

 

NISA口座の開設におすすめの証券会社比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

証券会社(ネット証券) NISA口座の株式手数料 投資信託 外国株 IPO株

SBI証券
無料 2,715本 米国株約1,800銘柄、中国株約1,400銘柄、その他外国株式

マネックス証券
無料 1,178本 米国株約3,300銘柄、中国株約2,300銘柄

楽天証券
無料 2,671本 米国株2,067銘柄、中国株922銘柄、アセアン株258銘柄 ×

カブドットコム証券
無料 1,103本 ×

松井証券
無料 805本 ×

GMOクリック証券
無料 116本 ×

ライブスター証券
80円~400円 1本 ×

 

 

NISA口座を開設するときの注意点

投資初心者がNISA口座を開設するときの注意点を抑えておきましょう。

つみたてNISA口座の方がおすすめの場合もある

投資初心者の場合、NISAではなく、つみたてNISAを使った方が良いケースが多々あります。

NISAでは120万円の非課税枠が5年間使える一方、2018年1月から始まったつみたてNISAでは40万円の非課税枠を20年間に渡って使うことができます。

また、NISAでは全ての上場株式や投資信託に投資できますが、つみたてNISAでは金融庁から指定を受けた約160本の投資信託にしか投資することができません。

つみたてNISAで投資できる金融商品が少ないことは一見デメリットに見えますが、投資初心者の場合は、むしろ厳選された投資信託の中から選べることはメリットにもなります。

NISAとつみたてNISAのどちらを開設して使うかはしっかりと考えた上で選択するようにしましょう。

 

口座を開設したら実際に投資してみよう

NISA口座の累計開設数は、2018年12月末時点で1,150万口座を突破しています。

しかし、この内有効な929万口座のうち、2018年の1年間で買い付けが行われなかった口座数は518万口座に上っています。
※出典:金融庁

NISA口座の半数以上は、開設はされたものの使われないまま放置されているのです。政府が折角用意してくれた個人投資家優遇制度を活用しないのは、もったいないとしか言いようがありません。

NISA口座を開設したら、安全な金融商品でよいので、何らかのアクションを起こすようにしてみましょう。

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status