NISA

【人生100年時代の資産形成】積立NISAの運用におすすめのインデックスファンド・アクティブファンド10選!

2019年6月に金融庁が発表した報告書「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響を呼んでいます。

これからの人生100年時代には、年金収入だけでは老後の生活をまかないきれないため、現役世代は老後に向けて最低でも2,000万円の資産形成が必要だというのです。

同報告書の中では、現役世代のうちから金融リテラシーの向上に努め、積立NISAなどを活用して長期・積立・分散投資をするなどの対策が掲げられています。

ネット上では金融庁への反発の声が強くなっていますが、平均寿命の上昇と高齢化、そして人口減少によって年金財政が苦しくなっているのは現実に起きていることです。

これからの人生100年時代には、否応なしに、若い内から積立NISAなどを使った資産運用をすることが求められてきます。

ただ、積立NISAを使った運用を上手に行うには、ファンドや銘柄の違いをしっかりと理解しておく必要があります。

 

目次

積立NISAで運用するメリット

積立NISAは、国民が老後に備えた資産形成をするために2018年1月から始まった、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

積立NISAでは年間40万円の非課税枠を最長20年間に渡って使うことが可能となっています。

例えば、投資信託を年間40万円ずつ20年間に渡って積立投資していき、20年後に200万円の含み益が出ていた場合は、通常なら含み益に対して20.315%課税されるため約40万円の税金が発生します。積立NISAの枠内で投資していた場合は非課税となるため、含み益に対して税金が一切発生しません。

ただ、積立NISA口座はNISA口座と同時に開くことができず、どちら一方を選択する必要があります。

また、積立NISAの対象商品は、金融庁が指定した投資信託と上場投資信託(ETF)に限定されており、個別株は積立NISAの対象にはなりません。2019年5月7日時点で、積立NISAの対象となっている金融商品は、投資信託160本とETF3本となっています。

積立NISAの対象となっている金融商品は、全ての個別株・投資信託も対象となるNISAに比べると圧倒的に少ないですが、それでも160以上のさまざまな投資信託の中から運用対象を選ぶのは投資初心者にとっては難しいものです。

ただ、いくつかのポイントを抑えてしまえば、積立NISAで運用すべき投資信託選びはそこまで難しくありません。

 

積立NISAで運用するファンド(投資信託)選びのポイント

・投資信託は、「運用手法」によって、リスクが小さいインデックスファンドとリターンが大きいアクティブファンドに分かれる。
・投資信託の手数料となる「信託報酬」と、リターンの目安となる「直近3年間の運用成績」を要チェック!
・投資信託がどのような「ポートフォリオ」で構成されているのかも要チェック。
・投資信託の信頼を見る上では運用が始まった「運用開始日」もチェックしておくとよい。
・その投資信託を「積立NISA口座で扱っている金融機関」を確認しておこう。

 

積立NISAを最大限に活用するためにも、投資信託の基本や、積立NISAで運用する投資信託(ファンド)選びのポイントを抑えておきましょう。

そもそも投資信託とは?

積立NISAの運用対象となる投資信託とは、個人投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、資産運用のプロであるファンドマネジャーが株式や債券などで運用する商品のことです。

投資信託は、運用手法によってインデックスファンドとアクティブファンドの2つに分かれます。

インデックスファンドとは、日経平均株価のような指数と同じ運用成績を目指すファンドで、コストも安く、運用成績も安定していることが特徴です。

アクティブファンドとは、独自のテーマに基づいて運用して、指数を上回る運用成績を目指すファンドで、コストはインデックスファンドよりやや高く、運用成績もハイリスク・ハイリターンとなります。

今回は、積立NISAに対応しているおすすめ投資信託をインデックスファンド・アクティブファンドごとにランキング形式で紹介していきます。

投資信託選びのポイント

インデックスファンド・アクティブファンドの違いはあっても、投資信託選びのポイントは共通です。投資信託選びのポイントを見ていきましょう。

まず、投資信託の手数料である「信託報酬」は必ずチェックしておきましょう。同時に、投資信託の運用益の目安として「直近3年間の運用成績」も確認しておきましょう。

また、その投資信託がどのような「ポートフォリオ」で構成されているのか?をチェックしておくことも重要です。投資信託では、債券より株式、先進国よりも新興国の方がハイリスク・ハイリターンとなります。

投資信託は、運用を開始した年月が長いほど信頼も大きくなります。投資信託の運用が始まった「運用開始日」もチェックしておくとよいでしょう。

最後に、その投資信託を「積立NISA口座で扱っている金融機関」も必ずチェックしておきましょう。

 

積立NISAの運用におすすめのインデックスファンド5選!

積立NISAの運用におすすめのインデックス型投資信託をランキング形式で見ていきましょう。

 

第5位 複合資産型投資信託の代表格!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.4968%
ポートフォリオ 先進国債券43.54%、先進国株40.74%、新興国株式5.81%、国内債券5.61%、国内株式3.70%、現金0.6%
運用成績(直近3年間) +13.73%
運用開始日 2007年3月15日
積立NISA口座 ゆうちょ銀行足利銀行横浜銀行など

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、世界30ヶ国以上の株式と10ヶ国以上の債権に分散投資しているインデックスファンドです。外国株・外国債券・国内株・国内債券でポートフォリオ構成されている複合資産型の投資信託に分類されます。株式と債券の比率は5:5となっており、リスク分散されています。信頼も運用実績も申し分ないのですが、証券会社の積立NISA口座では取り扱っておらず、ゆうちょ銀行や足利銀行など一部の銀行でしか取り扱っていない点がデメリットです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの公式ページ

 

第4位 新興株型投資信託はこれで決まり!たわらノーロード 新興国株式

運用手法 インデックス
信託報酬 0.3672%
ポートフォリオ 新興国株82.24%、外国株13.97%
運用成績(直近3年間) +27.24%
運用開始日 2016年3月14日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「たわらノーロード 新興国株式」は、中国や韓国、台湾といった新興国株を中心にポートフォリオ構成されている新興国株(エマージング株)型のインデックス投資信託です。信託報酬・運用成績ともに申し分なく、ハイリスク・ハイリターンの新興国投資信託の中でもおすすめの金融商品です。

たわらノーロード 新興国株式の公式ページ

 

第3位 バランス型ポートフォリオ投資信託!野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.5400%
ポートフォリオ 先進国株17.1%、国内株16.8%、国内REIT16.5%、外国REIT16.5%、新興国債券11.1%、国内債券11.0%、先進国債券10.9%
運用成績(直近3年間) +11.39%
運用開始日 2013年9月12日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型」は、国内および外国の株式・債券・REITなど7資産でバランスよく運用する複合資産型のインデックスファンドです。株式・債券・REITの比率はそれぞれ33%ずつとなっており、低リスクで安定したリターンを追い求めたい人にはおすすめの投資信託となっています。

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の公式ページ

 

第2位 インデックス型日本株投資信託の代表格!eMAXIS 日経225インデックス

運用手法 インデックス
信託報酬 0.4320%
ポートフォリオ 日本株100%
運用成績(直近3年間) +25.18%
運用開始日 2009年10月28日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券など

「eMAXIS 日経225インデックス」は、日経平均株価と連動する投資成果を目指す運用を行うインデックスファンドです。日経平均を構成する銘柄からポートフォリオが構築されており、日経平均連動型のインデックス投資信託の中では信託報酬が安くなっています。日本株投資信託で運用したいときには一押しの金融商品です。

eMAXIS 日経225インデックスの公式ページ

 

第1位 外国株インデックスファンドの決定版!たわらノーロード 先進国株式

運用手法 インデックス
信託報酬 0.2160%
ポートフォリオ 外国株100%(アメリカ65.45%、イギリス6.29%、フランス3.79%など)
運用成績(直近3年間) +29.93%
運用開始日 2015年12月18日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「たわらノーロード 先進国株式」は、米国株と欧州株を中心にポートフォリオ構成された外国株インデックスファンドです。AppleやMicrosoft、Amazonが構成銘柄上位3位となっており、グローバル企業の成長を享受したい人にはおすすめの投資信託です。

たわらノーロード 先進国株式の公式ページ

 

積立NISAの運用におすすめのインデックスファンド比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

投資信託 運用手法 信託報酬 ポートフォリオ 運用成績(直近3年間) 運用開始日

たわらノーロード 先進国株式
インデックス 0.2160% 外国株 +29.93% 2015年12月18日

eMAXIS 日経225インデックス
インデックス 0.4320% 日本株 +25.18% 2009年10月28日

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型
インデックス 0.5400% 複合資産 +11.39% 2013年9月12日

たわらノーロード 新興国株式
インデックス 0.3672% 新興国株 +27.24% 2016年3月14日

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
インデックス 0.4968% 複合資産 +13.73% 2007年3月15日

 

 

積立NISAの運用におすすめのアクティブファンド5選!

積立NISAの運用におすすめのアクティブ型投資信託をランキング形式で見ていきましょう。

 

第5位 外国株アクティブ投資信託の決定版!セゾン資産形成の達人ファンド

運用手法 アクティブ
信託報酬 0.5724%
ポートフォリオ 先進国株69.38%、新興国株13.23%、国内株10.87%、現金6.52%
運用成績(直近3年間) +33.39%
運用開始日 2007年3月15日
積立NISA口座 ゆうちょ銀行足利銀行横浜銀行など

「セゾン資産形成の達人ファンド」は、世界中の株式に分散投資しているアクティブ型ファンドです。長期的な視点に立った資産形成を行う世界株ファンドであり、信頼や運用成績は申し分ありません。ただ、証券会社の積立NISA口座では取り扱っておらず、ゆうちょ銀行や足利銀行など一部の銀行でしか取り扱っていない点がネックです。

セゾン資産形成の達人ファンドの公式ページ

 

第4位 アクティブ型複合資産!ハッピーエイジング20

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.5876%
ポートフォリオ 国内株50.95%、先進国株32.04%、先進国債券5.81%、新興国株4.65%、現金4.61%、国内債券1.94%
運用成績(直近3年間) +17.14%
運用開始日 2000年7月31日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「ハッピーエイジング20」は、複合資産型のアクティブファンドです。複合資産型ではあるものの、株式に重点を置いたリターンを重視するポートフォリオ構成となっており、株式比率は日本株、先進国株、新興国株を合わせて85%以上となっています。

ハッピーエイジング20の公式ページ

 

第3位 アクティブ型欧州株投資信託!フィデリティ・欧州株・ファンド


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.6200%
ポートフォリオ 先進国株91.2%(イギリス28.4%、フランス14.7%、ドイツ11.5%など)、外国株8.5%、現金0.3%
運用成績(直近3年間) +31.84%
運用開始日 1998年4月1日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「フィデリティ・欧州株・ファンド」は、欧州株に特化したアクティブファンドです。欧州の成長企業を選びぬく運用力と20年以上の卓越した運用実績に裏付けられたおすすめの外国株投資信託となっています。

フィデリティ・欧州株・ファンドの公式ページ

 

第2位 アクティブ型米国株投資信託!フィデリティ・米国優良株・ファンド

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.6092%
ポートフォリオ 米国株98.8%
運用成績(直近3年間) +25.42%
運用開始日 1998年4月1日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「フィデリティ・米国優良株・ファンド」は、米国株に特化したアクティブファンドです。1998年から20年以上に渡って米国株で運用してきた実績があり、アクティブ型の米国株投資信託としては最もおすすめできます。

フィデリティ・米国優良株・ファンドの公式ページ

 

第1位 日本株投資信託の決定版!ひふみプラス

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.0584%
ポートフォリオ 日本株84.05%、外国株10.23%、現金など4.01%
運用成績(直近3年間) +30.32%
運用開始日 2012年5月28日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券など

「ひふみプラス」は、日本の成長企業の株式を中心に運用している日本株アクティブファンド「ひふみ投信」の銀行や証券会社販売用の金融商品です。名前が違うだけで、ポートフォリオ構成は「ひふみ投信」と同じとなっています。日本株投資信託に迷ったら、「ひふみプラス」で運用することをおすすめします。

ひふみプラスの公式ページ

 

積立NISAの運用におすすめのアクティブファンド比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

投資信託 運用手法 信託報酬 ポートフォリオ 運用成績(直近3年間) 運用開始日

ひふみプラス
アクティブ 1.0584% 日本株 +30.32% 2012年5月28日

フィデリティ・米国優良株・ファンド
アクティブ 1.6092% 米国株 +25.42% 1998年4月1日

フィデリティ・欧州株・ファンド
アクティブ 1.6200% 欧州株 +31.84% 1998年4月1日

ハッピーエイジング20
アクティブ 1.5876% 複合資産 +17.14% 2000年7月31日

セゾン資産形成の達人ファンド
アクティブ 0.5724% 複合資産 +33.39% 2007年3月15日

 

 

積立NISAで運用するときの注意点

積立NISAで運用するときの注意点を見ていきましょう。

すぐに利益が出なくても売らない

日本人の投資信託保有率は、欧米人と比べて圧倒的に短いという残念な統計が出ています。

投資信託は長期保有することが前提の金融商品であり、投資してからすぐにリターンがプラスになることを期待するものではありません。

積立NISAでは最長20年間に渡って毎年40万円の投資枠が非課税となりますが、このメリットを最大限に享受するためにも、投資信託は長期で我慢強く保有することを心掛けていきましょう。

利益が出ないからといってすぐに売却してしまうと、積立NISAの非課税枠を無駄に浪費するだけです。

インデックスファンドとアクティブファンドのどちらにすべきか?

インデックスファンドとアクティブファンドのどちらで運用すべきなのかは、多くの初心者が投資信託投資で迷うことの一つです。

基本的には、インデックスファンドを選んでおけば問題ありません。アクティブファンドは運用リターンが高くなることも期待できますが、信託報酬がインデックスファンドよりも高く、リスクが高い傾向があります。

ただ、多額の資産を運用するなら安定したインデックスファンドをおすすめしますが、積立NISAの年間40万円の枠内なら、敢えてリスクを取ってアクティブファンドを選んでみるのも悪くはありません。

積立NISAでインデックスファンドとアクティブファンドのどちらを運用するかは、最終的には自分の頭で考えて決めるようにしましょう。

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status