NISA

【国内株・外国株・新興国株・複合資産別】積立NISAの運用におすすめの銘柄12選!

「積立NISAを始めてみたいけど、どの商品・銘柄を選べばいいのか分からない……」と途方に暮れていませんか?

2018年1月から始まった積立NISAは、年間40万円の投資枠で発生した利益が最長20年間に渡って非課税となる個人投資家優遇制度です。

しかし、いくらこのような制度があっても、そもそもどの商品を選んで運用していいのかを的確に判断できる人はほとんどいません。

積立NISAを最大限に有効活用するには、積立NISAの対象となる金融商品の違いを理解して、自分自身に合った銘柄を選ぶことが重要になってきます。

 

目次

積立NISAで運用するメリット

積立NISAは、人生100年時代の資産形成をするために2018年1月から始まった、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

通常、投資信託から得られた利益には、利益確定するときに20.315%の税金が発生します。

例えば、投資信託を年間40万円ずつ20年間に渡って積立投資していき、20年後に200万円の含み益が出ていた場合は、通常なら含み益に対して20.315%課税されるため約40万円の税金が発生します。しかし、積立NISAの枠内で投資していた場合は非課税となるため、含み益に対して税金が一切発生しません。

積立NISAでは年間40万円の非課税枠を最長20年間に渡って使うことが可能となっていますが、NISA口座と同時に開くことができない点には注意が必要です。

また、積立NISAの対象商品は、金融庁が指定した投資信託と上場投資信託(ETF)に限定されており、個別株は積立NISAの対象にはなりません。2019年5月7日時点では、160本の投資信託と3本のETFが積立NISAの対象になっています。

積立NISAの対象となっている金融商品は、全ての個別株・投資信託が対象となっているNISAに比べると圧倒的に少ないですが、それでも160以上のさまざまな金融商品の中から投資対象を選ぶのは投資初心者にとっては難しいものです。

ただ、いくつかのポイントを抑えてしまえば、積立NISAで運用すべき銘柄選びはそこまで難しくありません。

 

積立NISAで運用する銘柄・商品選びのポイント

・積立NISAの対象となる投資信託は、投資対象によって「国内株式」「外国株式」「新興国株式」「複合資産」の4種類に分かれる。
・投資信託の「運用手法」が、リスクが小さいインデックスファンドか、リターンが大きいアクティブファンドかは必ず確認しておくこと。
・投資信託の手数料となる「信託報酬」と、リターンの目安となる「直近3年間の運用成績」を要チェック!
・投資信託がどのような「ポートフォリオ」で構成されているのかも要チェック。
・投資信託の信頼を見る上では運用が始まった「運用開始日」もチェックしておくとよい。
・その投資信託を「積立NISA口座で扱っている金融機関」を確認しておこう。

 

積立NISAを最大限に活用するためにも、投資信託の基本や、積立NISAで運用する銘柄・商品選びのポイントを抑えておきましょう。

投資信託とは?

積立NISAの運用対象となる投資信託とは、個人投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、ファンドマネジャーが株式や債券などで運用する商品のことです。

投資信託は、投資対象によって「国内株式」「外国株式」「新興国株式(エマージング株式)」「複合資産」の4種類に分かれます。

国内株式とは、文字通り、日本株で運用する投資信託のことです。外国株式とは、アメリカを始めとする先進国の株式で運用する投資信託です。新興国株式は、新興国の株式で運用する投資信託であり、ハイリスク・ハイリターンとなっています。複合資産は、国内株や外国株に、リスクが小さい国債やREITを組み込んだ投資信託です。

この4種類の投資信託をリスク・リターンが低い順に並べると、複合資産、外国株式、国内株式、新興国株式となります。

今回は、積立NISAに対応しているおすすめ投資信託を「国内株式」「外国株式」「新興国株式(エマージング株式)」「複合資産」の4種類ごとにランキング形式で紹介していきます。

 

投資信託選びのポイントは?

投資信託は、「運用手法」によって、インデックスファンドとアクティブファンドに分かれます。インデックスファンドはリスクが小さい一方で、アクティブファンドはリターンが大きくなる傾向があります。投資信託の運用手法がインデックスかアクティブかは必ず確認しておきましょう。

投資信託の手数料である「信託報酬」は必ずチェックしておきましょう。同時に、投資信託の運用益の目安として「直近3年間の運用成績」も確認しておきましょう。

また、その投資信託がどのような「ポートフォリオ」で構成されているのか?をチェックしておくことも重要です。投資信託では、債券より株式、先進国よりも新興国の方がハイリスク・ハイリターンとなります。特に複合資産の場合、ポートフォリオは必ずチェックしておきましょう。

投資信託は、運用を開始した年月が長いほど信頼も大きいというものです。その投資信託の運用が始まった「運用開始日」もチェックしておくとよいでしょう。

最後に、その投資信託を「積立NISA口座で扱っている金融機関」も必ずチェックしておきましょう。

 

積立NISAでの運用におすすめの国内株式・投資信託3選!

積立NISAで運用するのにおすすめの国内株式で構成された投資信託を見ていきましょう。

 

第3位 信託報酬が安い! <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

運用手法 インデックス
信託報酬 0.17172%
ポートフォリオ 日本株99.9%
運用成績(直近3年間) +16.34%
運用開始日 2015年4月27日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド」は、東証一部に上場する全ての銘柄の株価から算出される東証株価指数TOPIXとの連動を目指す日本株インデックス型投資信託です。信託報酬はほぼ最安値の0.17172%となっており、手数料が安い日本株投資信託としておすすめです。

ニッセイTOPIXインデックスファンドの公式ページ

 

第2位 日経平均に連動する日本株投資信託の代表格!eMAXIS 日経225インデックス

運用手法 インデックス
信託報酬 0.4320%
ポートフォリオ 日本株100%
運用成績(直近3年間) +25.18%
運用開始日 2009年10月28日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券など

「eMAXIS 日経225インデックス」は、日経平均株価と連動する投資成果を目指した運用を行うインデックス型投資信託です。日経平均を構成する銘柄からポートフォリオが構築されており、日経平均連動型の投資信託の中では信託報酬が安くなっています。

eMAXIS 日経225インデックスの公式ページ

 

第1位 日本株投資信託の決定版!ひふみプラス

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.0584%
ポートフォリオ 日本株84.05%、外国株10.23%、現金など4.01%
運用成績(直近3年間) +30.32%
運用開始日 2012年5月28日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券など

「ひふみプラス」は、日本の成長企業の株式を中心に運用している日本株投資信託「ひふみ投信」の銀行や証券会社販売用の金融商品です。名前が違うだけで、ポートフォリオ構成は「ひふみ投信」と同じとなっています。日本株投資信託に迷ったら、「ひふみプラス」を選ぶことをおすすめします。

ひふみプラスの公式ページ

 

積立NISAでの運用におすすめの国内株式・投資信託比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

日本株投資信託 運用手法 信託報酬 運用成績(直近3年間) 運用開始日

ひふみプラス
アクティブ 1.0584% +30.32% 2012年5月28日

eMAXIS 日経225インデックス
インデックス 0.4320% +25.18% 2009年10月28日

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
インデックス 0.17172% +16.34% 2015年4月27日

 

 

積立NISAでの運用におすすめの外国株式・投資信託3選!

積立NISAで運用するのにおすすめの外国株式(先進国株)で構成された投資信託を見ていきましょう。

 

第3位 アクティブ型米国株投資信託!フィデリティ・米国優良株・ファンド

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.6092%
ポートフォリオ 米国株98.8%
運用成績(直近3年間) +25.42%
運用開始日 1998年4月1日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「フィデリティ・米国優良株・ファンド」は、アクティブ型の米国株投資信託です。1998年から20年以上に渡って米国株で運用してきた実績があり、米国株投資信託としては最もおすすめできる投資信託の一つです。

フィデリティ・米国優良株・ファンドの公式ページ

 

第2位 信託報酬が安い!<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

運用手法 インデックス
信託報酬 0.11772%
ポートフォリオ 外国株99.9%(アメリカ67.6%、イギリス6.7%、フランス4.3%など)
運用成績(直近3年間) +29.50%
運用開始日 2013年12月10日
積立NISA口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、信託報酬が安い外国株インデックス型投資信託です。信託報酬は約0.1%にも関わらず、直近3年間のリターンは+29.50%という高いリターンを誇っています。

ニッセイ外国株式インデックスファンドの公式ページ

 

第1位 大人気の外国株投資信託!たわらノーロード 先進国株式

運用手法 インデックス
信託報酬 0.2160%
ポートフォリオ 外国株100%(アメリカ65.45%、イギリス6.29%、フランス3.79%など)
運用成績(直近3年間) +29.93%
運用開始日 2015年12月18日
iDeCo口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「たわらノーロード 先進国株式」は、米国株と欧州株を中心にポートフォリオ構成された人気の外国株投資信託です。直近3年間のリターンは+29.93%となっており、年率10%に近い高いリターンとなっています。積立NISAで、グローバル企業の成長を享受したい方にはおすすめの商品です。

たわらノーロード 先進国株式の公式ページ

 

積立NISAでの運用におすすめの外国株式・投資信託比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

外国株投資信託 運用手法 信託報酬 運用成績(直近3年間) 運用開始日

たわらノーロード 先進国株式
インデックス 0.2160% +29.93% 2015年12月18日

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
インデックス 0.11772% +29.50% 2013年12月10日

フィデリティ・米国優良株・ファンド
アクティブ 1.6092% +25.42% 1998年4月1日

 

 

積立NISAでの運用におすすめの新興国株(エマージング株)・投資信託3選!

積立NISAで運用するのにおすすめの新興国株(エマージング株)で構成された投資信託を見ていきましょう。

 

第3位 信託報酬が安い!eMAXIS Slim新興国株式インデックス


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.20412%
ポートフォリオ 新興国株76.72%(ケイマン諸島16.28%、韓国14.66%、中国13.68%など)、外国株15.58%
運用成績(直近3年間) -5.54%
運用開始日 2017年7月31日
iDeCo口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」は、信託報酬が安いインデックス型の新興国投資信託です。ただ、信託報酬は安いものの、運用開始以来の成績は-5.54%となっており、新興国投資信託のリスクの高さには注意が必要です。運用を開始してからまだ2年弱であるため、今後に期待が高まる投資信託です。

eMAXIS Slim新興国株式インデックスの公式ページ

 

第2位 新興国のグローバル企業に投資!eMAXIS 新興国株式インデックス


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.6480%
ポートフォリオ 新興国株79.92%(ケイマン諸島16.4%、中国14.3%、韓国12.6%など)、外国株16.38%
運用成績(直近3年間) +27.49%
運用開始日 2009年10月28日
iDeCo口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「eMAXIS 新興国株式インデックス」は、10年近くの実績があるインデックス型新興国投資信託です。中国のテンセントやアリババ、韓国のサムスン電子といった新興国グローバル企業の株式でポートフォリオ構成されています。

eMAXIS 新興国株式インデックスの公式ページ

 

第1位 新興国でも実績のある大人気ファンド!たわらノーロード 新興国株式


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.3672%
ポートフォリオ 新興国株82.24%(中国14.83%、韓国14.14%、ケイマン諸島13.97%など)、外国株13.97%
運用成績(直近3年間) +27.24%
運用開始日 2016年3月14日
iDeCo口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「たわらノーロード 新興国株式」は、2016年3月14日の運用開始以来高いリターンを継続している新興国投資信託です。信託報酬も安くなっており、新興国投資信託の中では特におすすめの金融商品となります。

たわらノーロード 新興国株式の公式ページ

 

積立NISAでの運用におすすめの新興国株(エマージング株)・投資信託比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

新興国株投資信託 運用手法 信託報酬 運用成績(直近3年間) 運用開始日

たわらノーロード 新興国株式
インデックス 0.3672% +27.24% 2016年3月14日

eMAXIS 新興国株式インデックス
インデックス 0.6480% +27.49% 2009年10月28日

eMAXIS Slim新興国株式インデックス
インデックス 0.20412% -5.54% 2017年7月31日

 

 

積立NISAでの運用におすすめの複合資産・投資信託3選!

積立NISAで運用するのにおすすめの複合資産で構成された投資信託を見ていきましょう。

 

第3位 信託報酬が安い!楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.1296%
ポートフォリオ 先進国株式51.01%、先進国債券26.58%、外国株式10.02%、国内株式5.61%、新興国株式3.43%、国内債券3.35%
運用成績(直近3年間) -1.91%
運用開始日 2018年7月20日
iDeCo口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」は、株式に比重を置いた複合資産型の投資信託です。信託報酬はほぼ最安の0.1296%となっています。直近1年間の運用成績はマイナスとなっていますが、まだ運用を開始したばかりのファンドであるため、これからに期待です。

楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)の公式ページ

 

第2位 アクティブ型複合資産!ハッピーエイジング20


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 アクティブ
信託報酬 1.5876%
ポートフォリオ 国内株式50.95%、先進国株式32.04%、先進国債券5.81%、新興国株式4.65%、現金4.61%、国内債券1.94%
運用成績(直近3年間) +17.14%
運用開始日 2000年7月31日
iDeCo口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「ハッピーエイジング20」は、複合資産型の投資信託の中でも、株式重視のアクティブファンドで、高いリターンを追い求めることに重点を置いた金融商品です。株式比率は日本株、先進国株、新興国株を合わせて85%以上となっています。

ハッピーエイジング20の公式ページ

 

第1位 バランス型ポートフォリオ投資信託!野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型


▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

運用手法 インデックス
信託報酬 0.5400%
ポートフォリオ 先進国株式17.1%、国内株式16.8%、国内REIT16.5%、外国REIT16.5%、新興国債券11.1%、国内債券11.0%、先進国債券10.9%
運用成績(直近3年間) +11.39%
運用開始日 2013年9月12日
iDeCo口座 楽天証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券

「野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型」は、国内および外国の株式・債券・REITなど7資産でバランスよく運用する投資信託です。株式・債券・REITの比率はそれぞれ33%ずつとなっています。低リスクで安定したリターンを追い求めたい人には、おすすめの投資信託となっています。

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の公式ページ

 

積立NISAでの運用におすすめの複合資産・投資信託比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

複合資産投資信託 運用手法 信託報酬 ポートフォリオ 運用成績(直近3年間) 運用開始日

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型
インデックス 0.5400% 株式33%、債券33%、REIT33% +11.39% 2013年9月12日

ハッピーエイジング20
アクティブ 1.5876% 株式85%、国債10%、現金5% +17.14% 2000年7月31日

楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)
インデックス 0.1296% 株式70%、債券30% -1.91% 2018年7月20日

 

 

積立NISAで運用するときの注意点

積立NISAで運用するときの注意点を抑えておきましょう。

長期に積立投資するものと心得ておく

積立NISAの投資対象となる投資信託は、長期投資をすることが大前提となります。投資してからすぐにリターンがプラスになることは多くはありません。

積立NISAでは最長20年間に渡って毎年40万円の投資枠が非課税となります。このメリットを最大限に享受するためにも、長期で保有することを心掛けていきましょう。

利益が出ないからといってすぐに売却してしまうと、積立NISAの非課税枠を無駄に浪費するだけです。

日本人の投資信託保有率は、欧米人と比べて圧倒的に短いという残念な統計が出ていますが、そのような残念な投資家にならないように我慢強く資産形成を続けていきましょう。

 

リスクを気にし過ぎないようにしよう

積立NISAの対象となっている投資信託は、金融庁から指定を受けて厳選された安全な金融商品となっています。

投資においてリスク管理は重要ですが、積立NISAで投資できる投資信託は安全な金融商品ばかりであるため、そこまでリスクを気にする必要はありません。

それに、積立NISAで非課税枠となるのは年40万円に留まります。年40万円は、最大限にリスクを取って投資しても構わない額と言えます。

ハイリスク・ハイリターンの新興株を含む個別株も対象となるNISAならリスクを気にする必要がありますが、リスクが限定された投資信託のみが対象となる積立NISAではそこまでリスクを気にする必要はないと言えます。

下手にリスクを気にしてリターンを小さくしてしまうよりは、年40万円の範囲で大きなリターンをもたらしそうな商品を選び、楽しい投資生活を送るのもアリではないでしょうか?

ただ、どのような金融商品を選ぶにしても、長期投資であることを前提に投資することは積立NISAで運用する際の絶対原則です。利益がすぐに出ないからといって、すぐに売却することだけはないようにしましょう。

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status