NISA

【初心者必見】積立NISAを始める前に読むべきおすすめ本9選!~積立NISAの基礎知識、投資信託、商品選び~

2018年1月から始まった積立NISAは、年額40万円の投資枠から発生した利益が最長20年間に渡って非課税となる個人投資家優遇制度です。

積立NISAは、投資対象商品が金融庁の指定した投資信託や上場投資信託(ETF)に限られているなど、NISAと比べるといくつかの点で違いがあります。

日本では学校や社会で金融教育を実施していないため、初心者がいきなり何の知識もなく積立NISAを始めことはおすすめできません。

積立NISAを始める前に、本を読んで積立NISAや投資信託の基礎知識を得ておくことをおすすめします。

 

目次

積立NISAについて本で学ぶメリット

積立NISAは、人生100年時代の資産形成をするために2018年1月から始まった、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

積立NISAでは、年間40万円の非課税枠を最長20年間に渡って使うことができます。

例えば、投資信託を年間40万円ずつ20年間に渡って積立投資していき、20年後に200万円の含み益が出ていた場合は、通常なら含み益に対して20.315%課税されるため約40万円の税金が発生します。積立NISAの枠内で投資していた場合は非課税となるため、この含み益に対して税金が一切発生しません。

積立NISAの対象商品は、金融庁が指定した株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されています。NISAと違って、個別銘柄は積立NISAの対象でないため注意しておきましょう。

また、積立NISAは、NISA口座と同時に開くことはできません。このため、NISAと積立NISAのどちらの口座を開設するかは、自身のライフスタイルに合わせて選ぶ必要があります。

積立NISAを有効に使うには、本を読んで積立NISAの概要や仕組みを学び、自分の頭で考えて自分の手で運用していくしかありません。

 

積立NISAについて学べるおすすめ本の選び方ポイント

・積立NISAについて学ぶには、「積立NISAの基礎知識」の本で基本的な概要を学んだ上で、「投資信託」について学ぶことが重要。また、運用商品を選ぶ前に「商品選び」について書かれた本を参考にするのもおすすめ。
・「自分は何を学びたいのか?」という目的にあった本を選ぶことが大事。
・目的にあった本の中でも、「既に高い評価が確立された本」を読むことが重要。

 

今回は、積立NISAについて学べるおすすめの本を、「積立NISAの基礎知識」「投資信託」「商品選び」という3つの目的ごとにランキング形式で紹介していきます。

積立NISAを始めるには、まず「積立NISAの基礎知識」について書かれた本を読み、NISAとの違いなどを詳しく学んでおくことをおすすめします。

次に、積立NISAの対象となる投資信託や上場投資信託は自分の手で選ぶ必要があるため、「投資信託」について学んでおくことが必須となります。

最終的には自分の手で運用商品を決めるとしても、積立NISAの「商品選び」について書かれた本を参考にすることもおすすめです。

これらの本を選ぶときは、「自分は何が学びたいのか?」という目的にあった本を選ぶことが大事です。また、その中でも、既に高い評価が確立された本を選ぶことが確実です。

 

積立NISAを学ぶのにおすすめの本9選!

積立NISAで長期の資産運用を始める前に読んでおきたいおすすめの本を、目的別にランキング形式で紹介していきます。

 

積立NISAの基礎知識について書かれた本3選!

積立NISAについて一から学ぶためにおすすめの本を見ていきましょう。

 

第3位 積立NISAの最も簡単な入門書!5000円から始めるつみたてNISA

価格 1,296円
どのような人が読むべき? 積立NISAについて一から学びたい人におすすめ!

「5000円から始めるつみたてNISA」は、積立NISAの基本的な概要から、加入方法や投資信託の具体的な選び方についてまで書かれた積立NISAの入門書です。本当に基本的なことに重点が絞って書かれているため、既にある程度の投資経験がある人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。投資未経験者が積立NISAを学ぶためにはおすすめの一冊です。

Amazonリンク

 

第2位 若者におすすめの積立NISA本!サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]

価格 1,620円
どのような人が読むべき? これから積立NISAを始めることを検討している若者におすすめ!

「サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]」は、これから積立NISAを始める若者向けに書かれた積立NISAの入門本です。投資初心者でも理解できるように平易な文章で積立NISAについて書かれており、積み立て投資をする重要性や投資信託選びのポイントについても詳しく書かれています。資産運用の経験がまだない若者におすすめの一冊です。

Amazonリンク

 

第1位 積立NISAとNISAの違いが分かる!税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門

価格 1,512円
どのような人が読むべき? 積立NISAとNISAの違いを詳しく知りたい人におすすめ!

「税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門」は、積立NISAとNISAの違いに絞って書かれた本です。積立NISAとNISAの基本的な概要について触れた上で、その活用方法や金融機関選びのポイント、積立NISAとNISAの違いについて書かれています。積立NISAとNISAはいずれかの口座しか選択できません。積立NISAとNISAのどちらにしようか迷っている人にはおすすめの一冊です。

Amazonリンク

 

積立NISAの基礎知識について書かれた本比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

積立NISA本 価格 内容

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門
1,512円 積立NISAとNISAの違いについて書かれた入門書

サルでも1000万円貯まる[つみたてNISA]
1,620円 若者向けに書かれた積立NISA入門書

5000円から始めるつみたてNISA
1,296円 積立NISAの入門書

 

 

投資信託に関する本3選!

積立NISAで運用するには欠かせない投資信託に関するおすすめ本を見ていきましょう。

 

第3位 投資信託の入門書!一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門

価格 1,620円
どのような人が読むべき? 投資信託について一から知りたい人におすすめ!

「一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門」は、投資信託入門書として多くの人から評価されているおすすめの投資信託本です。積立NISAで実際に運用を始める前には、最低でも本書に書かれている程度の投資信託の知識は身に付けておきましょう。

Amazonリンク

 

第2位 インデックス投資本の決定版!お金は寝かせて増やしなさい

価格 1,620円
どのような人が読むべき? インデックス投資について知りたい人におすすめ!

「お金は寝かせて増やしなさい」は、インデックス投資歴15年の個人投資家が書いたインデックス投資本です。素人目線で書かれているため非常に分かりやすい内容となっており、投資初心者はもちろん、既に経験がある中級者以上の人が読んで多くの学びを得ることができます。

Amazonリンク

 

第1位 インデックス投資の世界的名著!敗者のゲーム

価格 1,836円
どのような人が読むべき? インデックス投資の優位性を知りたい人におすすめ!

「敗者のゲーム」は、インデックス投資の優位性について書かれた世界的名著です。指数に連動する投資信託で運用するインデックス投資は、個別株で運用するアクティブ投資に対して統計的優位性があります。この本を読むことによって、投資信託が個別株投資に対して持っている優位性を確認しておきましょう。

Amazonリンク

 

投資信託に関する本比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

価格 内容

敗者のゲーム
1,836円 インデックス投資をすべき理由

お金は寝かせて増やしなさい
1,620円 個人投資家によるインデックス投資解説本

一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門
1,620円 投資信託の入門書

 

 

積立NISAの商品選びについて書かれた本3選!

積立NISAの運用時に参考になる商品選びについて書かれた本を見ていきましょう。

 

第3位 プロが選ぶおすすめ投資信託10選!いっきにわかる! つみたてNISA&iDeCo 令和スタート版

価格 1,080円
どのような人が読むべき? 積立NISAとiDeCoのおすすめ投資信託が知りたい人におすすめ!

「いっきにわかる! つみたてNISA&iDeCo 令和スタート版」は、2019年5月13日に出版されたばかりの本です。積立NISAとiDeCoについて、令和元年に買っておくべきおすすめ投資信託が10本掲載されています。

Amazonリンク

 

第2位 金融のプロが選ぶ積立NISAランキング!つみたてNISA&iDeCo 実名ランキング

価格 1,080円
どのような人が読むべき? 金融のプロがおすすめする積立NISA商品を知りたい人におすすめ!

「つみたてNISA&iDeCo 実名ランキング」は、独立系の経済評論家やファイナンシャルプランナーが実名を出した上で、積立NISAとiDeCoの運用におすすめの商品を紹介しています。金融のプロがどのような切り口で運用商品を選ぶのかを知りたい人におすすめです。

Amazonリンク

 

第1位 積立NISAにおすすめの投信8選!つみたてNISAはこの8本から選びなさい

価格 1,620円
どのような人が読むべき? 積立NISAで運用すべき投資信託の選び方を知りたい人におすすめ!

「つみたてNISAはこの8本から選びなさい」は、積立NISAの対象となっている金融商品160本の中から厳選した8本の投資信託が紹介されています。投資信託をスクリーニングする基準も載っており、自分の手で積立NISAを運用する際にも参考になります。

Amazonリンク

 

積立NISAの商品選びについて書かれた本比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

積立NISA本 価格 内容

つみたてNISAはこの8本から選びなさい
1,620円 積立NISAで運用すべき投資信託8選と選び方

つみたてNISA&iDeCo 実名ランキング
1,080円 金融のプロが選ぶ積立NISAおすすめ投資信託

いっきにわかる! つみたてNISA&iDeCo 令和スタート版
1,080円 積立NISAとiDeCoのおすすめ投資信託10選

 

 

積立NISAに関する本を読むときの注意点

積立NISAに関する本を読むときの注意点を抑えておきましょう。

本の内容を真に受けず、自分の頭で考えて選ぶ

積立NISAの商品選びについて書かれた本は、選び方を参考にして自分の頭で考えた上で同じ商品を選ぶならいいですが、何も考えずに本に書かれた投資信託をそのまま買ってしまうのはおすすめできません。

特に、投資や資産運用に関する本は、書かれた時期が過去になるため、どうしてもおすすめ情報のタイムラグが出てきてしまうことがあります。

このため、本の中でおすすめされている商品が、現在は既におすすめではなくなっているケースが少なくありません。

ただ、おすすめ商品は変わっても、“商品の選び方”は時間が経っても変わりません。自分の頭で考えて、自分自身の投資手法を確立することが重要です。

 

本を読んだら実践しよう!

2014年から始まったNISAは多くの人が口座を開いたものの、入金されずに放置されたままになって口座が半数以上になっています。

NISAも積立NISAも口座維持手数料は一切掛かりませんが、政府がせっかく用意してくれた個人投資家優遇制度を使わずにいるのはもったいないと言わざるを得ません。

積立NISAの本を読んだら、その知識を生かすためにも、40万円の非課税枠を使って投資してみましょう。

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status