【外出先でもFX】高機能スマホアプリでおすすめのFX会社10選!

スマートフォンの急速な普及と発展によって、スマホアプリを使えば、家にいなくても投資が自由にできる環境が構築されてきています。

特に、FX取引においては、FX会社各社がスマホアプリの開発競争に凌ぎを削っており、各社ともに高機能取引アプリを無料で提供しています。

外出先でデイトレードでもしない限りは、チャートを十分に見られてかつ、必要な情報や必要な注文を入れられれば、スマホアプリとしては十分であると言えます。

しかし、FX会社各社は、スマホアプリとしての最低限の機能は搭載した上で、更なる機能向上を目指して開発競争を続けています。

 

FX取引で機能性の高いスマホアプリを使うメリット

FX取引で機能性の高いスマホアプリを使う最大のメリットは、外出先でもFX取引の情報を収集し、場合によっては注文の訂正が入れられるようになることです。

FXのスマホアプリは進化を続けており、使い勝手の良さにおいては、パソコン版ツールを凌駕している点も多くあります。

しかし、スマホ画面という物理的制約がある以上、チャートの見やすさでは、大きなディスプレイで見ることができるパソコン用ツールには敵わないというのが現実です。

スマホアプリが高機能化したと聞くと、いわゆる“ノワドワーカー”のように、寝ながらスマホでFX取引をしてお金を稼ぐような姿をイメージするかもしれませんが、そのような行為は現実的には厳しいと言わざるを得ません。

FX取引のメインの作業は、自宅で腰を据えてパソコン画面で行わないことには利益を出すことは難しく、どれだけ発展したと言っても、スマホアプリはあくまで外出先での補助的な便利ツールに過ぎません。

しかし、情報収集や簡単なチャートチェック、注文の訂正といった簡単な作業はスマホアプリで問題なく行えるどころか、一部の作業はパソコンよりも手軽に行えるようになってきているのも確かです。

今後、FX取引で利益を出し続けるためには、有用なスマホアプリを使いこなすことが必要になってくることは間違いありません。

 

スマホアプリに強いFX会社の選び方ポイント

・注文機能では、スマホ特有の「ワンクリック注文」の可否、対応している「注文の種類」に注目。
・チャート機能では、対応している「テクニカルの種類」を確認。
・価格変動やニュースがあった場合の「プッシュ通知」に対応していることも重要。
・スマホアプリの性能だけではなく、FXの実質的な手数料である「ドル円のスプレッド」、少額投資が可能となる「最小取引単位」も要チェック。

 

今回は、スマホアプリの性能を比較した上で、おすすめのFX会社をランキング形式で紹介していきます。

まず、スマホアプリに必要な大まかな機能としては、チャートが過不足なく見られることと、OCO注文やIF注文などの高機能注文が出せることの2点を兼ね備えていれば十分となります。

今回紹介するFX会社のスマホアプリは、この必要最低限の機能は全て搭載しています。このため、今回はスマホアプリのより細かい機能に注目していきます。

スマホアプリが高機能である

注文機能においては、スマホ特有の「ワンクリック注文」に対応しているかどうかは重要なポイントです。また、対応している「注文の種類」もチェックしておきましょう。

チャート機能においては、対応している「テクニカルの種類」を確認しておきましょう。対応しているテクニカルの種類が多ければ、スマホアプリからもさまざまなチャート分析が可能になります。

また、価格変動やニュースがあった場合の「プッシュ通知」に対応していることもスマホアプリでは重要なポイントです。

 

ドル円のスプレッドが狭い

スマホアプリの性能だけではなく、FXの実質的な手数料である「ドル円のスプレッド」もチェックしておきましょう。

スプレッドとは、通貨ペアの買い値(Ask)と売り値(Bid)の差のことです。例えば、ドル円を取引するときに、買い値が110.53、売り値が110.50だった場合のスプレッドは3銭(3pips)となり、この値がFX会社の収益となります。

最もポピュラーな通貨ペアであるドル円のスプレッドは、FX会社選びにおいて最も重要な要素と言っても過言ではありません。

 

最小取引単位が1,000通貨以下

最後に、少額投資が可能となる「最小取引単位」にも注目しておきましょう。

FX取引における通貨ペアは1通貨ずつ取引できるわけではなく、最小単位が設定されています。一般的には最小取引単位は1万通貨に設定されていますが、最小取引単位が1,000通貨以下なら、より少額資金で取引を始めることが可能になります。

 

スマホアプリでおすすめのFX会社ランキング10選!

スマホアプリでおすすめのFX会社をランキング形式で見ていきましょう。

 

第10位 スプレッドが狭い!みんなのFX

スマホアプリ FXトレーダー アプリ版
ワンクリック注文 対応
注文の種類 6種類
テクニカルの種類 10種類
プッシュ通知 未対応
ドル円スプレッド 0.3銭
最小取引単位 1,000通貨

みんなのFXは、スプレッドが狭く・スワップポイントが高いことが特徴のFX会社です。スマホアプリ「FXトレーダー アプリ版」は、レートのプッシュ通知に対応していない点がネックとなるものの、注文・テクニカルともに必要な機能を揃えており、外出時にも問題なく使うことが可能です。

みんなのFXの公式ページ

 

第9位 連続予約注文ができる!Money Partners

スマホアプリ HyperSpeed Touch
ワンクリック注文 対応
注文の種類 7種類
テクニカルの種類 10種類
プッシュ通知 未対応
ドル円スプレッド 0.4銭(0.3銭)
最小取引単位 100通貨(10,000通貨)

Money Partnersは、少額投資とスプレットの安さが特徴的なFX会社です。100通貨からの少額取引ができる「パートナーズFX nano」と1万通貨からの取引が可能な「パートナーズFX」の2つから選ぶことができますが、100通貨からの取引はスプレッドが不利になります。スマホアプリ「HyperSpeed Touch」は、高機能注文の連続予約注文に対応しており、売買ルールを守る際に役立つ決済同時発注機能も搭載しています。ただ、プッシュ通知に対応していないことがネックとなります。

Money Partnersの公式ページ

 

第8位 多彩な注文!Apple Watchに対応!外為どっとコム

スマホアプリ 外貨ネクストネオ スマートフォン版
ワンクリック注文 対応
注文の種類 11種類
テクニカルの種類 16種類
プッシュ通知 未対応
ドル円スプレッド 0.3銭
最小取引単位 1,000通貨

外為どっとコムは、口座数・預かり証拠金残高ともに業界3位の大手FX業者です。スマホアプリ「外貨ネクストネオ スマートフォン版」は、11種類の注文、16種類のテクニカルに対応していますが、プッシュ通知は注文完了時のみでレートやニュースに対応していない点がネックとなります。なお、同アプリは、Apple Watchと連動することが可能となっています。

外為どっとコムの公式ページ

 

第7位 世界最大のFX企業!GMOクリック証券

スマホアプリ GMOクリック FXneo
ワンクリック注文 対応
注文の種類 5種類
テクニカルの種類 12種類
プッシュ通知 対応
ドル円スプレッド 0.3銭
最小取引単位 10,000通貨

GMOクリック証券は、FX取引高が7年連続で世界一となっている世界最大のFX会社です。スマホアプリ「GMOクリック FXneo」は、注文・テクニカルともに平均的な機能を備えており、外出時にも問題なく使うことができるシンプルなスマホアプリとなっています。

GMOクリック証券の公式ページ

 

第6位 アラート機能に強みを持つ!DMMFX

スマホアプリ スマホアプリ DMMFX
ワンクリック注文 対応
注文の種類 6種類
テクニカルの種類 11種類
プッシュ通知 対応
ドル円スプレッド 0.3銭
最小取引単位 10,000通貨

DMMFXは、タレントのローラさんが出演するCMでもお馴染みの大手FX会社です。FX口座数は日本で最も多く、取引高もGMOクリック証券に次ぐ世界第2位となっています。「スマホアプリ DMMFX」は、注文・テクニカルの種類は平均的であるものの、レートアラート通知・経済指標アラートに対応しており、重要な取引機会を見逃さないことに強みを持ちます。

DMMFXの公式ページ

 

第5位 スマホアプリで高機能取引ツールMT4が使える!FXTF

スマホアプリ MT4 iPhone/MT4 Android
ワンクリック注文 対応
注文の種類 6種類
テクニカルの種類 30種類
プッシュ通知 対応
ドル円スプレッド 0.3銭
最小取引単位 1,000通貨

FXTFは、FX取引ツールMT4に対応していることでも知られるFX会社です。スマホアプリ版でもMT4に対応しており、30種類ものテクニカルインディケータに対応しているなど、外出先でも高機能ツールを使うことが可能となっています。

FXTFの公式ページ

 

第4位 スマホアプリから自動売買もできる!FXブロードネット

スマホアプリ FXブロードネット iPhone版/Android版
ワンクリック注文 対応
注文の種類 6種類
テクニカルの種類 12種類
プッシュ通知 対応
ドル円スプレッド 0.3銭
最小取引単位 1,000通貨

FXブロードネットは、狭いスプレッドや自動売買「トラッキングトレード」に強みを持つFX会社です。スマホアプリ「FXブロードネット」は、外出時にもPC環境と変わらない環境で取引できることが売りの、機能性・操作性に優れた取引ツールとなっており、自動売買「トラッキングトレード」にも対応しています。

FXブロードネットの公式ページ

 

第3位 取引通貨ペアが多い!ヒロセ通商

スマホアプリ LION FX iPhoneアプリ/Androidアプリ
ワンクリック注文 対応
注文の種類 8種類
テクニカルの種類 13種類
プッシュ通知 対応
ドル円スプレッド 0.3銭
最小取引単位 1,000通貨

ヒロセ通商は、取扱通貨ペアが50種類と非常に多いことが特徴のFX会社です。スマホアプリ「LION FX」は、ワンクリック注文やプッシュ通知にも対応しており、時間指定注文やストリーミング注文といった8種類の注文に対応していることが特徴となっています。

ヒロセ通商の公式ページ

 

第2位 スプレッドが業界最狭水準!1通貨から少額投資!SBI FXトレード

スマホアプリ SBI FXTRADE 新スマートフォン版
ワンクリック注文 対応
注文の種類 8種類
テクニカルの種類 22種類
プッシュ通知 対応
ドル円スプレッド 0.27銭
最小取引単位 1通貨

SBIFXトレードは、業界最狭水準のスプレッドで人気となっているFX会社です。また、最小取引単位は1通貨からとなっており、これ以上ない少額投資をすることが可能となっています。少額投資に掛けては右に出るFX会社は他にありません。スマホアプリ「SBI FXTRADE 新スマートフォン版」は、8種類の注文、22種類のテクニカル指標に対応している高機能アプリです。

SBIFXトレードの公式ページ

 

第1位 大人気スマホアプリ「Cymo」!YJFX

スマホアプリ iPhone Cymo/Android Cymo
ワンクリック注文 対応
注文の種類 7種類
テクニカルの種類 11種類
プッシュ通知 対応
ドル円スプレッド 0.3銭
最小取引単位 1,000通貨

YJFXは、大手IT企業Yahoo!グループが運営するFX会社です。同社のスマホアプリ「Cymo」は、FX取引では最も人気のスマホアプリとなっています。新興のFX会社である同社が急成長したのは、スマホアプリによる影響が非常に大きく、スマホアプリ時代を牽引しているFX会社です。数値には現れないその使いやすさは、実際に使ってみないことには分かりません。初心者には最もおすすめのFXアプリです。

YJFXの公式ページ

 

スマホアプリでおすすめのFX会社比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

FX会社 スマホアプリ 特徴 ワンクリック注文 注文の種類 テクニカルの種類 プッシュ通知 ドル円スプレッド 最小取引単位

YJFX
iPhone Cymo/Android Cymo 利用者1位の大人気アプリ 7種類 11種類 0.3銭 1,000通貨

SBI FXトレード
SBI FXTRADE 新スマートフォン版 1通貨から少額取引可 8種類 22種類 0.27銭 1通貨

ヒロセ通商
LION FX iPhoneアプリ/Androidアプリ 多彩な通貨ペアに対応 8種類 13種類 0.3銭 1,000通貨

FXブロードネット
FXブロードネット iPhone版/Android版 自動売買に対応 6種類 12種類 0.3銭 1,000通貨

FXTF
MT4 iPhone/MT4 Android テクニカル機能に強み 6種類 30種類 0.3銭 1,000通貨

DMMFX
スマホアプリ DMMFX アラート機能に強み 6種類 11種類 0.3銭 10,000通貨

GMOクリック証券
GMOクリック FXneo 必要機能を全て搭載 5種類 12種類 0.3銭 10,000通貨

外為どっとコム
外貨ネクストネオ スマートフォン版 注文種類が多い、Apple Watchに対応 11種類 16種類 × 0.3銭 1,000通貨

Money Partners
HyperSpeed Touch 連続予約注文ができる 7種類 10種類 × 0.4銭(0.3銭) 100通貨(10,000通貨)

みんなのFX
FXトレーダー アプリ版 必要機能が搭載 6種類 10種類 × 0.3銭 1,000通貨

 

 

スマホアプリを使ったFX取引の注意点

FX取引のスマホアプリは急速な進化を遂げています。しかし、これは一方的に個人投資家にとって良いことであるとも限らず、いくつかの弊害や悪影響も及ぼしています。

スマホアプリを使ったFX取引の注意点を抑えておきましょう。

 

本業に支障をきたさないようにする

スマホアプリの発展によって最も多い弊害が、外出時や仕事の合間にも簡単に取引ができるようになったことによって、本業の仕事に支障をきたしてしまうというものです。

特に、スマホアプリから下手な短期売買を仕掛けてしまうと泥沼にはまってしまう恐れがあります。

仕事の合間にスマホアプリから取引をして利益が出ているならいいですが、含み損になってしまった場合は、市場の動きが気になって本業の仕事が手に付かなくなってしまうこともあり得ます。

FX取引を副業として行うのはいいことですが、本業に支障をきたしてしまっては本末転倒です。自制心を持ってスマホアプリを使いこなすようにしましょう。

 

アプリはあくまで補助ツールとして使う

いくらFXアプリの機能が向上したとはいっても、画面の大きさからして、チャート画面はどうしてもパソコン用ツールには劣ります。FX取引のメインはパソコンであるということまでは変わりません。

アプリをメインにデイトレードやスキャルピングといった短期売買を手掛けてしまうと、お金を増やすどころか大きく減らしてしまうことになってしまいます。

スマホアプリは便利になってはいるものの、外出時の簡単な情報収集やチャートチェック、簡単な注文の訂正といった補助ツールとして使うようにするに留めておくことを推奨します。

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status