その他投資

【2019年最新版】おすすめおつり投資サービス3選~チリツモ投資~

スマートフォンが普及したことを背景に、資産運用も手軽にできる時代になってきています。その中でも、毎日の買い物のおつりで投資ができる「おつり投資」が密かに注目を集めています。

「貯金をしよう!」「資産運用を始めよう!」と意気込んでも、絵に描いた餅に終わってしまった体験は誰にでもあるものです。

おつり投資なら、毎日の消費で発生したおつりが自動的に資産運用に充てられるようになるため、いつでも簡単に始められ、継続することも難しくありません。

スマホ時代に誰でも簡単・手軽にできる、おつり投資を始めていきましょう!

 

おつり投資を始めるメリット

おつり投資は、買い物で生じたおつりを投資に回すサービスです。

具体的には、アプリにクレジットカードを登録しておき、おつりの設定金額を決めます。買い物をするたびに、おつりの合計額が投資に回されていき、毎月1回おつりの合計額が指定した銀行口座から引き落とされて、自動で投資に回されるようになります。

例えば、おつりの設定金額を「1000円」に設定した場合に800円の買い物をすると、200円がおつり投資に回されることになります。

おつり投資のメリットとしては、おつりから強制的に投資に回されるため否応にも資産運用を始められること、また少額から資産運用が始められることも挙げられます。

人間はどうしても意志が弱い生き物であり、貯金や資産運用を始めようと思っても継続することは中々難しいものです。また、目標額を高く設定してしまうと、目標に到達する前に心が折れてしまいがちです。

おつり投資なら、資産運用を始めやすく続けやすいため、積もり積もっていつの間にか小さくない資産を形成することも不可能ではありません。

 

おつり投資の選び方ポイント

・おつり投資選びは、「サービス利用料」が安いことを確認する。
・おつり投資の「運用方法」と「運用手数料」も必ずチェック。
・「対応している家計簿アプリ」も確認しておこう。

 

普段の消費から手軽に資産形成ができる、おつり投資サービスの選び方のポイントを見ていきましょう。

おつり投資を選ぶには、「サービス利用料」は必ずチェックしておきましょう。おつり投資では、月に投資に回せる金額は微々たるものになりがちです。1ヶ月でも数千円が関の山であるため、そこから多額のサービス利用料を取られてしまっては節約効果がありません。

おつり投資で積み立てた運用金は、各おつり投資サービスがそれぞれの方法で運用することになります。「おつり投資をどのような形で運用するのか?」は確認しておきましょう。また、運用する際には、サービス利用料とは別に「運用手数料」が発生します。この2点は必ず確認しておきましょう。

また、おつり投資を行うには家計簿アプリを使う必要があります。「対応している家計簿アプリ」もチェックしておきましょう。特に、大人気アプリの「マネーフォワード」に対応しているかどうかは大きなポイントとなります。

 

消費から資産形成!おすすめおつり投資3選!

普段の消費から資産形成できるおすすめのおつり投資サービスをランキング形式で見ていきましょう。

 

第3位 dカードでおつり投資!THEO+docomo

サービス利用料 無料
運用方法 ロボアドバイザー(THEO)
運用手数料 年率1.0%~0.5%
家計簿アプリ dカード

THEO+docomoは、ロボアドバイザーサービス大手のTHEOと「dカード」を手掛けるNTTdocomoが提携したおつり投資サービスです。運用はロボアド大手のTHEOがロボアドバイザーで行い、運用手数料も安くなっています。しかし、おつり投資に回せるのはdカードで決済した金額の端数のみとなり、dカード以外のクレジットカードは利用することができません。dカードユーザーには、文句なしでおすすめのおつり投資サービスです。

THEO+docomoの公式ページ

 

第2位 マネーフォワードに対応!トラノコ

サービス利用料 月額300円(当初3ヶ月無料)
運用方法 ファンドマネージャー(トラノコファンド)
運用手数料 年率0.3%
家計簿アプリ マネーフォワード、Zaim、マネーツリー、トラノコおつり捕捉サービス

トラノコは、代表的なおつり投資サービスです。サービス利用料が当初3ヶ月は無料であるものの、その後は月額300円が発生してしまうのは大きなデメリットとなります。運用方法は、他社が大手ロボアドサービスでの運用となるのに対し、当社のファンドであるトラノコファンドによる運用となっています。運用手数料は安くなっており、大人気家計簿アプリ「マネーフォワード」に対応していることはメリットです。

トラノコの公式ページ

 

第1位 ロボアド大手で運用!マメタス

サービス利用料 無料
運用方法 ロボアドバイザー(WealthNavi)
運用手数料 年率1.0%
家計簿アプリ マネーツリー

マメタスは、ロボアドバイザー最大手のWealthNaviと提携しているおつり投資サービスです。運用手数料は年率1.0%とやや高いものの、おつり投資を運用するWealthNaviはロボアドバイザーの国内トップサービスであり安心感があります。唯一、家計簿アプリは「マネーツリー」にしか対応していない点がデメリットとなります。

マメタスの公式ページ

 

おすすめおつり投資比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

おつり投資 サービス利用料 運用方法 運用手数料 対応アプリ

マメタス
無料 ロボアドバイザー(WealthNavi) 年1.0% マネーツリー

トラノコ
月300円 ファンド(トラノコファンド) 年0.3% マネーフォワード、Zaim、マネーツリー、トラノコおつり捕捉サービス

THEO+docomo
無料 ロボアドバイザー(THEO) 年1.0% dカード

 

 

まとめ

今回は、消費から資産運用ができるおすすめのおつり投資サービスをランキング形式で紹介してきました。

おつり投資は、まだ環境整備が不十分な点も多く、「おつり投資をするにはこのサービスだ!」といった確固たるサービスは存在していません。

サービス利用料と運用方法ではマメタスとTHOE+docomoが優れていますが、いずれも家計簿アプリ「マネーフォワード」に対応していない点がネックとなります。

一方で、「マネーフォワード」に対応しているトラノコは、おつり投資のサービス手数料が発生し、運用方法のトラネコファンドの信頼性がイマイチ欠ける点がネックとなります。

おつり投資サービスはまだ発展途上である部分はあるものの、毎日の消費から自動で資産運用に回せるおつり投資サービスは非常に画期的なサービスであることは間違いありません。

強制的に資産運用ができ、少額投資から資産運用を始められるおつり投資のメリットは他にはないものです。

おつり投資を始めて、毎日の消費から資産形成をしていきましょう!

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status