資産運用

【投資初心者でもできる】1000万円のおすすめ資産運用10選!

2019年3月、日本中に衝撃を与える調査結果が発表されました。

SMBCコンシューマーファイナンスが行った家計調査によると、現在の30代・40代の23.1%が「貯金ゼロ」と回答しており、貯蓄額が100万円以下の割合は60.5%にも達したのです。

その一方で、30代・40代で1000万円以上の貯蓄がある人は9.8%となっています。

1000万円の資産があれば、確かに同世代の中では多い方であるとはいえます。

しかし、これからの日本は、2019年10月に控える消費税増税や、2020年東京オリンピック後の景気減速、団塊世代が後期高齢者入りして社会保険料が急増する2025年問題など、問題が山積しています。

また、平均寿命が延び続けている人生100時代の到来により、老後に必要な資金額は増え続けています。65歳で定年を迎えて100歳まで生きるとしたら、35年間を貯金と退職金、年金収入だけで凌がなければいけなくなるのです。

今回は、長い老後やこれからの日本に備えて、1000万円を資産運用する方法をランキング形式で紹介していきます。

1000万円を資産運用する方法を抑えて、人生100年時代を切り開いていきましょう!

 

目次

1000万円を資産運用するメリット

人口減少と平均寿命の上昇という人類の歴史上未曽有の変化が起こりつつあるこれからの日本では、1000万円をただ銀行に預金しておくだけでは、とても安泰とは言えません。

定年退職から寿命までを退職金と年金だけで凌ぐことが難しいのはもちろん、人口減少が進むと年金財政は今後益々厳しくなることは確実です。

人生100年時代の老後には、いくら資産(ストック)を持っていても不十分であり、資産運用をしてお金のフローを生み出せるスキルを身に付けておく必要があります。

また、1000兆円を超える借金を抱えていて、なお借金が増え続けている日本の財政は、いつ破綻してハイパーインフレが起こってもおかしくありません。

現在は、世界的に低金利が続いていることもあり、日本が今すぐに財政破綻してハイパーインフレになることはあり得ませんが、備えておく必要はあります。

ハイパーインフレが起こったら、お金をいくら銀行預金に預けておいても紙くず同然になってしまいます。100万円持っていようと、1000万円持っていようと、1億円持っていようと同じことです。

昭和の時代には、平均寿命も短く年金も安泰だったため、ある程度の資産を持っていれば逃げ切ることが可能でしたが、これから迎える新元号「令和」の時代には、誰もが否応なしに資産運用のスキルを身に付ける必要性に迫られているのです。

 

1000万円の資産運用の選び方

1000万円を資産運用するためには、「1000万円の資産をどのように運用したいのか?」という目的を決めておく必要があります。

1000万円を積極的に運用して更に増やす「攻めの運用」をするのか、1000万円を安全に保全する「守りの運用」をするのかで、1000万円の運用方法が異なってきます。

今回は、1000万円の攻めの運用としては株式投資を、守りの運用としてはFX口座を使った円・ドル・ユーロ3通貨分散投資とゴールド投資を紹介していきます。

それぞれの資産運用方法をするのに最適な証券会社やFX会社選びのポイントを抑えておきましょう。

 

1000万円を増やす!株式投資におすすめの証券会社選びのポイント

・証券会社は手数料が安い「ネット証券」を選ぶ。
・「現物200万円の手数料価格」や「チャートツール」の充実度は要チェック。
・日本株以外にも、「投資信託」や「外国株」、「IPO」などを扱っているかどうかに注目。

 

株式投資には、デイトレードやスイングトレードといった短期投資や、成長企業に長期投資して値上がり益を享受する成長株投資、新規上場企業に投資するIPO投資、高配当株に投資する高配当株投資、株主優待を目的とする株主優待投資など様々なものがあります。

株式投資では、スキルがあれば年率50%以上のリターンを得ることも可能である反面、リスクを取り過ぎてしまうと元本が半分以下になってしまうこともあり得ます。

株式投資は、自分自身のスキルや経験に合った無理のない投資を心掛けていくことが重要です。

株式投資を行うには証券会社に口座を開く必要がありますが、1000万円を運用する場合の、証券会社選びのポイントを見ていきましょう。

証券会社には、店舗型の総合証券とネットで全ての取引が完結するネット証券の2種類があります。店舗型の総合証券には相談しやすいといったメリットもありますが、手数料ビジネスのカモにされるリスクがあります。証券会社は、手数料が安い「ネット証券」を選ぶようにしましょう。なお、今回紹介する証券会社は全てネット証券となります。

1000万円を運用する際のネット証券選びのポイントとしては、「現物200万円の手数料価格」が挙げられます。いくら資産があったとしても、株式投資は分散投資が基本になります。1000万円を株式投資に充てるとしても、1銘柄に1000万円を全額集中投資するのは余りにも危険です。1000万円を200万円ずつ5銘柄に分けて投じるような分散投資を心掛けていきましょう。

株式投資を手掛けていくには、ニュースや株価チャートを見れる「チャートツール」が充実していることも重要なポイントです。チャートツールは証券会社ごとに異なっており、株価チャートの見やすさや注文機能などで大きな差があります。

また、日本株以外にも、「投資信託」や「外国株」、「IPO」などを扱っているかどうかも注目しておきましょう。

 

外貨で1000万円を守る!円・ドル・ユーロ3通貨分散投資におすすめのFX会社の選び方ポイント

・円・ドル・ユーロ3通貨分散投資は手数料が安いFX会社で行う。
・FX会社は信頼がある大手の会社を選ぶ。具体的には、「運営会社」「口座数」「預かり証拠金残高」をチェックしよう。

 

1000万円を安全に守るための資産運用としては、円・ドル・ユーロの3通貨で保有する資産運用が有効となります。

例えば、1000万円を円・ドル・ユーロに分散するとしたら、銀行預金に333万円預けておき、ドルとユーロはそれぞれ外貨で333万円ずつ保有すればよいことになります。

ただし、銀行や証券会社が販売する外貨預金は手数料が高いぼったくりビジネスであるというのが実態です。

そこでおすすめなのが、手数料無料のFX口座で「円・ドル」と「円・ユーロ」を買い建てしてドル・ユーロを保有する方法です。

FX口座と聞くと恐いイメージを抱くかもしれませんが、レバレッジを掛けずに使えば、FX口座は外貨預金としての機能を果たす心強いツールとなります。

円・ドル・ユーロ3通貨分散投資をする上でのFX口座の選び方は、「FX業者の信頼性」に尽きます。

FX業者の信頼性をはかる上では、「運営会社」「口座数」「預かり証拠金残高」を確認しておきましょう。倒産する可能性が限りなくゼロに近いFX業者を選ぶことがポイントになります。

なお、利益を出すためにFX口座を使うのではなく、資産防衛のためにFX口座を使うことになるため、スプレッドや「円・ドル」「円・ユーロ」以外の取り扱い通貨などには注目する必要はありません。

 

最強資産で1000万円を守る!ゴールド投資におすすめの証券会社選びのポイント

・ゴールド投資を行う証券会社は、「買い付け時の手数料」と「純金の預かり方法」の2点に注目。
・「毎月の純金積立」と「スポット購入」ができるかどうかも要チェック。

 

ゴールド(金)は、安全資産として世界中の富裕層に人気の貴金属です。

国の財政破綻で通貨価値が暴落しようが、リーマンショックのような世界経済に大きな打撃を与える出来事が起ころうが、希少価値に担保されるゴールドの価値は絶対的なものです。

ゴールドに投資したいとしても、かつては貴金属店から購入してきて、自宅の金庫にしまっておくということが必要でした。

現在では、ゴールド価格連動ETFを買えるようになり、証券会社でゴールドそのものを購入できるようにもなっています。

ゴールド投資に特化した証券会社選びのポイントを見ていきましょう。

ゴールド投資で注目すべきポイントは、「買い付け時の手数料」と「純金の預かり方法」の2点です。

特に、純金の預かり方法には、純金の所有権が運営会社に帰属する「消費寄託」と所有権が契約者に帰属する「特定保管(混蔵寄託)」の2種類があります。万が一にも証券会社が破産した場合には「特定保管」の方が有利になりますが、「消費寄託」だと手数料が割安になりやすいというメリットがあります。

上記の2点に加えて、「毎月の純金積立はいくらからできるのか?」、「スポット購入はできるのか?」という点にも注目しておきましょう。

 

1000万円を増やす!1000万円の資産運用におすすめのネット証券4選!

1000万円を資産運用するのにおすすめのネット証券をランキング形式で見ていきましょう。

 

第4位 手数料最安!ライブスター証券

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

手数料(現物200万円) 600円
チャートツール LivestarR2:OCO注文やIF注文など注文機能に特化したツール。チャート機能は期待できない。
投資信託 1本
外国株 取り扱いなし
IPO 購入可

ライブスター証券は、ネット証券の中でも手数料が最安値であることが特徴となっています。無料ツール「LivestarR2」では多彩な注文が可能となっていますが、チャート機能は期待できない点がデメリットとなります。投資信託は「ひふみ投信」の1本しか扱っておらず、外国株の取り扱いもありません。日本株投資のみを手掛けるなら、手数料・注文ツールの観点から最もおすすめのネット証券です。

ライブスター証券の公式ページ

 

第3位 外国株取扱ナンバーワン!マネックス証券

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

手数料(現物200万円) 2,000円
チャートツール マーケットライダープレミアム:高機能有料チャートツール。株式チャートとしては随一の性能。
投資信託 1,178本、ノーロード投信755本
外国株 米国株約3,300銘柄、中国株約2,300銘柄
IPO 購入可

マネックス証券は、手数料が高いのはネックとなりますが、外国株の取扱数はネット証券随一となっています。また、株式チャートツール「マーケットライダープレミアム」は有料チャートであるものの、非常に高機能であり、株式投資を本格的に学びたい人には欠かせない投資道具となっています。外国株の取り扱いとチャートツールにおいては右に出るネット証券がありません。

マネックス証券の公式ページ

 

第2位 全てが平均以上の万能証券!SBI証券

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

手数料(現物200万円) 921円
チャートツール HYPER SBI:平均以上の性能を持つ無料ツール。
投資信託 2,715本、ノーロード投信1359本
外国株 米国株約1,800銘柄、中国株約1,400銘柄、その他外国株式
IPO 購入可

SBI証券は、手数料が安く、投資信託、外国株、IPOいずれも取り扱っています。外国株では米国株・中国株を始め、韓国株やベトナム株、ロシア株などの国の株式も取り扱っています。無料ツール「HYPER SBI」は全体的に高機能で、初心者に使いやすい設計になっています。

SBI証券の公式ページ

 

第1位 チャートツールも優れる万能証券!楽天証券

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

手数料(現物200万円) 921円
チャートツール MarketSpeed II:注文機能・チャートツールともに平均以上の性能。OCO注文など多くの注文に対応。
投資信託 2,671本、ノーロード投信1,350本
外国株 米国株約1,800銘柄、中国株約900銘柄
IPO 購入可

楽天証券は、全てのサービスが平均以上の水準を持つネット証券です。手数料も安く、外国株投資にも対応しており、投資信託も揃っています。2018年秋にリリースされた無料チャートツール「MarketSpeed II」は注文機能が優れており、多くの投資家に好評となっています。

楽天証券の公式ページ

 

おすすめネット証券比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

証券会社 特徴 手数料(現物200万円) 投資信託 外国株式 IPO

楽天証券
無料ツール「Market Speed II」で日本株取引に強み 921円 2,671本 米国株1,800銘柄
中国株9,00銘柄

SBI証券
平均以上の万能ネット証券 921円 2,715本 米国株1,800銘柄
中国株1,400銘柄

マネックス証券
米国株・中国株に強み、有料ツール「マーケットライダープレミアム」 2,000円 1178本 米国株3,300銘柄
中国株2,300銘柄

ライブスター証券
手数料最安、注文方法が多彩 600円 1本 ×

 

 

外貨で1000万円を守る!1000万円の資産防衛におすすめのFX会社3選!

1000万円を円・ドル・ユーロ3通貨分散投資するのにおすすめのFX会社をランキング形式で見ていきましょう。

 

第3位 FX口座数日本一!DMMFX

運営会社 DMMグループ
口座数 708,217口座
預かり証拠金残高 120,678(百万円)

DMMFXは、タレントのローラさんが出演するCMでもお馴染みの大手FX会社です。FX口座数は日本で最も多く、取引高もGMOクリック証券に次ぐ世界第2位となっています。運営会社のDMMグループは未上場企業ながら、日本を代表する巨大IT企業として知られています。

DMMFXの公式ページ

 

第2位 Yahoo!グループが運営!YJFX

運営会社 Yahoo!グループ
口座数 350,321口座
預かり証拠金残高 106,571(百万円)

YJFXは、大手IT企業のYahoo!グループが運営するFX会社です。口座数、預かり証拠金残高ではGMOクリック証券、DMMFXに劣るものの、運営会社の規模は頭一つ抜けています。

YJFXの公式ページ

 

第1位 世界最大のFX会社!GMOクリック証券

運営会社 GMOグループ
口座数 592,172口座
預かり証拠金残高 152,418(百万円)

GMOクリック証券は、FX取引高が7年連続で世界一となった世界最大のFX会社です。預かり証拠金残高も国内トップとなっており、運営会社のGMOグループは大手ITグループとして知られています。

GMOクリック証券の公式ページ

 

おすすめFX会社比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

FX会社 運営会社 口座数 預かり証拠金残高

GMOクリック証券
GMOグループ 592,172口座 152,418(百万円)

YJFX
Yahoo!グループ 350,321口座 106,571(百万円)

DMMFX
DMMグループ 708,217口座 120,678(百万円)

 

 

最強資産で1000万円を守る!1000万円の資産防衛におすすめのゴールド投資ができる証券会社3選!

ゴールド投資にのみ着目したおすすめ証券会社をランキング形式で見ていきましょう。

 

第3位 楽天ユーザーにおすすめ!楽天証券

買付手数料 買い付け額の2.7%(税込)
純金の預かり方法 消費寄託
毎月の積立金額 1,000円以上1,000円単位
スポット購入 可能(1,000円以上1,000円単位)

楽天証券では、1000円以上からのゴールド積立が可能である他、1グラム単位での購入も可能となっています。また、「超割コース」で取引すると楽天市場で使える楽天ポイントがキャッシュバックされるため、楽天ユーザーにはおすすめです。

楽天証券の公式ページ

 

第2位 ゴールドバーが引き出せる!マネックス証券

買付手数料 買い付け額の2.7%(税込)
純金の預かり方法 消費寄託
毎月の積立金額 1,000円以上1,000円単位
スポット購入 可能(1,000円以上1,000円単位)

マネックス証券は、基本的な部分は楽天証券と変わらず、1グラム単位での購入も可能となっています。マネックス証券の強みは、100g単位または1,000g単位で地金(ゴールドバー)として引き出すことが可能である点です。送料は発生するものの、最終的に現物のゴールドバーとして保管したい場合はおすすめです。

マネックス証券の公式ページ

 

第1位 手数料最安で最も安全!SBI証券

買付手数料 買い付け額の2.16%(税込)
純金の預かり方法 特定保管
毎月の積立金額 1,000円以上1,000円単位
スポット購入 可能(1,000円以上1,000円単位)

SBI証券でのゴールド投資は、楽天証券・マネックス証券に比べて手数料が安く、純金の預かり方法も安全な特定保管となっています。ゴールド投資をするなら文句なしでおすすめの証券会社です。また、ゴールドの取引は24時間いつでも可能となっています。

SBI証券の公式ページ

 

おすすめゴールド投資比較一覧表

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

証券会社 特徴 買付手数料 純金の預かり方法 毎月の積立金額 スポット購入

SBI証券
手数料が最安、24時間取引可能 2.16% 特定保管 1000円~

マネックス証券
1グラム単位で購入可、ゴールドバー引き出し可 2.7% 消費寄託 1000円~

楽天証券
1グラム単位で購入可、楽天ポイントが貯まる 2.7% 消費寄託 1000円~

 

資産運用の目的別!1000万円のおすすめポートフォリオ!

1000万円のおすすめポートフォリオについて、攻めの資産運用、攻めと守りのバランス型、守りの資産運用の3タイプごとに見ていきましょう。

 

1000万円を増やす!攻めのポートフォリオ!

「1000万円を使って更に元手を増やしたい!」という場合は、200万円だけは万が一のために使える銀行預金として預けておき、残り800万円は株式投資で運用すると良いでしょう。

自分自身の手で運用することにリスクを感じるなら、株式投資800万円を投資信託に振り分けても構いません。

ただし、リーマンショックのようなことが起こらないとも限らないため、最低でも200万円以上は安全資産の銀行預金として持っておくようにしましょう。

 

1000万円を守りながら増やす!バランス型のポートフォリオ!

「1000万円を守りながらも増やしたい!」という場合は、銀行預金として300万円、万が一の安全資産としてゴールドを200万円保有し、残りの500万円を株式投資で運用するとよいでしょう。

自分自身の手で運用することにリスクを感じるなら、株式投資500万円を投資信託に振り分けても構いません。

ゴールド+銀行預金の安全資産の割合は半分以上をキープするようにしておきましょう。

 

1000万円を守る!守りのポートフォリオ!

「何があろうと1000万円を守り抜きたい!」という場合は、1000万円を全て安全資産で保有するようにします。

安全資産の割合としては、銀行預金(円預金)に400万円預けたら、ゴールド、ドル、ユーロで200万円ずつ保有しておくとよいでしょう。

ゴールドの200万円をドル・ユーロに100万円ずつ振り分けて、より円・ドル・ユーロ3通貨分散に近付けても構いません。

 

まとめ

今回は、1000万円のおすすめ資産運用として、株式投資、円・ドル・ユーロ3通貨分散投資、ゴールド投資を紹介してきました。

攻めの資産運用としては株式投資を紹介してきましたが、自分自身の手で運用することにリスクを感じる場合には、投資信託を組み入れても構いません。

ただし、1000万円全額を株式投資のようなリスク資産に回すポートフォリオを組むのはおすすめできません。もしも万が一に何かあった時の場合に備えて、必ず安全資産としても保有しておくようにしましょう。

守りの資産運用としては、円・ドル・ユーロ3通貨分散投資とゴールド投資を紹介してきました。手数料の観点で見ると、FX口座を使った円・ドル・ユーロ3通貨分散投資の方が有利となりますが、ゴールドは最強の安全資産であるため手数料を考慮しても保有しておく価値はあります。

これからの人生100年時代には、1000万円をただ持っているだけでは安泰な時代ではありません。

1000万円を有効に資産運用して、人生100年時代を生き抜いていきましょう!

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status