モナコイン取引所
更新日 2018.05.28
取引所 購入

【完全比較】モナコイン(MONA)の購入におすすめな取引所

モナコインとは

モナコインの誕生は2013年12月。Mr.Watanabe氏によって開発された仮想通貨です。モナコインの名前の由来は、2ちゃんねるのアスキーアート(AA)キャラクターの名前から来ています。

上記画像がモナーです。2ちゃんねるのキャラクターから誕生したモナコインは、ただ一つの日本発祥の仮想通貨。そのため、モナコインは日本人に熱狂的な人気を誇る通貨となっています。

 

初めに作成された目的は、2ちゃんねるの書き込みに対してチップを送金する手段でした。この送金は今でいう「投げ銭」のような用途です。

 

 

上記は「Monappy 」というサイトですが、ここでは数多くの人たちがイラストや漫画などを投稿しています。投稿した作品の中で気に入ったものがあれば、そのクリエイターに対してモナコインで「投げ銭」ができます。

 

 

また、上記の「Ask Mona 」というサイトも、このような投げ銭が行われています。気に入った投稿があったら投稿者にモナコインをあげる、質問に答えてあげるとモナコインをお礼にもらえる、といったことが「Ask Mona 」では常時行われています。他にも、「tipmona 」というサービスでは、ツイッター上でモナコインを送金ができます。

 

店舗決済でもモナコインを使用でき、秋葉原のPCショップ「ark(アーク)」や、メイドカフェ「プリモプリマ」の2つの店舗で使用できます。まだまだモナコインを使用できる店舗は少ないです。

 

モナコインは日本発祥の通貨であり、すでに使用されている通貨です。使い道は主に「投げ銭」が主流で、どちらかという楽しむための通貨でもあります。しかし、楽しいだけの通貨ではありません。機能面も優れた一面を持っているのです。

 

【今後の予想】モナコイン(MONA)の将来性を徹底的に考えてみた
モナコイン(MONA)の誕生は2013年12月。初めに作成された目的は、2ちゃんねるの書き込みに対してチップを送金する手段でした。この送金は今でいう「投げ銭」の用途です。2018年3月9日時点では466円前後で推移しています。しばらくは、約300円付近~約800円付近での推移になると思われます。今後の価格へ影響されるであろう要因を徹底分析しました。

 

 

 

モナコイン購入のための準備

 

モナコインが購入できる取引所を選定

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

取引所 仮想通貨 取引手数料 出金手数料 送金手数料 レバレッジ 特徴

bitflyer
(Lightning FX)
BTC
ETH
ETC
LTC
BCH
MONA
LSK
0.2% 無料 0.0004BTC 最大
15倍
高速取引ツール
セキュリティ世界一の評価
他社と比べても圧倒的に見やすい画面

bitbanktrade
(BTCFX?)
BTC
BCH
ETH
XRP
LTC
MONA
無料 0.0005ETH 0.0001BTC 最大
20倍
通貨ペアはBTC/USDのみ
BTCを証拠金に取引
国内唯一の追証なしで取引可能
分別資産管理の徹底し、セキュリティに信頼

Bit Trade
BTC
ETH
XRP
LTC
BCH
MONA
0.2~0.3% 648円 無料 なし 最先端の取引ツール

zaif
BTC
MONA
ETH
XEM
無料 0.01ETH 0.0001BTC 最大25倍 積立投資が可能
追証不要で取引可能

 

 

 

 

おすすめの取引所~取引所の選定ポイント~

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
■セキュリティが安全
■初心者にも使いやすい画面操作

上記が重要なポイントです。

 

つまり、安全で簡単に安く購入できる取引所!!!

 

読者の皆さんの中にはレバレッジ取引も行ないたい!といった方もいらっしゃると思いますが、レバレッジ取引で需要とする取引所の選定ポイントはまた異なります。

 

レバレッジ取引の場合は追証なし、取引手数料が安い、チャートツールが豊富な取引所となり、bitbankTradeをおすすめします!

 

 

 

 

【先に結論】モナコインを購入するならベストな取引所

おすすめはZaif(ザイフ)です!

 

もう一度、取引所選定で重要なポイントとして、振り返ります。

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
■セキュリティが安全
■初心者にも使いやすい画面操作

 

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
→国内最安でモナコイン(MONA)が購入可能

■セキュリティが安全
→流動しないものはシステム内からは完全に隔離し、盗難リスクの心配なし

■初心者にも使いやすい画面操作
→直感的にわかりやすい画面操作

 

本当にZaifが最安なのか?国内、海外の取引所も含めて比較してみます!

 

 

 

 

 

モナコインの購入はどれが1番安いのか

 

円建てで購入する場合

円でモナコインを購入する方法です。円建てでの購入する方法は2つ。

・取引所…モナコインを売りたい人から直接購入(個人)
・販売所…業者から購入

どちらからでも購入できます。取引所は個人間の売買のことで、売りたい人が提示した値段で購入可能です。

 

 

上記画像はZaifで行われている取引です。左側の「売買注文」と記載されているのが「板」と呼ばれていて、買い注文と売り注文を並べる場所です。

 

購入したい人が注文を出すと、赤枠内に提示されます。売却したい人が注文出した場合は、青枠内に注文が提示されます。

 

取引所での購入は、青枠の売りの値段と数量をみて、相手の価格に応じて注文をだすか、または自分の好きな値段を提示するか、どちらかの購入方法を選択します。

 

自由な価格で取引ができるため、安く購入したい人には向いている注文方法です。デメリットとしては注文が成立するまでに時間がかかるので、すぐに購入したい人には向いていない取引方法でもあります。

 

それに対して、販売所は業者が提示した値段で購入する方法です。業者がストックしているモナコインを購入するので、すぐに購入したい人に向いている購入方法です。

 

 

それでは、この2つの購入方法の手数料を取引所別にみていきましょう。

 

 

■円建てでの手数料比較(取引所)

取引所名 手数料

bitbanktrade
無料

Bit Trade
maker0.3、taker0.7%

zaif
maker0、taker0.1%

 

BitTradeとZaifのmakerとtakerについて解説します。makerは板に注文を並べる時にかかる手数料です。それに対して、takerは板に並べてある注文の価格で注文をだし、成立した時にかかる手数料のことです。相手の提示した注文で成立すると、購入する側の手数料はZaifであれば0.1%、BitTradeでは0.7%かかります。

 

例としてZaifの取引を解説します。上記画像の①の売り注文は586.3円で数量は98です。この値段で購入したい場合は、金額を586.3円で発注すると注文が成立します。この時の購入側にかかる手数料はtakerの0.1%です。

 

そして、②のように現在のレートから少し離して注文をだした場合はmakerとなります。売却する側が、こちらの提示した価格で応じて注文が成立すると、makerの手数料無料が適用されます。

 

 

 

■円建てでの手数料比較(販売所)

取引所 手数料

bitflyer
無料

 

モナコインが購入できる販売所は、bitFlyerのみです。販売所は業者からの購入なので、すぐに購入できるというメリットがあります。

 

 

 

ビットコイン建てで購入する場合

円建てでの購入は日本円をモナコインに交換する方法です。それに対して、ビットコイン建ては、ビットコインとモナコインを交換します。
ビットコイン建ての表記はMONA/BTCです。

 

 

取引所名 手数料

zaif
makerは無料、taker0.1%

Bit Trade
makerは0.3、taker0.7%

bitbanktrade
無料
Bittrex(ビットレックス) 0.25%

 

Bittrexは米国の取引所になります。ですが、新規会員は受け付けていないため、すでに口座を持っている人でなければ取引できません。

 

4社を比較すると、bitbankの手数料が1番安いです。Zaifもmakerであれば無料なので、こちらも安いといえます。

 

 

 

モナコインを安く購入する結論

では、各購入方法のレートと手数料を比較してみます。
 

■円建ての取引所の比較

採用するレートは、現在のレートに近い売り注文で算出します。また、BitTradeとZaifはtakerの手数料を採用しています。

 

・bitbank(ビットバンク)…586.5(MONA/JPYのレート)×0(手数料無料)=約586円

 

 

・BitTrade(ビットトレード)…586.5(MONA/JPYのレート)×1.007%(手数料0.7%)=約590円

 

 

・Zaif(ザイフ)…583(MONA/JPYのレート)×1.001%(手数料0.1%)=約584円

 

この3社の比較では、Zaifが最も安くモナコインを購入できます。

 

 

 

 

 

■円建ての販売所の比較

・bitFlyer…613(レート)×0(手数料無料)=613円

手数料は無料なので、現在のレートのままで購入ができます。取引所と比べるとレートが割高です。

 

 

 

 

 

■ビットコイン建て

・bitbank…0.00049851(MONA/BTC)×無料(手数料無料)×1200028(円/BTC)=約598円
・BitTrade…0.00049851(MONA/BTC)×1.007(手数料0.7%)×1200028(円/BTC)=約602円
・Zaif…0.00049442(MONA/BTC)×1.001(手数料0.1%)×1200028(円/BTC)=約593円
・Bittrex…0.00049442(MONA/BTC)×1.0025(手数料0.25%)×1200028(円/BTC)=約594円

 

※2018年の3月5日時点、1BTC = 1200028円、端数は全て切り捨て

※全てtakerの手数料で計算

 

 

 

 

これら3つの購入方法を比較してみると、「円建てでZaif」が一番安く購入できます。

 

 

 

 

 

ザイフでモナコインを購入する場合

簡単売買:Zaifより購入する方法。少し割高
成り行き注文:板といったユーザー間で取引する方法。
指値注文:板といったユーザー間で取引する方法。先に自分の希望価格を提示し、それ合った場合に購入することができる

 

 

 

モナコインを成行注文で購入

取引所でビットコインを成行注文してみましょう。成行注文とは、現在の市場価格の成り行きで購入することです。チャートで表示されている現在の市場価格に近い価格で購入できます。

①Zaif(ザイフ)のページ右上の「取引」をクリックしましょう。

 

 

 

②取引所の画面になったら、左上の取引ペアの選択タブが「MONA/JPY」になっている事を確認してください。違う取引ペアになっていたら、「MONA/JPY」を選択してください。選択したら取引種類が「モナコイン/日本円」「現物買い」となっている事を確認しましょう。

 

 

 

③今回は成行注文で購入します。「成行」のボタンをクリックしましょう。

 

 

 

④購入したい数量を入力すると、その右の欄におおよその価格が表示されるので問題なければ買い注文をクリックすると、注文が実行されます。成行注文の場合、注文されるとすぐに約定(取引)されるのが通常なので、これで購入完了となります。なお、2018.5.4現在、Zaifの取引手数料は無料になっています。

 

 

 

⑤残高はページの右上で確認できます。

 

 

 

 

 

モナコインを指値注文で購入

指値注文とは、この価格ならモナコインを買いたいを思う価格(指値)を指定し注文する事で、市場価格がその価格以下になった時に初めて約定(取引)される注文方法の事です。

 

自分の価格予想を活かして、より戦略的に投資ができます。ただし、市場価格が指値を下回らない限り取引されないので、すぐにでもモナコインが欲しい人にとっては向かない注文方法かもしれません。

 

 

①取引所の画面までは成行注文と同じです。「指値」のボタンをクリックして選択しましょう。

 

 

 

②続いて、(a)にこの価格なら購入したいと思う金額(指値)を入力します。(b)に購入したいビットコインの数量を入力します。(c)のリミット売りは任意の項目なので入力しなくても大丈夫です。リミット売りとは、指値まで下がり晴れて約定した後に、再び価格が上がりこのリミット売りの価格なったら自動的に売りますという価格です。つまり、市場が思惑どおりに動けば、指値とリミット売りの差額分の利益が得られるということです。約定代金(かかる金額)に問題なければ(d)の「買い注文」をクリックします。

 

 

 

③実行した注文は「注文と履歴」の「アクティブな注文」の欄に表示されます。なお、約定前であれば、「取消」をクリックすれば注文がキャンセルできます。後は指値まで市場価格が下がるのをじっと待つだけです。

 

 

 

 

おすすめ関連カテゴリーニュース

イーサリアム・クラシック取引所
ビットコインキャッシュ取引所おすすめ
ライトコイン取引所
最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

モナコインとは

モナコインの誕生は2013年12月。Mr.Watanabe氏によって開発された仮想通貨です。モナコインの名前の由来は、2ちゃんねるのアスキーアート(AA)キャラクターの名前から来ています。

上記画像がモナーです。2ちゃんねるのキャラクターから誕生したモナコインは、ただ一つの日本発祥の仮想通貨。そのため、モナコインは日本人に熱狂的な人気を誇る通貨となっています。

 

初めに作成された目的は、2ちゃんねるの書き込みに対してチップを送金する手段でした。この送金は今でいう「投げ銭」のような用途です。

 

 

上記は「Monappy 」というサイトですが、ここでは数多くの人たちがイラストや漫画などを投稿しています。投稿した作品の中で気に入ったものがあれば、そのクリエイターに対してモナコインで「投げ銭」ができます。

 

 

また、上記の「Ask Mona 」というサイトも、このような投げ銭が行われています。気に入った投稿があったら投稿者にモナコインをあげる、質問に答えてあげるとモナコインをお礼にもらえる、といったことが「Ask Mona 」では常時行われています。他にも、「tipmona 」というサービスでは、ツイッター上でモナコインを送金ができます。

 

店舗決済でもモナコインを使用でき、秋葉原のPCショップ「ark(アーク)」や、メイドカフェ「プリモプリマ」の2つの店舗で使用できます。まだまだモナコインを使用できる店舗は少ないです。

 

モナコインは日本発祥の通貨であり、すでに使用されている通貨です。使い道は主に「投げ銭」が主流で、どちらかという楽しむための通貨でもあります。しかし、楽しいだけの通貨ではありません。機能面も優れた一面を持っているのです。

 

【今後の予想】モナコイン(MONA)の将来性を徹底的に考えてみた
モナコイン(MONA)の誕生は2013年12月。初めに作成された目的は、2ちゃんねるの書き込みに対してチップを送金する手段でした。この送金は今でいう「投げ銭」の用途です。2018年3月9日時点では466円前後で推移しています。しばらくは、約300円付近~約800円付近での推移になると思われます。今後の価格へ影響されるであろう要因を徹底分析しました。

 

 

 

モナコイン購入のための準備

 

モナコインが購入できる取引所を選定

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

取引所 仮想通貨 取引手数料 出金手数料 送金手数料 レバレッジ 特徴

bitflyer
(Lightning FX)
BTC
ETH
ETC
LTC
BCH
MONA
LSK
0.2% 無料 0.0004BTC 最大
15倍
高速取引ツール
セキュリティ世界一の評価
他社と比べても圧倒的に見やすい画面

bitbanktrade
(BTCFX?)
BTC
BCH
ETH
XRP
LTC
MONA
無料 0.0005ETH 0.0001BTC 最大
20倍
通貨ペアはBTC/USDのみ
BTCを証拠金に取引
国内唯一の追証なしで取引可能
分別資産管理の徹底し、セキュリティに信頼

Bit Trade
BTC
ETH
XRP
LTC
BCH
MONA
0.2~0.3% 648円 無料 なし 最先端の取引ツール

zaif
BTC
MONA
ETH
XEM
無料 0.01ETH 0.0001BTC 最大25倍 積立投資が可能
追証不要で取引可能

 

 

 

 

おすすめの取引所~取引所の選定ポイント~

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
■セキュリティが安全
■初心者にも使いやすい画面操作

上記が重要なポイントです。

 

つまり、安全で簡単に安く購入できる取引所!!!

 

読者の皆さんの中にはレバレッジ取引も行ないたい!といった方もいらっしゃると思いますが、レバレッジ取引で需要とする取引所の選定ポイントはまた異なります。

 

レバレッジ取引の場合は追証なし、取引手数料が安い、チャートツールが豊富な取引所となり、bitbankTradeをおすすめします!

 

 

 

 

【先に結論】モナコインを購入するならベストな取引所

おすすめはZaif(ザイフ)です!

 

もう一度、取引所選定で重要なポイントとして、振り返ります。

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
■セキュリティが安全
■初心者にも使いやすい画面操作

 

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
→国内最安でモナコイン(MONA)が購入可能

■セキュリティが安全
→流動しないものはシステム内からは完全に隔離し、盗難リスクの心配なし

■初心者にも使いやすい画面操作
→直感的にわかりやすい画面操作

 

本当にZaifが最安なのか?国内、海外の取引所も含めて比較してみます!

 

 

 

 

 

モナコインの購入はどれが1番安いのか

 

円建てで購入する場合

円でモナコインを購入する方法です。円建てでの購入する方法は2つ。

・取引所…モナコインを売りたい人から直接購入(個人)
・販売所…業者から購入

どちらからでも購入できます。取引所は個人間の売買のことで、売りたい人が提示した値段で購入可能です。

 

 

上記画像はZaifで行われている取引です。左側の「売買注文」と記載されているのが「板」と呼ばれていて、買い注文と売り注文を並べる場所です。

 

購入したい人が注文を出すと、赤枠内に提示されます。売却したい人が注文出した場合は、青枠内に注文が提示されます。

 

取引所での購入は、青枠の売りの値段と数量をみて、相手の価格に応じて注文をだすか、または自分の好きな値段を提示するか、どちらかの購入方法を選択します。

 

自由な価格で取引ができるため、安く購入したい人には向いている注文方法です。デメリットとしては注文が成立するまでに時間がかかるので、すぐに購入したい人には向いていない取引方法でもあります。

 

それに対して、販売所は業者が提示した値段で購入する方法です。業者がストックしているモナコインを購入するので、すぐに購入したい人に向いている購入方法です。

 

 

それでは、この2つの購入方法の手数料を取引所別にみていきましょう。

 

 

■円建てでの手数料比較(取引所)

取引所名 手数料

bitbanktrade
無料

Bit Trade
maker0.3、taker0.7%

zaif
maker0、taker0.1%

 

BitTradeとZaifのmakerとtakerについて解説します。makerは板に注文を並べる時にかかる手数料です。それに対して、takerは板に並べてある注文の価格で注文をだし、成立した時にかかる手数料のことです。相手の提示した注文で成立すると、購入する側の手数料はZaifであれば0.1%、BitTradeでは0.7%かかります。

 

例としてZaifの取引を解説します。上記画像の①の売り注文は586.3円で数量は98です。この値段で購入したい場合は、金額を586.3円で発注すると注文が成立します。この時の購入側にかかる手数料はtakerの0.1%です。

 

そして、②のように現在のレートから少し離して注文をだした場合はmakerとなります。売却する側が、こちらの提示した価格で応じて注文が成立すると、makerの手数料無料が適用されます。

 

 

 

■円建てでの手数料比較(販売所)

取引所 手数料

bitflyer
無料

 

モナコインが購入できる販売所は、bitFlyerのみです。販売所は業者からの購入なので、すぐに購入できるというメリットがあります。

 

 

 

ビットコイン建てで購入する場合

円建てでの購入は日本円をモナコインに交換する方法です。それに対して、ビットコイン建ては、ビットコインとモナコインを交換します。
ビットコイン建ての表記はMONA/BTCです。

 

 

取引所名 手数料

zaif
makerは無料、taker0.1%

Bit Trade
makerは0.3、taker0.7%

bitbanktrade
無料
Bittrex(ビットレックス) 0.25%

 

Bittrexは米国の取引所になります。ですが、新規会員は受け付けていないため、すでに口座を持っている人でなければ取引できません。

 

4社を比較すると、bitbankの手数料が1番安いです。Zaifもmakerであれば無料なので、こちらも安いといえます。

 

 

 

モナコインを安く購入する結論

では、各購入方法のレートと手数料を比較してみます。
 

■円建ての取引所の比較

採用するレートは、現在のレートに近い売り注文で算出します。また、BitTradeとZaifはtakerの手数料を採用しています。

 

・bitbank(ビットバンク)…586.5(MONA/JPYのレート)×0(手数料無料)=約586円

 

 

・BitTrade(ビットトレード)…586.5(MONA/JPYのレート)×1.007%(手数料0.7%)=約590円

 

 

・Zaif(ザイフ)…583(MONA/JPYのレート)×1.001%(手数料0.1%)=約584円

 

この3社の比較では、Zaifが最も安くモナコインを購入できます。

 

 

 

 

 

■円建ての販売所の比較

・bitFlyer…613(レート)×0(手数料無料)=613円

手数料は無料なので、現在のレートのままで購入ができます。取引所と比べるとレートが割高です。

 

 

 

 

 

■ビットコイン建て

・bitbank…0.00049851(MONA/BTC)×無料(手数料無料)×1200028(円/BTC)=約598円
・BitTrade…0.00049851(MONA/BTC)×1.007(手数料0.7%)×1200028(円/BTC)=約602円
・Zaif…0.00049442(MONA/BTC)×1.001(手数料0.1%)×1200028(円/BTC)=約593円
・Bittrex…0.00049442(MONA/BTC)×1.0025(手数料0.25%)×1200028(円/BTC)=約594円

 

※2018年の3月5日時点、1BTC = 1200028円、端数は全て切り捨て

※全てtakerの手数料で計算

 

 

 

 

これら3つの購入方法を比較してみると、「円建てでZaif」が一番安く購入できます。

 

 

 

 

 

ザイフでモナコインを購入する場合

簡単売買:Zaifより購入する方法。少し割高
成り行き注文:板といったユーザー間で取引する方法。
指値注文:板といったユーザー間で取引する方法。先に自分の希望価格を提示し、それ合った場合に購入することができる

 

 

 

モナコインを成行注文で購入

取引所でビットコインを成行注文してみましょう。成行注文とは、現在の市場価格の成り行きで購入することです。チャートで表示されている現在の市場価格に近い価格で購入できます。

①Zaif(ザイフ)のページ右上の「取引」をクリックしましょう。

 

 

 

②取引所の画面になったら、左上の取引ペアの選択タブが「MONA/JPY」になっている事を確認してください。違う取引ペアになっていたら、「MONA/JPY」を選択してください。選択したら取引種類が「モナコイン/日本円」「現物買い」となっている事を確認しましょう。

 

 

 

③今回は成行注文で購入します。「成行」のボタンをクリックしましょう。

 

 

 

④購入したい数量を入力すると、その右の欄におおよその価格が表示されるので問題なければ買い注文をクリックすると、注文が実行されます。成行注文の場合、注文されるとすぐに約定(取引)されるのが通常なので、これで購入完了となります。なお、2018.5.4現在、Zaifの取引手数料は無料になっています。

 

 

 

⑤残高はページの右上で確認できます。

 

 

 

 

 

モナコインを指値注文で購入

指値注文とは、この価格ならモナコインを買いたいを思う価格(指値)を指定し注文する事で、市場価格がその価格以下になった時に初めて約定(取引)される注文方法の事です。

 

自分の価格予想を活かして、より戦略的に投資ができます。ただし、市場価格が指値を下回らない限り取引されないので、すぐにでもモナコインが欲しい人にとっては向かない注文方法かもしれません。

 

 

①取引所の画面までは成行注文と同じです。「指値」のボタンをクリックして選択しましょう。

 

 

 

②続いて、(a)にこの価格なら購入したいと思う金額(指値)を入力します。(b)に購入したいビットコインの数量を入力します。(c)のリミット売りは任意の項目なので入力しなくても大丈夫です。リミット売りとは、指値まで下がり晴れて約定した後に、再び価格が上がりこのリミット売りの価格なったら自動的に売りますという価格です。つまり、市場が思惑どおりに動けば、指値とリミット売りの差額分の利益が得られるということです。約定代金(かかる金額)に問題なければ(d)の「買い注文」をクリックします。

 

 

 

③実行した注文は「注文と履歴」の「アクティブな注文」の欄に表示されます。なお、約定前であれば、「取消」をクリックすれば注文がキャンセルできます。後は指値まで市場価格が下がるのをじっと待つだけです。

 

 

 

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status