更新日 2018.03.03
投資 通貨

【今後の予想】ネム(XEM)の将来性を徹底的に考えてみた

ネム(XEM)とは

ネム(XEM)(NEM)は通貨の名前ではありません。本来であれば、New Economy Movementというプロジェクトの3つの頭文字(N、E、M)から名づけられたものです。そして、このプロジェクト内で使用できる通貨のことをXEM(ゼム)と呼びます。

 

したがって、ネム(XEM)はゼムなのです。少し混乱するので、今回の記事に関してはネム(XEM)と呼ぶことにします。しかし、通貨を購入する時にはXEMと表示されているので、こちらの呼び方も知っておくようにしましょう。

 

ネム(XEM)は「新しい経済運動」という目的で作られた通貨です。「金銭的な自由、分散化、平等」がコンセプト。ビットコインと同じくブロックチェーンを採用していますが、ブロックの生成時間が短いためにネム(XEM)の方が素早く承認できるという特徴をもっています。

 

また、ネム(XEM)は他の仮想通貨と全く違う特徴があります。それはコンセプトにもある「平等」という点です。

 

 

 

 

ネム(XEM)の特長

Apostille(アポスティーユ)

Apostilleという機能を利用すると、公証を発行することができます。発行した公証はブロックチェーン上に記録されるため、改ざんされにくく、安全に契約を交わすことができるようになります。

 

重要な契約とは、例えば不動産登記といったものです。これは第三者が公証を発行しないと、結べない契約でした。しかし、Apostilleを活用すると、ブロックチェーンに記録した公証が証明になるので、第三者が公証を発行しなくても安全に個人間での売買ができるようになったのです。第三者が介入しなくてもいいので、コストが軽減されるメリットがあります。

 

使用する場合はネム(XEM)のウォレットである「Nano wallet」をダウンロードし、アカウント登録してから作成ができます。誰でも簡単に作成できるので、改ざんされる不安もあると思います。しかし、その点については問題ありません。

 

ブロックチェーンは改ざんに強いという特徴を持っているからです。また、監査という機能を使用すると改ざんされていないかどうか、常時チェックができるようになっています。このように、ネム(XEM)を活用すると安全な電子証明書が簡単に発行できるようになります。

 

 

 

Namespace(ネームスペース)とモザイク

インターネット上のドメインのようなものを取得できます。ドメインの例をあげると「com」「jp」といったものです。

 

ドメインであればホームページ作成に使用しますが、こちらのネームスペースは独自トークンを発行するために必要になります。独自トークンの名称はMosaic(モザイク)と呼ばれています。

 

ネム(XEM)のブロックチェーンを活用すると独自のトークンが数分で発行することができます。作ったトークンはネム(XEM)の機能を利用することができるうえに、自由に配布することもできます。最近では事業の資金調達目的で、独自トークンを発行する企業が増えています。

 

 

 

 

ネム(XEM)とビットコインの違い

 

発行上限の違い

ビットコインの発行上限は2100万BTCとなっています。2140年に全て発行されて上限に達します。それに対して、ネム(XEM)の発行上限は約90億枚、正式には8,999,999,999枚です。

 

また、ビットコインは2140年に向かって、少しづつ新規発行していきますが、ネム(XEM)はすでに発行されている点に違いがあります。ですので、ビットコインのようなマイニングで報酬を受け取ることができません。

 

 

 

処理スピードの違い

ビットコインとネム(XEM)はブロックチェーンです。取引の記録が施されたブロック同士をチェーンのように繋いでいきます。1つのブロックがチェーンに組み込まれた時点で、取引が承認される仕組みです。この一連の流れをブロック生成間隔と呼びます。

 

ブロック生成間隔に要する時間がビットコインとネム(XEM)に大きな違いがあります。ビットコインの生成間隔は約10分に対して、ネム(XEM)は約1分です。ブロック生成間隔が短ければ短いほどよく、送金した時に相手の口座に反映されるまでの時間が短くなります。このように、通貨としての基本的な機能もビットコインよりもスピーディに行うことができます。

 

 

 

ハーベスティング(収穫)の違い

ネム(XEM)の最大の特徴でもあり、ビットコインだけでなく他の仮想通貨と明かに違う点がハーベスティング(収穫)です。

 

ビットコインが新規発行するにはマイニングという作業を行います。取引を承認するために複雑な計算式を1番早く解いた人に、報酬が与えらえる仕組みになっています。たくさん作業をこなした人に正当な報酬が与えられるため、公平に見えますが、このやり方は問題があるのです。

 

それは1番早く解いた人のみしか報酬が与えられないということです。マイニングをする人は、相手よりも早く計算式を解かなければならないので、高性能PCを数多く揃えないといけません。

 

ということは、マイニングを行うために大規模の設備と高性能なPCを数多く揃えることができる人が有利になってしまいます。つまり、資本をたくさん持っている人のみが報酬を得られる仕組みです。

 

これに対してネム(XEM)はマイニングではなく、ハーベスティング(収穫)を採用しています。ネム(XEM)を保有している、またはネム(XEM)を使用するごとにスコアリングされて、たくさんスコアを獲得した人にネム(XEM)が与えらえるという仕組みになっています。

 

具体的には、

①パソコンに「NanoWallet」をインストール
②「NanoWallet」に入金(最低条件として10000XEM以上を入金)
③「NanoWallet」に保有しているXEMに応じて「既得バランス」が加算される
④「既得バランス」が10000XEMに達すると、報酬が「NanoWallet」に加算される

といった仕組みです。②に記載しているように、報酬を受け取る権利は10000XEM以上の入金が条件となっています。

 

③の「既得バランス」とはスコアの意味です。ちなみにスコアの単位は、通貨と同じXEM。非常に紛らわしいですが、通貨とは別物と考えてください。このスコアが10000XEM(スコアのXEM)貯まると、報酬が発生します。

 

このスコアは毎日、「NanoWallet」に保有している分の10%がスコアになります。例えば、10000XEM(通貨のXEM)を保有している場合、その10%である1000XEM(スコア)が加算されていきます。

 

しかし、2日目から加算されるスコアは初めの保有量の10000XEM(通貨)に対してではないということです。2日目に加算されるスコアは、初日に加算されたスコアの1000XEMを引いた9000XEMの10%となります。

 

初日…10000XEM(保有量)×10%=1000XEM(スコア)
2日目…9000XEM(保有量から初日のスコアを引いた分)×10%=900XEM(スコア)

 

上記のような計算式になるので、枚以上少しづつ加算されるスコアが減っていきます。そのため、保有している量が10000XEM(通貨のXEM)のみだと、権利を獲得するまで約90日ほど時間が必要です。もっと早く権利を獲得するのであれば、できるだけ保有量を多くするようにしましょう。

 

この仕組みはビットコインのように、常時パソコンを起動させておく必要がないため、大規模な設備は必要ありません。ハーベストの条件を満たすための資金とパソコンがあれば、報酬を受け取るチャンスがあります。

 

 

 

消費電力の違い

ビットコインのマイニングは、常時パソコンを起動させておかなければなりません。24時間パソコンを起動させているため、発熱が凄いです。発熱が酷いとパソコンの性能が落ちるばかりでなく、下手をしたら火事にもなりかねません。そこで、パソコンを冷やす大量の冷却装置も必要になります。

 

というわけで、大規模なパソコンと冷却装置を常時動かし続けていると電力が激しく消費します。そのため、一般の家庭でのマイニングは難しいでしょう。また、電気代がバカにならないので、電力が安い国(中国)でしかマイニングができないというデメリットがあります。

 

しかし、ネム(XEM)はそういったことは必要ありません。「NanoWallet」をインストールできるパソコン1台があればOKです。「NanoWallet」の設定をしておけば、パソコンを起動させておく必要がありません。電力を使用せずに報酬を受け取れるのがネム(XEM)とビットコインの違いです。

 

 

 

 

ネム(XEM)の価格推移

 

過去チャートの振り返り

ネム(XEM)の過去の値動きを見ていきましょう

上記画像の①の箇所をみてください。高騰しているのがわかると思います。要因としては、ネム(XEM)に注目を浴びたというより、仮想通貨全体に注目が集まったといえます。

 

2017年4月から日本で「改正資金決済法」という、仮想通貨のための法律が定められました。これにより、仮想通貨全体の投資環境が整ったこともあり、資金が流れ込むことになります。赤〇は5月となっていますが、実際には4月からジリジリと上昇していき、5月の中旬ごろにピークつけています。そこでいったん上昇はとまり、値動きも落ち着いていきました。

 

2017年8月(赤〇の②の箇所)の頃に「COMSA」のICOが始まります。仮想通貨で資金調達したいときはCOMSAを利用すると、サポートを受けたり、取引所に上場をするといったICOをしやすくすることができます。

 

このシステムはテックビューロの「mijin」というブロックチェーンです。さらに「mijin」はネム(XEM)の技術を使用しています。つまり、ネム(XEM)が実用的に活用されているということが知れわたり、価格が上昇していくことになりました。

 

 

 

現状の妥当な相場観

2018年2月10日のチャートをみてみましょう。

1XEM=約62円で推移しています。昨年では200円を突破しましたが、2018年1月にコインチェックにハッキング事件があり、約580億円相当のXEMが盗まれました。これにより、投資環境に不信感が生まれたため、急落しています。

 

しかし、今回の事件はネム(XEM)の問題ではありません。取引所のコインチェックのセキュリティの甘さが生んだ事件です。急落し価格が下がっていても、ネム(XEM)の価値とは無関係です。今回の事件により、少しづつ取引所のセキュリティの改善が進めば、価格も元に戻っていくのではないでしょうか。そうなると、今のネム(XEM)は価格が下がり購入しやすく、または安いといえます。(2018年2月10日執筆)

 

 

 

 

ネム(XEM)の将来性

ネム(XEM)のハッキング事件により、一気に価格が下落しました。しかし、今後のネム(XEM)は上昇傾向になると予想します。

 

しかし、上昇するためにはネム(XEM)の価値が高まることが必然です。そのための要因として、

・実生活で使用される
・技術的な進化
・投資環境がよくなる

 

このような要因が必要になってきます。例えば、2017年には「COMSA」にネム(XEM)の技術が使用されていることで注目されて、価格が上昇傾向になりました。このように、ネム(XEM)が実際のビジネスに活用されればされるほど、ネム(XEM)の価値が高まっていくことが予想されます。

 

では、2018年にはどのような上昇要因があるのか?この点について解説していきます。

 

 

 

ネム(XEM)と関係のある「mijin」

日本の仮想通貨取引所ザイフを運営するテックビューロ社は、「mijin」というプライベートブロックチェーンを開発しました。「mijin」はブロックチェーンを導入したい企業に簡単に提供できるようにしたものです。

 

「mijin」はネム(XEM)の技術を活用して開発されています。そのため、「mijin」を導入する企業が増えれば増えるほど、ネム(XEM)が注目されていくと考えらえれます。

 

現段階でも多くの企業が「mijin」を利用しています。

・日本電気株式会社(NEC)
・野村総合研究所
・SBIポイント株式会社
・ミクシィ イノベーション・センター
・ウェルネット
・ドリコム
・関西テレビ放送
・オウケイウェイブ

 

他にも導入している企業はあります。まだまだ増えていくことが予想されるので、ネム(XEM)の価値も高まっていくと考えられます。

 

 

 

カタパルトの実装

ネム(XEM)は2018年に大型アップデートが控えています。その名も「カタパルト」。2017年に行われるとの話もありましたが、間に合わずに2018年になるといわれています。

 

カタパルトを行うことによりどうなるか?それは大幅に処理速度が向上します。他の通貨と比較してみましょう。

・ビットコイン…7~14件/秒
・イーサリアム…15件/秒
・リップル…1,000~3,000件/秒
・ネム(XEM)…3,000~4,000件/秒

 

上の表は1秒間に処理できるトランザクションのことです。トランザクションは取引の処理なので、ビットコインは1秒に7件から14件の取引を処理できるという意味です。

 

これを踏まえて、ネム(XEM)をみてください。カタパルトを実装後は、1秒あたりに3000~4000件の処理ができるようになるのです。リップルも処理速度に優れていますが、3倍もの性能差が生まれることになります。仮想通貨の中では文句なく、1番処理速度優れている通貨といえます。

 

また、クレジットカードで有名なVISAの処理速度は毎秒4000~6000件です。仮想通貨だけでなく、クレジットカードに匹敵する処理速度を手に入れることになります。これは素晴らしい技術的進化ではないでしょうか。

 

他にもう1つ実装される機能があります。それは「アグリゲートトランザクション」です。簡単にいえば、スマートコントラクトがネム(XEM)に実装されます。

 

スマートコントラクトは、イーサリアムのシステムでもお馴染みで、賢い契約とも呼ばれている機能のことです。ブロックチェーン上に執行条件を記録しておくと、自動で実行してくれます。

 

例えば、「〇月〇日にAさんに送金する」といった条件を設定しておくと、規定の日に自動で送金してくれます。スマートコントラクトが優れている点はブロックチェーンに記録するので、改ざんされないという点なのです。そのため、重要な金融取引にも安全に行えます。また、自動なのでコスト削減にも役立ちます。

 

イーサリアムと同じ機能がネム(XEM)にも備わります。より便利にネム(XEM)が活用されるので価値が高まるのではないでしょうか。

 

 

 

今後の予想のまとめ

ネム(XEM)の今後の上昇要因をまとめました。現在では約62円まで下がりましたが、ネム(XEM)の価値が高まるのはこれからです。ネム(XEM)が再び注目されることで2017年につけた高値の約250円前後まで価格は戻っていくと考えられます。

 

 

 

ネム(XEM)の購入したい方へ

【完全比較】ネム(XEM)購入におすすめな取引所 | ビットコイン取引所オールナビ
ネム(XEM)はビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額第2位の仮想通貨であり、非常に注目を浴びています。イーサリアムを購入できる取引所も多くありますが、どこが一番安く購入できるか知っていますか?答えは[『Bittrex』です!手数料、保有手数料等さまざまな手数料を日本の取引所、海外の取引所すべて徹底比較しました!

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status