更新日 2018.04.18
購入 通貨

【完全比較】ネム(XEM)購入におすすめな取引所

ネム(XEM)とは

ネム(XEM)(NEM)は通貨の名前ではありません。本来であれば、New Economy Movementというプロジェクトの3つの頭文字(N、E、M)から名づけられたものです。そして、このプロジェクト内で使用できる通貨のことをXEM(ゼム)と呼びます。

 

したがって、ネム(XEM)はゼムなのです。少し混乱するので、今回の記事に関してはネム(XEM)と呼ぶことにします。しかし、通貨を購入する時にはXEMと表示されているので、こちらの呼び方も知っておくようにしましょう。

 

ネム(XEM)は「新しい経済運動」という目的で作られた通貨です。「金銭的な自由、分散化、平等」がコンセプト。ビットコイン(BTC)と同じくブロックチェーンを採用していますが、ブロックの生成時間が短いためにネム(XEM)の方が素早く承認できるという特徴をもっています。

 

また、ネム(XEM)は他の仮想通貨と全く違う特徴があります。それはコンセプトにもある「平等」という点です。

 

【今後の予想】ネム(XEM)の将来性を徹底的に考えてみた | ビットコイン取引所オールナビ
コインチェック事件により一躍有名になったネム。ネムに対して不安要素を抱いてる方もいらっしゃるかもしれませんが、ネムは「新しい経済運動」という目的で作られた通貨であり、非常に将来性があります。またコンセプトにもある「平等」という点です。日本電気株式会社(NEC)など名立たる有名企業もネムの技術を利用しており、開発チームに日本人もいるという背景からも、これからますますネムは日本で流通されるかもしれません。

 

 

 

 

ネム(XEM)は誰でも平等に報酬を受け取ることができる!?

 

報酬を受け取るまでの手順

ビットコイン(BTC)の新規発行する場合はマイニングという作業を行います。しかし、計算が複雑であり、素早く承認作業をした人が優先的に報酬を受け取れる仕組みになっているので、大規模なコンピューターを持つ人でなければマイニングの報酬を貰うことは難しいです。よって、大規模な設備を整えるための資本力を持っていなければ、報酬を貰えるチャンスはないといっていいでしょう。

 

ですが、ネム(XEM)は保有量や取引した分に応じて報酬を受け取れる仕組みになっています。

 

報酬を受け取る流れとしては、

①パソコンに「NanoWallet」をインストール
②「NanoWallet」に入金(最低条件として10000XEM以上を入金)
③「NanoWallet」に保有しているXEMに応じて「既得バランス」が加算される
④「既得バランス」が10000XEMに達すると、報酬が「NanoWallet」に加算される

といった流れになっています。10000XEM以上を入金しないと報酬を受け取る権利が発生しません。そのため、最低でも10000XEM以上を「NanoWallet」に入金します。

 

保有量に応じて、毎日「既得バランス」と呼ばれるスコアが加算されていきます。スコアの単位は1XEMで計算されて、このスコアが10000XEMまで達すると報酬を受け取る権利が発生します。スコアと通貨の単位は全く同じです。混乱すると思いますが、スコアのXEMと通貨の単位のXEMは別になります。

 

例えば、10000XEM(通貨のXEM)を預けておいた場合、その10%である1000XEM(スコアのXEM)が加算されていきます。後はこのまま預けておけば、いずれは10000XEMにスコアが貯まり報酬が得る権利を獲得できるようになるというわけです。

 

権利獲得後は、「NanoWallet」にXEMが自動で入金されます。報酬額は、基本的にはランダムです。預けている金額に応じて報酬額は変わるので、一概にはいえませんが、月で1%ほどのネム(XEM)が「NanoWallet」に自動で入金されていきます。

 

このやり方のメリットとしては、どんなパソコンでも行えるということです。マイニングみたく、大規模な設備は必要ありません。ネム(XEM)を10000XEM購入できる資金があれば、誰でも平等に報酬を受け取ることができるのです。

 

ネム(XEM)は日本人が開発チームに加わっていることもあり、日本でも人気の通貨になっています。現在では時価総額が10位で約5000億円ほど。これからはアップデートが予定されており、性能も飛躍的に向上する予定です。ますます注目される通貨になっていくのではないでしょうか。

 

 

 

報酬を受け取る際の注意点

2日目から加算されるスコアは初めの保有量に対してではないということです。つまり2日目に加算されるスコアは、初日に加算された1000XEMを引いた9000XEMの10%となります。

 

初日…10000XEM(保有量)×10%=1000XEM(スコア)
2日目…9000XEM(保有量から初日のスコアを引いた分)×10%=900XEM(スコア)

 

上記のような計算式になるので、毎日少しづつ加算されるスコアが減っていきます。そのため、保有している量が10000XEMのみだと、権利を獲得するまで約90日ほど時間が必要です。早く権利を獲得したい!という人は多めに入金しておくようにしなければなりません。この点は注意しておきましょう。

 

 

 

 

ネム(XEM)購入のための準備

 

ネム(XEM)が購入できる国内取引所を一覧

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

取引所 仮想通貨 取引手数料 出金手数料 送金手数料 レバレッジ 特徴

coincheck
(信用取引)
BTC
ETH
ETC
LSK
FCT
XMR
REP
XRP
ZEC
XEM
LTC
DASH
BCH
無料 0.01ETH 0.0005BTC 最大
5倍
13種類の仮想通貨
電気代の支払いもビットコイン(BTC)で可能

zaif
BTC
MONA
ETH
XEM
無料 0.01ETH 0.0001BTC 最大25倍 積立投資が可能
追証不要で取引可能

DMMBitcoin
BTC
ETH
XEM
XRP
ETC
LTC
BCH
無料 無料 0.001BTC 最大
5倍
7種のアルトコインでレバレッジ取引可
LINEでのサポート
口座開設で1000円プレゼント

 

 

 

アルトコイン取引所の選定ポイント

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
■セキュリティが安全
■初心者にも使いやすい画面操作

上記が重要なポイントです。

 

つまり、安全で簡単に安く購入できる取引所!!!

 

読者の皆さんの中にはレバレッジ取引も行ないたい!といった方もいらっしゃると思いますが、レバレッジ取引で需要とする取引所の選定ポイントはまた異なります。

 

レバレッジ取引の場合は追証なし、取引手数料が安い、チャートツールが豊富な取引所となり、bitbankTradeをおすすめします!

 

 

 

【先に結論】ネム(XEM)を購入するならベストな取引所

 

おすすめはZaifです!

 

もう一度、取引所選定で重要なポイントとして、振り返ります。

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
■セキュリティが安全
■初心者にも使いやすい画面操作

 

■取引手数料が安く、スプレッド(売り買い価格の差)小さい
→国内最安でネム(XEM)が購入可能

■セキュリティが安全
→流動しないものはシステム内からは完全に隔離し、盗難リスクの心配なし

■初心者にも使いやすい画面操作
→直感的にわかりやすい画面操作

 

本当にZaifが最安なのか?国内、海外の取引所も含めて比較してみます!

 

 

 

 

ネム(XEM)の購入はどの取引所が1番安いのか

 

円建てで購入する場合

円でネム(XEM)を購入する方法です。日本人にとっては最も基本的な方法になります。円建てでの購入する方法は2つです。

 

・取引所…ネム(XEM)を売りたい人から直接購入(個人)
・販売所…業者から購入

 

どちらからでも購入できます。取引所は個人間の売買のことで、売りたい人が提示した値段で購入可能です。

 

 

上記画像はザイフの取引所で行われている取引です。売買注文の欄にびっしり注文が並べられていますね。これは板と呼ばれており、それぞれ個人同士が買い注文と売り注文を提示する場です。赤枠部分を見てください。赤文字の61.7333が買い注文で、緑文字の61.7338が売り注文です。このように、取引所では、それぞれ希望の金額とレートを提示しあって、注文を成立させます。

 

それに対して、販売所は業者が提示した値段での購入になります。この取引所と販売所の手数料を一覧にして比較してみました。少しでも有利なところで取引ができると、利益をだしやすくなります。

 

 

〇【取引所】円建てでの手数料比較


zaif
makerは無料、taker0.1%

DMMBitcoin
無料、レバレッジ取引のみ可能

 

取引所で購入できる箇所は残念ながら少ないです。DMMビットコイン(BTC)に関しては、現物での取引ではありません。レバレッジ取引のみで、建玉金額の0.04%がポジションを決済するまで支払うことになります。

 

Zaifであれば現物での取引ができるので、長期的な保有を考えている人はおすすめです。また、ネム(XEM)の開発陣とZaifを運営しているテックビューロが提携しているため、こちらで取引を行うほうが信頼できるでしょう。

 

Zaifのmakerとtakerについて。makerは板に注文を並べる時にかかる手数料に対して、takerは板に並べてある注文にその価格で注文をだして成立した時にかかる手数料のことです。相手の提示した注文で成立した時に手数料が0.1%かかります。

 

 

〇【販売所】円建てでの手数料比較


coincheck
無料

ネム(XEM)が購入できる販売所はコインチェック1社のみです。販売所は業者から購入できるので、欲しい数量を購入することができます。しかし、取引所での購入に比べて、レートが高めに設定されています。

 

 

 

ビットコイン(BTC)建てで購入する場合

円建てでの購入は日本円をネム(XEM)に交換する方法に対して、ビットコイン(BTC)建ては、ビットコイン(BTC)をネム(XEM)と交換する方法です。

ビットコイン(BTC)を充分に保有している人にとっては、こちらの方法が購入しやすいかと思われます。円建てでの表記ではXEM/JPYですが、ビットコイン(BTC)建てではXEM/BTCとなっているので、間違えて注文しないようにしましょう。


zaif
makerは無料、taker0.1%
Bittrex(ビットレックス 0.25%
poloniex(ポロニエックス) makerは0.1、taker0.25%

 

3社の比較ですが、日本国内でビットコイン(BTC)建てで購入できる取引所はZaif(ザイフ)のみになります。Bittrexとpoloniexの2社は海外の取引所です。手数料もZaifと比べると割高になります。また、Bittrexに関しては、新規会員は受け付けていないため、すでに口座を持っている人でなければ取引できません。

 

これからネム(XEM)をビットコイン(BTC)建てで購入したい人はZaifかpoloniexの2社になります。レートは国内と海外でさほど違いがありません。

 

参考までに、同時刻のレートを比べてみましょう。

 

poloniexのレート

 

 

Zaifのレート

 

 

DMMBitcoinのレート

 

比較してみると、ほとんど違いがないことがわかります。日本人であれば、円に換金したいときは一度日本に送金する必要があるので、海外の取引所を利用するメリットはほぼありません。Zaifで購入するのがいいでしょう。

 

 

 

ネム(XEM)を安く購入する結論

では、各購入方法をレートと手数料を比較してみます。単位は1XEMです。

〇円建ての取引所の比較
・Zaif…62.6(円/XEM)×0%(手数料)=約62円
・DMM Bitcoin…64.69(円/XEM)×0%(手数料)=約64円
〇円建ての販売所の比較
・coincheck…62.44(円/XEM)×0%(手数料)=約62円
〇ビットコイン(BTC)建ての取引所の比較
・Zaif…0.00006429(BTC/XEM)×1.001(手数料0.1%)×964745(円/BTC)=約62円
・Bittrex…0.00006310(BTC/XEM)×1.0025(手数料0.25%)×964745(円/BTC)=約61円
・poloniex…0.00006329(BTC/XEM)×1.0025(手数料0.25%)×964745(円/BTC)=約61円

※DMMは現物ではなくレバレッジ取引
※2018年の2月13日時点、1BTC = 964745円、全てtakerの手数料で計算

これら3つを比較してみるとBittrexとpoloniexでビットコイン(BTC)建てでの購入が一番安く購入できます。

 

しかしどちらも海外取引所であるため、初心者の方にはおすすめしません…Zaifで購入するのが安くて、安全でしょう!

 

 

 

 

Zaifでネム(XEM)を購入する場合

 

ネム(XEM)を成行注文で購入

①Zaif(ザイフ)のページ右上の「取引」をクリックしましょう。

 

 

 

②取引所の画面になったら、左上の取引ペアの選択タブが「XEM/JPY」になっている事を確認してください。違う取引ペアになっていたら、「XEM/JPY」を選択してください。選択したら取引種類が「ネム/日本円」「現物買い」となっている事を確認しましょう。

 

 

 

③今回は成行注文で購入します。「成行」のボタンをクリックしましょう。成行注文とは、現在の市場価格の成り行きで購入することです。チャートで表示されている現在の市場価格に近い価格で購入できます。

 

 

 

④購入したい数量を入力すると、その右の欄におおよその価格が表示されるので問題なければ買い注文をクリックすると、注文が実行されます。成行注文の場合、注文されるとすぐに約定(取引)されるのが通常なので、これで購入完了となります。なお、2017.12.14現在、Zaifの取引手数料は無料になっています。

 

 

 

⑤ビットコインの残高はページの右上で確認できます。

 

 

 

 

ネム(XEM)を指値注文で購入

指値注文でも購入してみましょう。指値注文とは、この価格ならネム(XEM)を買いたいを思う価格(指値)を指定し注文する事で、市場価格がその価格以下になった時に初めて約定(取引)される注文方法の事です。自分の価格予想を活かして、より戦略的に投資ができます。ただし、市場価格が指値を下回らない限り取引されないので、すぐにでもネム(XEM)が欲しい人にとっては向かない注文方法かもしれません。
①取引所の画面までは成行注文と同じです。「指値」のボタンをクリックして選択しましょう。

 

 

 

②続いて、(a)にこの価格なら購入したいと思う金額(指値)を入力します。(b)に購入したいネム(XEM)の数量を入力します。(c)のリミット売りは任意の項目なので入力しなくても大丈夫です。リミット売りとは、指値まで下がり晴れて約定した後に、再び価格が上がりこのリミット売りの価格なったら自動的に売りますという価格です。つまり、市場が思惑どおりに動けば、指値とリミット売りの差額分の利益が得られるということです。約定代金(かかる金額)に問題なければ(d)の「買い注文」をクリックします。

 

 

 

③実行した注文は「注文と履歴」の「アクティブな注文」の欄に表示されます。なお、約定前であれば、「取消」をクリックすれば注文がキャンセルできます。後は指値まで市場価格が下がるのをじっと待つだけです。

 

 

 

おすすめ関連カテゴリーニュース

モナコイン取引所
【リップル(XRP)を買いたい方】まだzaif(ザイフ)で買おうとしてるの?
最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status