【2018年保存版】ビットコイン(Bitcoin)の歴史を振り返り

ビットコイン(Bitcoin)の歴史を振り返ると今後の相場がわかる!?

 

最近では「ビットコイン(Bitcoin)が急騰!」というニュースを頻繁に目にします。ビットコイン(Bitcoin)が誕生したのは2008年ですので、わずか10年足らずでここまで注目される通貨に成長しました。歴史を振り返ることで、どのような時に相場が変動するのか?リスクを回避するためにはどうすればいいか?この点を歴史から学び、今後の相場に役立てていきましょう。

 

 

 

 

2008年 ビットコイン(Bitcoin)の発端

2008年10月31日に、ナカモトサトシ(中本 哲史)と呼ばれる人物がネット上でビットコイン(Bitcoin)の構想についての論文を発表したのが始まりです。

 

主な内容としては2点。

・暗号技術の活用した取引
・中央集権型ではなく、分散型の金融取引

 

ナカモトサトシ自身が開発したプログラムコードを使って、賛同したプログラマーたちが追加で開発を加えたもの、それがビットコイン(Bitcoin)です。なぜ、ナカモトサトシはこのような構想に至ったのでしょうか?何者かも未だに不明のまま。日本人の名前ですが日本人でもない。なにはともあれ、ここからビットコイン(Bitcoin)の歴史が始まるのです。

 

 

 

 

2009年 ビットコイン(Bitcoin)の誕生

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

2009年はバラク・オバマ氏がアメリカ合衆国大統領に就任した年でもあります。当然、ビットコイン(Bitcoin)は誕生したばかりなので、価格はついていません。

 

 

〇2009年 1月3日
ビットコイン(Bitcoin)の最初のブロック(genesis block)が誕生します。論文から、わずか3ヵ月ほどでビットコイン(Bitcoin)が正式に誕生しました。

 

 

〇2009年 1月12日
ビットコイン(Bitcoin)が初めての送信に成功。Satoshi Nakamotoからソフトウェア開発者のHal Finneyへ送信されたとのことです。これがビットコイン(Bitcoin)の初めての取引でもあります。この時点では、価格で取引はされていないので値段はついていません。

 

 

〇2009年 10月
10月5日、「New Liberty Standard」という会社がいち早く法定通貨との交換レートを提示しました。レートは、日本円換算で1BTC約0.07円ほどの価格です。価格の基準は、ビットコイン(Bitcoin)のマイニングにかかる電気料金から算出していました。10月12日には「New Liberty Standard」が5,050BTCを5.02ドルで購入を決定しています。これが法定通貨とビットコイン(Bitcoin)の初めて交換された取引です。

 

 

 

 

2010年 ビットコイン(Bitcoin)で商取引が行われる

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

日本では民主党が政権をとり、菅新内閣が発足した年です。ビットコイン(Bitcoin)が初めて商取引を行われた記念すべきがこの2010年。チャートを見ると年後半にかけて需要がでてきているのが確認できますね。ビットコイン(Bitcoin)という存在がメディアを通して認知されだしたのも、この年からです。

 

 

〇2010年5月22日
初めてビットコイン(Bitcoin)が商取引で使用された日でもあります。記念すべき初めに取引された商品はピザ2枚(約25ドル)でした。10,000BTCと交換がおこなわれたそうです。今のビットコイン(Bitcoin)の価格で換算すれば、とんでもなく高いピザでもありますね。実店舗で決済したという取引ではなく、プログラマー同士のやりとりのなかで取引されています。あるプログラマーが「ピザを10,000BTC(ビットコイン(Bitcoin))と交換しない?」という内容でメーリングリストに投稿しました。この投稿に応じた別のプログラマーが、ピザ屋に注文し、投稿したプログラマーの元にピザが届けられる、という内容での取引でした。

 

 

〇2010年7月
7月11日には「Slashdot」(日本ではスラド)にニュースとして取り上げられます。「Slashdot」はコンピューター系の電子掲示板サイトです。これにより、多くの人がビットコイン(Bitcoin)という存在を知ることになります。7月18日には、取引所として「Mt.Gox」がサービスを開始しました。後に、良くも悪くも有名な取引所になっていきます。

 

 

〇2010年8月15日
ビットコイン(Bitcoin)が偽造されるという最悪の事件が起きた日です。ビットコイン(Bitcoin)の脆弱性をつかれ、金額は1,840億BTCほどが偽造されました。しかし、開発チームがすぐに対応し、改善して元通りになっています。ビットコイン(Bitcoin)のセキュリティの事件はこれが初。ビットコイン(Bitcoin)自体はセキュリティが強固な通貨なので、これが最初で最後の偽造事件でした。

 

 

〇2010年9月18日
初めてマイニングプールによるマイニングが成功されたと言われています。マイニングプールの名前は「Slush’s pool」。
マイニングプールとは、同じマイニングを行いたい人が集まり、組織としてマイニングを行うということです。実際にマイニングを行う場合は、個人のパソコンでは処理能力に限界があります。そこで組織として、高性能のパソコンを導入してより多くの報酬を得よう、という試みがマイニングプールです。その「Slush’s pool」というマイニングプールが初めてマイニングを成功した日となりました。ちなみに、今ではほとんどが組織的にマイニングを行っています。

 

 

 

 

2011年 ビットコイン(Bitcoin)バブル

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

東日本大震災があった年です。日本では大変な状況の中、ビットコイン(Bitcoin)はバブル状態になっていきます。

 

 

〇2011年4月16日
ビットコイン(Bitcoin)がTIME誌で特集が組まれます。TIME誌は世界初といわれるアメリカのニュース雑誌。ここでの特集により、一般的に広くビットコイン(Bitcoin)が認知されることになります。

 

 

〇2011年6月
メディアでの影響をうけ、ビットコイン(Bitcoin)が急騰します。一時31.91ドル(当時の円換算では約1490円)までになりました。
また、メディアでの影響だけでの急騰ではなく、「シルクロード」と呼ばれる怪しげなサイトによる麻薬取引に使用されての急騰だったといえます。しかし、このバブルは6月19日に一度終焉を迎えます。取引所の「Mt.Gox」がハッキングされて、ビットコイン(Bitcoin)やユーザー情報・パスワードが盗難されるという被害がでました。これにより、他の取引所にも連鎖的に盗難が起きて、ビットコイン(Bitcoin)の価格は急落。年後半には1BTC=2ドルまで下がってしまったのです。

 

 

 

 

2012年 目立った動きがない年

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

ビットコイン(Bitcoin)に注目が集まることはない年でしたが、年末にかけてジリジリ価格が上がってきます。

 

 

〇2012年5月9日
FBIの内部資料が流出。流出した内容は「ビットコイン(Bitcoin)が不正に使用される可能性がある」という内容でした。

 

 

〇2012年11月
Wordpressがビットコイン(Bitcoin)決済の受付を開始します。日本にいる人にとっては何気ない出来事でもありますが、世界の人にとっては嬉しいニュースでもあるのです。例えば、PayPal。世界では60か国以上が利用できないため、Wordpressをアップグレードしたくても自由にできません。そこでビットコイン(Bitcoin)決済を導入することで、世界中のどの国の人にも購入できるようにしたのです。これにより、ビットコイン(Bitcoin)決済を受け付ける事業者としては最大規模となりました。

 

 

〇2012年11月28日
初めてのマイニング報酬の半減期が訪れます。報酬が50BTCから25BTCになりました。ビットコイン(Bitcoin)は21万ブロックが生成されるごとに、マイニングの報酬が減るようになっています。半減期の目安としては約4年で、2016年にはさらにマイニングの報酬が少なくなります。

 

 

 

 

2013年 ビットコイン(Bitcoin)が大注目される!

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

ギリシャで経済危機が起きた年です。そのため、一気にビットコイン(Bitcoin)の需要が上がりました。このような背景は、今後の相場を予測するうえでも、よく知っておかなければならないニュースです。

 

 

〇2013年3月16日
この日はキプロスの金融危機があり、ビットコイン(Bitcoin)が大注目される事件でした。これまでのキプロスは、タックスヘイブン(租税回避地)として世界中から資本を集めており、主にロシアの富裕層が預金している国でもありました。しかし、ギリシャの経済危機が起きてからキプロス政府がとった方法は2つ。

 

・銀行預金の引き出し制限
・預金に課税をする

 

といった内容でした。これがきっかけで、預金を引き出そうとする動きや海外に資本を移動させる動きが加速します。資本移動の目的でビットコイン(Bitcoin)を大量に購入したのが原因で、価格が急騰することなったのです。

 

 

〇2013年3月19日
ビットコイン(Bitcoin)の初めてのATMが誕生。

 

 

〇2013年10月1日
麻薬取引にも使用されていた不正サイト「シルクロード」の運営者がFBIに逮捕されました。これによりサイトは閉鎖されます。

 

 

〇2013年12月
NHKで特集が組まれたことで、日本でも認知されるようになります。しかし、12月05日には中国政府が金融機関のビットコイン(Bitcoin)の取り扱いを禁止する、という規制をかけました。これにより、中国の取引所が一時停止するといったことがあり、価格が急落します。この背景として、中国政府の資本規制が原因であったとされています。政府は国外への資金の移動を5万ドルまでという規制をかけていました。これを嫌った富裕層は、国外へ移動させる手段としてビットコイン(Bitcoin)を爆買いしたのです。キプロスの金融危機だけでなく、中国の需要増もこの価格上昇に大きく関与しています。そこで、中国政府は国外への資本流出を防ぐため、ビットコイン(Bitcoin)の取引を停止するという規制をかけるようになりました。

 

 

 

 

2014年 ビットコイン(Bitcoin)の信頼に関わる年

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

 

 

消費税が5%から8%に増税された年です。また、ビットコイン(Bitcoin)においても重要な取引所の事件が起きた年でもあります。通貨の信用を損なう事件が相次いだことで、この年は価格が低調気味でした。

 

 

〇2014年2月24日
取引所大手のMt.Goxが閉鎖される事件が起きました。理由としてはハッカーによる盗難で、被害総額は当時のレートで約500億円。これにより日本でのビットコイン(Bitcoin)の見方は、怪しい、危ない通貨であるという世間の見方になりました。しかし、実際のところはビットコイン(Bitcoin)自体に問題があるわけではありません。取引所のセキュリティの問題やモラルが原因なのです。今回の事件の真相は、ハッカーによるものではなく、業務上の横領が原因であることが後に判明します。

 

 

〇2014年6月13日
マイニングプールのGhash.ioの採掘力が51%に到達したと伝えられました。51%の意味は51%攻撃とも言われている問題です。特定のグループがネットワークの51%以上を独占してしまうと、不正なブロックを形成するといったリスクが高まります。つまり、特定のグループが思うように操作できるということです。
このような懸念が生まれたために価格は低調気味になります。しかし、この件はGhash.io内のマイナーが別のグループに移ったおかげで何事もなく解決しました。

 

 

■アメリカでは大手2社が決済を導入
7月には米Dell社、12月には米Microsoft社がビットコイン(Bitcoin)の決済を初めています。いずれもアメリカ在住者限定です。

 

 

■日本では続々と取引所が開設
この年は日本で多くの取引所がサービスを開始しています。
・bitFlyer
・BtcBox
・etwings
・coincheck
bitFlyerとcoincheckは2017年現在で国内取引量がトップクラスになっています。etwingsは後にZaifに買収されて社名を変えています。また、海外の取引所Krakenが日本でのサービスを開始したのもこの時期です。

 

 

 

 

2015年 ビットコイン(Bitcoin)の新しい時代

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

 

 

ビットコイン(Bitcoin)に変化が起きました。ブロックサイズの問題を抱えていたビットコイン(Bitcoin)が分裂して、新たな通貨が誕生し始めたのです。この年から毎年のように分裂が行われて新しい通貨が生まれるようになります。

 

 

〇2015年1月
新年早々、英国の取引所Bitstampがハッキングを受けたと報じられました。被害総額は約500万ドル。かなりの規模の被害ですが、オンライン用とオフライン用のウォレットを分けて管理していたため、全体の12%の被害に抑えることができました。

 

 

〇2015年6月
アメリカのニューヨーク州では、「BitLicense」という法律が正式に発表されました。内容としては、仮想通貨事業を行うためにはラインセンス(免許)が必要になるという法律です。ちなみに投資目的での事業は不要になります。このライセンスの発行価格がなんと!5,000ドルかかるのです。日本円では約50万円といったところでしょうか。それに伴い、ビットコイン(Bitcoin)関連企業がニューヨークから続々と撤退するようになりました。

 

 

〇2015年8月1日
2014年2月に破綻したMt.Goxの経営者のマルク・カルプレス氏が逮捕されました。ハッキングの損失はわずかで、実際には社長本人の横領した容疑とのことです。
・ハッキングによる痕跡が確認できない
・Mt.Goxの台帳が社長本人しかアクセスできない
上記の2点により、マルク・カルプレス氏に横領の容疑がかかったのです。

 

 

〇ビットコイン(Bitcoin)のフォーク版がリリース
このころになると、スケーラビリティ問題が発生します。ビットコイン(Bitcoin)のブロックサイズが小さいために、処理速度が低下するようになったのです。そのため、ブロックチェーンを分岐させて新たなバージョンがリリースされます。8月には「Bitcoin XT」12月には「Bitcoin Unlimited」の2つです。このような分裂は後々まで続くこととなります。

 

 

 

 

2016年 再び価格が上向きになる

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

インドの高額紙幣廃止がきっかけで、年末にかけて価格が上昇します。仮想通貨は、経済に変化が起きた時によく価格が変動しますね。

 

 

〇2016年2月10日
ビットコイン(Bitcoin)のブロックサイズを1MBから2MBに拡大された「Bitcoin Classic」がリリースされます。

 

 

〇2016年7月9日
4年ごとに起きる、2回目の半減期が訪れます。報酬は25BTCから12.5BTCに下がりました。

 

 

〇2016年11月8日
インドでは高額紙幣が廃止されました。突然の廃止に大混乱。このニュースをきっかけに、インドのビットコイン(Bitcoin)プロパイダーに問合せが殺到するという事態になりました。今までタンス預金が主流だった人はオンライン決済や仮想通貨に目を向けるようになったのです。これにより、ビットコイン(Bitcoin)の需要が爆発的に増えて、価格も一気に1BTC=11万円まで高騰する事態となったのです。

 

■決済できる企業が増える
日本では、「DMM.com」がビットコイン(Bitcoin)の決済を導入します。また、ゲームのダウンロード販売を行う「Steam」がビットコイン(Bitcoin)の決済を導入します。しかし、Steamは後にビットコイン(Bitcoin)の送金手数料の高騰により、一時決済は停止している状況です。

 

 

 

 

2017年 日本で世界初の法律が誕生

参照URL:https://jpbitcoin.com/about/history_price#15

 

 

日本に法律ができたことで一気に価格が上昇傾向になります。日本だけでなく、世界でもビットコイン(Bitcoin)の価格が急騰し、1BTC=200万円というとんでもない値段がついた年です。

 

 

〇2017年1月
5日には日本で2013年以来の高値をつけます。coincheckでは1BTCが152,900円にもなりました。しかし、同日。中国では中国人民銀行が取引所大手のOKCoin、BTCC、Huobiを呼び出し会合を開きます。内容はビットコイン(Bitcoin)の過熱に対する警告です。これから何回かに分けて会合や調査を行い、手数料無料がという制度がなくなりました。この時のビットコイン(Bitcoin)の相場は中国による取引が多かったため、価格は下がっていきます。

 

 

〇2017年4月1日
日本で「改正資金決済法等」が施行されます。世界では初めてビットコイン(Bitcoin)が法律として認められた瞬間でもありますね。これにより、取引所は登録制となり、誰でも取引所が開設できるわけではなくなったのです。伺わしい取引所がなくなり、消費者が安心して取引ができるようになりました。

 

 

〇2017年8月1日
再びビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティ問題によりハードフォークを実施。これにより「ビットコイン(Bitcoin)キャッシュ」が誕生します。ハードフォークと対照的にソフトフォークという方法があります。ソフトフォークは今までのブロックチェーンを全て書き換えてしまう方法。しかし、ハードフォークは現時点から書き換えていくので、以前のものは使用できなくなるという方法です。ビットコイン(Bitcoin)キャッシュはこのハードフォークを採用しているので、旧式のビットコイン(Bitcoin)とは互換性がありません。したがって、ビットコイン(Bitcoin)とは全くの別物の通貨です。

 

 

〇2017年10月24日
またまたビットコイン(Bitcoin)のハードフォークで「ビットコイン(Bitcoin)ゴールド」が誕生します。香港のマイニング企業LightningASIC社のJack Liao氏が「マイニングを誰でも平等にできるようにする」という目的で作られた通貨です。正式にスタートしたのは11月13日からでした。

 

 

〇2017年12月10日
インタラクティブ・ブローカーズが、CBOE先物取引所でビットコイン(Bitcoin)先物取引を開始。ほぼ同じごろ、日本では1BTCの価格が200万円を突破。

 

 

 

 

歴史は繰り返される!

いかがでしたでしょうか?2018年になり、ようやく10年の歴史が積み重なりました。初めは0円に近いビットコイン(Bitcoin)が今では200万円にもなっています。日本では法律も整備されて、ますますビットコイン(Bitcoin)に対する需要がと増えてくるでしょう。歴史を知っておくと、これから起きる問題に対処していけるようになります。また、ビットコイン(Bitcoin)と同じような通貨をみつけて利益をあげるチャンスにも繋がるのではないでしょうか。しかし、値動きが激しいのでリスクも高いことは事実。取引をするなら充分に注意して行いましょう。

 

 

 

 

あわせて読みたい

【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)にまつわる4つの基本的な問題
ビットコイン(Bitcoin)に関する問題について取り上げました。リスクや問題としっかりと知った上で、ビットコイン(Bitcoin)の運用を行いましょう。
【保存版】ビットコインをはじめとする、有名アルトコイン13選
ビットコイン、イーサリアム、リップル…アルトコインは多数あります。今回は最低限有名どころなアルトコイン13選をまとめました。
【丸わかり】ビットコイン(Bitcoin)における『uasf 』とは
uasfは、ユーザーアクティベイテッドソフトフォークの略で、その名前の通りユーザーが主体でソフトフォークをするかどうかの決定をするということです。 uasfが起こると、ビットコインに何が起こるのか。あくまで可能性にすぎませんが持っているビットコインが消失する可能性があります。ビットコインの保有者の私たちはどういった対応が必要なのでしょうか。
【完全保存版】ビットコイン(Bitcoin)とは?大全集
ビットコイン(Bitcoin)ってどうしても難しいイメージが先行してしまいます。初心者向けにわかりやすく、そしてビットコイン(Bitcoin)の全てを解説し、ビットコイン(Bitcoin)ならではの特長を紹介しています。
【超初心者向け】ビットコインの分裂が起こると、どうなるの?
「ビットコインの分裂ってよく聞くけど、分裂するとどうなるの?」→『ビットコインの大きな価格変動』を引き起こします。ビットコインを分裂させることにより、マイニングや取引等をより行いやすく、ビットコインをより便利する働きがあります。しかし、価格変動によって、注意もあります。分裂の時期はある程度は把握できるので、事前に準備しましよう!

 

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

初心者におすすめ
ビットコイン取引所一覧

取引所キャンペーン入金方法レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料申し込み
人気急上昇!
bitFlyer合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大15倍0.001BTC0.01%~0.15%無料
人気急上昇!
bitbank trade-銀行、クレジットカード最大20倍0.01BTC0.01%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
GMOコイン最大35,000円キャッシュバック銀行、ペイジー入金最大5倍0.001BTC無料0.05%
Coincheck毎週総額20万円相当のビットコイン銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大20倍0.005BTC無料実質0.04%~0.05%
Zaif毎日上位50名に対して最大1億円銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大25倍0.0001BTC-0.01%~0.1%実質0.039%
QUOINEX手数料無料銀行最大25倍0.01BTC無料0.05%
Kraken-銀行最大5倍0.00001BTC0~0.26%0.01%
みんなのビットコイン-銀行最大25倍0.01BTC無料(無料)0.05%
Bitfinex仮想通貨3.3倍0.01BTC0~0.2%15~18%
Bittrex仮想通貨--0.0005BTC0.25%--
cryptopia仮想通貨--0.0001BTC0.2%--
Bitconnect.co仮想通貨--0.03BTC0.25%--
Aidos Market仮想通貨--$5 USD0.09~0.2%--
Yobit仮想通貨、クレジットカード、オンライン決済、電子マネー--0.0001BTC0.2%--
KuCoin仮想通貨--0.000001BTC0.1%--
Btcbox銀行最大3倍0.0001BTC無料無料
Fisco銀行--0.0001BTC無料--
Lemuria銀行--0.1BTC無料--
BITPOINT最高総額 150万円銀行最大25倍0.0001BTC無料(無料)実質0.035%
bitbank.cc取引手数料無料銀行最大20倍0.0001BTC-0.05%~+0.05%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
DMMBitcoin新規口座開設申込後、30日以内に口座開設完了で1,000円をプレゼント銀行、クイック入金5倍0.001BTC無料無料
Bit Trade-銀行-0.0001BTC0.2~0.3%-
Binance仮想通貨--0.00000001BTC0.1%(BNB建ての場合0.05%)--
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status