【超初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)の分裂が起こると、どうなるの?

ビットコイン(Bitcoin)の分裂とは

 

現在に至るまでの分裂の歴史

2017年、ビットコイン(Bitcoin)は4回 分裂しました。

 

・2017年8月1日(分裂1回目) 
ビットコイン(Bitcoin)の分裂により、ビットコイン(Bitcoin)キャッシュ(Bitcoin Cash)誕生

 

通貨単位:BCH
公式Twitter:https://twitter.com/BITCOlNCASH 
ビットコイン(Bitcoin)キャッシュ公式サイト:https://www.bitcoincash.org/ 
 

 

 

・2017年10月24日(分裂2回目)
ビットコイン(Bitcoin)の分裂により、ビットコイン(Bitcoin)ゴールド(Bitcoin Gold)誕生

 

通貨単位:BTG
公式Twitter:https://twitter.com/bitcoingold 
ビットコイン(Bitcoin)ゴールド公式サイト:https://bitcoingold.org/ 

 

 

 

・2017年11月25日(分裂3回目)
ビットコイン(Bitcoin)の分裂により、ビットコイン(Bitcoin)ダイヤモンド(Bitcoin Diamond)誕生

 

通貨単位:BTD
公式Twitter:https://twitter.com/BitcoinDiamond_
ビットコイン(Bitcoin)ダイヤモンド公式サイト:http://www.btcd.io/#/

 

 

 

・2017年12月17日(分裂4回目)
ビットコイン(Bitcoin)の分裂により、スーパービットコイン(Bitcoin)(Super Bitcoin)誕生

 

通貨単位:SBTC
公式Twitter:https://twitter.com/superbtcorg
スーパービットコイン(Bitcoin)公式サイト:http://superbtc.org/
 

 

昨年8月の1回目の分裂時には、「分裂でビットコイン(Bitcoin)は急落する!」、「いや、分裂によってビットコイン(Bitcoin)の価値はさらに高まる!」などの情報が飛び交いました。

 

実際、分裂の際には様々な思惑の元、価格が大きく揺れ動きます。ですが、ビットコイン(Bitcoin)の分裂が繰り返される内に、世間の反応は変わりつつあります。

 

2018年は2017年以上の分裂回数が予想されています。ビットコイン(Bitcoin)への投資をされる方は、「分裂のタイミングでどのような値動きが予想されるか」知っておくことが大切です。

 

 

 

分裂の種類

仮想通貨の世界では、通貨が分裂することを「フォーク」と言います。

丁度、ナイフとフォークのフォークの先のようなイメージです。

フォークは「ソフトフォーク」と「ハードフォーク」の2種類があり、新しい通貨が出来る分裂は「ハードフォーク」と呼ばれます。

 

 

 

ハードウォークとは

ハードフォーク(hardfork)は、新しいブロックチェーンが生まれる分裂です。

 
「ビットコイン(Bitcoin)XXが誕生」といった場合、全てこのハードフォークによって生まれた通貨になります。

 
ハードフォークした場合、ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーンとは異なりますので、それぞれの通貨が混じり合うことはありません。ビットコイン(Bitcoin)と分裂後の通貨、それぞれのマイニングによってブロックチェーンが繋がれていきます。

 
分裂後の通貨には「ビットコイン(Bitcoin)」という頭文字がついているので混同しがちですが、ビットコイン(Bitcoin)とは全く別の通貨になります。

 

 

 

ソフトフォークとは

ハードフォークに対して「ソフトフォーク」と言われる分岐があります。

 
ハードフォークは「新しい通貨が生まれる」分岐ですが、ソフトフォークは「既存の通貨がリニューアルされる」イメージになります。

 

ビットコイン(Bitcoin)のアップデートの一つである「segwit」はソフトフォークに分類されますので、海外メディアでは「segwit Soft fork Upgrade」として報じられます。ビットコイン(Bitcoin)に投資をされる方や投資を検討される方は、「どちらのフォークが行われているのか」を意識して抑えることが大切です。なお、ビットコイン(Bitcoin)の価格が大きく動くのは、「ハードフォーク」の時である傾向にあります。

 

 

 

segwitとは

Segwit(セグウィット)は、Segregated Witnessの短縮語です。日本語に略すと、Segregated(分別)、Witness(証明)になります。

 

ビットコイン(Bitcoin)は人気の高まりから、取引データ量が増え、現在のブロックサイズでは処理しきれない問題が出てきました。(スケーラビリティの問題と言います。)

 
ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーンでは、「10分に1回のペースで未処理の取引データを一括で処理する」仕組みが採用されています。取引データ量が増えると、処理待ちとなるデータが出てきます。ビットコイン(Bitcoin)の取引に時間がかかることになりますから、ユーザーにとっても弊害が出ます。

 
ビットコイン(Bitcoin)の開発チームでは、この問題を解決するためにブロック内に格納するデータサイズを軽くする対応が検討されました。これがSegwitです。具体的には、ブロック内に格納する署名情報(誰が処理したのか)を別管理することで、データ量を抑える対応になります。

 
2017年8月、segwitの対応が行われました。今後は、より拡張された「segwit2X」の対応が予定されています。
※segwit2Xは昨年末の対応が予定されていましたが、延期されています。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)を保持している方は、segwit情報に注意

segwit始めビットコイン(Bitcoin)本体のアップデート(ソフトフォーク)時は、多くの取引所が一時的にビットコイン(Bitcoin)の取引を停止します。

 
これは、アップデート直後にシステムの不具合が発覚した場合に、取引に重大な影響が出ることを避けるための措置として実施されます。各取引所はソフトフォーク前には対応声明を発表します。ビットコイン(Bitcoin)への投資をされている方や投資を検討されている方は、ソフトフォーク情報の入手と共に取引所の声明文を確認するようにしましょう。

 

 

 

 

なぜ分裂が起こるのか

ソフトフォークやハードフォークが実施されるときは、必ず目的があります。
 

なぜソフトフォークだけにならないのか?新しい通貨としてハードフォークさせる必要があるのか?

 
多くの方が疑問に持つことと思います。

 
ビットコイン(Bitcoin)を永続的に運用するのであれば、ソフトフォークのみで良い気がします。ですが、ここでビットコイン(Bitcoin)の運用方法が影響していきます。ビットコイン(Bitcoin)は特定の組織が管理していません。有識者同士のコミュニティで検討を重ね、一定数の承認を得られた内容でビットコイン(Bitcoin)のソフトフォークを実施する決まりになっています。

 
なお、ビットコイン(Bitcoin)の改善提案は「BIP(bitcoin improvement proposals)」と呼ばれ、BIPxxx(xxxは連番)で管理されています。採用されたBIPがソフトフォークで実施されることになります。

 
ビットコイン(Bitcoin)は開発者始め、マイニング企業など様々なステークホルダーが存在します。その為、ソフトフォークの理念に反発した組織や団体が、ハードフォークとして理想の通貨を目指そうとしているのです

これまでのハードフォークの目的

・Bitcoin Cashの分裂の際
ビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティを解消することを主な目的とし、ハードフォークを実施。Bitcoin Cashのブロックチェーンにおける各ブロックサイズは、ビットコイン(Bitcoin)の8倍(8MB)ある。

 

 

・Bitcoin Goldの分裂の際
ビットコイン(Bitcoin)のマニング寡占(ASICを使ったマイニング)を解消することを主な目的とし、ハードフォークを実施。Bitcoin GoldはGPUでマイニングをすることになる。

 

 

・Bitcoin Diamondの分裂の際
Bitcoin Cash、Bitcoin Gold両方の特徴(GPUマイニング、8MBのブロックサイズ)を取り入れることを目的として、ハードフォークを実施。また、最大供給量は通常2,100万ですが、その10倍に拡張されています。(最大供給量:2億1,000万BTD)

 

 

・Super Bitcoinの分裂の際
イーサリアムの特徴である「Smart Contract」を実装することを目的として、ハードフォークを実施。実際の運用は2018年3月31日に開始予定。

 

 

 

 

分裂が起こるとどうなるのか

ビットコイン(Bitcoin)の分裂が引き起こすのは「ビットコイン(Bitcoin)の大きな価格変動」を引き起こします。
※価格変動の詳細は後述します。

 

ハードフォークの場合は、お買い物などで実際にビットコイン(Bitcoin)を使っているユーザーへの影響はほとんどありません。ソフトフォークの場合は、送金時間の短縮が見込まれていますので、「送金時間が早くなった!」と感じることが出来ることと思います。

 

ハードフォークの場合、分裂後の通貨には必ず目的があります。分裂後の通貨がビットコイン(Bitcoin)を超えるような期待感に包まれれば、ビットコイン(Bitcoin)を売り、分裂後の通貨を買う動きが活発になります。ビットコイン(Bitcoin)価格の下落要因になります。

 

一方、ソフトフォークの場合は、アップデートの内容が支持されればビットコイン(Bitcoin)の需要が益々増えますので、ビットコイン(Bitcoin)価格の上昇要因になります。注意したいのが、ビットコイン(Bitcoin)のフォーク(分裂)においては、「ビットコイン(Bitcoin)の問題を解消した通貨が生まれた」と誇張して宣言される傾向にあることです。

 
ビットコイン(Bitcoin)にはビットコイン(Bitcoin)の良さがあり、ハードフォーク後の通貨がビットコイン(Bitcoin)の欠点を全て補っている訳ではありません。ハードフォーク前後の価格差を利用したビットコイン(Bitcoin)への投資を検討されている方は、ハードフォークされる通貨の特徴を抑えてから実施するようにしましょう。

 

 

 

 

分裂前に持っていたビットコイン(Bitcoin)は分裂後どうなるのか

ソフトフォーク、ハードフォークいずれの分裂においても、分裂前に保持していたビットコイン(Bitcoin)は、分裂後もそのまま使用出来ます。

 

特に消えて無くなる、使えなくなることはありません。

 

ですが、ソフトフォークの場合はビットコイン(Bitcoin)の運用に影響する可能性があります。
ビットコイン(Bitcoin)の値動きに関してはハードフォークを、ビットコイン(Bitcoin)の安全性に関してはソフトフォークの情報を注視するようにしましょう。

 

 

 

 

分裂のタイミングで価格はどう影響するのか

始めに、過去4回のハードフォーク後2週間の価格推移を見ていきましょう。

 

チャート変動の振り返る

・ビットコイン(Bitcoin)キャッシュ(Bitcoin Cash)誕生 (2017年8月1日)から2週間の価格推移

 

 

 

・ビットコイン(Bitcoin)ゴールド(Bitcoin Gold)誕生(2017年10月24日)から2週間の価格推移

 

 

 
・ビットコイン(Bitcoin)ダイヤモンド(Bitcoin Diamond)誕生(2017年11月24日)から2週間の価格推移

 

 

 

・スーパービットコイン(Bitcoin)(Super Bitcoin)誕生(2017年12月17日)
2017年12月17日から2週間の価格推移

 

 

 

最近のハードフォーク後の値動きは過去と異なる

これまでのハードフォーク後の値動きを振り返ると、「BCH、BTG、BTDのハードフォーク後は値上がりしていますが、直近のSBTCのハードフォークではその傾向が逆転している」ことが分かります。

 

これには大きく2つの理由が考えられます。

 

 

理由①:ハードフォーク後の通貨がもらえる
取引所ごとに対応は異なりますが、通常はビットコイン(Bitcoin)を持っているユーザーにハードフォーク後の通貨が配られます。

 
ハードフォーク直後の新しい通貨は取引所でも取り扱っていないことが多く、購入することが出来ません。ビットコイン(Bitcoin)を保持することで得ることが出来ます。ハードフォーク後の通貨を持っておきたいと考える投資家が多くいるために、ビットコイン(Bitcoin)の需要が増える傾向にあります。

 
 

理由②:ハードフォークの乱立
「ビットコイン(Bitcoin)はハードフォーク後に値が上がる」多くの投資家はそう考えていました。

 
ですが、昨年12月のスーパービットコイン(Bitcoin)誕生時は期待が裏切られ、大幅な急落を記録しました。

 
これは、ビットコイン(Bitcoin)のハードフォークが繰り返されることで、ハードフォークによって誕生する通貨の特徴をつかみにくくなったことに加え、ビットコイン(Bitcoin)ブランドに期待して投資対象とする投資家が増えたことが要因とされています。需要が増えることを予想した投資家が、大量に売りに出したと考えられます。

 
2018年のハードフォークにおいては、直近のような値動きを示すのか、それとも値上がりするのか大変注目されています。

 
筆者の見解としては、ビットコイン(Bitcoin)のフォーク状況が見えにくくなっていることから、次回のハードフォーク時には直近の値動き(値下がり)を示すのではないかと予想します。

 

 

 

 

次の分裂はいつか

2018年のビットコイン(Bitcoin)は、「フォーク祭り」と言われるほど、フォークが複数回実施されることが示唆されています。

 

フォーク情報はビットコイン(Bitcoin)の開発チームの検討スペース「bitcoin forum」で確認することが出来ます。ですが、情報が多岐にわたることに加え、難解な議論が含まれることがあります。フォーク情報の入手にはフォーク情報のまとめサイトを利用するのが良いでしょう。

 

 

情報の鮮度は日本のメディアに比べ海外のメディアに利があります。今後のフォーク情報は海外メディアから、これまでのフォーク情報は日本国内のメディアから入手することをおすすめします。

 

仮想通貨情報を発信している海外メディア「CryptoCurrency Facts」の情報によれば、以下のフォーク計画があるとされています。

 

 

 

2018年のビットコイン(Bitcoin)フォークスケジュール(予定)

※実際にフォークが実施されるか否かは、それぞれの公式サイトを参照してください。

・Bitcoin Platinum
通貨(トークン)単位:BTP
フォーク種別:ハードフォーク
フォーク時期:2017年12月12日を予定していましたが、延期されています。
公式サイト:https://bitcoinplatinum.github.io/
 

 

・Lightning Bitcoin
通貨(トークン)単位:LBTC
フォーク種別:ハードフォーク
フォーク時期:2017年12月23日を予定していましたが、延期されています。
公式サイト:http://lightningbitcoin.io/
 

 

・Bitcoin God
通貨(トークン)単位:GOD
フォーク種別:ハードフォーク
フォーク時期:2017年12月26日を予定していましたが、延期されています。
公式サイト:https://www.bitcoingod.org/

 

 

・Bitcoin Uranium
通貨(トークン)単位:BUM
フォーク種別:ハードフォーク
フォーク時期:2017年12月末を予定していましたが、延期されています。
公式サイト:未確認

 

 

・Bitcoin Segwit2x
通貨(トークン)単位:BTC
フォーク種別:ソフトフォーク
フォーク時期:2017年12月末を予定していましたが、延期されています。
公式サイト:https://segwit2x.github.io/

 

 

・Bitcoin Cash Plus
通貨(トークン)単位:BCP
フォーク種別:ハードフォーク
フォーク時期:2018年1月14日(予定)
公式サイト:http://www.bitcoincashplus.org/

 

 

・Bitcoin Silver
通貨(トークン)単位:BTCS
フォーク種別:ハードフォーク
フォーク時期:2018年1月24日(予定)
公式サイト:https://bitcoinsilver.io/

 

 

・Bitcoin Private
通貨(トークン)単位:BTCP
フォーク種別:ハードフォーク
フォーク時期:2018年1月末(予定)
公式サイト:未確認

 

フォークを予定している通貨は概ねWebサイトを立ち上げていますので、フォークの詳細が気になる方はぜひ一度アクセスしてみてください。

 

フォーク時にビットコイン(Bitcoin)への投資を検討される方は、必ずフォークの内容を確認してから行うようにしましょう。なお、フォークは実施されないことも多く、どのフォークが実施される可能性が高いかは都度個人で判断する必要があります。

 

ビットコイン(Bitcoin)のフォーク情報は乱立していますし、今後はその傾向が強まります。情報に踊らされないように注意してください。

 

 

 

あわせて読みたい

【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)にまつわる4つの基本的な問題
ビットコイン(Bitcoin)に関する問題について取り上げました。リスクや問題としっかりと知った上で、ビットコイン(Bitcoin)の運用を行いましょう。
【保存版】ビットコインをはじめとする、有名アルトコイン13選
ビットコイン、イーサリアム、リップル…アルトコインは多数あります。今回は最低限有名どころなアルトコイン13選をまとめました。
【丸わかり】ビットコイン(Bitcoin)における『uasf 』とは
uasfは、ユーザーアクティベイテッドソフトフォークの略で、その名前の通りユーザーが主体でソフトフォークをするかどうかの決定をするということです。 uasfが起こると、ビットコインに何が起こるのか。あくまで可能性にすぎませんが持っているビットコインが消失する可能性があります。ビットコインの保有者の私たちはどういった対応が必要なのでしょうか。
【完全保存版】ビットコイン(Bitcoin)とは?大全集
ビットコイン(Bitcoin)ってどうしても難しいイメージが先行してしまいます。初心者向けにわかりやすく、そしてビットコイン(Bitcoin)の全てを解説し、ビットコイン(Bitcoin)ならではの特長を紹介しています。
【2018年保存版】ビットコイン(Bitcoin)の歴史を振り返り
ビットコイン(Bitcoin)に対してどうしても未来のことばかり考えてしまいます。しかし歴史を知ることで、今後の動向のヒントになります。ビットコイン(Bitcoin)の誕生から、2018年まで。初心者の方でもわかりやすく解説します。

 

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

初心者におすすめ
ビットコイン取引所一覧

取引所キャンペーン入金方法レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料申し込み
人気急上昇!
GMOコインGMOコインもれなく全員20,000Satoshiプレゼント!銀行、ペイジー入金最大10倍0.001BTC無料0.05%
人気急上昇!
bitbank tradebitbanktrade-銀行、クレジットカード最大20倍0.01BTC0.01%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
人気急上昇!
bitbank.cc取引手数料無料銀行最大20倍0.0001BTC-0.05%~+0.05%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
bitFlyer合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大15倍0.001BTC0.01%~0.15%無料
Zaifzaif毎日上位50名に対して最大1億円銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大25倍0.0001BTC-0.01%~0.1%実質0.039%
QUOINEX手数料無料銀行最大25倍0.01BTC無料0.05%
Kraken-銀行最大5倍0.00001BTC0~0.26%0.01%
みんなのビットコイン-銀行最大25倍0.01BTC無料(無料)0.05%
Bitfinex仮想通貨3.3倍0.01BTC0~0.2%15~18%
Bittrex仮想通貨--0.0005BTC0.25%--
cryptopia仮想通貨--0.0001BTC0.2%--
Bitconnect.co仮想通貨--0.03BTC0.25%--
Aidos Market仮想通貨--$5 USD0.09~0.2%--
Yobit仮想通貨、クレジットカード、オンライン決済、電子マネー--0.0001BTC0.2%--
KuCoin仮想通貨--0.000001BTC0.1%--
Btcbox銀行最大3倍0.0001BTC無料無料
Fisco銀行--0.0001BTC無料--
Lemuria銀行--0.1BTC無料--
BITPOINT最高総額 150万円銀行最大25倍0.0001BTC無料(無料)実質0.035%
DMMBitcoin新規口座開設申込後、30日以内に口座開設完了で1,000円をプレゼント銀行、クイック入金5倍0.001BTC無料無料
Bit Trade-銀行-0.0001BTC0.2~0.3%-
Binance仮想通貨--0.00000001BTC0.1%(BNB建ての場合0.05%)--
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status