ビットコイン 儲からない
更新日 2018.03.15
投資

【反面教師】ビットコインで儲からない人の特長5選

自分の中でルール化せずに売買する

投資の目的は人それぞれです。ビットコイン(Bitcoin)への投資を資産形成の一部とする場合、具体的な目標を立てることが大切です。

 

目標設定でおすすめなのが、お馴染みの「5W1H」による明確化です。

 

5W1H
Who(誰が)、What(何を)、When(いつ)、Where(どこで)、Why(どうして)、How(どのように)

 

 

目標設定の一例
・私は、ビットコイン(Bitcoin)を2018年2月からcoincheckで売買する。初期投資額は1万円で、毎月追加していく。長期保有を前提とし、1年間は保有する。目標額は1年後に10%のリターン。・私は、ビットコイン(Bitcoin)を2018年2月からzaifで売買する。初期投資額は10万円で、短期売買を前提とし、2カ月で売り切る。ハードフォークのタイミングを狙い、20%以上のリターンを狙う。

 

周りに流されないように気をつけること
ビットコイン(Bitcoin)の人気の高まりから、情報は色々なところから入ってきます。「隣の芝は青く見える」と言われますが、投資の軸を持たずに安易な情報に流されてしまうと、いつまでたっても利益を確定できないことに繋がりかねません。

 

一度ルールを決めたら、一定の成果が出るまでは続けることが大切です。

 

 

 

 

詐欺話にのっかる

2018年1月12日、各メディアが仮想通貨被害にあった女性を報じました。

【参照:東京新聞Web

被害にあった女性は、仮想通貨取引の経験があったのにも関わらず被害にあいました。

ビットコイン(Bitcoin)の高騰から、儲け話をチラつかせた詐欺グループが多数出現しています。実際に詐欺にあう方も後を絶たず、消費者生活センターも注意喚起を出しています。

【参照:独立行政法人 国民生活センター

 

ビットコイン(Bitcoin)の投資を募るセミナーや団体は注意が必要です。ビットコイン(Bitcoin)の投資が資産形成目的の場合、国内の取引所で購入することが最も安全です。

 

 

 

仮想通貨トラブルは圧倒的にビットコイン(Bitcoin)が多い

仮想通貨はビットコイン(Bitcoin)以外にも1,000種類以上存在すると言われています。ですが、仮想通貨関連の詐欺のほとんどがビットコイン(Bitcoin)ですこれはCMやSNSなどでビットコイン(Bitcoin)の儲け話が盛んに取り上げられるようになったことが関係しています。

 

「ビットコイン(Bitcoin)を持っておくと儲かる!」と各メディアで取り上げられているので、「儲かりそう」と考える人も増えてきています。

 

ビットコイン(Bitcoin)の値動きは、仮想通貨の専門家でも読めないとされています。1年前、ここまでの値上がりを予想できた人はいませんでした。直近でも、昨年12月の急落を予想出来た人もいませんでした。

 

将来大幅に値下げをするかも知れないのです。あたかも値上げが約束されているような文言を見かけたら注意が必要です。投資話には近寄らないようにしましょう。

 

 

 

 

チャートの読み方がわからない

ビットコイン(Bitcoin)は2009年から運用が始まっています。

 

ビットコイン(Bitcoin)が爆発的な値上がりを始めたのは昨年8月以降ですが、純粋な右肩上がりではなく、上下を繰り返しています。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)はじめ、仮想通貨は「値動きが起こる情報」というのが存在します。投資家達は、この情報に常に目を光らせています。どのような情報が値を動かすのか予め知っておくことで、チャートが読めるようになり、投資タイミングの判断に役立てることが出来ます。

 

ビットコイン(Bitcoin)の場合は、主に下記2点の場合に大きく値を動かす傾向にあります。

 

 

1,ビットコイン(Bitcoin)の規制緩和、又は規制
ビットコイン(Bitcoin)は世界中で取り扱われている通貨です。各国の規制状況はビットコイン(Bitcoin)の値動きに影響します。

特にアメリカ、中国の動向はビットコイン(Bitcoin)の値動きに与える影響も大きいですので、意識的に情報を得るようにしましょう。

 

2,ビットコイン(Bitcoin)の分裂
2017年、ビットコイン(Bitcoin)は4回分裂しました。
(2017年8月、2017年10月にそれぞれ1回、2017年12月に2回)

 

ビットコイン(Bitcoin)が分裂すると新しい通貨が生まれます。このタイミングでビットコイン(Bitcoin)の値は大きく動きます。

 

2018年も複数回分裂することが濃厚です。ビットコイン(Bitcoin)へ投資する際には、分裂のニュースを抑えることは必須です。

 

チャートが読めないままの投資はNG!ビットコイン(Bitcoin)へ投資する際は、これらの情報を得ることを心がけましょう。チャートが読めないままの投資はギャンブルになってしまいますので、避けることが賢明です。

 

なお、情報は出来る限り信頼のおけるメディアから入手するようにしてください。ビットコイン(Bitcoin)は管理している団体がありませんので、憶測情報も頻繁に飛び交います。注意が必要です。

 

 

 

 

目先の利益で一喜一憂をする

 

「億り人」

ビットコイン(Bitcoin)を始めとした仮想通貨で億単位の儲けを出した方は、こう呼ばれます。億万長者への憧れを持って、ビットコイン(Bitcoin)の投資を始めようとする方も多いことと思います。

 

ビットコイン(Bitcoin)の投資ではレバレッジをかけて、大きなリターンを狙うことが出来ます。ですが、反対に大きく損をすることもあります。

 

下図は、昨年末のビットコイン(Bitcoin)の価格推移です。

 

ビットコイン(Bitcoin)の人気が高まった昨年末、価格は上昇し続け、1BTCあたり240万円を記録しました。ですが、その後価格が急落し、1時1BTCあたり140万円まで値を下げました。

 

実に100万円!の下落です。

 

価格が半分になるわけですから、例えばビットコイン(Bitcoin)に100万円投資していた場合、およそ半分の価値しか残らなくなります。

 

大切なことは、「このような状況を許容出来るか?」ということです。

 

この後、価格は180万円台まで戻りました。価格が下がっている時に不安心理で売ってしまうと大損することになります。目先の値動きに一喜一憂せず、冷静に値動きを考えることが大切です。

 

ビットコイン(Bitcoin)は、値を下げる可能性は大いにあります。ビットコイン(Bitcoin)のトレーダーを目指す方以外は、値が下がっても「仕方ないか~」と楽観した気持ちで投資と向き合うことが賢明です。

 

 

 

 

自分にあった取引を知らない

 

ビットコイン(Bitcoin)への投資を資産形成の一部とする場合、「長期投資」か「短期投資」か決める必要があります。

 

どちらにも一長一短あり、ビットコイン(Bitcoin)の売買に時間がさける方でしたら短期投資が良いでしょう。日中働いている方など、投資に多くの時間を割けない方は長期投資がおすすめです。

 

また向き不向きもあります。ビットコイン(Bitcoin)の大きな値動きにストレスがかかる方は、短期投資には向きません。長期投資を検討するようにしましょう。

 

 

 

中期投資もアリ

ビットコイン(Bitcoin)は中期の投資もおすすめです。

2018年のビットコイン(Bitcoin)の値動きは予想が難しいですが、東京オリンピックが開催される2020年に大きな変動があることが見込まれています。

ビットコイン(Bitcoin)の全ての取引はブロックチェーンに記録されていきますが、ブロックチェーンを繋げる人(マイナーといいます)への報酬額が2020年に半減すると見込まれているからです。報酬が減れば、ビットコイン(Bitcoin)の運営(マイニング)から撤退する企業や団体も増えてくることが予想されます。

本来、短期投資ではリスクが高いために長期投資をおすすめしたいのですが、ビットコイン(Bitcoin)に限っては重大な変更が迫っています。ビットコイン(Bitcoin)への投資を検討されている方は、ある程度値動きが読める中期(2年以内)の売買も検討してみてください。

 

ぜひ、色々な情報を入手するとともに、ご自身にあった投資スタイルで臨みましょう。

 

 

 

あわせて読みたい

【徹底比較】現物取引と信用取引の5つの違い
ビットコインの信用取引は、取扱企業等に証拠金となる通貨を預け、ビットコインを借りて運用することをいいます。通常の現物取引の違い、注意点についてまとめ、紹介しています。
【悪用厳禁】ビットコイン(bitcoin)を安く買うマル秘テクニックを伝授
ビットコイン(bitcoin)はどこで買っても同じと思っていませんか?実はビットコイン(bitcoin)の価格は取引所によって値段が違うんです。手数料、販売価格を考慮すると、〇〇〇〇円も実は違います!
【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)でFXをするまでの流れ
ビットコイン(Bitcoin)でFXを行なうメリットから、FX向きのおすすめ取引所まで。FXトレーダーには馴染み深いMT4の使い方も解説しています。
投資素人がビットコイン(Bitcoin)でデイトレをやってみた
ビットコイン(Bitcoin)は魅力はなんといってもボラティリティの高さ!ボラティリティを活かして、デイトレを行なってみました!
【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)のレバレッジ運用完全解説
(Bitcoin)はFXと同様にレバレッジをかけて運用することが可能です。そもそもレバレッジとはといった点から、実際にレバレッジ運用する手順。また(Bitcoin)をレバレッジ運用する最適な取引所の紹介から初心者の方向けにわかりやすく解説しています。

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

自分の中でルール化せずに売買する

投資の目的は人それぞれです。ビットコイン(Bitcoin)への投資を資産形成の一部とする場合、具体的な目標を立てることが大切です。

 

目標設定でおすすめなのが、お馴染みの「5W1H」による明確化です。

 

5W1H
Who(誰が)、What(何を)、When(いつ)、Where(どこで)、Why(どうして)、How(どのように)

 

 

目標設定の一例
・私は、ビットコイン(Bitcoin)を2018年2月からcoincheckで売買する。初期投資額は1万円で、毎月追加していく。長期保有を前提とし、1年間は保有する。目標額は1年後に10%のリターン。・私は、ビットコイン(Bitcoin)を2018年2月からzaifで売買する。初期投資額は10万円で、短期売買を前提とし、2カ月で売り切る。ハードフォークのタイミングを狙い、20%以上のリターンを狙う。

 

周りに流されないように気をつけること
ビットコイン(Bitcoin)の人気の高まりから、情報は色々なところから入ってきます。「隣の芝は青く見える」と言われますが、投資の軸を持たずに安易な情報に流されてしまうと、いつまでたっても利益を確定できないことに繋がりかねません。

 

一度ルールを決めたら、一定の成果が出るまでは続けることが大切です。

 

 

 

 

詐欺話にのっかる

2018年1月12日、各メディアが仮想通貨被害にあった女性を報じました。

【参照:東京新聞Web

被害にあった女性は、仮想通貨取引の経験があったのにも関わらず被害にあいました。

ビットコイン(Bitcoin)の高騰から、儲け話をチラつかせた詐欺グループが多数出現しています。実際に詐欺にあう方も後を絶たず、消費者生活センターも注意喚起を出しています。

【参照:独立行政法人 国民生活センター

 

ビットコイン(Bitcoin)の投資を募るセミナーや団体は注意が必要です。ビットコイン(Bitcoin)の投資が資産形成目的の場合、国内の取引所で購入することが最も安全です。

 

 

 

仮想通貨トラブルは圧倒的にビットコイン(Bitcoin)が多い

仮想通貨はビットコイン(Bitcoin)以外にも1,000種類以上存在すると言われています。ですが、仮想通貨関連の詐欺のほとんどがビットコイン(Bitcoin)ですこれはCMやSNSなどでビットコイン(Bitcoin)の儲け話が盛んに取り上げられるようになったことが関係しています。

 

「ビットコイン(Bitcoin)を持っておくと儲かる!」と各メディアで取り上げられているので、「儲かりそう」と考える人も増えてきています。

 

ビットコイン(Bitcoin)の値動きは、仮想通貨の専門家でも読めないとされています。1年前、ここまでの値上がりを予想できた人はいませんでした。直近でも、昨年12月の急落を予想出来た人もいませんでした。

 

将来大幅に値下げをするかも知れないのです。あたかも値上げが約束されているような文言を見かけたら注意が必要です。投資話には近寄らないようにしましょう。

 

 

 

 

チャートの読み方がわからない

ビットコイン(Bitcoin)は2009年から運用が始まっています。

 

ビットコイン(Bitcoin)が爆発的な値上がりを始めたのは昨年8月以降ですが、純粋な右肩上がりではなく、上下を繰り返しています。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)はじめ、仮想通貨は「値動きが起こる情報」というのが存在します。投資家達は、この情報に常に目を光らせています。どのような情報が値を動かすのか予め知っておくことで、チャートが読めるようになり、投資タイミングの判断に役立てることが出来ます。

 

ビットコイン(Bitcoin)の場合は、主に下記2点の場合に大きく値を動かす傾向にあります。

 

 

1,ビットコイン(Bitcoin)の規制緩和、又は規制
ビットコイン(Bitcoin)は世界中で取り扱われている通貨です。各国の規制状況はビットコイン(Bitcoin)の値動きに影響します。

特にアメリカ、中国の動向はビットコイン(Bitcoin)の値動きに与える影響も大きいですので、意識的に情報を得るようにしましょう。

 

2,ビットコイン(Bitcoin)の分裂
2017年、ビットコイン(Bitcoin)は4回分裂しました。
(2017年8月、2017年10月にそれぞれ1回、2017年12月に2回)

 

ビットコイン(Bitcoin)が分裂すると新しい通貨が生まれます。このタイミングでビットコイン(Bitcoin)の値は大きく動きます。

 

2018年も複数回分裂することが濃厚です。ビットコイン(Bitcoin)へ投資する際には、分裂のニュースを抑えることは必須です。

 

チャートが読めないままの投資はNG!ビットコイン(Bitcoin)へ投資する際は、これらの情報を得ることを心がけましょう。チャートが読めないままの投資はギャンブルになってしまいますので、避けることが賢明です。

 

なお、情報は出来る限り信頼のおけるメディアから入手するようにしてください。ビットコイン(Bitcoin)は管理している団体がありませんので、憶測情報も頻繁に飛び交います。注意が必要です。

 

 

 

 

目先の利益で一喜一憂をする

 

「億り人」

ビットコイン(Bitcoin)を始めとした仮想通貨で億単位の儲けを出した方は、こう呼ばれます。億万長者への憧れを持って、ビットコイン(Bitcoin)の投資を始めようとする方も多いことと思います。

 

ビットコイン(Bitcoin)の投資ではレバレッジをかけて、大きなリターンを狙うことが出来ます。ですが、反対に大きく損をすることもあります。

 

下図は、昨年末のビットコイン(Bitcoin)の価格推移です。

 

ビットコイン(Bitcoin)の人気が高まった昨年末、価格は上昇し続け、1BTCあたり240万円を記録しました。ですが、その後価格が急落し、1時1BTCあたり140万円まで値を下げました。

 

実に100万円!の下落です。

 

価格が半分になるわけですから、例えばビットコイン(Bitcoin)に100万円投資していた場合、およそ半分の価値しか残らなくなります。

 

大切なことは、「このような状況を許容出来るか?」ということです。

 

この後、価格は180万円台まで戻りました。価格が下がっている時に不安心理で売ってしまうと大損することになります。目先の値動きに一喜一憂せず、冷静に値動きを考えることが大切です。

 

ビットコイン(Bitcoin)は、値を下げる可能性は大いにあります。ビットコイン(Bitcoin)のトレーダーを目指す方以外は、値が下がっても「仕方ないか~」と楽観した気持ちで投資と向き合うことが賢明です。

 

 

 

 

自分にあった取引を知らない

 

ビットコイン(Bitcoin)への投資を資産形成の一部とする場合、「長期投資」か「短期投資」か決める必要があります。

 

どちらにも一長一短あり、ビットコイン(Bitcoin)の売買に時間がさける方でしたら短期投資が良いでしょう。日中働いている方など、投資に多くの時間を割けない方は長期投資がおすすめです。

 

また向き不向きもあります。ビットコイン(Bitcoin)の大きな値動きにストレスがかかる方は、短期投資には向きません。長期投資を検討するようにしましょう。

 

 

 

中期投資もアリ

ビットコイン(Bitcoin)は中期の投資もおすすめです。

2018年のビットコイン(Bitcoin)の値動きは予想が難しいですが、東京オリンピックが開催される2020年に大きな変動があることが見込まれています。

ビットコイン(Bitcoin)の全ての取引はブロックチェーンに記録されていきますが、ブロックチェーンを繋げる人(マイナーといいます)への報酬額が2020年に半減すると見込まれているからです。報酬が減れば、ビットコイン(Bitcoin)の運営(マイニング)から撤退する企業や団体も増えてくることが予想されます。

本来、短期投資ではリスクが高いために長期投資をおすすめしたいのですが、ビットコイン(Bitcoin)に限っては重大な変更が迫っています。ビットコイン(Bitcoin)への投資を検討されている方は、ある程度値動きが読める中期(2年以内)の売買も検討してみてください。

 

ぜひ、色々な情報を入手するとともに、ご自身にあった投資スタイルで臨みましょう。

 

 

 

あわせて読みたい

【徹底比較】現物取引と信用取引の5つの違い
ビットコインの信用取引は、取扱企業等に証拠金となる通貨を預け、ビットコインを借りて運用することをいいます。通常の現物取引の違い、注意点についてまとめ、紹介しています。
【悪用厳禁】ビットコイン(bitcoin)を安く買うマル秘テクニックを伝授
ビットコイン(bitcoin)はどこで買っても同じと思っていませんか?実はビットコイン(bitcoin)の価格は取引所によって値段が違うんです。手数料、販売価格を考慮すると、〇〇〇〇円も実は違います!
【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)でFXをするまでの流れ
ビットコイン(Bitcoin)でFXを行なうメリットから、FX向きのおすすめ取引所まで。FXトレーダーには馴染み深いMT4の使い方も解説しています。
投資素人がビットコイン(Bitcoin)でデイトレをやってみた
ビットコイン(Bitcoin)は魅力はなんといってもボラティリティの高さ!ボラティリティを活かして、デイトレを行なってみました!
【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)のレバレッジ運用完全解説
(Bitcoin)はFXと同様にレバレッジをかけて運用することが可能です。そもそもレバレッジとはといった点から、実際にレバレッジ運用する手順。また(Bitcoin)をレバレッジ運用する最適な取引所の紹介から初心者の方向けにわかりやすく解説しています。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status