更新日 2018.06.08
ツール 用途

【保存版】ビットコイン(Bitcoin)で遊べるおすすめブックメーカー9サイト

ブックメーカーとは

ブックメーカーとは、カジノゲームはもちろんスポーツ試合などの勝敗にリアルマネーを賭けるお店やインターネットサイトのことを指します。野球やサッカー、テニス、ラグビーなど、人気のあるスポーツは大体賭け対象となっており、中には日本の大相撲が対象となっているブックメーカーも存在します。

 

カジノやスポーツは一部の例で、最近では賭けの対象になりそうなものであれば何でもブックメーカーのテーマとして取り上げられています。政治や天気など、幅広い物事を対象に賭けることができるというのもブックメーカーの魅力の一つです。近年はインターネットでの参加も主流となり、ビットコイン(Bitcoin)を賭け金として利用するサービスも増えてきました。インターネットの場合、賭け事を開催している会社がブックメーカーサイトを運営しているのですが、運営会社は運営するそれぞれの国の法律で認可されているので比較的安心して利用することができます。

 

日本では、刑法によって賭博に関して罰金や懲役などが課せられています。そのため、まだまだ賭け事自体が日本人にはあまり馴染みのないことですが、現状日本ではブックメーカーはグレーゾーンという扱いになっています。

 

その理由として、ブックメーカーサイトは基本海外の企業などが運営しているということが大きく関係しています。賭博を合法とする国が主催する賭博サービスに対する規制や、海外で行われている賭博に日本人が参加することへの規制はありません。

 

また、ブックメーカー自体の利用を直接規制している法律もないので、実際に逮捕されたという例もまだありません。日本では未だインターネット上での規制に曖昧な部分が多いため、参加する際は自己責任ということを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)遊ぶメリット・デメリット

現在、ブックメーカーの入出金にビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨が使用できるようになってきています。ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーン・テクノロジーによる安全性が多くの人に知られるようになってくる中で、その流れに乗って海外のブックメーカーがビットコイン(Bitcoin)での入出金を取り入れているのです。

 

しかし、まだビットコイン(Bitcoin)での賭博は通常の賭博とは切り離して考えられているのが現状です。ビットコイン(Bitcoin)を使うメリットとしては価格変動の期待性が考えられます。ビットコイン(Bitcoin)の価値や人気は右肩上がりで上昇しているため、今後も上昇が期待できます。変動して価値が上がった場合、購入した当初よりも高い価格でビットコイン(Bitcoin)を利用できるので、賭けとは別の部分で利益が発生する場合があります。

 

また、従来のブックメーカーでかかる手間や手数料が軽減されるのも大きいです。従来のブックメーカーでは、手元にある現金を先ずはエコペイズなどの送金プロバイダへ預け、そこからブックメーカーへ入金していました。その中で、状況により日本円をドルやユーロに交換する必要がありました。その為ゲームで勝って資金を増やせても、現金にする際に様々な制約があったり、手数料を取られたりという障壁があったのです。

 

ビットコイン(Bitcoin)でブックメーカーを利用すると、送金プロバイダが仮想通貨取引所になるため、現金からビットコイン(Bitcoin)に交換する手数料はかなり低く抑えられます。また、ブックメーカーでのビットコイン(Bitcoin)の入金は非常にスムーズです。

 

このように、ビットコイン(Bitcoin)をブックメーカーで利用する場合、ほとんどメリットしかないのですが、強いて言うなら価格変動でビットコイン(Bitcoin)の価値が下がった時には損をする、というのがデメリットとして考えられます。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)でカジノも遊べる!

2014年に設立された比較的新しいオンラインカジノ会社ですが、ゲームの数はなんと900以上にも上ります。

 

ビットコイン対応日本語カジノ! もちろんライセンス取得済(オランダ領キュラソーの認可)なので安心
当サイト限定プロモーションあり! 初回入金200%ボーナスでお得にスタート!
月曜の無制限リロードボーナスや、木曜キャッシュバックプロモなど、他にはないお得なプロモーション

 

そしてプレーヤーが最も気にするゲームのクオリティーにも自信たっぷり!ゲームプロバイダーは Amatic, Booming Gmames, Bestsoft Gaming, Endorphina, Ezugi, iSoftBet, GameArt, Habanero, MySlotty, SoftSwissと、どれも知名度と信頼性の高いプロバイダーのゲームを使用しています。なのでMbitが提供するゲームには期待ができると言っていいでしょう!また、当サイトを通すと限定ボーナスや、珍しいキャッシュバックプロモなどがあるので、ボーナス好きの方に特におすすめのカジノです。

 

300x300

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)で遊べるブックメーカーサイト

1xbet (ワンバイベット)

 

ワンバイベットは2007年からサービスを開始したブックメーカーサイトで、数あるブックメーカーサイトの中でも日本語に対応しています。特徴としてはオッズが高いことと、賭けのキャンセル機能が付いているということが挙げられます。オンライン決済サービスの一つであるエコペイズが利用でき、カスタマーサポートが24時間受付対応しているなど、比較的日本人が利用しやすいサービス環境が整っています。

 

登録はスマホからでもカンタンにでき、従来の通貨の他にビットコイン(Bitcoin)でのブックメーカー参加にも対応しています。利用する際は事前にサイトにビットコイン(Bitcoin)を入金し、その後入金したビットコイン(Bitcoin)の範囲内で賭けを楽しむことができるといった感じです。

 

ただし、ビットコイン(Bitcoin)で入金をしてもサイト内の通貨はドルになるので、入出金時にビットコイン(Bitcoin)のレートに影響を受けるので注意が必要です。逆に言えば、利用の際にビットコイン(Bitcoin)とドルのレートを注視しておけば、お得に入出金することも可能ということになります。両替手数料が発生するので、そのことも考慮しつつ利用していきたいですね。

 

 

 

Cloudbet

 

2013年に設立したサイトで、カジノとスポーツブックの両方に特化しているブックメーカーサイトです。通常はどちらか片方のみを提供するサイトが多いので、両方とも楽しみたいという人にはオススメできるサイトになります。

 

しかしCloudbetは現在日本語には対応していません。今後対応する可能性もありますが、現状では最低限の英語読解力がないと利用は厳しいでしょう。

 

Cloudbetは特にスポーツブックに力を入れており、幅広い賭け方が楽しめるのが特徴です。貰うには条件があるようですが、初回入金ボーナスは最大5BTCと、中々魅力的です。登録はカンタンでメールアドレスや、生年月日などの個人情報を入力するだけとなっています。入金する際のビットコイン(Bitcoin)の最低金額は0.001BTCからでき、上限は特に設けられていません。

 

利点としては、ビットコイン(Bitcoin)に特化しているので、ビットコイン(Bitcoin)でブックメーカーを楽しみたい人からすると、非常に入出金がカンタンというところが挙げられます。ビットコイン(Bitcoin)は、カジノ業界でも高い評価を得ているので、今後はこういったサイトがどんどん増えていくかもしれませんね。また、カジノゲームも楽しめてスマホからの利用も可能なので出先でもゲーム感覚で遊べます。

 

 

 

Coin178


 

Coin178は日本語には対応していないブックメーカーサイトです。拠点はカンボジアに置かれており、特にセキュリティー面に力を入れています。仮想通貨など、デジタル上で飛び交う金銭で取引をするわけですから、最先端の技術を駆使した堅牢な守りの中ゲームを楽しむことができるというのは非常に大きなポイントです。

 

賭け金に応じてキャッシュバックがもらえたり、初回入金ボーナスで最大100ドル貰えたりなど、特典も幾つかあります。ただし入金ボーナスを受け取るには、他のサイト同様条件があるので、事前に確認しておきましょう。Coin178はサッカーやテニスの分野で豊富な賭け方式があるので、そういうスポーツが好きな人にはオススメです。カジノゲームの数は、多くの大手ブックメーカーサイトと比較して種類があるわけではありませんが、基本的なゲームはプレイできるので、バランス型のサイトと言えます。

 

頻繁にゲームを更新しているため、今後に期待ができますね。登録するには通常のブックメーカーサイトより、多少手間がかかるので注意が必要です。

 

 

 

BetOnline


 

BetOnlineは2001年に設立されたサイトで、日本語には対応していません。スマホでは初回の賭け金が最大50ドルキャッシュバックされたり、スマホからのユーザーに対してお得な特典があったりします。ボーナス制度に力を入れており、初回入金ボーナスは最大で2500ドルと、これだけの大金をボーナスとして用意しているサイトはそう多くないので非常に魅力的です。

 

さらにBetOnlineでは、入金額の25%が毎回もらえるライフタイムボーナスなども打ち出しており、ボーナス制度に対して非常に積極的なのが分かります。業界で最も幅広いライブベッティングオプションも提供しており、操作が簡単なのも特徴です。日本人にも比較的使いやすい仕様なので、日本語対応はしていませんが、利用はそこまで難しくないでしょう。

 

ヨーロッパのサッカーなど人気の試合以外に、日本のプロ野球や、Jリーグなどにも賭けることができるので、ブックメーカーを身近に楽しめるのもいいですね。

 

 

 

マラソンベット


 

マラソンベットは1997年に設立と、ブックメーカー業界では歴史が古く、世界的に名声と信頼を受けるスポーツベッティング会社でもあります。

 

信頼の理由としては、オルダニーが発行するギャンブルコミッションライセンスを保持しているという点が挙げられます。このライセンスを保持していると、1つのライセンスでカジノ・ポーカー・スポーツブック・ロトの運営が可能となるのですが、多くの国で信頼される上で非常に重要な要素となります。実際マラソンベットは人気が非常に高く信頼の厚い企業なのですが、ブラックジャックやバカラ、ポーカーといったカジノゲームは提供せず、スポーツベッティングのみに特化しています。

 

賭けることのできるスポーツの中には日本の大相撲も含まれており、相撲ファンには必見です。ただし日本語には対応していないので注意が必要です。ビットコイン(Bitcoin)を利用する場合は、決済手段でユーロかドル、ポンドのいずれかを選択する必要がありますが、入出金はもちろんビットコイン(Bitcoin)で利用可能となっています。

 

 

 

エコペイズ


 

エコペイズはブックメーカーで利用できる決済サービスです。日本語にも対応しており、利用方法も日本語で解説してくれる公式サイトなどがあるので非常に使いやすい仕様となっています。

 

2008年に設立されており、PSI-Pay Ltdという英国の会社が提供するオンラインの決済プロバイダです。ヨーロッパを中心に世界中各種業界で幅広く利用されており、信頼性も高いです。また、各種モバイルにも対応しているので気軽に利用することができます。

 

安全性、手軽さ、迅速なサービスを兼ね備えており、数多くのブックメーカー入出金に対応しています。24時間体制で利用できるので時差などの影響を受けることもありません。今後ブックメーカーに参加したいと検討している方は、絶対に見逃すことのできないサービスですね。VISAやMasterCardといったクレジットカードで入金が可能で、ATMでの現金引き出しにも対応しています。また、自分の口座に対しての入金手数料は無料というのも嬉しい点です。

 

 

 

bet365


 

bet365は1974年から続く大手老舗ブックメーカーです。イングランドプレミアリーグや、ストークシティのユニフォームスポンサーを務めるなど、大々的にも活動し、実績と信頼のある大企業です。残念ながら日本語対応はしていないのですが、全体的に感覚的で分かりやすいサイト構成となっています。その為、英語があまり理解できない人でも比較的使いやすいです。

 

一試合の中で200通り以上の賭けの種類を提供するなど、多彩な魅力があり、入金方法はエントロペイを利用するか、手持ちのクレジットカードやデビットカードから入金する方法があります。カスタマーサポートはメールの他にチャットも利用できるのですが、英語のみの対応となります。通常利用をする分には問題ないのですが、英語のみの対応となるといざという時困りますし、語学にあまり自信がないという人は初めのうちは少額利用をオススメします。

 

登録方法も簡単で、最初に名前や生年月日、住所を登録します。その後は連絡先やパスワードを決めれば登録完了となります。ただ残念ながらビットコイン(Bitcoin)にはまだ対応していません。

 

 

 

エントロペイ


エントロペイとは、VISAバーチャルプリペイドカードの一種です。バーチャルプリペイドカードとは、カードデータのみが発行される電子マネーで、主にネットショッピングなどで決済する時に利用することができます。

 

実体がないので少しイメージしにくいかもしれませんが、今でもネットバンキングなどが身近になりつつあるので、今後更に普及していくのではないでしょうか。エントロペイはVISAカード加盟店であれば世界中どこでも利用でき、プリペイド方式なので入金した残高以上は利用できない方式となっているので、非常に便利で安全です。

 

ブックメーカーでの利用にも対応しており、導入しているブックメーカーの数も非常に多いです。今後益々、世界中で支持される決済方法として注目を浴びていくことになるでしょう。会員レベルに応じて入出金額制限がありますが、口座開設やメールアドレス、住所登録など身分確認をすればするほど入出金レベルがアップするので難しいことはありません。

 

サイト上の操作は非常に簡単ですが、利用の際には手数料についてよく調べて使うようにしましょう。

 

 

 

ウィリアムヒル


 

ウィリアムヒルは数あるブックメーカーの中でもいち早く日本語に対応した企業です。1934年に設立し、15,000人以上の従業員を抱え、2370店舗ものスポーツブックメーカーの店舗を展開する英国最大のブックメーカーのひとつです。

 

日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々なゲームに賭けられるのが特徴です。スポーツベッティングだけではなく、ポーカーなどのカジノゲームも多く楽しめるので、ブックメーカーと並行してカジノを楽しみたい人にはぴったりのサービスです。トラブルがあってもメールやチャットから気軽にお問い合わせができます。チャット機能を利用した場合は迅速な返答がもらえるので便利です。

 

ウィリアムヒルカジノでは初回入金ボーナスがあったり、エコペイズを利用した決済だと30%のボーナスがもらえたりする特典もあります。利用を検討する際には、この辺りもしっかりと押さえておきましょう。ただしオンラインアカウントを作るには、最低保証金が必要になるということと、スマホには対応していますがビットコイン(Bitcoin)にはまだ対応していないという点に注意が必要です。

 

 

 

 

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

ブックメーカーとは

ブックメーカーとは、カジノゲームはもちろんスポーツ試合などの勝敗にリアルマネーを賭けるお店やインターネットサイトのことを指します。野球やサッカー、テニス、ラグビーなど、人気のあるスポーツは大体賭け対象となっており、中には日本の大相撲が対象となっているブックメーカーも存在します。

 

カジノやスポーツは一部の例で、最近では賭けの対象になりそうなものであれば何でもブックメーカーのテーマとして取り上げられています。政治や天気など、幅広い物事を対象に賭けることができるというのもブックメーカーの魅力の一つです。近年はインターネットでの参加も主流となり、ビットコイン(Bitcoin)を賭け金として利用するサービスも増えてきました。インターネットの場合、賭け事を開催している会社がブックメーカーサイトを運営しているのですが、運営会社は運営するそれぞれの国の法律で認可されているので比較的安心して利用することができます。

 

日本では、刑法によって賭博に関して罰金や懲役などが課せられています。そのため、まだまだ賭け事自体が日本人にはあまり馴染みのないことですが、現状日本ではブックメーカーはグレーゾーンという扱いになっています。

 

その理由として、ブックメーカーサイトは基本海外の企業などが運営しているということが大きく関係しています。賭博を合法とする国が主催する賭博サービスに対する規制や、海外で行われている賭博に日本人が参加することへの規制はありません。

 

また、ブックメーカー自体の利用を直接規制している法律もないので、実際に逮捕されたという例もまだありません。日本では未だインターネット上での規制に曖昧な部分が多いため、参加する際は自己責任ということを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)遊ぶメリット・デメリット

現在、ブックメーカーの入出金にビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨が使用できるようになってきています。ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーン・テクノロジーによる安全性が多くの人に知られるようになってくる中で、その流れに乗って海外のブックメーカーがビットコイン(Bitcoin)での入出金を取り入れているのです。

 

しかし、まだビットコイン(Bitcoin)での賭博は通常の賭博とは切り離して考えられているのが現状です。ビットコイン(Bitcoin)を使うメリットとしては価格変動の期待性が考えられます。ビットコイン(Bitcoin)の価値や人気は右肩上がりで上昇しているため、今後も上昇が期待できます。変動して価値が上がった場合、購入した当初よりも高い価格でビットコイン(Bitcoin)を利用できるので、賭けとは別の部分で利益が発生する場合があります。

 

また、従来のブックメーカーでかかる手間や手数料が軽減されるのも大きいです。従来のブックメーカーでは、手元にある現金を先ずはエコペイズなどの送金プロバイダへ預け、そこからブックメーカーへ入金していました。その中で、状況により日本円をドルやユーロに交換する必要がありました。その為ゲームで勝って資金を増やせても、現金にする際に様々な制約があったり、手数料を取られたりという障壁があったのです。

 

ビットコイン(Bitcoin)でブックメーカーを利用すると、送金プロバイダが仮想通貨取引所になるため、現金からビットコイン(Bitcoin)に交換する手数料はかなり低く抑えられます。また、ブックメーカーでのビットコイン(Bitcoin)の入金は非常にスムーズです。

 

このように、ビットコイン(Bitcoin)をブックメーカーで利用する場合、ほとんどメリットしかないのですが、強いて言うなら価格変動でビットコイン(Bitcoin)の価値が下がった時には損をする、というのがデメリットとして考えられます。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)でカジノも遊べる!

2014年に設立された比較的新しいオンラインカジノ会社ですが、ゲームの数はなんと900以上にも上ります。

 

ビットコイン対応日本語カジノ! もちろんライセンス取得済(オランダ領キュラソーの認可)なので安心
当サイト限定プロモーションあり! 初回入金200%ボーナスでお得にスタート!
月曜の無制限リロードボーナスや、木曜キャッシュバックプロモなど、他にはないお得なプロモーション

 

そしてプレーヤーが最も気にするゲームのクオリティーにも自信たっぷり!ゲームプロバイダーは Amatic, Booming Gmames, Bestsoft Gaming, Endorphina, Ezugi, iSoftBet, GameArt, Habanero, MySlotty, SoftSwissと、どれも知名度と信頼性の高いプロバイダーのゲームを使用しています。なのでMbitが提供するゲームには期待ができると言っていいでしょう!また、当サイトを通すと限定ボーナスや、珍しいキャッシュバックプロモなどがあるので、ボーナス好きの方に特におすすめのカジノです。

 

300x300

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)で遊べるブックメーカーサイト

1xbet (ワンバイベット)

 

ワンバイベットは2007年からサービスを開始したブックメーカーサイトで、数あるブックメーカーサイトの中でも日本語に対応しています。特徴としてはオッズが高いことと、賭けのキャンセル機能が付いているということが挙げられます。オンライン決済サービスの一つであるエコペイズが利用でき、カスタマーサポートが24時間受付対応しているなど、比較的日本人が利用しやすいサービス環境が整っています。

 

登録はスマホからでもカンタンにでき、従来の通貨の他にビットコイン(Bitcoin)でのブックメーカー参加にも対応しています。利用する際は事前にサイトにビットコイン(Bitcoin)を入金し、その後入金したビットコイン(Bitcoin)の範囲内で賭けを楽しむことができるといった感じです。

 

ただし、ビットコイン(Bitcoin)で入金をしてもサイト内の通貨はドルになるので、入出金時にビットコイン(Bitcoin)のレートに影響を受けるので注意が必要です。逆に言えば、利用の際にビットコイン(Bitcoin)とドルのレートを注視しておけば、お得に入出金することも可能ということになります。両替手数料が発生するので、そのことも考慮しつつ利用していきたいですね。

 

 

 

Cloudbet

 

2013年に設立したサイトで、カジノとスポーツブックの両方に特化しているブックメーカーサイトです。通常はどちらか片方のみを提供するサイトが多いので、両方とも楽しみたいという人にはオススメできるサイトになります。

 

しかしCloudbetは現在日本語には対応していません。今後対応する可能性もありますが、現状では最低限の英語読解力がないと利用は厳しいでしょう。

 

Cloudbetは特にスポーツブックに力を入れており、幅広い賭け方が楽しめるのが特徴です。貰うには条件があるようですが、初回入金ボーナスは最大5BTCと、中々魅力的です。登録はカンタンでメールアドレスや、生年月日などの個人情報を入力するだけとなっています。入金する際のビットコイン(Bitcoin)の最低金額は0.001BTCからでき、上限は特に設けられていません。

 

利点としては、ビットコイン(Bitcoin)に特化しているので、ビットコイン(Bitcoin)でブックメーカーを楽しみたい人からすると、非常に入出金がカンタンというところが挙げられます。ビットコイン(Bitcoin)は、カジノ業界でも高い評価を得ているので、今後はこういったサイトがどんどん増えていくかもしれませんね。また、カジノゲームも楽しめてスマホからの利用も可能なので出先でもゲーム感覚で遊べます。

 

 

 

Coin178


 

Coin178は日本語には対応していないブックメーカーサイトです。拠点はカンボジアに置かれており、特にセキュリティー面に力を入れています。仮想通貨など、デジタル上で飛び交う金銭で取引をするわけですから、最先端の技術を駆使した堅牢な守りの中ゲームを楽しむことができるというのは非常に大きなポイントです。

 

賭け金に応じてキャッシュバックがもらえたり、初回入金ボーナスで最大100ドル貰えたりなど、特典も幾つかあります。ただし入金ボーナスを受け取るには、他のサイト同様条件があるので、事前に確認しておきましょう。Coin178はサッカーやテニスの分野で豊富な賭け方式があるので、そういうスポーツが好きな人にはオススメです。カジノゲームの数は、多くの大手ブックメーカーサイトと比較して種類があるわけではありませんが、基本的なゲームはプレイできるので、バランス型のサイトと言えます。

 

頻繁にゲームを更新しているため、今後に期待ができますね。登録するには通常のブックメーカーサイトより、多少手間がかかるので注意が必要です。

 

 

 

BetOnline


 

BetOnlineは2001年に設立されたサイトで、日本語には対応していません。スマホでは初回の賭け金が最大50ドルキャッシュバックされたり、スマホからのユーザーに対してお得な特典があったりします。ボーナス制度に力を入れており、初回入金ボーナスは最大で2500ドルと、これだけの大金をボーナスとして用意しているサイトはそう多くないので非常に魅力的です。

 

さらにBetOnlineでは、入金額の25%が毎回もらえるライフタイムボーナスなども打ち出しており、ボーナス制度に対して非常に積極的なのが分かります。業界で最も幅広いライブベッティングオプションも提供しており、操作が簡単なのも特徴です。日本人にも比較的使いやすい仕様なので、日本語対応はしていませんが、利用はそこまで難しくないでしょう。

 

ヨーロッパのサッカーなど人気の試合以外に、日本のプロ野球や、Jリーグなどにも賭けることができるので、ブックメーカーを身近に楽しめるのもいいですね。

 

 

 

マラソンベット


 

マラソンベットは1997年に設立と、ブックメーカー業界では歴史が古く、世界的に名声と信頼を受けるスポーツベッティング会社でもあります。

 

信頼の理由としては、オルダニーが発行するギャンブルコミッションライセンスを保持しているという点が挙げられます。このライセンスを保持していると、1つのライセンスでカジノ・ポーカー・スポーツブック・ロトの運営が可能となるのですが、多くの国で信頼される上で非常に重要な要素となります。実際マラソンベットは人気が非常に高く信頼の厚い企業なのですが、ブラックジャックやバカラ、ポーカーといったカジノゲームは提供せず、スポーツベッティングのみに特化しています。

 

賭けることのできるスポーツの中には日本の大相撲も含まれており、相撲ファンには必見です。ただし日本語には対応していないので注意が必要です。ビットコイン(Bitcoin)を利用する場合は、決済手段でユーロかドル、ポンドのいずれかを選択する必要がありますが、入出金はもちろんビットコイン(Bitcoin)で利用可能となっています。

 

 

 

エコペイズ


 

エコペイズはブックメーカーで利用できる決済サービスです。日本語にも対応しており、利用方法も日本語で解説してくれる公式サイトなどがあるので非常に使いやすい仕様となっています。

 

2008年に設立されており、PSI-Pay Ltdという英国の会社が提供するオンラインの決済プロバイダです。ヨーロッパを中心に世界中各種業界で幅広く利用されており、信頼性も高いです。また、各種モバイルにも対応しているので気軽に利用することができます。

 

安全性、手軽さ、迅速なサービスを兼ね備えており、数多くのブックメーカー入出金に対応しています。24時間体制で利用できるので時差などの影響を受けることもありません。今後ブックメーカーに参加したいと検討している方は、絶対に見逃すことのできないサービスですね。VISAやMasterCardといったクレジットカードで入金が可能で、ATMでの現金引き出しにも対応しています。また、自分の口座に対しての入金手数料は無料というのも嬉しい点です。

 

 

 

bet365


 

bet365は1974年から続く大手老舗ブックメーカーです。イングランドプレミアリーグや、ストークシティのユニフォームスポンサーを務めるなど、大々的にも活動し、実績と信頼のある大企業です。残念ながら日本語対応はしていないのですが、全体的に感覚的で分かりやすいサイト構成となっています。その為、英語があまり理解できない人でも比較的使いやすいです。

 

一試合の中で200通り以上の賭けの種類を提供するなど、多彩な魅力があり、入金方法はエントロペイを利用するか、手持ちのクレジットカードやデビットカードから入金する方法があります。カスタマーサポートはメールの他にチャットも利用できるのですが、英語のみの対応となります。通常利用をする分には問題ないのですが、英語のみの対応となるといざという時困りますし、語学にあまり自信がないという人は初めのうちは少額利用をオススメします。

 

登録方法も簡単で、最初に名前や生年月日、住所を登録します。その後は連絡先やパスワードを決めれば登録完了となります。ただ残念ながらビットコイン(Bitcoin)にはまだ対応していません。

 

 

 

エントロペイ


エントロペイとは、VISAバーチャルプリペイドカードの一種です。バーチャルプリペイドカードとは、カードデータのみが発行される電子マネーで、主にネットショッピングなどで決済する時に利用することができます。

 

実体がないので少しイメージしにくいかもしれませんが、今でもネットバンキングなどが身近になりつつあるので、今後更に普及していくのではないでしょうか。エントロペイはVISAカード加盟店であれば世界中どこでも利用でき、プリペイド方式なので入金した残高以上は利用できない方式となっているので、非常に便利で安全です。

 

ブックメーカーでの利用にも対応しており、導入しているブックメーカーの数も非常に多いです。今後益々、世界中で支持される決済方法として注目を浴びていくことになるでしょう。会員レベルに応じて入出金額制限がありますが、口座開設やメールアドレス、住所登録など身分確認をすればするほど入出金レベルがアップするので難しいことはありません。

 

サイト上の操作は非常に簡単ですが、利用の際には手数料についてよく調べて使うようにしましょう。

 

 

 

ウィリアムヒル


 

ウィリアムヒルは数あるブックメーカーの中でもいち早く日本語に対応した企業です。1934年に設立し、15,000人以上の従業員を抱え、2370店舗ものスポーツブックメーカーの店舗を展開する英国最大のブックメーカーのひとつです。

 

日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々なゲームに賭けられるのが特徴です。スポーツベッティングだけではなく、ポーカーなどのカジノゲームも多く楽しめるので、ブックメーカーと並行してカジノを楽しみたい人にはぴったりのサービスです。トラブルがあってもメールやチャットから気軽にお問い合わせができます。チャット機能を利用した場合は迅速な返答がもらえるので便利です。

 

ウィリアムヒルカジノでは初回入金ボーナスがあったり、エコペイズを利用した決済だと30%のボーナスがもらえたりする特典もあります。利用を検討する際には、この辺りもしっかりと押さえておきましょう。ただしオンラインアカウントを作るには、最低保証金が必要になるということと、スマホには対応していますがビットコイン(Bitcoin)にはまだ対応していないという点に注意が必要です。

 

 

 

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status