更新日 2018.02.17
ビットコインとは 用語

【保存版】ビットコイン(Bitcoin)単位の考え方

ビットコイン(Bitcoin)とは

最近は、ビットコイン(Bitcoin)が非常に人気になっているため、ビットコイン(Bitcoin)を利用してみたいと思っている人もいるでしょう。しかし、いざビットコイン(Bitcoin)を購入してみようと思った場合には、いろいろな疑問があるでしょう。例えば、疑問としては、ビットコイン(Bitcoin)はどの程度で購入できるか、というようなものもあります。ここでは、ビットコイン(Bitcoin)の単価について紹介します。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)はDivisible

代表的な仮想通貨(暗号通貨)のビットコイン(Bitcoin)を使う場合は、単位について把握しておく必要があります。

 

では、どのような単位にビットコイン(Bitcoin)はなっているのでしょうか?

 

ビットコイン(Bitcoin)の単位はBTCと言います。

 

BTCは、基本的なビットコイン(Bitcoin)の単位であり、1BTCをベースにして、値段に換える場合が多くあります。なお、1BTCは、直近の2017年10月時点においては、約50万円に日本円に換算するとなります。しかし、このような約50万円というような金額をビットコイン(Bitcoin)としての最小単位にする場合には、ちょっと金額としては大き過ぎるでしょう。

 

そのため、ビットコイン(Bitcoin)の単位としては、Divisible(ディヴィジブル)というように、小数の数値を持つ部分に分けられます。ビットコイン(Bitcoin)の単位としては、小数の数値を持つ部分が8個まであります。

 

そのため、最も小さい数値としては0.00000001BTCというようなものもあります。なお、1BTCの一つ下の数値としては、0BTCということではありません。

 

1BTCの一つ下の数値は、0.99999999BTCになります。

 

しかし、あまりにも金額が小さなものの場合には、訳がだんだんと分からなくなってくるのではないでしょうか。このようなことから、実際に使う場合の利便性を考慮して、0.001BTCの場合は1ミリビーティーシー(1mBTC)、0.000001BTCの場合は1マイクロビーティーシー(1μBTC)などと言うこともあります。1ミリビーティーシーや1マイクロビーティーシーというのであれば、日本人としても案外とよく分かるでしょう。

 

 

 

大きい単位ならBTCを使う

ビットコイン(Bitcoin)の単位としては、BTCで、ビットコイン(Bitcoin)(ビーティーシー)と言います。よくビットと言う人がいますが、ビットコイン(Bitcoin)(ビーティーシー)の代わりにビットと呼んだ場合は、意味が全く違うようになります。そのため、BTCの単位はビットコイン(Bitcoin)(ビーティーシー)と正しく言いましょう。なお、Zaifの仮想通貨のチャット機能を利用するガイドラインには、ビットコイン(Bitcoin)(ビーティーシー)の代わりに略してビットと呼ぶことは禁止になっています。

 

では、どうしてビットと呼ぶのは禁止になっているのでしょうか?この理由としては、ビットコイン(Bitcoin)(ビーティーシー)のことを省略してビットというのは、「bit(s)」という100万分の1BTCを表示する単位があるので、これと勘違いすることがあるからです。そのため、ビットコイン(Bitcoin)を数える場合は、例えば、10ビットコイン(Bitcoin)(ビーティーシー)、20ビットコイン(Bitcoin)(ビーティーシー)となどと呼びましょう。

 

 

 

BTC単位の読み方

ビットコイン(Bitcoin)の単位であるBTCは、ビーティーシーと言います。
 

しかし、非常に多くの人が、ビットコイン(Bitcoin)の単位のことを、省略して「ビット」というためにトラブルになっています。トラブルになっている理由としては、詐欺師がビットとビットコイン(Bitcoin)のことを言うためです。そのため、少しビットコイン(Bitcoin)についてよく知っている人に「1ビット」と1BTCのことを言えば、詐欺師と間違われてしまうかもしれません。

 

 

 

1BTCの価値

ビットコイン(Bitcoin)の価値は、先々、1BTCが100万円以上になることがあるそうです。ここでは、ビットコイン(Bitcoin)の1BTCの価値が将来的に100万円以上にアップする可能性の理由についてご紹介しましょう。ビットコイン(Bitcoin)の1BTCの価値はアップし続けて、10万円に2016年末になり、30万円を2017年5月にはオーバーしました。

 

このビットコイン(Bitcoin)の価値は、先々も継続するでしょう。例えば、1BTCを100万人がもし持ち始めると仮定しましょう。現在、約73億人が世界には住んでいます。この約73億人のわずか0.00013%の100万人が1BTCを買ったとすると、100万ドルまで1BTCの価値がアップします。

 

ビットコイン(Bitcoin)の価値がこのようにアップしてくると、ビットコイン(Bitcoin)が大切であると思うようになります。そうすると、さらにビットコイン(Bitcoin)の価値がアップすることがあります。約73億人の0.01%にもならない人が1BTCを買うのみで、特別なこれまでにはないような転換期がすぐにやってくるでしょう。

 

 

 

ミリ・ビットコイン(Bitcoin)とは

ビットコイン(Bitcoin)の単位としては、ミリ・ビットコイン(Bitcoin)があります。

 

ビットコイン(Bitcoin)の単位としてどうしてミリ・ビットコイン(Bitcoin)があるのかというのは、ビットコイン(Bitcoin)の単位の1BTCは、やはり価値が大き過ぎるために使いにくいというようなことがあったのでしょう。そのため、ビットコイン(Bitcoin)の単位を補うために、1ミリ・ビットコイン(Bitcoin)(1mBTC)が使われるようになりました。

 

なお、1ミリ・ビットコイン(Bitcoin)(1mBTC)は0.001BTCになります。実際に、mBTCの単位は使われるチャンスが多くあり、当然のようにオンラインカジノの場合などでは表示されます。

 

 

 

マイクロ・ビットコイン(Bitcoin)とは

ビットコイン(Bitcoin)の単位としては、マイクロ・ビットコイン(Bitcoin)(µBTC)もあります。1µBTCというのは、ビットコイン(Bitcoin)の最小単位である0.000001BTCになります。

 

0.000001BTCというと、非常に多くの数値が並んでいるために、間違うこともあるでしょう。しかし、マイクロ・ビットコイン(Bitcoin)(µBTC)ということであれば、それほど間違うこともないのではないでしょうか。では、マイクロ・ビットコイン(Bitcoin)(µBTC)は日本円に換算するとどの程度になるのでしょうか?

 

例えば、2017年10月時点においては1BTCの価値が50万円余りであるため、約0.5円余りに1µBTCはなります。

 

 

 

小さい単位ならsatoshiやDustを使う

ビットコイン(Bitcoin)の小さい単位であれば、Satoshi(サトシ)やDust(ダスト)を使います。では、Satoshi(サトシ)とはどのようなものでしょうか?

 

1Satoshiというのは、0.00000001BTCになります。

 

では、Dust(ダスト)とはどのようなものでしょうか?

 

Dustというのは、5460Satoshi以下のことです。例えば、0.00015BTCの場合は、15000Satoshiとも言うことができます。0.00015BTCというと、何となく非常に金額が小さいような感じがするのではないでしょうか。

 

しかし、15000Satoshiというと、何となく金額が大きいような感じがするでしょう。このようにビットコイン(Bitcoin)場合は、金銭感覚がゼロが多く並んでくるとおかしくなってくることがよくあります。金銭感覚をきちんと維持するためには、単位として自分がよく分かるようなSatoshiに変えてみることが大事です。

 

 

 

Satoshiの由来

ビットコイン(Bitcoin)の最も小さい単位としては、0.00000001BTCになります。

 

しかし、0.00000001BTCというようなものは、例えば、読んだり、計算したりする場合などには非常に面倒になるでしょう。こういったことを避けるために0.00000001BTC は1Satoshiとも言われています。このようにビットコイン(Bitcoin)が小さければ、Satoshiを使うのがおすすめです。

 

では、このようなSatoshiという名称がどうして付けられているのでしょうか?Satoshiという名称が付けられた理由としては、ビットコイン(Bitcoin)を作ったと言われている中本哲史という人の名前からであると言われています。

 

しかし、中本哲史は、本当に存在したかどうかははっきりと分かっていないです。なお、中本哲史氏は、約100万BTCのビットコイン(Bitcoin)を持っていると推定されており、現在のビットコイン(Bitcoin)の相場に換算すると相当の金額になります。

 

 

 

Satoshiの考え方

ビットコイン(Bitcoin)の最も小さい単位が分からないという人も多くいるのではないでしょうか。

 

Satoshiが、ビットコイン(Bitcoin)の最も小さい単位になります。現在、ビットコイン(Bitcoin)の価格がアップしているため、ビットコイン(Bitcoin)を買う場合は結構大きな金額になります。しかし、ビットコイン(Bitcoin)を買う場合は数十円くらいでも可能です。

 

数十円単位で買うような場合は、Satoshiという最小のビットコイン(Bitcoin)の単位を使用するようになるでしょう。日本人の場合は、マイクロやミリというような単位の方がよく馴染むため、1µBTC や1mBTCというものをよく使用することがあります。このように個人の名前がビットコイン(Bitcoin)の単位としてあるのは、非常に珍しいでしょう。ビットコイン(Bitcoin)の単位の考え方は、ある意味において、人の名前が付けられているように特異であるかもしれません。

 

 

 

1satoshi・1Dustの価値

1Satoshiというのは、0.00000001BTCになります。

 

また、1Dutというのは、546Satoshi以下になります。

 

このように、1Satoshi・1Dustのいずれも価値としては、1BTCに比較すると非常に小さいものになります。日本円に換算した場合の具体的な価値としては、例えば、1BTCの価格が2017年10月時点においては約50万円余りであるため、1Satoshi の価値としては約0.005円余りになります。しかし、1Satoshi の価値は約0.005円余りであるため、日本円の価格としては非常に小さいと言えます。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)は何円から買えるか

ビットコイン(Bitcoin)の場合は、価格が1BTC単位で言われるので、買うのは1BTC単位からになると思っている人が多くいるのではないでしょうか。では、ビットコイン(Bitcoin)を買う場合、最も小さいのはいくらになるのでしょうか?

 

ビットコイン(Bitcoin)を買う場合は、いくらからでも可能です。1Satoshi は1BTCの1億分の1で、2017年10月現在、1BTCの価格は50万円余りであるため、約0.0050円余りに1Satoshiの価格はなります。このようなことから、ビットコイン(Bitcoin)の最も小さい単位の1Satoshiが約0.0050円余りであるため、買うのは1円からでも可能です。しかし、買うことができる最も小さい金額は、ビットコイン(Bitcoin)の取引所によっていろいろです。どこのビットコイン(Bitcoin)の取引所でも、買うことができる最も小さい金額が0.001BTC以下のところはないので、1BTCの価格が50万円とすれば500円からでも買うことができるようになります。

 

 

 

 

詐欺の見分け方(ビット)

最近は、仮想通貨のビットコイン(Bitcoin)が人気になっているため、ビットコイン(Bitcoin)を買ってみようと考えている人も多くいるでしょう。しかし、仮想通貨のビットコイン(Bitcoin)詐欺には注意しましょう。やはり、ビットコイン(Bitcoin)が非常に人気になっているため、ビットコイン(Bitcoin)詐欺が出てくるのもある意味仕方がないことかもしれません。特に、初めてビットコイン(Bitcoin)を利用する場合は、ビットコイン(Bitcoin)詐欺をどのように見極めるか、詐欺の見分け方を前もって十分に把握しておきましょう。

 

【要注意】ビットコイン(Bitcoin)の詐欺事情 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)に投機商材のため、それに便乗し、詐欺まがいな行動も横行しています。うかつに儲け話に飛びつかないようにしっかりと注意しましょう。

 

 

・必ずオープンソースがある
ビットコイン(Bitcoin)の場合は、オープンソースのフルクライアントウォレットが必ずそのスペックにおいて必要であり、ブロックチェーンの整合性がフルクライアントウォレッがなければ維持できません。また、経済学においては、その国の信用とドルや円などの本来の通貨の価値は置き換えられます。これと同じように、ビットコイン(Bitcoin)の場合はオープンソースによって、改ざんもなく平等に世界中で使用できることで、ビットコイン(Bitcoin)の価格がどんどんアップしています。一方、オープンソースがなければ、ビットコイン(Bitcoin)の価格がアップすることはなく、信用するに足りなく、基本的に、詐欺であると考えていいでしょう。

 

 

・ホワイトペーパーがある
ビットコイン(Bitcoin)の場合は、アルゴリズムとして非常に複雑なものが使われており、その使途に応じたプログラムが組み込まれています。ビットコイン(Bitcoin)の場合は、大きくなってトラブルに現状なっているブロックチェーンに対して対策するために、オープンソースを有志の人達がお互いに協力しています。このホワイトペーパーに記載されているアルゴリズムや方針に従って、有志の人達がこれに同調するようにコミットをオープンソースに行っていきます。このようなことから、ホワイトペーパーはビットコイン(Bitcoin)の場合は必ず必要です。ホワイトペーパーがなければ、詐欺の可能性があるため注意しましょう。

 

 

 

 

あわせて読みたい

【要注意】ビットコイン(Bitcoin)の詐欺事情 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)に投機商材のため、それに便乗し、詐欺まがいな行動も横行しています。うかつに儲け話に飛びつかないようにしっかりと注意しましょう。

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

初心者におすすめ
ビットコイン取引所一覧

取引所キャンペーン入金方法レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料申し込み
人気急上昇!
GMOコイン最大35,000円キャッシュバック銀行、ペイジー入金最大10倍0.001BTC無料0.05%
人気急上昇!
bitbank trade-銀行、クレジットカード最大20倍0.01BTC0.01%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
人気急上昇!
bitbank.cc取引手数料無料銀行最大20倍0.0001BTC-0.05%~+0.05%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
bitFlyer合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大15倍0.001BTC0.01%~0.15%無料
Zaif毎日上位50名に対して最大1億円銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大25倍0.0001BTC-0.01%~0.1%実質0.039%
QUOINEX手数料無料銀行最大25倍0.01BTC無料0.05%
Kraken-銀行最大5倍0.00001BTC0~0.26%0.01%
みんなのビットコイン-銀行最大25倍0.01BTC無料(無料)0.05%
Bitfinex仮想通貨3.3倍0.01BTC0~0.2%15~18%
Bittrex仮想通貨--0.0005BTC0.25%--
cryptopia仮想通貨--0.0001BTC0.2%--
Bitconnect.co仮想通貨--0.03BTC0.25%--
Aidos Market仮想通貨--$5 USD0.09~0.2%--
Yobit仮想通貨、クレジットカード、オンライン決済、電子マネー--0.0001BTC0.2%--
KuCoin仮想通貨--0.000001BTC0.1%--
Btcbox銀行最大3倍0.0001BTC無料無料
Fisco銀行--0.0001BTC無料--
Lemuria銀行--0.1BTC無料--
BITPOINT最高総額 150万円銀行最大25倍0.0001BTC無料(無料)実質0.035%
Coincheck毎週総額20万円相当のビットコイン銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大20倍0.005BTC無料実質0.04%~0.05%
DMMBitcoin新規口座開設申込後、30日以内に口座開設完了で1,000円をプレゼント銀行、クイック入金5倍0.001BTC無料無料
Bit Trade-銀行-0.0001BTC0.2~0.3%-
Binance仮想通貨--0.00000001BTC0.1%(BNB建ての場合0.05%)--
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status