更新日 2018.02.17
ビットコインとは

ビットコイン(Bitcoin)の19のメリット・デメリット総まとめ集

ビットコイン(Bitcoin)について

仮想通貨は、目に見える形ではないものの確かな金融的価値を持つ通貨です。円やドルなどと同じように、都立扱いのある個所で使用すれば、商品やサービスを簡単に手に入れることが可能です。また、仮想通貨は投資のような運用も可能であり、中でもビットコイン(Bitcoin)は非常に高額な価値を保有しています。1ビットという単位を日本円で換算すると数十万円の価値があり、1000ビットも保有していれば資産と呼べるほどの市場価値もあります。ここでは、ビットコイン(Bitcoin)の特性に触れたうえで、メリットとデメリットに焦点を当てていきます。

 

【初心者向け】ビットコインの仕組みをわかりやすく徹底解説 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインってよく聞くけど、一体どういうモノなの?初心者の方でもわかりやすくビットコインの仕組みを解説しています。これであなたもビットコインマスター!

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)を使うメリット

ビットコイン(Bitcoin)は、どうしても市場的な価値に注目しがちな仮想通貨ですが、ビットコイン(Bitcoin)のメリットは価値の高さのみではありません。例えば、送金においては現実の貨幣よりも自由度が高く、送金に関する制限もありませんし、面倒な手続きなども不要です。また、国が異なっても1ビットの持つ価値は異なることはないため、現在流通している紙幣と比べても不変の価値を持つ通貨としての立ち位置を確立しつつあります。むしろ、自分の住む国や地域の経済などに左右されない紙幣という意味では、ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨より有用なものはないでしょう。

 

 

 

メリット1:送金スピードが早い

ビットコイン(Bitcoin)の送金処理は即時決済となっています。通常の金融機関の取引では、土日や祝日などを挟んだ場合には、数日ほどの時間がかかってしまうことも珍しくありません。しかし、ビットコイン(Bitcoin)の場合は、送金・受け取りなどの手続きはボタン1つで完結します。

 

また、通常の送金などの手続きに時間がかかるのは、信用情報などの情報を確認しているためであり、金融機関の装置そのものが動いていても最終的には人の手で手続きが行われています。この点から言えば、ビットコイン(Bitcoin)に関する手続きに政府も銀行も必要ありません。セキュリティに関して言えば非常に強固でありハッカーですら解析不可能なほど難解なシステムを保有しています。電子マネーなどと同じように、ネット上の存在にも関わらず信頼性は現金のやり取りよりも高いと言えるほどです。送金のスピードが速いということは、取引に向けたものも迅速に対応できる為、ストレスも少なく迅速な取引が可能と言えるでしょう。また、送金スピードは世界の何処にいても変わらない為、取引などにおいてビットコイン(Bitcoin)を用いた場合は非常に迅速な対応が可能となっています。

 

【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)の送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)で送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!

 

 

メリット2:24時間取引ができる

ビットコイン(Bitcoin)は、市場などで管理している通貨ではない為、土日などの休日に関係なく取引を行うことが可能です。また、証券取引を行っている方でなくとも、株やFXなどは土日に停止することを多くの方は知っているでしょう。証券取引所と呼ばれる市場が閉じている為、取引を行っても反映されるのは市場が動き出してからになります。もちろん、各取引所によって取引が活発となる時間は異なりますが、市場には必ず休止するタイミングがあります。しかし、ビットコイン(Bitcoin)は24時間いつでも取引が可能である為、自分の取引のタイミングを決めて取引を行うことが可能です。もちろん、世界的な金融危機などには影響される可能性もありますが、市場の動きや株価などはビットコイン(Bitcoin)には関係ありません。

 

つまり、市場の動きを気にせず、ビットコイン(Bitcoin)の価値のみに着目していれば、それだけで運用可能ということになります。また、重要な指標の発表においては、全ての金融商品は少なからず影響を受けます。ビットコイン(Bitcoin)の場合は、1日で数十万円単位の金額が変動することもある為、24時間取引が可能であるということは大きなメリットでしょう。

 

【完全解説】2017年版ビットコイン購入マニュアル | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを買いたいけど、どうやったら買えるの?そもそもどこから買えるの?そんな方のためにビットコインを購入方法・手順を全網羅してます。

 

 

メリット3:個人間での直接送金ができる

ビットコイン(Bitcoin)の特徴として、ピッコインは必ずしも購入のみが入手の手段ではありません。個人間で簡単に送金が可能となっています。従来の送金方法では、銀行で振り込むかスマホを使って振り込むしかありませんでした。また、電子マネーなどにおいても、店頭で購入し相手に送付か写真などで暗号を伝えるしかなく、ウィルスなどに感染していれば番号の不正利用などに発展するケースも少なくありません。

 

しかし、ビットコイン(Bitcoin)の場合は、不正な操作やアクセスにも強いうえに、迅速な個人間送金が可能です。ビットコイン(Bitcoin)の口座管理は、セキュリティの高さから、本人が誰かに知らせていないかぎり勝手に操作されることはありません。
 

また、金融機関での送金は結論から言えば、手間以外の何物でもないでしょう。時間・手続き・移動など全てにある程度の制限があり、確実に送金を行う手段の1つとしてはかなり使用しにくい場合も少なくありません。その点から考えると、ビットコイン(Bitcoin)には曜日や時間・場所の縛りがなく、非常にスピーディーなやり取りが可能になるという大きなメリットがあります。

 

 

 

メリット4:購入・送金・出金手数料が安い

法的なものの整備が追い付いていないこともあり、ビットコイン(Bitcoin)の取得・送金などに関わる手数料は非常に安価な設定となっています。例えば、取引においては差益目的の売り買いでも手数料そのものは非常に安価であり、手数料で頭を悩ませることは皆無に等しいでしょう。

 

海外送金の手数料はビットコイン(Bitcoin)の場合であれば、数円程度で済むことがあります。銀行では数百円する振込手数料に関しても、ビットコイン(Bitcoin)は個人間の送金であれば数円程度で済み、取引所を通して送金しても数百円もしません。つまり、海外送金であればビットコイン(Bitcoin)で対応すれば、かなり安価で送金が可能ということになります。

 

また、運用目的での仮想通貨は現在、非常に注目されています。現金に還元した場合に、課税されるものは決して安価とは言えませんが、少額から始める投資という意味では非常に敷居の低いものとなっています。

 

 

 

 

メリット5:少額から取引できる

ビットコイン(Bitcoin)は仮想通貨の中でも市場価値が高く、1ビットコイン(Bitcoin)で数十万円の単価を誇ります。しかし、運用においては、ビットコイン(Bitcoin)の最小取引単位は数千円程度から購入が可能です。金融商品として、株式やFXの場合、株式であれば1株が1,000円から100万円など購入するものによって相当の差があり、ものによってはまとまった金額での購入が必須となっています。FXであれば元手は、数十万円から数百万円ほどなければリスク対策を行えません。取引所によっては最低購入金額が設定されており、その最低金額以下の取引はできないことのみに注意しましょう。

 

また、少額から取引可能であるビットコイン(Bitcoin)ですが、暴騰暴落を繰り返している面も少なからずある為、ビットコイン(Bitcoin)での運用を行う際には税金などの仕組みを理解しておくと良いでしょう。ビットコイン(Bitcoin)においては、チャートで暴騰暴落を繰りえしていることが判別できるため、差額を利用した投資が可能なこともメリットの1つです。

 

 

 

 

メリット6:資産として保管がしやすい

ビットコイン(Bitcoin)は、非常に多種の保管場所を所持しており、その保管場所全てが消失しない限り保管し続けることが可能です。ウォレットという独自の形があり、例を挙げればソフト、オンライン、ウェブ、モバイルなどが様々種類のウォレットが存在しています。どれも一長一短ではありますが、保管方法が多岐にわたるということは、場所を問わずに管理できるということに繋がります。また、携帯端末の普及率が高いことからモバイルウォレットの使用者はかなり多い現状があります。

 

しかし、オンラインウォレットと同じく多額のビットコイン(Bitcoin)の保管に関しては、端末の保護を行っていない限り常に不安があると言える状況です。特に、ウィルス・インターネット対策が万全でない端末では、悪意のあるアクセスや操作を受ける可能性を否定できません。ちなみに、オンラインウォレットは、ネットワーク環境に依存するため、すべてのサイトが安全とは言えないことは覚えておきましょう。

 

【徹底解説】ビットコインウォレット17選の比較 | ビットコイン取引所オールナビ
実は色々な種類のある”ビットコインウォレット”。あなたに合ったビットコインウォレットは何か。全て比較し、ベストのビットコインウォレットを見つけよう!

 

 

 

メリット7:チャージの必要性がない

ビットコイン(Bitcoin)は、現金と同じようにチャージという仕組みがありません。もし、ウォレットの金額が変わるとすれば、取引を行った場合のみです。チャージというと、現在ではAndroid端末で使用できるGoogleカードや、Apple製品のほぼすべてで使用できるiTunesカードなどを代表する電子マネーはすべてチャージ式となっています。また、アプリにおける課金などもチャージ式の一種であり、もし、チャージした金額で足りない場合には、再度指定の金額までチャージする必要があります。

 

しかし、ビットコイン(Bitcoin)にはその手間はありません。現金と同じく、送金すればその分失いますし購入すればその分増加します。また、全ての仮想通貨はサーバー上のデータにあります。また、チャージを行う場合にクレジットカード情報を打ち込むことはかなりリスキーな行為であることを意識しましょう。個人情報のリスクを考えてみると、チャージの手間以外にもビットコイン(Bitcoin)決済のメリットは少なくありません。

 

 

 

メリット8:支払情報のセキュリティが安心

ビットコイン(Bitcoin)の支払い情報は、分散されたサーバーの情報が結合することによって成り立ちます。その為、何もしなくても非常に強固なセキリティを誇り、データの断片から個人の口座へのハッキングなどの心配はしなくてもよいでしょう。ビットコイン(Bitcoin)の支払い情報に関して言えば、今のところハッキングもウィルスもセキュリティを突破したという現状はありません。

 

ビットコイン(Bitcoin)が採用しているシステムは、ブロックチェーンと呼ばれる断片化された情報を鍵によって1つに統合するものです。簡単に言えばいくつものサーバーに情報を分散したうえで更新しているため、1人1人のデータが異なる為特定の個人の口座や支払い情報を狙って取得するのは非常に困難となっています。従来のデータベースであれば、1つのサーバーで情報を保管していることもあり、1度セキリティ突破された場合にはかなり脆い存在となってしまいます。特に、個人情報の抜き取りやサイトの破壊などはあり得る可能性として否定のできるものではありません。その為、ビットコイン(Bitcoin)に採用されているブロックチェーンはほかの業界からも注目されているほどです。

 

 

 

メリット9:インフレ対応ができる

ビットコイン(Bitcoin)は、世界中のどこであっても不変の価値を持っています。逆に言えば、世界中の何処に行ってもビットコイン(Bitcoin)を大量に保有しており、現金に変えられるのであれば生活に困ることはないでしょう。また、世界的なインフレが起きたとしてもビットコイン(Bitcoin)の価値に変動がなければ、ビットコイン(Bitcoin)の価値は変わりません。強烈なインフレによって物価が変われば、通常の紙幣は価値が変動しますが、ビットコイン(Bitcoin)にはそのリスクはありません。その為、ビットコイン(Bitcoin)以外の様々な通貨にも注目が集まっており、ビットコイン(Bitcoin)の性質も踏まえたうえで仮想通貨の価値が相対的に増加しつつあります。

 

 

 

メリット10:監視や制限がない

通常の紙幣であれば、監視や制限はつきものです。また、国で発行する紙幣であればそのコントロールをする金融機関があり、その上には政府があります。相対的に、紙幣が増えすぎると紙幣の価値が下がるという市場の性質もあって紙幣の流通量のコントロールは非常にシビアなものと言えるでしょう。
紙幣は流通量のコントロールが必要なものですが、ビットコイン(Bitcoin)の最大流通量は2100万と決まっています。しかし、決まっている総量に対する価値には誰の介在も受け付けません。逆に言えば、価値そのものは市場任せではありますがビットコイン(Bitcoin)の価値を操作できる政府も機関も存在しない為、その価値を決定できません。その為、自由な取引を行える通貨としてビットコイン(Bitcoin)をはじめとする仮想通貨に注目が集まっています。

 

 

 

メリット11:国境がない

ビットコイン(Bitcoin)の価値は完全に市場まかせであり、世界中のどこにいても価値は一定です。つまり、国境は関係なく、ビットコイン(Bitcoin)を保有していれば、どこの国にいたとしても現地のレートで換算することが可能です。1BTCの価値は、現在は日本円にすると60万円前後ですが国が変わっても単位が変わるだけである為、世界中のどこであっても一定の価値を保有しています。

 

また、送金に関しても個人間であるうえ、ウェブ上で行えるため、オンライン環境のある場所ではビットコイン(Bitcoin)の不変の価値は非常に有用といえるでしょう。送金や受取、取引に関しても国境は関係ないため、仮想通貨などの利益で生活するということも不可能ではありません。

 

 

 

メリット12:儲けることができる将来性がある

通貨の価値はどのような成り立ちであっても相対的に上下し、ドルや円などの馴染みの深い通貨でも国外の通貨に対する価値は日々値動きしています。特にビットコイン(Bitcoin)の価値は、この数ヵ月ですら数十万円の値上がりを続けており、暴落があったとしてもタイミングさえ間違えなければ確実に利益を積み重ねられる状況となっています。

 

つまり、それほど世の中の人々は、自国の発行している紙幣の価値を信じておらず、不安を常に抱えていると言えるでしょう。日本においても、現在の社会保障がいつまでも続けられるのか不明ですし、国としての財政は非常に危険な状態と言えるものです。また、世界各国においても永遠に平穏なまま暮らしていけるとは誰も思っていないことが、ビットコイン(Bitcoin)やほかの仮想通貨の値上がりから垣間見えます。その為、少額から始める投資という視点で儲けるのであれば、ビットコイン(Bitcoin)はねらい目といえるでしょう。

 

【特集】ビットコイン(Bitcoin)で儲かる!?儲からない!?体験談15選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)って本当に儲かるのか?20人をインタビューして、見えてきた結果とは…

 

 

ビットコイン(Bitcoin)を使うデメリット

ビットコイン(Bitcoin)は非常にメリットの多い紙幣ですが、全てがメリットだけではありません。価値の変動や投機的な側面など、自分ではコントロールできないものもあります。しかし、デメリットにはメリットにつながる面も存在しているため、デメリットというだけで切り捨てないように注意しましょう。

 

 

デメリット1:投機的側面でのリスク

円やドルなどもそうですが、通貨の価値は常に変動します。運用や利益の確保を考えていない場合、値動きの激しいビットコイン(Bitcoin)を保有するだけの目的であればあまりお勧めはできません。もちろん、ビットコイン(Bitcoin)が開発された目的は株やFXなどの取引を目的とした開発ではなく、不変の価値を持つ通貨の立ち位置を目的としています。その為、投機的な一面も確かに存在しますが、長期的に保有し続けること以外にも価値を確保する方法はいくらでも存在します。
投機的な側面も理解しつつ長期的にビットコイン(Bitcoin)を運用すると、仮想通貨全体の値動きなども自然と調査するようになるため、ビットコイン(Bitcoin)以外の仮想通貨の動きも把握が可能になります。

 

【保存版】ビットコイン(Bitcoin)を取り巻くリスク | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)はどうしても怪しいイメージがありますが、イメージだけでなく、実際はどうなのでしょうか?ビットコイン(Bitcoin)に関するリスクを徹底解説します。

 

 

デメリット2:価値の変動性が激しい

他の仮想通貨でもそうですが、ビットコイン(Bitcoin)の価格に関して言えば、相当に激しい変動制を有しています。数ヵ月前に10万円の価値だったものが、現在では30万円となっていることも少なくありません。もっとも、ビットコイン(Bitcoin)の最小購買金額は変わらない為、少額の取引にも向いているのは確かですし、その動向をみるだけでも仮想通貨全体の動きを把握することが可能です。その為、ビットコイン(Bitcoin)を使用した投資、他の仮想通貨を使用した投資は過熱傾向にあり、損益の差と税金などを考慮しても特に初めて投資をする方でも敷居の低いものと言えるでしょう。

 

 

 

デメリット3:匿名性・マネーロンダリングの可能性がある

ビットコイン(Bitcoin)の送金は、個人間のやり取りとりであり、金融機関のような煩わしさとは無縁です。つまり、個人間のやり取りは本人のみしか認知しておらず、国家権力や政府、法律も介在することが不可能となっています。特に、犯罪などの出資金や麻薬の料金支払いにおいてビットコイン(Bitcoin)を利用することで資金の出所をわからなくさせるということが可能になっています。もっとも、仲介者が存在しない為、手数料などが非常に安価であるという面もある為、匿名性とマネーロンダリングがデメリットしかないわけではありません。

 

ビットコイン(Bitcoin)はマネーロンダリングの温床なのか | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)が高騰に伴い、脚光を浴びている一方、悪い側面はないのでしょうか。マネーロンダリングとしても活用される事例もあり、ビットコイン(Bitcoin)の影の側面を紹介します。

 

 

デメリット4:相続が難しい可能性がある

ビットコイン(Bitcoin)の相続は不可能ではありません。しかし、相続させるのであれば公開鍵の把握、各種取引所、ウォレットのパスワード、アドレスの把握など事細かに伝えなければ相続は不可能です。また、現在の所、相続税の対象ではありませんが、ビットコイン(Bitcoin)は雑所得と住民税の対象である為、これからに更に規制されるか法改正が進むか見守るしかありません。

 

また、相続人以外の者にデータのすべてが知られた場合に全ての資産を失う可能性がゼロではありません。その為、ビットコイン(Bitcoin)を相続させるのであれば、遺言状やパスワード付きのデータファイルの作成など入念な準備を行わなければ相続は困難を極めます。

 

逆に言えば、現金としての形はない為、個人的に送りたい人に確実に送ることも可能ですし、全てのデータの証明が取れれば相続は可能です。セキリティの高さを考えるのであれば、安心できるレベルのセキリティの高さを最初から持っていることを忘れないでください。

 

【保存版】ビットコイン(Bitcoin)に関する相続税とは | ビットコイン取引所オールナビ
何かと話題のビットコイン(Bitcoin)ですが、税務に関しても少しずつ整備されている状況です。ビットコイン(Bitcoin)を相続した場合は相続税は発生するのでしょうか?

 

 

デメリット5:採掘の難しさ

ビットコイン(Bitcoin)はマイニングという発掘システムを使用しています。マイニングの利用によって、少額ではありますがビットコイン(Bitcoin)の取得が可能です。普通の通貨は、国や政府・中央銀行が製作するものですが、ビットコイン(Bitcoin)はデータベースの中で生成されます。しかし、ビットコイン(Bitcoin)のマイニングにおいて、利益を出すことはかなり難しい状況にあります。価値が高いこともあり、世界中の仮想通貨ユーザーの需要も高いため、手に入るビットコイン(Bitcoin)は1ヶ月でも数十円程度になります。

 

マイニングは、ビットコイン(Bitcoin)の運営に必要なシステムを接続したPCの能力を借りて動かすという仕組みです。その額は非常に微々たるものであり、個人ではスーパーコンピュータでも用意しない限り利益となることはありません。もっとも、マイニングが行えるという仮想通貨はビットコイン(Bitcoin)特有のものである為、仮想通貨の発生から運用まで体感するには非常に便利なシステムです。

 

【初心者向け】ビットコインマイニングのわかりやすく徹底解説
マイニング(Mining)とは、日本語で「採掘」を意味します。ビットコインは、貨幣のように特定の機関が発行していません。このマイニングよって新規に発行されます。マイニングは誰でも参加出来ます。ビットコインのマイニングをイメージしやすくすると、ブロックチェーンを繋げるカギを見つる作業を意味します。報酬額は報酬額は12.5BTCです。日本円にすると、なんと2,312万円!

 

 

デメリット6:ビットコイン(Bitcoin)アドレスが長い

ビットコイン(Bitcoin)のアドレスは、非常に長いものであり、覚えきれるものではありません。結論から言えば、ビットコイン(Bitcoin)のアドレスは暗号も兼ねており、セキリティという意味では他人に覚えせれることはないでしょう。

 

逆に言えば、正確なアドレスを使用しての送金などの手続きは誰にも邪魔されず行うことが可能であり、他者の介在もありません。また、正確な手順とアドレスが必要とされるということは、セキュリティ性が高く簡単に解読されることもないでしょう。手続き自体は簡単でも、送金先が難解であれば、いくら目には見えない通貨であってもだれでも慎重になる為、アドレスの長さはデメリットだけではありません。

 

【保存版】ビットコイン(Bitcoin)アドレスについて徹底解説 | ビットコイン取引所オールナビ
送金の際に必要情報がビットコイン(Bitcoin)アドレスです。 送金手順には一見カンタンそうで、慣れていないとよくわからなく、戸惑う時もあります。ビットコイン(Bitcoin)アドレスの仕組みからアドレスの取得。またビットコイン(Bitcoin)を実際に送金する手順をわかりやすく解説しています。

 

 

デメリット7:使いづらいケースも…

ビットコイン(Bitcoin)は、仮想通貨として非常に注目度の高い通貨ではありますが、その国のレートとして換算できるシステムが充実しているとは言えません。日本でもビットコイン(Bitcoin)のやり取りは非常に活発であり、大手銀行や証券会社なども取引を開始しています。しかし、生活面に目を向けるとビットコイン(Bitcoin)を円に換算せずに使用できる店舗は、現在では限りなく少ないと言えるでしょう。さらに言えば、普通のレジシステムではビットコイン(Bitcoin)の計算は行えず、専用の機械が必要となります。また、店舗でのビットコイン(Bitcoin)の使用は、アプリや携帯端末の違いにより困難なことも少なくありません。

 

もっとも代表的な例として、ビックカメラ、コジマ、ソフマップのグループでは一部で支払いが行えることを考えると、数年後にはさらに使える場所が増加しているでしょう。現在は、使いづらさを感じるかもしれませんが、数年後には税制的にも店舗的にもさらに使用しやすい環境が整います。

 

【完全解説】ビットコインでの支払いシーンはこれで安心 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインは使える店舗は実は10,000店舗以上!? 実は身近なお店でも使えるんです!

 

 

 

 

あわせて読みたい

【初心者向け】ビットコインの仕組みをわかりやすく徹底解説 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインってよく聞くけど、一体どういうモノなの?初心者の方でもわかりやすくビットコインの仕組みを解説しています。これであなたもビットコインマスター!
【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)の送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)で送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!
【完全解説】2017年版ビットコイン購入マニュアル | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを買いたいけど、どうやったら買えるの?そもそもどこから買えるの?そんな方のためにビットコインを購入方法・手順を全網羅してます。
【徹底解説】ビットコインウォレット17選の比較 | ビットコイン取引所オールナビ
実は色々な種類のある”ビットコインウォレット”。あなたに合ったビットコインウォレットは何か。全て比較し、ベストのビットコインウォレットを見つけよう!
【特集】ビットコイン(Bitcoin)で儲かる!?儲からない!?体験談15選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)って本当に儲かるのか?20人をインタビューして、見えてきた結果とは…
【保存版】ビットコイン(Bitcoin)を取り巻くリスク | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)はどうしても怪しいイメージがありますが、イメージだけでなく、実際はどうなのでしょうか?ビットコイン(Bitcoin)に関するリスクを徹底解説します。
ビットコイン(Bitcoin)はマネーロンダリングの温床なのか | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)が高騰に伴い、脚光を浴びている一方、悪い側面はないのでしょうか。マネーロンダリングとしても活用される事例もあり、ビットコイン(Bitcoin)の影の側面を紹介します。
【保存版】ビットコイン(Bitcoin)に関する相続税とは | ビットコイン取引所オールナビ
何かと話題のビットコイン(Bitcoin)ですが、税務に関しても少しずつ整備されている状況です。ビットコイン(Bitcoin)を相続した場合は相続税は発生するのでしょうか?
【初心者向け】ビットコインマイニングのわかりやすく徹底解説
マイニング(Mining)とは、日本語で「採掘」を意味します。ビットコインは、貨幣のように特定の機関が発行していません。このマイニングよって新規に発行されます。マイニングは誰でも参加出来ます。ビットコインのマイニングをイメージしやすくすると、ブロックチェーンを繋げるカギを見つる作業を意味します。報酬額は報酬額は12.5BTCです。日本円にすると、なんと2,312万円!
【保存版】ビットコイン(Bitcoin)アドレスについて徹底解説 | ビットコイン取引所オールナビ
送金の際に必要情報がビットコイン(Bitcoin)アドレスです。 送金手順には一見カンタンそうで、慣れていないとよくわからなく、戸惑う時もあります。ビットコイン(Bitcoin)アドレスの仕組みからアドレスの取得。またビットコイン(Bitcoin)を実際に送金する手順をわかりやすく解説しています。
【完全解説】ビットコインでの支払いシーンはこれで安心 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインは使える店舗は実は10,000店舗以上!? 実は身近なお店でも使えるんです!

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

初心者におすすめ
ビットコイン取引所一覧

取引所キャンペーン入金方法レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料申し込み
人気急上昇!
GMOコインGMOコインもれなく全員20,000Satoshiプレゼント!銀行、ペイジー入金最大10倍0.001BTC無料0.05%
人気急上昇!
bitbank tradebitbanktrade-銀行、クレジットカード最大20倍0.01BTC0.01%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
人気急上昇!
bitbank.cc取引手数料無料銀行最大20倍0.0001BTC-0.05%~+0.05%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
bitFlyer合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大15倍0.001BTC0.01%~0.15%無料
Zaifzaif毎日上位50名に対して最大1億円銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大25倍0.0001BTC-0.01%~0.1%実質0.039%
QUOINEX手数料無料銀行最大25倍0.01BTC無料0.05%
Kraken-銀行最大5倍0.00001BTC0~0.26%0.01%
みんなのビットコイン-銀行最大25倍0.01BTC無料(無料)0.05%
Bitfinex仮想通貨3.3倍0.01BTC0~0.2%15~18%
Bittrex仮想通貨--0.0005BTC0.25%--
cryptopia仮想通貨--0.0001BTC0.2%--
Bitconnect.co仮想通貨--0.03BTC0.25%--
Aidos Market仮想通貨--$5 USD0.09~0.2%--
Yobit仮想通貨、クレジットカード、オンライン決済、電子マネー--0.0001BTC0.2%--
KuCoin仮想通貨--0.000001BTC0.1%--
Btcbox銀行最大3倍0.0001BTC無料無料
Fisco銀行--0.0001BTC無料--
Lemuria銀行--0.1BTC無料--
BITPOINT最高総額 150万円銀行最大25倍0.0001BTC無料(無料)実質0.035%
DMMBitcoin新規口座開設申込後、30日以内に口座開設完了で1,000円をプレゼント銀行、クイック入金5倍0.001BTC無料無料
Bit Trade-銀行-0.0001BTC0.2~0.3%-
Binance仮想通貨--0.00000001BTC0.1%(BNB建ての場合0.05%)--
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status