更新日 2018.02.28
ビットコインとは

【丸わかり】ビットコイン(Bitcoin)における『uasf 』とは

uasfとは

uasfは、ユーザーアクティベイテッドソフトフォークの略で、その名前の通りユーザーが主体でソフトフォークをするかどうかの決定をするということです。

 

逆のパターンはmasfと言って、マイナーアクティベイテッドソフトフォークのことを指します。従来であれば、マイナーのハッシュレートが95%を越えた時点でマイナーアクティベートが行われていたのですが、segwitの施行に際してmasfが思うようにいかなくなりました。

 

segwitはトランザクションの問題や容量の問題を考慮した合理的なソフトフォーク案で、施行されればビットコイン(Bitcoin)の性能が改善

されることは間違いありませんが、これに反対するマイナーが多かったのです。そのマイナー達はASICBOOSTとというものを使ってマイニングをしていましたが、segwitによるビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティやアップデートがあるとそれが利用できなくなってしまうので、彼らはsegwitに反対していました。ASICBOOSTを開発している会社は中国に存在し、マイナーの大半は中国人であり、特許まで取っているのでそのツールがマインングに対しての互換性を失うと大損害を被ってしまうのです。

 

ソフトフォークアップデート案であるsegwitの施行ではなく、ハードフォークによるアップデートを望んでいるマイナーがほとんどであったため、ユーザーの声を反映したuasfが生まれました。masfのシステムだとマイナーが賛同していないければsegwitを施行することができませんが、uasfであればマイナーの意見を無視した意思決定の方法になるのでsegwitを施行できるようになるのです。

 

結果的にuasfによってsegwitは施行されましたが、その結果マイナーが大幅にへりトランザクションの処理問題が生じてしまいました。ブロックチェーンの取引情報の処理はマイナーがいてこそ成り立つものですので、マイナーが減ると結果的に処理速度が落ちてしまうのです。

 

この問題を解決することがブロックチェーンの次なる課題と言えるでしょう。

 

 

 

 

具体的にビットコイン(Bitcoin)に何が起こるのか

uasfが起こると、ビットコイン(Bitcoin)に何が起こるのか。

 

あくまで可能性にすぎませんが、持っているビットコイン(Bitcoin)が消失する可能性があります。segwitが施行された場合従来のブロックチェーンに繋がれていた台帳ではなく、segwitに対応したものでなければ弾かれてしまう仕組みになるのです。segwitに対応したブロックチェーンが生み出され、それが正しいものとして進んでいくことになります。uasfによってsegwitに対応したブロックチェーンが生まれると、過去のブロックチェーンとsegwit対応のチェーンが別々に存在することになるのです。

 

segwit対応のチェーンはsegwitに対応していないチェーンを全て無効とみなしますので、過去のチェーンを無効とみなすのですが、一方で過去のチェーンは一番長いチェーンを有効とみなし、それ以外を無効とします。過去のチェーンの特徴としては、チェーンの長さによって「正しいチェーンが変わる」というところです。segwit対応のチェーンより過去のチェーンが長い場合は、それを有効とみなしますので、2つのチェーンが存在していることになりますが、segwit対応のチェーンが従来のチェーンよりも長くなった時が問題なのです。

 

過去のチェーンは一番長いチェーンを有効とみなし、それ以外を無効とみなしますからsegwit対応のチェーンが長くなると、過去のチェーンは実質消滅することになるのです。ということは、それまでにsegwit対応でないマイニングによって承認されていたビットコイン(Bitcoin)は無効と見なされ消滅することになります。

 

つまり、こういったマイナーとの問題が解決していないうちにビットコイン(Bitcoin)の取引をしてしまうと、思わぬタイミングでそのビットコイン(Bitcoin)が消滅してしまう危険性があるのです。

 

2017年のsegwit施行の際に行われたuasfの際は短期間の間にsegwit対応のチェーンが一番長くなったためにチェーンの分裂を回避できましたが、これに失敗していた場合は上記のような危険性がありました。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)をどうすればいいのか

ビットコイン(Bitcoin)を保有している人は、ソフトフォークやハードフォークの問題に敏感にならなければいけません。

 

masfやuasfに関しての特性を理解していればsegwit問題に関してもチェーンが二つに分裂する危険性を理解できたかと思います。それらのことを理解し、何がどう危険なのか察知した上でsegwitの騒動のようなことが起きている間はビットコイン(Bitcoin)の取引をしないということが重要になります。取引だけでなく送金もしないことが推奨されるでしょう。

 

チェーン分裂の危険性があるときはビットコイン(Bitcoin)が保管されている取引所やウォレットに放置しておくのが一番のリスク回避術です。ビットコイン(Bitcoin)が動く時というのは、ブロックチェーンに記録が残されますから、それが承認されなければ動かすことができません。しかし、承認という作業がマイニングという作業になりますので、それがsegwit非対応の承認だった場合はビットコイン(Bitcoin)が消滅する危険性があるということになるのです。

 

ブロックチェーンの承認というのは何のことをさすのか、どのような作業なのか、どのような仕組みなのか、ということは最低限理解していないとsegwit騒動のような危険なことに巻き込まれる危険性があります。

 

ビットコイン(Bitcoin)を始めたとした仮想通貨には管理人がいませんから、消滅したビットコイン(Bitcoin)は永遠に帰ってくることはありません。

 

ブロックチェーンの特徴やフォークに関する知識などをある程度つけた上で、リスクを回避することがビットコイン(Bitcoin)ユーザーには必要になってくるでしょう。過去のチェーンは一番長いチェーンを有効とみなし、それ以外を無効とみなしますからsegwit対応のチェーンが長くなると、過去のチェーンは実質消滅することになるのです。ということは、それまでにsegwit対応でないマイニングによって承認されていたビットコイン(Bitcoin)は無効と見なされ消滅することになります。

 

つまり、こういったマイナーとの問題が解決していないうちにビットコイン(Bitcoin)の取引をしてしまうと、思わぬタイミングでそのビットコイン(Bitcoin)が消滅してしまう危険性があるのです。

 

2017年のsegwit施行の際に行われたuasfの際は短期間の間にsegwit対応のチェーンが一番長くなったためにチェーンの分裂を回避できましたが、これに失敗していた場合は上記のような危険性がありました。

 

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

uasfとは

uasfは、ユーザーアクティベイテッドソフトフォークの略で、その名前の通りユーザーが主体でソフトフォークをするかどうかの決定をするということです。

 

逆のパターンはmasfと言って、マイナーアクティベイテッドソフトフォークのことを指します。従来であれば、マイナーのハッシュレートが95%を越えた時点でマイナーアクティベートが行われていたのですが、segwitの施行に際してmasfが思うようにいかなくなりました。

 

segwitはトランザクションの問題や容量の問題を考慮した合理的なソフトフォーク案で、施行されればビットコイン(Bitcoin)の性能が改善

されることは間違いありませんが、これに反対するマイナーが多かったのです。そのマイナー達はASICBOOSTとというものを使ってマイニングをしていましたが、segwitによるビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティやアップデートがあるとそれが利用できなくなってしまうので、彼らはsegwitに反対していました。ASICBOOSTを開発している会社は中国に存在し、マイナーの大半は中国人であり、特許まで取っているのでそのツールがマインングに対しての互換性を失うと大損害を被ってしまうのです。

 

ソフトフォークアップデート案であるsegwitの施行ではなく、ハードフォークによるアップデートを望んでいるマイナーがほとんどであったため、ユーザーの声を反映したuasfが生まれました。masfのシステムだとマイナーが賛同していないければsegwitを施行することができませんが、uasfであればマイナーの意見を無視した意思決定の方法になるのでsegwitを施行できるようになるのです。

 

結果的にuasfによってsegwitは施行されましたが、その結果マイナーが大幅にへりトランザクションの処理問題が生じてしまいました。ブロックチェーンの取引情報の処理はマイナーがいてこそ成り立つものですので、マイナーが減ると結果的に処理速度が落ちてしまうのです。

 

この問題を解決することがブロックチェーンの次なる課題と言えるでしょう。

 

 

 

 

具体的にビットコイン(Bitcoin)に何が起こるのか

uasfが起こると、ビットコイン(Bitcoin)に何が起こるのか。

 

あくまで可能性にすぎませんが、持っているビットコイン(Bitcoin)が消失する可能性があります。segwitが施行された場合従来のブロックチェーンに繋がれていた台帳ではなく、segwitに対応したものでなければ弾かれてしまう仕組みになるのです。segwitに対応したブロックチェーンが生み出され、それが正しいものとして進んでいくことになります。uasfによってsegwitに対応したブロックチェーンが生まれると、過去のブロックチェーンとsegwit対応のチェーンが別々に存在することになるのです。

 

segwit対応のチェーンはsegwitに対応していないチェーンを全て無効とみなしますので、過去のチェーンを無効とみなすのですが、一方で過去のチェーンは一番長いチェーンを有効とみなし、それ以外を無効とします。過去のチェーンの特徴としては、チェーンの長さによって「正しいチェーンが変わる」というところです。segwit対応のチェーンより過去のチェーンが長い場合は、それを有効とみなしますので、2つのチェーンが存在していることになりますが、segwit対応のチェーンが従来のチェーンよりも長くなった時が問題なのです。

 

過去のチェーンは一番長いチェーンを有効とみなし、それ以外を無効とみなしますからsegwit対応のチェーンが長くなると、過去のチェーンは実質消滅することになるのです。ということは、それまでにsegwit対応でないマイニングによって承認されていたビットコイン(Bitcoin)は無効と見なされ消滅することになります。

 

つまり、こういったマイナーとの問題が解決していないうちにビットコイン(Bitcoin)の取引をしてしまうと、思わぬタイミングでそのビットコイン(Bitcoin)が消滅してしまう危険性があるのです。

 

2017年のsegwit施行の際に行われたuasfの際は短期間の間にsegwit対応のチェーンが一番長くなったためにチェーンの分裂を回避できましたが、これに失敗していた場合は上記のような危険性がありました。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)をどうすればいいのか

ビットコイン(Bitcoin)を保有している人は、ソフトフォークやハードフォークの問題に敏感にならなければいけません。

 

masfやuasfに関しての特性を理解していればsegwit問題に関してもチェーンが二つに分裂する危険性を理解できたかと思います。それらのことを理解し、何がどう危険なのか察知した上でsegwitの騒動のようなことが起きている間はビットコイン(Bitcoin)の取引をしないということが重要になります。取引だけでなく送金もしないことが推奨されるでしょう。

 

チェーン分裂の危険性があるときはビットコイン(Bitcoin)が保管されている取引所やウォレットに放置しておくのが一番のリスク回避術です。ビットコイン(Bitcoin)が動く時というのは、ブロックチェーンに記録が残されますから、それが承認されなければ動かすことができません。しかし、承認という作業がマイニングという作業になりますので、それがsegwit非対応の承認だった場合はビットコイン(Bitcoin)が消滅する危険性があるということになるのです。

 

ブロックチェーンの承認というのは何のことをさすのか、どのような作業なのか、どのような仕組みなのか、ということは最低限理解していないとsegwit騒動のような危険なことに巻き込まれる危険性があります。

 

ビットコイン(Bitcoin)を始めたとした仮想通貨には管理人がいませんから、消滅したビットコイン(Bitcoin)は永遠に帰ってくることはありません。

 

ブロックチェーンの特徴やフォークに関する知識などをある程度つけた上で、リスクを回避することがビットコイン(Bitcoin)ユーザーには必要になってくるでしょう。過去のチェーンは一番長いチェーンを有効とみなし、それ以外を無効とみなしますからsegwit対応のチェーンが長くなると、過去のチェーンは実質消滅することになるのです。ということは、それまでにsegwit対応でないマイニングによって承認されていたビットコイン(Bitcoin)は無効と見なされ消滅することになります。

 

つまり、こういったマイナーとの問題が解決していないうちにビットコイン(Bitcoin)の取引をしてしまうと、思わぬタイミングでそのビットコイン(Bitcoin)が消滅してしまう危険性があるのです。

 

2017年のsegwit施行の際に行われたuasfの際は短期間の間にsegwit対応のチェーンが一番長くなったためにチェーンの分裂を回避できましたが、これに失敗していた場合は上記のような危険性がありました。

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status