更新日 2017.12.15
投資 用語

【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)のレバレッジ運用完全解説

ビットコイン(Bitcoin)とは

投資の世界で存在するビットコイン(Bitcoin)はご存知でしょうか。ビットコイン(Bitcoin)とは、自分が所持しているお金を証拠金として預けることで、その証拠金の数倍~数百倍のお金を運用することをいいます。

 

例えば、1万円を証拠金として預けて10倍のビットコイン(Bitcoin)をかけたとすると10万円を運用することができるようになります。その10万円を運用して11万円(1.1倍)になれば、1万円の利益になるのです。証拠金が1万円ですので結果的に1万円が2万円になったということです。

 

もし、これをビットコイン(Bitcoin)をかけずに1万円のまま運用していたら、たとえ1.1倍になったとしても1000円の利益しかありません。逆に、上記のように10倍のビットコイン(Bitcoin)をかけて運用した結果、10万円が9万円(0.9倍)になってしまった場合、1万円の損失となり、証拠金として預けた1万円がなくなってしまいます。もし、ビットコイン(Bitcoin)をかけていなかった場合は、0.9倍になったとしても1000円の損失で済むのでダメージは大きくありません。

 

つまり、ビットコイン(Bitcoin)をかけるということは、ハイリスクハイリターンな運用

 

このようなビットコイン(Bitcoin)を利用した資産運用は一昔前から株取引やFXで用いられていましたが、ビットコインでもビットコイン(Bitcoin)をかけた運用をすることができるようになっています。ビットコインは仮想通貨なので同じく通貨同士で取引を行うFX(外国為替証拠金取引)にとても似ています。今回は、そのビットコインのビットコイン(Bitcoin)を利用した運用について、株取引やFXにないメリットやデメリットも存在するので、それらを順番に紹介していきます!

 

 

 

FXや株式投資との比較

FXは、一般的には米ドルなどの外貨と取引する外国為替証拠金取引のことを指します。通常のFXでは米ドルなどの外貨を購入して、為替レートの差を利用して、外貨の売却時に利益を得ることができるようになっており、高倍率のビットコイン(Bitcoin)をかけることでより高い利益を出すことも可能になっています。

 

実は、ビットコインにもFXが存在し、上記のFXと同様にビットコイン(Bitcoin)をかけた証拠金取引ができるようになっています。ですが、ビットコインFXでの取引は少し異なっており、ビットコインではビットコインそのものの移動がありません。ビットコインFXでは、ビットコインを購入・売却した結果の差額が損益となり、取引の最終結果だけが自己資金に反映されるようになっています。ビットコイン(Bitcoin)をかけた場合も同様です。

 

また、株式投資と比べると、とても参入しやすい点があります。株式投資では1株1000円の株が100株単位でしか購入できないということが普通であり、投資する予算がない場合、始めることすらできません。ですが、ビットコインを使った取引は少額から始めることができ、予算が1000円しかない場合でも始めることができます。

 

少額からはじめられるため、株式投資と違って、投資失敗のリスクを抑えることができるのがいいですね。はじめはかなりの少額で始めて、慣れてきたらビットコイン(Bitcoin)をかけて高い利益を狙っていくということもできるのでとてもいいですね。そんな参入敷居の低いビットコインのビットコイン(Bitcoin)運用ですが、FXや株式投資にはないメリット、デメリットが存在します。投資をすることにおいてとても重要なことなのでしっかり確認していきましょう!

 

 

ビットコイン(Bitcoin)運用のメリット

 

特長1:預けた金額以上の取引が可能

通貨を証拠金として預け、これにビットコイン(Bitcoin)を掛けることにより、証拠金を超える金額の取引が可能です。ビットコイン(Bitcoin)は業者により、20倍や25倍を指定できることもあります。ビットコイン(Bitcoin)を大きくすることにより、少額の元手で大きな利益を得る可能性が高まります。しかしその一方、元手を割り込む損失をこうむる可能性も高くなります。従ってビットコイン(Bitcoin)を大きくすることは諸刃の剣ともいえます。

 

元手を割り込む損失が発生した場合は追証を求める場合と、元手を割り込む前にロスカットをしてしまう場合があり、事業者により分かれます。特に追証を求めない業者の場合は、証拠金から評価損失額を差し引いた額が一定の割合を下回った場合に強制的にロスカットを行います。

 

この点、現物取引では預けた金額に従って取引が行われますから、損失は最大でも預けたビットコインの購入額となります。その一方、相場が50%上昇した場合でも50%分の利益を受け取るにとどまりますから、相場が大きく変動しない限り大きな利益は期待できません。

 

 

特徴2:売りから取引を始められる

現物のビットコインの取引では、ビットコインを買うことから取引が始まり、ビットコインを売った時の差額が利益、または損失となります。従って、相場が上昇している、または上昇することが見込まれる局面で取引に参加しないと損失をこうむることになります。

 

ただし、損失額は最大でもビットコインの購入額に限られ、一方利益を受ける可能性のある金額は理論上は無限大です。

 

ところがビットコイン(Bitcoin)取引の場合は、売りから取引を始めることもできます。このことにより、相場が値下がりしている、あるいは値下がりが見込まれる局面においても取引に参加し、利益を得ることが可能となります。またこの特徴により、ビットコイン(Bitcoin)1倍ということも意味を持つことになります。売りから取引を始めた場合、利益の最大額はビットコインの購入額×ビットコイン(Bitcoin)であり、一方損失を受ける可能性のある額は理論上無限大となります。

 

もちろん、ビットコイン(Bitcoin)取引でも買いから取引を始めることもでき、ビットコイン(Bitcoin)をかけてより大きな利益を狙うこともできます。相場のトレンドに応じて、柔軟に取引方法を決めることができるのが信用取引のメリットです。

 

 

特長3:取引に期限が設けられている

期限の示し方は、1ヶ月といった期間で示すもの、今週末や来週末、四半期末といった曜日や日にちで示すものがあります。相場が上昇トレンドを続けている時など、期限を過ぎても持ち続けたいと思う場合もあるかもしれません。しかし信用取引の場合は取引の期限日が来ると強制的に決済されてしまいます。このため、ずっとビットコインの信用取引を続けることはできません。

 

この点、現物取引には期限がありません。従って一旦値下がりしたとしても、相場の値上がりを何年も待ち続けることもできます。好きな時に売って利益を得ることができるのが現物取引のメリットです。

 

またビットコイン(Bitcoin)取引は、取引の手数料率は比較的低い率であることが多い一方、証拠金を預けたり、利益に対して手数料がかかる点があげられます。この点は取引や売買した時の手数料だけで済む現物取引と対照的です。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)運用のデメリット

値動きが激しい

値動きが激しいというのは、メリットでもあればデメリットでもあります。通常、ビットコインFXでは利益を出すためにビットコイン(Bitcoin)をかけるので、もし、損失につながる方向にビットコインの価格が変動した場合、ビットコイン(Bitcoin)の倍率に応じて大きな損失になってしまいます。

 

 

強制ロスカットの可能性がある

ビットコインのビットコイン(Bitcoin)運用にはロスカットというシステムがあるということをメリットの紹介の際にも触れましたが、ロスカットは損失拡大前に強制実行されるため、ロスカットされた直後に相場が逆方向に変動し、利益を逃してしまうということもあります。このロスカットはビットコイン(Bitcoin)倍率が高いほど、少しの変動でロスカットが起きるようになるので、高倍率のビットコイン(Bitcoin)になるほどハイリターンでありながら同等のリスクを背負うことになります。
 

 

大きすぎる金額は動かせない

ビットコインのビットコイン(Bitcoin)運用に慣れてきて大きな金額を動かすのは通常のFXに比べて難しくなっています。ビットコインは少額から始めることができるので、多くの人が少額で取引しています。その分、通常のFXと比べると注文が少ないのであまりに大きな資金でビットコインの運用をしてしまうと、一回の売買でビットコインの価格相場を大きく変動させてしまう場合があるため、少額での取引とは違った運用をしないと思うように利益が出ないこともあります。しかし、自己資金が十数万円までぐらいであれば相場はびくともしないので気にする必要はありません。通常のFXではビットコインと比べて注文が非常に多いので、ビットコインのようにビットコイン(Bitcoin)をかけても変動はほぼしないのでビットコインのビットコイン(Bitcoin)運用よりも分析しやすく利益を出しやすいという方もいます。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)運用のやり方

 

コインチェックの場合

コインチェックでのビットコイン(Bitcoin)運用をするには、まず取引所のページに移動します。取引所のページには、「現物取引」と「ビットコイン(Bitcoin)取引」の二つがありますが、ビットコイン(Bitcoin)取引をするには自己資金を証拠金として預ける必要があります。コインチェックでは5倍のビットコイン(Bitcoin)をかけることができ、1万円を証拠金として預けると5万円として取引が可能です。

 

 

証拠金を預けるには、振替ページに移動します。証拠金が0の場合はビットコイン(Bitcoin)取引のところにあるリンクから移動できます。

 

 

振替ページに行くと[取引]→[取引]となっていますが、右側の[取引]をビットコイン(Bitcoin)に変更し、預ける証拠金を入力します。証拠金は日本円以外預けることができないのでビットコインで持っている場合は一度日本円に変えておきましょう。入力し終えたら、[残高を移動をする]を選択します。移動が完了すると、預けた証拠金の分だけビットコイン(Bitcoin)取引が可能になります。

 

 

取引所のページに戻ると、ビットコイン(Bitcoin)取引の項目が入力可能になっているので、通常の現物取引と同じようにレートと注文量を入力して注文をするわけですが、注文量の下にあるパーセンテージをクリックすることで、現在の証拠金の何割を使うか自動計算してくれます。例えば、証拠金が1000円で50%を選択すると、証拠金の50%である500円に5倍のビットコイン(Bitcoin)がかかって2500円となります。

 

 

これで注文するとポジションが更新されますが、この時点ではまだ損益は確定していません。損益を確定するには、決済注文を行います。決済注文をすることで初めて損益が確定し、利益が出た場合証拠金がプラスされ、損失の場合は証拠金が減らされますので、注意しましょう。ポジションを持った状態で証拠金維持率が50%を下回ってしまうと、ロスカットによる強制決済が発生してしまうので、証拠金維持率は常に注意してください。預けた証拠金は、証拠金を預ける際に利用した振替ページにて引き出すことができるので、必要に応じて引き出して利用するようにしましょう。

 

 

 

 

ビットフライヤーの場合

ビットフライヤーでのビットコイン(Bitcoin)運用には、ビットフライヤーが提供している[bitFlyer Lightning]を使用します。[bitFlyer Lightning]はTOPページ左側にあるメニューから移動できますが、予めビットコイン(Bitcoin)運用するための資金の入金はすませておいてください。[bitFlyer Lightning]に移動したら、まず証拠金を預ける必要があるので、左側の丸いアイコンをクリックしたら出てくる[入出金]を選択します。

 

 

入出金ページに移動したら、Lightning FX/Futures 証拠金という項目で、証拠金の預け入れを行います。証拠金はコインチェックと違い日本円とビットコインに対応しているので、どちらを利用してもかまいませんが、ビットコインの場合はBTC/日本円のレートが影響するので、ビットコインの価値が暴落した場合、証拠金も減ることになるので注意してください。 

 

 

日本円とビットコインの両方を預けている場合、証拠金を引き出す際は別々で引き出す必要があるので注意してください。逆に言うと勝手にビットコインが日本円に変えられることもないのでご安心ください。 

 

 

証拠金の預け入れが終わったら、先ほどの左側にあるメニューから[トレード]を選択してトレードページに移動します。初めて利用する場合は、表示されているチャートがBTC/JPYだと思いますが,
上部のメニューから[BTC-FX/JPY]を選択してチャートを切り替えます。ここで、ビットコインのビットコイン(Bitcoin)運用をすることができるようになっています。

 

注文は画面中央より少し右にある[売り][買い]のところで行えます。コインチェックと違いロングやショートといった言葉が出てこないので初心者にはとっつきやすくなっています。

 

 

実際に売り買いどちらかの注文をしようとするとこのようなポップアップが表示されるので、ここで買い、もしくは売りを選択すると注文が並び、成行であれば現在のレートで注文が即通ります。このポップアップが出てこない場合は証拠金不足となっているかサーバーが重いのどちらかとなっているので注文を通したつもりにならないようにしてくださいね。

 

 

注文が成立すると、建玉というところにポジションが並べられ、リアルタイムで現在の含み損益を表示してくれます。ポジションを決済するには、ポジションを取った注文とは逆の注文をする必要があり、例えば[買い]で5BTC買っていたとすると[売り]で5BTCの注文を成立させる必要があります。それまではずっとポジションを持っていることになるので、気を付けましょう。

 

 

ビットフライヤーでのビットコイン(Bitcoin)運用では証拠金が80%を下回ると未約定の注文の強制キャンセル、50%を下回るとロスカットによる強制決済が発生するのでコインチェック同様証拠金には注意しましょう。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)運用ができる取引所

各業者によって最大のビットコイン(Bitcoin)は異なります。また取引所に入金できる通貨も異なりますので、予めチェックが必要です。また証拠金を超える損失が出た場合に追証が必要かどうかも異なります。

 

▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

取引所 仮想通貨 取引手数料 出金手数料 レバレッジ 特徴

GMOコイン
(仮想通貨FX)
BTC
ETH
無料 無料 最大
25倍
最低スプレッド500円
FX専用スマホアプリ

coincheck
(信用取引)
BTC
ETH
ETC
無料 0.01ETH 最大
5倍
13種類の仮想通貨
ペイメント注力

bitflyer
(Lightning FX)
BTC
ETH
0.2% 無料 最大
15倍
高速取引ツール
高水準セキュリティ

bitpoint
(ビットポイントFX)
BTC
ETH
無料 無料 最大
25倍
MT4で取引
注文種類が豊富

bitbanktrade
(BTCFX?)
BTC
ETH
無料 0.0005ETH 最大
20倍
通貨ペアはBTC/USDのみ
BTCを証拠金に取引
追証なし

zaif
BTC
MONA
ETH
無料 0.01ETH 最大
7.77倍
通知機能
追証不要

QUOINEX
BTC
ETH
0.1% 無料 最大
25倍
タイトスプレッド

 

 

 

信用取引におすすめビットコイン(Bitcoin)取引所

1位:bitflyer

  • ビットコイン取引量・ユーザー数・資本金の3冠を達成(2017年9月時点)
  • メガバンクが株主等、資本力が大きく、安心して取引を行える高い信用力
  • ビットコインが無料でもらえるログインキャンペーンを不定期に開催(3冠の達成記念実施中)。買い物などの特典でビットコインが付与されるサービスも
  • ライトニングはトップレベルの取引ツール
キャンペーン 入金方法 ビットコイン(Bitcoin)
合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード 最大15倍
取引単位 現物取引手数料 ビットコイン(Bitcoin)取引手数料
0.001BTC 0.01%~0.15% 無料
キャンペーン 合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け
入金方法 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード
ビットコイン(Bitcoin) 最大15倍
取引単位 0.001BTC
現物取引手数料 0.01%~0.15%
ビットコイン(Bitcoin)取引手数料 無料
2017年9月、ビットコイン取引量・ユーザー数・資本金の3冠を達成し、現在ビットコイン購入、運用であれば間違いなくビットフライヤー!
資本力として、みずほFGやメガバンク系列のキャピタル会社等、株主に大企業が名を連ね、セキュリティ面も超安心。特徴としては、次世代暗号システムによる最高強度の暗号技術や、顧客資産の分別管理があります。
使いやすく、初心者の方でもすぐにビットコインの運用に慣れると評判です!一方で、上級者にも対応の取引ツールのライトニングなど取引環境が充実しています。
またキャンペーンも頻繁に行われており、現在では無料のログインキャンペーンを行っており、お得感も非常にあります!
2017年9月に仮想通貨交換業者に登録されていますので、安心ですね!

 

 

 

2位:GMOコイン

  • 取引手数料が無料
  • GMOグループの資本
  • 充実した取引ツール
  • セキュリティ面で分別管理補償あり
キャンペーン 入金方法 ビットコイン(Bitcoin)
最大35,000円キャッシュバック 銀行、ペイジー入金 最大25倍
取引単位 現物取引手数料 ビットコイン(Bitcoin)取引手数料
0.001BTC 無料 0.05%
キャンペーン 最大35,000円キャッシュバック
入金方法 銀行、ペイジー入金
ビットコイン(Bitcoin) 最大25倍
取引単位 0.001BTC
現物取引手数料 無料
ビットコイン(Bitcoin)取引手数料 0.05%
GMOコインは取引所とは異なった性質として、提示された価格でビットコインを購入することが出来ます。(※ビットコイン(Bitcoin)取引の成り行き注文等を除く)
取引サービスは最大25倍のビットコイン(Bitcoin)取引が可能。取引ツールでは、日本初の仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」があり、GMOインターネット(東証一部上場)ク゛ルーフ゜の金融サーヒ゛スを活かしている高機能スマホアフ゜リです。
入出金の手数料に関して、即時入金が無料で、出金は日本円出金とビットコイン引き出しが無料です。最短で翌日から取引を始められます。

 

 

 

3位:bitbanktrade

  • ビットコイン(Bitcoin)取引に特化したい方向け
  • 米ドル換算の為、買いと売りの取引中の把握が楽チン
  • ビットコイン(Bitcoin)の際の金利支払いが不要(BTCFXは先物であるため)
キャンペーン 入金方法 ビットコイン(Bitcoin)
銀行、クレジットカード 最大20倍
取引単位 現物取引手数料 ビットコイン(Bitcoin)取引手数料
0.01BTC 0.01% 0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
キャンペーン
入金方法 銀行、クレジットカード
ビットコイン(Bitcoin) 最大20倍
取引単位 0.01BTC
現物取引手数料 0.01%
ビットコイン(Bitcoin)取引手数料 0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
24時間取引可能の環境で、国内唯一の追証なしで最大20倍のビットコイン(Bitcoin)取引が出来るビットコインFXです。証拠金維持率が20%を下回ると強制的にロスカットが発動するので、注意してください。セキュリティ面では、日本国内の取引所ならではで資産分別管理や最新技術マルチシグで内部犯の防止も行っているので、非常に安心です。

一方で、ビットコイン(Bitcoin)取引に特化しているだけあって、現物取引を行いたい方は他の取引所の方が機能面、手数料面ではオススメです。
登録は簡単で、メールアドレスとSMSの承認のみの為、最短2分で口座を開設できます!ある程度運用が慣れてから、ステップアップとして新しく取引所を開設する場合はオススメです!

 

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status