更新日 2018.02.28
ビットコインとは

【丸わかり】ビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティ問題。『SegWit』が救世主!?

スケーラビリティとは

スケーラビリティとは、『スケーラビリティ(scalability)とは電気通信やソフトウェア工学において、システムまたはネットワークまたはアルゴリズムの、持つべき望ましい特性の1つで、利用者や仕事の増大に適応できる能力・度合いのこと。 (引用:wikipedia)』

 

つまりビットコイン(Bitcoin)で考えるとスケーラビリティというのは、ブロックの大きさ、取引データの大きさのことを表しているといえます。

 

ビットコイン(Bitcoin)の基盤となっているシステムであるブロックチェーンというのは、取引データがブロックに記録され、それが過去のものにつながっていくというものです。単純にブロックがチェーンのようにつながっていくということで「ブロックチェーン」という名前が付いているのですが、このブロックが生成されるスピードや大きさには規定があります。

 

ビットコイン(Bitcoin)の取引データを記録するためのブロックの大きさは1MBまでと決められており、ブロックの生成速度は10分毎という規定があるので、これらのことをビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティと呼びます。

 

スケーラビリティに関してはビットコイン(Bitcoin)とアルトコインで少し異なってきますが、ビットコイン(Bitcoin)を元にして仮想通貨というものが誕生している以上、このような特性は仮想通貨全体に言えるものです。ビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティについて理解することができれば、仮想通貨市場が今後どのような展開になっていくのかある程度予想できるようになると思いますので、スケーラビリティについて知らないという方は覚えるといいでしょう。

 

 

 

 

スケーラビリティの問題とは

現在ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアムにおいては上記で説明したようなスケーラビリティに関する問題が浮上しています。

 

スケーラビリティの問題というのは、「スケーラビリティが利用者の増大に対して低すぎるので、トランザクション(送金や取引)の詰まりが生じている」というものです。

 

ビットコイン(Bitcoin)に関してはこのスケーラビリティ問題について前々から議論が交わされているのですが、最近ビットコイン(Bitcoin)のトランザクション詰まりから避難してくるユーザーが増えてしまったので、イーサリアムもこの問題に悩まされることになってしまいました。このスケーラビリティ問題は具体的にはどういうことなのかというと、ブロックに記録する取引データが利用者の数の割には大きすぎて、1MBをすぐに埋めてしまうので10分間有り余った取引データを溜め込んでしまうことになる、ということです。

 

本来であれば、1MBと10分間というスケーラビリティでユーザーの送金や取引に対応できていたのですが、処理が追いつかなくなってしまったということです。ブロックチェーンにおいては取引データがマイナーによって承認されなければその取引が正当なものであるという証拠が生成されませんから、結果的にその取引が滞ってしまうのです。

 

ビットコイン(Bitcoin)の送金速度が遅くなっている原因にはこういった仕組みが関係しています。

イーサリアムの場合はスケーラビリティがビットコイン(Bitcoin)と比べて優れていたので、しばらくスケーラビリティ問題に陥ることはなかったのですが、最近になってその問題が顕著化しています。これに対する対策として現在挙げられているのが、「ブロックのサイズの拡張」か「取引データを小さくする」という二つです。

 

上記のような二つが解決策として挙げられましたが、現実的な話コア開発者との間で話がこじれているのでスケーラビリティ問題の改善が中々進行していません。

 

 

 

 

SegWitとは

Segwitというのは、上記で挙げたスケーラビリティ問題に関する解決方法の一つで「取引データの容量を小さくする」という解決方法のことを指します。これは専門的な用語でいうとソフトフォークと呼ばれます。

 

ソフトフォークは後方互換性があるので、実装後対応していない取引所があったとしても特に問題はありません。後方互換性が無い場合はどうなのかというと、SegWitを実装していなければビットコイン(Bitcoin)の送受金や取引ができなくなるということになります。

 

Segwitは2017年に実装されましたが、現在対応している取引所はまだ少ないです。

 

このSegWitによるソフトフォークを採用した場合は、取引データが小さくなるので承認速度が早くなるだけでなく手間が省けることによって手数料が低くなります。そのような利便性があるのにも関わらず預け入れ用のアドレスなどにsegwit実装後のアドレスが適用されていない取引所が多いのは、単純に優先順位の問題が大きいのではないかと思われます。

 

現在仮想通貨市場はコインの分裂や新しい有望コインの登場で話題が持ちきりですので、取引所やウォレットはその対応に追われているのでしょう。人気の高い通貨や分裂後のコインに対応することによって利用ユーザーは増えますし、SegWitを実装するよりも取引所の利益になるということです。しかし、裏を返せばユーザーの多くがSegWitの実装に関して問い合わせるようになれば優先度が上がりますから実装に近づくかと思います。

 

取引所のターゲットがどこに向いているのかにもよりますが、上記のような話でいくと初心者向けの取引所がSegwitを実装するのは少し遅れると予想されます。Segwitが実装されるようになればユーザーとしては利便性が上がるので、その利便性に多くのユーザーが気づき始めると段々と実装していく取引所が増えていくことでしょう。

 

 

 

 

SegWit2xとは

SegWit2xというのは「ブロックのサイズを拡張する」というアップデート方法を指しています。これは後方互換性がないアップデートですので、SegWit2xが正式に実装され始めるとそれを採用していないビットコイン(Bitcoin)は消滅することになります。

 

しかし、現実的にSegWit2xが実装された後にビットコイン(Bitcoin)が統一されるということはありえないでしょう。現実的な結果としては、SegWit2xが実装されたブロックチェーンと以前のブロックチェーンが混在するようになることが予想されます。

 

いわゆるハードフォークですから、それが起こった場合は実質的に新しい仮想通貨が生まれるということになります。仮に同じビットコイン(Bitcoin)という名前だとしても、同じアドレスに送金することはできないし、取引所やウォレットが対応していなければどちらかの通貨を保管しておくことすらできないという状況になってしまうのです。

 

つまり実質的に別の通貨が生まれるということです。

 

これに関してはビットコイン(Bitcoin)コアの開発陣が同意していないことで議論になっていますが、これは「信頼問題」ということになります。従来よりビットコイン(Bitcoin)に関しての開発を行なっていたチームに対する絶対的な信頼性があるのにも関わらず、SegWit2xに関しては全く関係のない人が開発しますので、信頼を得ることが難しいのです。

 

さらにSegWit2xに関してはセキュリティが脆弱であることが懸念されています。キュリティが強固であることを証明できていないという現状です。仮にSegWit2xが実装された場合は従来のイーサリアムがイーサクラシックになったように、ビットコイン(Bitcoin)が名前を変えて、SegWit2xが実装されたビットコイン(Bitcoin)が正式なビットコイン(Bitcoin)になるでしょう。

 

マイナーの多くは現在SegWit2xに同意しているので実装される可能性が0ではありませんが、議論が交わされている中で、実装は先延ばしになりそうです。

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

スケーラビリティとは

スケーラビリティとは、『スケーラビリティ(scalability)とは電気通信やソフトウェア工学において、システムまたはネットワークまたはアルゴリズムの、持つべき望ましい特性の1つで、利用者や仕事の増大に適応できる能力・度合いのこと。 (引用:wikipedia)』

 

つまりビットコイン(Bitcoin)で考えるとスケーラビリティというのは、ブロックの大きさ、取引データの大きさのことを表しているといえます。

 

ビットコイン(Bitcoin)の基盤となっているシステムであるブロックチェーンというのは、取引データがブロックに記録され、それが過去のものにつながっていくというものです。単純にブロックがチェーンのようにつながっていくということで「ブロックチェーン」という名前が付いているのですが、このブロックが生成されるスピードや大きさには規定があります。

 

ビットコイン(Bitcoin)の取引データを記録するためのブロックの大きさは1MBまでと決められており、ブロックの生成速度は10分毎という規定があるので、これらのことをビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティと呼びます。

 

スケーラビリティに関してはビットコイン(Bitcoin)とアルトコインで少し異なってきますが、ビットコイン(Bitcoin)を元にして仮想通貨というものが誕生している以上、このような特性は仮想通貨全体に言えるものです。ビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティについて理解することができれば、仮想通貨市場が今後どのような展開になっていくのかある程度予想できるようになると思いますので、スケーラビリティについて知らないという方は覚えるといいでしょう。

 

 

 

 

スケーラビリティの問題とは

現在ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアムにおいては上記で説明したようなスケーラビリティに関する問題が浮上しています。

 

スケーラビリティの問題というのは、「スケーラビリティが利用者の増大に対して低すぎるので、トランザクション(送金や取引)の詰まりが生じている」というものです。

 

ビットコイン(Bitcoin)に関してはこのスケーラビリティ問題について前々から議論が交わされているのですが、最近ビットコイン(Bitcoin)のトランザクション詰まりから避難してくるユーザーが増えてしまったので、イーサリアムもこの問題に悩まされることになってしまいました。このスケーラビリティ問題は具体的にはどういうことなのかというと、ブロックに記録する取引データが利用者の数の割には大きすぎて、1MBをすぐに埋めてしまうので10分間有り余った取引データを溜め込んでしまうことになる、ということです。

 

本来であれば、1MBと10分間というスケーラビリティでユーザーの送金や取引に対応できていたのですが、処理が追いつかなくなってしまったということです。ブロックチェーンにおいては取引データがマイナーによって承認されなければその取引が正当なものであるという証拠が生成されませんから、結果的にその取引が滞ってしまうのです。

 

ビットコイン(Bitcoin)の送金速度が遅くなっている原因にはこういった仕組みが関係しています。

イーサリアムの場合はスケーラビリティがビットコイン(Bitcoin)と比べて優れていたので、しばらくスケーラビリティ問題に陥ることはなかったのですが、最近になってその問題が顕著化しています。これに対する対策として現在挙げられているのが、「ブロックのサイズの拡張」か「取引データを小さくする」という二つです。

 

上記のような二つが解決策として挙げられましたが、現実的な話コア開発者との間で話がこじれているのでスケーラビリティ問題の改善が中々進行していません。

 

 

 

 

SegWitとは

Segwitというのは、上記で挙げたスケーラビリティ問題に関する解決方法の一つで「取引データの容量を小さくする」という解決方法のことを指します。これは専門的な用語でいうとソフトフォークと呼ばれます。

 

ソフトフォークは後方互換性があるので、実装後対応していない取引所があったとしても特に問題はありません。後方互換性が無い場合はどうなのかというと、SegWitを実装していなければビットコイン(Bitcoin)の送受金や取引ができなくなるということになります。

 

Segwitは2017年に実装されましたが、現在対応している取引所はまだ少ないです。

 

このSegWitによるソフトフォークを採用した場合は、取引データが小さくなるので承認速度が早くなるだけでなく手間が省けることによって手数料が低くなります。そのような利便性があるのにも関わらず預け入れ用のアドレスなどにsegwit実装後のアドレスが適用されていない取引所が多いのは、単純に優先順位の問題が大きいのではないかと思われます。

 

現在仮想通貨市場はコインの分裂や新しい有望コインの登場で話題が持ちきりですので、取引所やウォレットはその対応に追われているのでしょう。人気の高い通貨や分裂後のコインに対応することによって利用ユーザーは増えますし、SegWitを実装するよりも取引所の利益になるということです。しかし、裏を返せばユーザーの多くがSegWitの実装に関して問い合わせるようになれば優先度が上がりますから実装に近づくかと思います。

 

取引所のターゲットがどこに向いているのかにもよりますが、上記のような話でいくと初心者向けの取引所がSegwitを実装するのは少し遅れると予想されます。Segwitが実装されるようになればユーザーとしては利便性が上がるので、その利便性に多くのユーザーが気づき始めると段々と実装していく取引所が増えていくことでしょう。

 

 

 

 

SegWit2xとは

SegWit2xというのは「ブロックのサイズを拡張する」というアップデート方法を指しています。これは後方互換性がないアップデートですので、SegWit2xが正式に実装され始めるとそれを採用していないビットコイン(Bitcoin)は消滅することになります。

 

しかし、現実的にSegWit2xが実装された後にビットコイン(Bitcoin)が統一されるということはありえないでしょう。現実的な結果としては、SegWit2xが実装されたブロックチェーンと以前のブロックチェーンが混在するようになることが予想されます。

 

いわゆるハードフォークですから、それが起こった場合は実質的に新しい仮想通貨が生まれるということになります。仮に同じビットコイン(Bitcoin)という名前だとしても、同じアドレスに送金することはできないし、取引所やウォレットが対応していなければどちらかの通貨を保管しておくことすらできないという状況になってしまうのです。

 

つまり実質的に別の通貨が生まれるということです。

 

これに関してはビットコイン(Bitcoin)コアの開発陣が同意していないことで議論になっていますが、これは「信頼問題」ということになります。従来よりビットコイン(Bitcoin)に関しての開発を行なっていたチームに対する絶対的な信頼性があるのにも関わらず、SegWit2xに関しては全く関係のない人が開発しますので、信頼を得ることが難しいのです。

 

さらにSegWit2xに関してはセキュリティが脆弱であることが懸念されています。キュリティが強固であることを証明できていないという現状です。仮にSegWit2xが実装された場合は従来のイーサリアムがイーサクラシックになったように、ビットコイン(Bitcoin)が名前を変えて、SegWit2xが実装されたビットコイン(Bitcoin)が正式なビットコイン(Bitcoin)になるでしょう。

 

マイナーの多くは現在SegWit2xに同意しているので実装される可能性が0ではありませんが、議論が交わされている中で、実装は先延ばしになりそうです。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status