【保存版】ビットコイン(Bitcoin)アドレスについて徹底解説

ビットコイン(Bitcoin)アドレスとは?

ビットコイン(Bitcoin)アドレスとは、分かりやすく言えばビットコイン(Bitcoin)を利用するための「口座番号」のようなもので、個々人の持つビットコイン(Bitcoin)のありかを示す識別番号となります。

 

ビットコイン(Bitcoin)アドレスは、1または3から始まる27〜34文字の英数字から形成されています。それとは別にQRコードで示されることもあり、状況や支払い方法などによって、任意の情報を利用することができます。前述したようにビットコイン(Bitcoin)アドレスには1と3から始まるものがありますが、1で始まるビットコイン(Bitcoin)アドレスが一般的なものになります。対して3から始まるものは、よりセキュリティーの高いマルチシグアドレスというものに振り分けられた番号です。

 

マルチシグとは、マルチ・シグネチャの略で、通常のビットコイン(Bitcoin)アドレスとは違い、マルチシグのアドレスはビットコイン(Bitcoin)を送付するために複数の署名が必要になるのが特徴です。インターネット上で顔の見えない相手と取引をすることの多い仮想通貨ですが、新しい通貨の面で心配になるのはやはりセキュリティー面です。マルチシグはそれを追究した、最新のビットコイン(Bitcoin)テクノロジーと言えるのではないでしょうか。

 

しかし、マルチシグがセキュリティー面で盤石だからといって、対する1から始まるアドレスが脆弱というわけではありません。仮想通貨の運用を支えるブロックチェーン・テクノロジーにより、ハッキングそのものが困難な状況となっている仮想通貨市場は、全体的に非常に安全性が高いのです。

 

 

 

アドレスの仕組みについて

アドレスを管理したり、使用したりする上で必要になるのが「秘密鍵」「公開鍵」という2つの鍵です。「秘密鍵」と「公開鍵」については少し複雑なので、追々別項目で後述していきます。順番的にはまず「秘密鍵」が生成され、秘密鍵から「公開鍵」、公開鍵からビットコイン(Bitcoin)アドレスが生成されるという流れです。

 

そもそもの元となるのは「乱数生成器」というシステムで、このシステムから秘密鍵や公開鍵、ビットコイン(Bitcoin)アドレスの元になる「ノンス」という文字列が生成され、そこでビットコイン(Bitcoin)の「鍵」が作られることになります。

 

ノンスをハッシュ関数に通して「秘密鍵」を作ったら、次は「公開鍵」を作成する工程に移ります。これはハッシュ関数とは異なる一方向性の演算を使い、公開鍵から秘密鍵を割り出せないようにして作られています。このシステムによりビットコイン(Bitcoin)のセキュリティーが確保されているのです。

 

そして、「公開鍵」をハッシュ関数に通したものがビットコイン(Bitcoin)アドレスとなるわけです。一方向性のハッシュ関数のため、ビットコイン(Bitcoin)アドレスから公開鍵を割り出すことは不可能ですが、ビットコイン(Bitcoin)送金の際には公開鍵が必要になるため、ビットコイン(Bitcoin)アドレスと合わせて公開される仕組みとなっています。そのため、送金をしていないビットコイン(Bitcoin)アドレスは最もセキュリティー上安全と言えるでしょう。ビットコイン(Bitcoin)アドレスから公開鍵を割り出すことはとても困難で、公開鍵が割り出せたとしてもそこから秘密鍵に辿り着くのにはまた苦労を強いられることとなるのです。

 

ビットコイン(Bitcoin)アドレスは、ビットコイン(Bitcoin)を送金したい時や誰かから受け取りたい時に必要になるものなので、詳細な仕組みを理解していなくても、重要なものである、という程度の理解は持っておきましょう。

 

 

 

アドレスの用途について

ビットコイン(Bitcoin)アドレスの使用用途ですが、基本的にビットコイン(Bitcoin)アドレスは、ビットコイン(Bitcoin)の送金や受取に利用されるものです。取引の核となる情報なので、非常に重要性の高い情報ですね。

 

使い方としては、ビットコイン(Bitcoin)アドレスを指定してビットコイン(Bitcoin)を送金したり、相手に自身のビットコイン(Bitcoin)アドレスを知らせ、それに向けて送金してもらったりすることでやり取りが可能となります。また、ビットコイン(Bitcoin)アドレスとは銀行口座のようなものなので、ビットコイン(Bitcoin)アドレス内で個々人のビットコイン(Bitcoin)が管理されています。ビットコイン(Bitcoin)におけるやり取りは、各ビットコイン(Bitcoin)アドレスの残高の増減と認識するとよいでしょう。

 

優れている点として、ビットコイン(Bitcoin)アドレスの残高の変化は全て記録されているという点があります。その上、各ビットコイン(Bitcoin)アドレス内のビットコイン(Bitcoin)を合わせた額が常にビットコイン(Bitcoin)の総量と一致しているかが常に監視されています。その為、ビットコイン(Bitcoin)アドレスの残高に不自然な変化があった場合直ぐに気付くことができる仕組みとなっています。

 

従来の貨幣であればこういったことは絶対に不可能なので、偽札作りやマネーロンダリングが行われていましたが、仮想通貨の場合、データならではの高いセキュリティーが築かれているため、犯罪に用いられるリスクも低いです。混同されがちですが、ビットコイン(Bitcoin)アドレス自体は送金先や受取先を表すものでしかない、ということを理解する必要があります。

 

つまり、ビットコイン(Bitcoin)アドレスだけで仮想通貨の取引が成立するというわけではなく、別に送金や決済など、ビットコイン(Bitcoin)を動かしたり管理したりするためには、それ専用のシステムが必要となるわけです。そのシステムとはウォレットという概念です。ウォレットは複数のビットコイン(Bitcoin)アドレスをまとめ、一つの口座としてビットコイン(Bitcoin)の送金、受取、決済などを管理しています。

 

ウォレットは、お手持ちのパソコンやスマホ、インターネットのオンライン上でも作成可能です。オンラインの場合、ビットフライヤーやコインチェックといった、ビットコイン(Bitcoin)を取り扱う業者のサイトで作成することができます。自分に合った作り方を模索するのもビットコイン(Bitcoin)を管理する上で大切なポイントになるので、しっかりと下調べをすることをおすすめします。

 

 

 

 

公開鍵と秘密鍵について

「公開鍵」と「秘密鍵」は分かりやすく言えば、ビットコイン(Bitcoin)ウォレットを管理するための鍵です。ビットコイン(Bitcoin)単体ではウォレットと個人情報を結びつけられないため、必然的にウォレットを管理するものが必要になります。それがこの2つの鍵となるわけです。

 

ビットコイン(Bitcoin)には国や政府、銀行のようなそれ自体を管理する機関が存在しません。その代わりにブロックチェーン・テクノロジーを使って全世界の人々で協力しつつ管理、監視をしています。しかし誰でも簡単に操作できたら意味がないので、「公開鍵」と「秘密鍵」という2つの鍵を用意しています。

 

「公開鍵」は、その名の通り全世界に公開される鍵で、自分のビットコイン(Bitcoin)アドレスを作るもとになる鍵のことを指します。ビットコイン(Bitcoin)アドレスとは、前述した通り、銀行の口座番号のようなものなので送金の際に必要になります。送金などを受ける際に指定するものなので、当然誰に知られても大丈夫なものとなります。送金したいというリクエストを送信する際には、秘密鍵がそのリクエストを暗号化してくれるので、暗号化されたリクエストを解読するのに公開鍵を使用します。

 

つまり、広く一般に公開される公開鍵を使って暗号を解読できることが分かれば、それに対応する秘密鍵を持った人からのリクエストだということが判断できるわけです。公開鍵とは、外部から見て、あるウォレットを特定する為のIDのようなものだとイメージすると良いでしょう。

 

対して「秘密鍵」は、ウォレットに関する全ての操作をする為に必要な秘密の鍵です。銀行で言うところの口座暗証番号ですね。暗証番号ですから、もちろん他の人に教えてはいけません。秘密鍵が他者に漏れてしまうと、保有しているビットコイン(Bitcoin)全てを失うことに繋がります。秘密鍵を不正利用して勝手に送金されたりしてしまった場合、ビットコイン(Bitcoin)を管理する機関が存在しないため、講じる措置がなく、ビットコイン(Bitcoin)を失うことになってしまうのです。

 

同時に秘密鍵は所有権を証明できる唯一のものでもありますから、秘密鍵を持っている人だけがそのアドレスのコインを動かせることになります。運用にウェブウォレットやアプリを使う場合、ウォレット運営が秘密鍵を管理してセキュリティーをかけているので、自分でも秘密鍵を見ることができません。

 

管理の仕方は人それぞれ自由に選択することができます。プログラミングが得意な人は自分で鍵を生成し、アドレスを作っても良いですし、パソコン関連が苦手だという人は、ビットコイン(Bitcoin)を取り扱う業者のサイトなどでアドレスの生成と鍵の管理をしてもらうのが良いでしょう。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)アドレスの生成方法

続いて、ビットコイン(Bitcoin)アドレスが生成されるプロセスを説明していきます。例えば、ビットフライヤーを使用してビットコイン(Bitcoin)アドレスを入手するには、まずはビットフライヤーのアカウントを作成する必要があります。ウォレットを取得する際に必要な情報がメールアドレスのみと、比較的簡単に登録ができるビットフライヤーは、登録した段階で既にウォレットとアドレスが自動的に生成されています。

 

ビットコイン(Bitcoin)アドレスの確認は、サイトの左にあるメニューから「入出金」を選び、その中の「BTCお預入」からできます。

 

 

 

 

上記キャプチャで矢印が引かれている部分が、自分の口座番号(ビットコイン(Bitcoin)アドレス)になります。他者にビットコイン(Bitcoin)の送金を依頼する場合はこの番号、又はQRコードに向けて送金してもらえば、ビットコイン(Bitcoin)を入手することができます。

 

 

スマホ版では、先ずホーム画面右上のQRコードをタップすると、QRコードを読み取る画面が表示されるので、次に「自分のQRコードを表示」をタップします。

 

 

 

すると自分のビットコイン(Bitcoin)アドレスのQRコードとその下に数字でのアドレスが表示されます。

 

 

これはビットフライヤーを利用した場合なので、ビットコイン(Bitcoin)を取り扱う業者によって細かい部分は異なります。大まかには、ビットコイン(Bitcoin)アドレスを生成してもらい鍵の管理も行ってもらう場合と、自分でビットコイン(Bitcoin)アドレスを生成する方法があります。自身でビットコイン(Bitcoin)アドレスを生成する一例としては、BitcoreライブラリーというオープンソースのJavaScriptライブラリーを用いた方法があります。

 

 

BitcoreはBitPayというビットコイン(Bitcoin)を取り扱う業者が提供しているビットコイン(Bitcoin)ウォレットです。同じようなライブラリーとしてBitcoinJなど海外のサイトが多く挙げられます。

 

プログラミングによるアドレスの生成法は、仕組みの項目でも書いた通り、

 

「秘密鍵」→秘密鍵から「公開鍵」→公開鍵から「アドレス」
という順番で生成されます。

 

アドレス自体はオフラインでも生成可能で、生成したアドレスにコインを送ればブロック・チェーンに取り込まれるので、その後ビットコイン(Bitcoin)ネットワークに認証されるようになっています。ビットコイン(Bitcoin)アドレスの生成パターンは2の256乗通りと非常に多く、現実的に被る可能性はほぼないとされています。ビットコイン(Bitcoin)アドレスは、実質無限に生成できるものなので、技術さえあれば作成するのも一つの手です。

 

しかし、比較的簡単とは言ってもプログラミング初心者だと海外のサイトを英語で読み解いたり、ソースコードを入力したりする難しさや手間があるのも事実です。それらを加味すると、ビットコイン(Bitcoin)を取り扱う業者でウォレットとアドレスを作成して、管理してもらうのが最も効率的でしょう。

 

その上で大切なのは、信頼できる企業にビットコイン(Bitcoin)の管理を委託するということです。ビットフライヤーの他にも、ブロックチェインやコインチェックなどは、信頼できる企業でもあるので、使いやすさなども考慮しつつ、セキュリティー面で安全な企業選びをして、しっかりとビットコイン(Bitcoin)を管理しましょう。

 

 

 

 

送金まで流れ

【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)の送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)で送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status