更新日 2017.12.15
安全性

【要注意】ビットコイン(Bitcoin)の詐欺事情

ビットコイン(Bitcoin)に蔓延る詐欺事情・手口

最近ニュースやインターネットでよく見かけるようになった「ビットコイン(Bitcoin)」。1年でその価値が9倍以上になったこともあって、投資家はもちろん、一般の方々からの関心も集めています。そうした注目度もあってか、最近はビットコイン(Bitcoin)に関する詐欺が多発しています。ビットコイン(Bitcoin)に関する詐欺は、どのような手口で行われているのでしょうか。

 

ビットコイン(Bitcoin)詐欺の手口は、「値上がりを謳って、価値のない仮想通貨を売りつけること」です。ビットコイン(Bitcoin)をはじめとしたイーサリアムやリップルといった仮想通貨は、プログラムの知識が少しある人なら、だれでも作ることができます。これらはデジタル通貨なので、製造するための原価ももちろんかかりません。仮想通貨の中には、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアムなど、流通量が拡大し、実際に誕生してから現在に至るまでに価値が大きく値上がりしたものもあります。日本円や米ドルユーロなどは政府が価値を保証しており、政府機関が流通量をコントロールしています。しかし仮想通貨にはそうした保証はないため、仮想通貨の価値は「どれだけ多くの人が使っているか」という点に集約されるのです。

 

ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアムは、初期の仮想通貨として注目を集め、大きな流通量となったため、大きな値上がりを見せることになりました。しかし生まれたばかりの仮想通貨は、そのように流通量が拡大するとは限らず、場合によってはまったく利用する人がいない場合もあります。誰も使わない仮想通貨には価値はなく、ごみと同等なのです。ほとんどのビットコイン(Bitcoin)詐欺では「生まれたばかりの仮想通貨に投資すれば、大きく値上がりして稼げる」と言いますが、ビットコイン(Bitcoin)のように大きく値上がりする仮想通貨が稀な存在であり、ほとんどの仮想通貨が値上がりすることはありません。

 

このようにして、仮想通貨を作り、「値上がりしますよ!」と言って売りつけるのが、ビットコイン(Bitcoin)詐欺の手口なのです。

 

 

 

 

詐欺コインの見分け方

 

セミナーや友人から勧誘されている

セミナーや友人から仮想通貨の購入を勧誘されている場合は、ほぼビットコイン(Bitcoin)詐欺です。セミナーや友人から説明を受けると、「しっかり説明してくれたから…」「長い付き合いのある友達だし」と思うかもしれません。しかし、この場合仮想通貨を購入すると、セミナーの講師や友人にキックバックといって、手数料が入る仕組みになっています。セミナーや人づてで勧誘することで、詐欺として発覚するのを防ぐ狙いもあります。もしセミナーや友人から仮想通貨の購入の勧誘を受けたら、ビットコイン(Bitcoin)詐欺だと考え、絶対にお金を払わないようにしましょう。

 

 

代理店が販売している

最近多い手口として、「海外で開発され、今後値上がりが期待できる仮想通貨を、代理店になって販売しています」というものがあります。
そもそも仮想通貨は、直接取引が前提なので、代理店は必要ありません。もしその仮想通貨の勧誘や資料に「代理店」という記載があった場合は、かなりの確率でビットコイン(Bitcoin)詐欺です。「代理店」と聞くと、セミナーや友人からの勧誘よりも信用があるような気がしてしまうかも知れませんが、それが詐欺師の手口です。代理店の記載のある仮想通貨は絶対に購入しないようにしましょう。

 

 

購入の際に、最低購入価格がある

仮想通貨購入の勧誘をされて、最低購入価格を提示されたら、ビットコイン(Bitcoin)詐欺だと考えましょう。そもそも仮想通貨は少額で購入できます。例えばビットコイン(Bitcoin)の場合だと、多くの取引所で1万分の1ビットコイン(Bitcoin)単位で購入が可能です。これは日本円にして10円ぐらいで、その他の流通量が多い仮想通貨も同じレベルで設定されています。ビットコイン(Bitcoin)詐欺の場合10万円単位からと言う場合が多いのですが、これはそれぐらいの設定にしておかないと、詐欺師としてうまみがないためです。最低購入価格についての説明や記載があったら、詐欺だと思うようにしましょう。

 

 

仮想通貨に価格保証がある

仮想通貨購入の際に、「当社が保証して、買い支えるので大丈夫」という売り文句を言われることがあります。買い支えがあれば、価格の下落は防げるわけですから、安心のように思えますが、ここに落とし穴があります。実はこの「価格保証をするから大丈夫」というのは、違反行為なのです。株の場合でいうと、値下がりを補てんすると言って、株を販売した場合、証券取引法違反になります。金融商品は値下がりリスクがあることを了承したうえで売買が行われるため、価格保証でノーリスクですという説明は、違反行為になってしまうのです。

 

 

買い取り保証がある、またはそうした事例の説明がある

「仮想通貨を購入して、気に入らない場合は買い取りに応じるので」、と言って安心感を誘う場合があります。そして実際に買い取りした事例を説明することもあります。しかしこれは巧妙な手口で、買い取りはしてくれますが、およそ半分でしか買い取ってくれないことがほとんどです。詐欺師からすると、原価はゼロのコインなので、半分返金したとしても十分儲かります。そのためそもそも半分は買い取るのを織り込み済みで、計画してあることがほとんどなのです。買い取り保証があると言っても、絶対に安心してはいけません。

 

 

有名人の名前を出す

仮想通貨の説明の際にやたらと有名人の名前を出したり、シリコンバレーで注目されているなど、説明が大げさな場合も、よくあるビットコイン(Bitcoin)詐欺の特長です。他にも経済学者や企業かが支援しているなど、あの手この手で信用させようとしてきますが、通常一般の方はこうしたビッグネームの方々にそうした仮想通貨が信用できるかどうか問い合わせることはできません。そのため少し大げさでもビッグネームを口に出して、その仮想通貨に興味を持ってもらおうとする手口なのです。もし大げさな説明があったとしたら、それはビットコイン(Bitcoin)詐欺の手口。絶対に手を出してはいけません。

 

 

「日本だけでの販売」「先行販売」などプレミア感を付ける

仮想通貨の説明の際に「日本だけで独占販売している」「先行販売をするため、今がチャンス」といった説明があったとしたら、ビットコイン(Bitcoin)詐欺です。
ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアムといった仮想通貨は全世界同時に販売しており、だれでも許可なく購入することができます。そのため「日本だけ」「先行販売」などの説明があったとしたら、それだけでビットコイン(Bitcoin)詐欺の可能性大です。「今だけ」という文句がつくと、思わず買ってしまいたくなりますが、よくあるビットコイン(Bitcoin)詐欺の手口なので、絶対に口車に乗らないようにしましょう。

 

 

仮想通貨の発行ルールがあいまい

通常ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨は、発行するプログラムに沿って、一人一人が発行(発掘)する仕組みになっています。国や企業が管理しない代わりに、世界中のコンピューターのネットワークを利用して、仮想通貨を管理する仕組みになっています。しかしビットコイン(Bitcoin)詐欺の仮想通貨の場合、こうした発行ルールがあいまいで、場合によっては1企業が無限に発行できるようなルールになっていることもあります。
こうしたあいまいなルール設定がされている仮想通貨は、詐欺です。絶対に購入しないようにしましょう。

 

 

 

 

「HYIP」について

HIYPとは「High Yield Investment Program」の頭文字を取った略語で、日本語にすると「高収入投資プログラム」と言われています。
HIYPの特長は、少ない資金で高配当が得られることなのですが、HIYPを提供しているほとんどの会社が短期間で閉鎖してしまうため、かなりのハイリスクな方法です。場合によっては1カ月程度で閉鎖した会社もあります。

 

HIYPは、1日の利子が1%以上のものが多く、中には3%以上のものもあるので、複利で運用すれば1カ月程度でもかなりの配当を受けることができます。しかし運営している会社が短期間で閉鎖してしまうことが多いので、利益が引き出せず、さらに悪いことには元本を取り戻せないこともあります。

 

HIYPは、詐欺目的のものが多く、その目的はある程度の資金を集めることです。そのため1日の利子を多く設定し、多くの投資家から関心を集め、資金が集まるようにプログラムを設定しているのです。最初のころはきちんと出金できるのですが、ある程度資金が集まったら、サイトへのアクセスはおろか、連絡もつかなくなったということがほとんどです。

 

なぜHYIP会社が閉鎖すると、資金を取り戻すことができなくなってしまうのでしょうか。HYIPではビットコイン(Bitcoin)を主に取引方法としています。HYIPにビットコイン(Bitcoin)が大量に集まっており、会社の閉鎖を受けて出金申請ができたとしても、そのビットコイン(Bitcoin)はHYIP会社の管理下にあるので、自分ではコントロールできません。HYIP会社が出金停止にしてしまえば、どうすることもできないのです。またHYIPはネットワークビジネスの仕組みで運営しています。ネットワークビジネスは、友人や知人などを紹介していくイメージを持ちますよね。HYIPでも同様で、紹介者が紹介者を生み、どんどんネットワークを広げていくのが特徴です。

 

またHYIPでは、利子の大きさと共に、紹介者へのリターンが大きくなっていくのも特徴です。例えば、紹介者のリンクから10%を投資すれば、その10%がリターンになるというのは、HYIPでよくあるパターンです。この場合、100人が10万円ずつ投資すれば、それだけ100万円の利益になる、という仕組みになっているのです。さらに紹介した人がまた紹介者を連れてくると、その利益は倍増どころではありません。ねずみ講のようにどんどん広がっていくHYIPですが、十分に資金が集まると、会社そのものが突然なくなってしまうこともざらです。

 

最近のビットコイン(Bitcoin)への関心もあって、HYIPのようなシステムを出す会社も増えてきました。しかしHYIPは投資を語った詐欺です。利回りの良さに目がくらんで、システムに巻き込まれ、最後には会社と連絡もつかず、お金もほとんど取り戻せなかったというのがHYIPの顛末です。

 

ビットコイン(Bitcoin)は、特に送金が手軽であることからも、詐欺業者の集金ツールになることが多く、HYIPもそうした点からビットコイン(Bitcoin)を採用していることが多いようです。「はやりのビットコイン(Bitcoin)で儲かる!」なんて話が合ったら、それは絶対に詐欺。絶対に手を出してはいけません。

 

 

 

 

JPモルゴンの発言・見解

経済や金融情報の配信を手掛けるアメリカの大手総合情報サービス会社であるブルームバーグは、2017年9月12日アメリカの投資銀行JPモルガンのダイモン最高経営責任者(CEO)が、JPモルガンのトレーダーが仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の取引を行ったら解雇すると発言した、と報道しました。ダイモンCEOは、ニューヨークの投資家会議で、「ビットコイン(Bitcoin)は、良い終わり方はしない」と述べ、バブルはいずれ弾けると発言。その上で、「JPモルガンのトレーダーがビットコイン(Bitcoin)取引を始めたとしたら、規則に反するうえに愚かであり、危険である。即刻解雇する」と述べました。

 

こうした発言を受けて、ビットコイン(Bitcoin)は一時4%急落しました。ビットコイン(Bitcoin)は2016年以降、4倍近く値上がりし、4100ドル台で推移しています。これまでのビットコイン(Bitcoin)の値動きとしては、この値動きはかなり大きなもので、投資家も衝撃を受けたことを示しています。ダイモンCEOの発言に対しCBOEホールディングスのエドワード・ティリー最高経営責任者は、「好もうと好むまいと、人々はビットコイン(Bitcoin)への投資を求めている」と指摘しました。CBOEはアメリカ規制当局に対して、ビットコイン(Bitcoin)先物とビットコイン(Bitcoin)上場投資信託の取引に向けた認可申請を行っています。

 

JPモルガンのダイモンCEOは、なぜこのような発言に至ったのでしょうか。

 

まず一つ目に利用者保護の問題です。
ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨は決済と投資の二つの用途があります。ビットコイン(Bitcoin)は最近の値上がりもあって、投資に重きを置かれることが多くなっています。しかしビットコイン(Bitcoin)の相場は比較的小さいため、相場が乱高下する可能性があり、利用者が不利益を被る可能性があります。

 

二つ目はマネーロンダリングの問題です。
米国開講問題評議会やオーストラリア犯罪情報委員会は、ビットコイン(Bitcoin)がテロの資金調達に使用されていると指摘しています。ビットコイン(Bitcoin)はオンライン上で簡単に取引ができるため、テロ組織のマネーロンダリングに使われることが多いのです。

 

 

 

 

万が一、詐欺にしまった場合、弁護士に相談するには

ビットコイン(Bitcoin)の値上がりから仮想通貨に大きな注目が集まるようになり、アルトコインの販売から、上記で触れたHYIPなど詐欺事件も多発するようになってきました。もしビットコイン(Bitcoin)関連で勧誘があって、上記で触れたようなビットコイン(Bitcoin)詐欺特有の特長が見られたら、ビットコイン(Bitcoin)詐欺の可能性は大です。必ず断るようにしましょう。しかし、もし万が一このようなビットコイン(Bitcoin)詐欺にあってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

 

まずは国民生活センターや近くの弁護士事務所に相談するようにしましょう。相談の際には、「いつ、どこで、どんな取引をしたのか」を詳しく説明できるようにしておくことが大切です。取引の際に文書やメールでのやり取りがあった場合には、必ずそのコピーを持っていくようにしましょう。場合によっては、貴重な証拠になることもあります。

 

2017年4月1日には、改正資金決済法が施行され、仮想通貨や取引業者への規則が新たに盛り込まれることになりました。この法律には、「利用者保護」や「資金洗浄・テロ資金供与対策、「仮想通貨に関する税制」が織り込まれています。例えば「利用者保護」について確認してみましょう。保有者が第三者に保管を委託している仮想通貨が、受託者の過失により証明した場合は、賠償責任を負うことになりますが、受託者に支払い能力がない場合は、十分に補てんが受けられない可能性もあります。このような事態を防止するため、仮想通貨交換業者には情報安全管理の措置や業務を第三者に委託した場合の委託先に対する指導が義務づけられています。

 

こうした法律が施行されたこともあって、国民生活センターや弁護士事務所でも仮想通貨の詐欺には強く注目しており、法律上の観点などがホームページに記載されていることもあります。
ビットコイン(Bitcoin)詐欺について相談する場合には、ホームページなどを調べ、改正資金決済法やビットコイン(Bitcoin)詐欺についての見解について詳しいと思える弁護士を探すようにしましょう。

 

 

 

 

安心してビットコイン(Bitcoin)を取り引きするには

その注目度ゆえに詐欺事件も増えているビットコイン(Bitcoin)。けれどその値上がりは、大変な魅力ですし、取引してみたいと思う方も多いと思います。そんな場合は、どんな点に気を付ければ安心してビットコイン(Bitcoin)を取引できるのでしょうか。

 

まず一番スタンダードな方法は、「仮想通貨取引所」でビットコイン(Bitcoin)を売買することです。仮想通貨取引所は、ビットコイン(Bitcoin)を買いたい人と売りたい人が集まるプラットフォームのことです。2017年4月に施行された仮想通貨法の中で、特定の条件を満たした仮想通貨取引所は、仮想通貨交換業者として認められることになりました。つまり国のお墨付きの取引所であるわけです。

 

そうした仮想通貨取引所には、「コインチェック」「ビットフライヤー」などがあります。「コインチェック」はビットコイン(Bitcoin)の他にも、時価総額が高いアルトコインを購入することができます。そのため分散投資をしてリスクヘッジすることができます。CMでも有名な「ビットフライヤー」” rel=”noopener” target=”_blank”>「ビットフライヤー」はビットコイン(Bitcoin)の他、4種類の仮想通貨を取引することができます。ビットフライヤーは、国内でも有数の大手企業から出資を受けており、資本力という点では国内最大です。セキュリティに関してもネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管されており、損失補償を行ってくれます。

 

ビットコイン(Bitcoin)を取引する場合には、上記のような信用がおける仮想通貨取引所での取引のみとし、間違っても名前を聞いたことがないような仮想通貨には手を出さないようにしましょう。

 

 

詐欺との噂がある仮想通貨一覧

 

ADA Coin [エイダコイン]
Aloha Coin [アロハコイン]
Asset Coin [アセットコイン]
Atom Coin [アトムコイン]
AWA Coin [AWAコイン]
Baysia Coin [ベイジアコイン]
BTU [ビットユニオン]
0ban [コバン]
Circle Coin [サークルコイン]
Clover Coin [クローバーコイン]
Credit Coin [クレジットコイン]
D Coin [Dコイン]
Digital Gold Coin [デジタルゴールドコイン]
Dircoin [ディールコイン]
Eternal Coin [エターナルコイン]
Fusion Coin [フュージョンコイン]
Futcoin [フートコイン]
GARUDA-Coin [ガルーダコイン]
Gem Coin [ジェムコイン]
Hit Coin [ヒットコイン]
Hold Coin [ホールドコイン]
Jewel Coin [ジュエルコイン]
KEY’token [キートークン]
LEO Coin [レオコイン]
Linked Coin [リンクドコイン]
M Coin [Mコイン]
Mold Coin [モルドコイン]
NAGEZENI [ナゲゼニ]
NOAH Coin [ノアコイン]
Ocean Coin [オーシャンコイン]
One Coin [ワンコイン]
PABYOSI COIN [パビョシコイン]
Planet Coin [プラネットコイン]
Port Coin [ポートコイン]
SmASH [スマッシュ]
TAOCOIN [タオコイン]
True Life Coin [トゥルー・ライフ・コイン]
World Peace Coin [ワールドピースコイン]
WOW-e-Coin [華コイン]
XID Coin [XIDコイン]
XEP Coin [XEPコイン]
XNC Coin [XNCコイン]
XRC Reglus Coin [XRCレグルスコイン]
Yes! Gold Coin [イエス! ゴールドコイン]

 

上記の購入は非常に最新の潮位払って、購入検討しましょう。

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status