更新日 2018.02.17
安全性

【保存版】ビットコイン(Bitcoin)を取り巻くリスク

ビットコイン(Bitcoin)は怪しいイメージ!?

皆さんは「ビットコイン(Bitcoin)」にどういったイメージを持っていますか?色々な所で話題となっている仮想通貨であるビットコイン(Bitcoin)ですが、最近ではビットコイン(Bitcoin)を購入する人が増加しています。ですが、ビットコイン(Bitcoin)そのものに不安を覚えていたり、怪しいと思っている人も多いと思います。

 

なぜ怪しいと思うのかというと、未だに不確定要素が多かったり、仮想通貨であるビットコイン(Bitcoin)のシステムをきちんと理解していないことが多いからです。仮想通貨であるビットコイン(Bitcoin)を取引システムとして提供しているマイナーと呼ばれる人達もいますが、この人たちは仮想通貨とパソコンのソフトを利用して、ブロックチェーンを構築して、取引システムを私たち利用者に取引する場を与えてくれています。

 

その代わり、報酬として仮想通貨を分け与えているんですが、そんなビットコイン(Bitcoin)を理解している人が多くはないためビットコイン(Bitcoin)に怪しいイメージを持っている人が多いです。

 

 

 

 

マウント・ゴックス事件について

ビットコイン(Bitcoin)を少しでもご存知の方はビットコイン(Bitcoin)が大量に消失した事件を知っていると思います。詳しく知らない方に紹介をさせていただきますが、事件名は「マウント・ゴックス事件」と呼ばれており、その名の通り「マウント・ゴックス」と呼ばれるビットコイン(Bitcoin)の取引所が2014年の3月7日から10日までの経った3日間で115億円ものビットコイン(Bitcoin)を消失したという事件です。

 

当時のビットコイン(Bitcoin)の価値というのがそこまで高くはないというのと、周知されていなかったということもあり、当時の価格では115億円相当でしたが、現在の価値でいうなら500億円以上もの価値となっていました。

 

では、どうしてビットコイン(Bitcoin)が失われたのかというと「マウント・ゴックス」と呼ばれるビットコイン(Bitcoin)取引所のシステムに不具合があり、その不具合を利用してサーバー攻撃を受けたこともあり、ビットコイン(Bitcoin)が大量に流出されました。そして、当時から徐々に話題となっていた「ビットコイン(Bitcoin)」は日本中に拡散され、ビットコイン(Bitcoin)を含めた仮想通貨を不安に思う人が増加しています。

 

ですが、ビットコイン(Bitcoin)が大量に失われたマウント・ゴックス事件ですが、責任者であるマウント・ゴックスはサーバーそのものがハッキングされ、盗まれたと主張していましたが、警視庁が調べた所、マウント・ゴックスに勤めている内部関係者が盗んだのではないかという疑いが出ていました。警視庁が解析をした結果として、マウント・ゴックス社のビットコイン(Bitcoin)が大量に失われたのは、社内のシステムを内部関係者が不正操作を行い盗んだという結論に達し、サイバー攻撃は嘘だということになりました。

 

盗んだ犯人は誰?と思うかもしれませんが、実は社長である「マルク・カルプレス」が関与した疑いがあるということで逮捕されました。理由としてはビットコイン(Bitcoin)の残高が購入をしていないのに増えている口座が見つかり、口座のデータを改ざんして、水増しをしたのではないかという疑いをもたれ、社長が捕まることになりました。

 

結局は社長が自宅のベッドやPCのソフトなどを購入するのにビットコイン(Bitcoin)を大量に横領したということを自白しており、警視庁に対しては後で返す予定だったと言っています。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)投資リスク

あくまで投資商材と考える

ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨の投資リスクについて紹介をさせていただきますが、まず1つ目のリスクとして「あくまで投資商材」であることを理解してください。上記で紹介させていただいたようにビットコイン(Bitcoin)というのは、不安定で不確定要素が多い仮想通貨です。

 

ビットコイン(Bitcoin)の投資リスクとしてあるのが、投資商材であるビットコイン(Bitcoin)は他ではありえない価格の上がり方をします。つまりビットコイン(Bitcoin)は価格が急上昇したときに売却することで大量のお金をゲットすることが出来るんです。ですが、そんなメリットだけではないということなんです。ビットコイン(Bitcoin)というのはあくまでも「投資商材」と言っていますが、リスクとしてあるのが大量にビットコイン(Bitcoin)を失う可能性もあるということなんです。

 

投資をする上で、損失などもあると思いますがどこにビットコイン(Bitcoin)を運用するのか迷っている方もいらっしゃると思います。ですが、ビットコイン(Bitcoin)を一点集中で投資するのはとてもリスクがあります。ビットコイン(Bitcoin)には魅力がとてもありますが、ビットコイン(Bitcoin)を大量に失うこともあるわけです。

 

つまりビットコイン(Bitcoin)の市場にいる人間と戦うことになるので、決して負けたとしても取り返すことが出来ないわけです。投資というのはそういうものです。なので、投資リスクとして「あくまで投資商材」だということをきちんと理解しておく必要があります。ですが、一点集中をせずに分散投資をすることによってリスクを減らすことが出来ますので、そういった点もきちんと理解しておいてください。

 

 

 

ボラティリティの大きさ

2つ目のリスクについてですが「ボラティリティの大きさ」がリスクとしてあります。

 

ボラティリティというのは「価格変動を表示する数字」で、安定していることもあれば、価格変動が大きい場合もあります。大きければそれだけリスクがあるわけです。一概にリスクしかないというわけではなく、売却するタイミングさえ掴めればそれだけ利益になります。先ほども紹介させていただいたようにビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨に対して投資を行うということはそれだけ損失を負う可能性があります。2011年から2015年に比べるとボラティリティは小さくなっている傾向にはありますが、理由として投資参加者が増加しているので安定してきています。

 

ですが、未だに1日にビットコイン(Bitcoin)の価格変動が大きいというのがリスクとしてあるわけです。メリットでもあり、リスクでもあるボラティリティの大きさですが、1日に価格変動が大きければそれだけ投資をして成功したらお金が沢山手に入るわけです。ですが、それだけ価格変動が大きいこともあり、下がってしまうことが多いわけです。

 

またボラティリティの大きさがリスクとしてあるわけですが、仮想通貨システムが完璧ではないため、取引所がハッキングを受けてしまうことによってボラティリティが一気に下がってしまうこともあります。何かと影響を受けやすいこともあり、ビットコイン(Bitcoin)の投資をするタイミングを見定めなければいけません。

 

一度下がってしまうと中々上がることがなく、ビットコイン(Bitcoin)の投資でボラティリティが大きいので、下がってしまう幅が大きいこともあります。それだけではなくビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨は未だに法規制がきちんと決まっていないため、利益などが出たとしても税金がかかってしまうのかという部分などがわかっていないことも沢山あります。今後は、法律なども変わってくるとは思いますが、最初に紹介させていただいたように仮想通貨などは未だに決まっていないことも多く、不確定要素が多いのでこれ以外にもリスクがあるといえます。

 

 

 

含み損を抱えてしまった場合の運用

上記で紹介させていただいたように価格変動が大きいビットコイン(Bitcoin)は含み損を抱えてしまう場合が多いです。そんな時にはどうすればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

 

含み損を抱えている時は後悔してしまうことが多く、投資をしなければよかったんじゃないかと思うことも多いと思います。これは競馬や宝くじなどの感覚に近いと思います。損をしてしまう可能性があるのにも関わらず、購入したりして結局後悔するような感覚ですが、後悔をしてこれ以上ビットコイン(Bitcoin)の価値が下がってしまわないように含み損を抱えている状態で売却してしまうということもあります。

 

ですが、そういった含み損を抱えてしまった場合の運用法として、すぐに売却するのは間違っています。何度も言いますが、ビットコイン(Bitcoin)などの投資では価格変動が大きいこともあるため損をすること自体珍しいことではありません。ビットコイン(Bitcoin)というのは未だに不確定要素が多い分、逆に言えば今後一気に上がる可能性もあるということです。

 

ビットコイン(Bitcoin)自体は、円やドルなどの通貨よりも将来的には価値があるものだと言えます。そのため、将来的にビットコイン(Bitcoin)の不確定要素が無くなっていけばビットコイン(Bitcoin)の価値は上がっていきます。それでも損失が出ている方というのが上昇している相場がある中で下落を受けているからです。なので運用するのであれば、一度は損失するという覚悟を持って運用するようにしてください。

 

また、含み損を抱えてしまった場合の運用として、含み損が出たからといって売ろうとしたら勿論ビットコイン(Bitcoin)の価格が安くなっているわけですから購入する投資家もいます。安く買って価値が高くなって売却すればそれだけで利益になるからです。

 

また初めて運用するのであれば下落が続いたとしても、ずっと投資家をやっている人から見たらあまり驚かないことです。大切なのはビットコイン(Bitcoin)の価格がどうなっているのか、これくらいは普通なんじゃないのかと客観視することです。長期的に投資するのであれば、下がったとしてもまた上がったときに売ればいいやという感覚でいることが大切です。決して含み損を抱えてしまったとしても確定で損になるわけではありません。投資をするのであれば、損切りも必要ですが、損切りをせずにまた上がるというのを待ちましょう。

 

ボラティリティというのは、上がるのはもちろん、下がるということもあります。これは当たり前なんです。なので、下がったとしても上がるんじゃないのかと期待感を持ちながら待つことが大切なんです。またビットコイン(Bitcoin)の価値が上がるタイミングを知るにはビットコイン(Bitcoin)がどのような動きをしているのか確認する必要があります。購入した値を平均として、最高値と最低値を比べて、どのぐらいの頻度で最高値に達するのか、平均値を超えたらプラスになるわけですからそういったこともきちんと調べておく必要がありそうです。では失敗体験談について紹介をさせていただきます。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)投資の失敗体験談

20代/男性/会社員

 

Q,運用した仮想通貨
A,ビットコイン(Bitcoin)(Bitcoin)

 

Q,運用開始時期
A,2016年2月から

 

Q,収支
A,6万円マイナス

 

Q,運用する際のポイント
A,情報収集がものを言う世界であることはもちろんですが、その情報をどう解釈するかが重要になってくると思います。ビットコイン(Bitcoin)(Bitcoin)の信頼に直接影響するのか、その規模はどのくらいになると予想するか、その予想を踏まえて自分はビットコイン(Bitcoin)(Bitcoin)を信用し続けるのか、見限るのか。他人の意見や風潮に惑わされずに、自分の尺度で判断することが重要だと思います。

 

Q,体験談
A,2017年8月のビットコイン(Bitcoin)(Bitcoin)分裂騒動の際、ビットコイン(Bitcoin)(Bitcoin)の信用低下から値動きに波ができました。私は揺れ動くビットコイン(Bitcoin)(Bitcoin)がさらに暴落することを恐れて早めに売ってしまいました。しかし、後から見てみると私がビットコイン(Bitcoin)(Bitcoin)を手放したのはかなりの下落した時で、その後は安定していました。ビットコイン(Bitcoin)(Bitcoin)で取引を始めて1年半になり、かなり小額から始めましたがそこそこの額になっていたので、あまりマイナスにはならなかったのが不幸中の幸いでした。ただ、正直状況を見極めてもう少し我慢していたら、と思うと、とても悔しい気持ちになります。

 

 

失敗体験談の多くは共通の特徴があります。その共通点というのが「一点集中」をしていることとビットコイン(Bitcoin)の投資について無知だということです。

ですが、その男性はビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨を購入するにあたって一点集中してしまったわけです。ビットコイン(Bitcoin)を購入するのであれば、ビットコイン(Bitcoin)の価値が上がるのか下がるのかきちんと知っておく必要があり、価値が高い時に購入をしてしまえば価値が下落したときに売却をしてしまうことが多いわけです。

この男性は結果として、投資した資金を失いました。上記で紹介させて頂いたリスクにはまっています。こうならないためには「分散投資」が良いわけです。分散投資というのは、例えば3つの取引所でビットコイン(Bitcoin)を投資したとして、1つ目が損をしていたとしても、2つ目と3つ目が利益になっていたらマイナス分が消えて、プラスになるわけです。これらは不動産投資などでも同様ですよね。

このように無知でビットコイン(Bitcoin)の投資をしてはいけないということです。ビットコイン(Bitcoin)は不確定要素が多いので不動産投資などと違って、わかっていないことも多いわけです。そんな中でビットコイン(Bitcoin)に投資している人たちは自分で調べて投資をしているわけなので、何も知らずビットコイン(Bitcoin)を購入するのは間違っています。下記ではビットコイン(Bitcoin)のリスクとして、盗難のリスクがあります。そんな盗難のリスクについて紹介をさせていただきます。

【特集】ビットコイン(Bitcoin)で儲かる!?儲からない!?体験談15選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)って本当に儲かるのか?20人をインタビューして、見えてきた結果とは…

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の盗難リスク

 

盗難に合わないようにするためには?

仮想通貨であるビットコイン(Bitcoin)の盗難のリスクとして、上記で紹介させていただいたように「マウント・ゴックス」などのようにハッキングなどで盗難されることがあります。仮想通貨などは自分で保管することが出来て、スマートフォンやパソコンなどにビットコイン(Bitcoin)ウォレットと呼ばれている保管するソフトがあります。

 

そんなビットコイン(Bitcoin)ウォレットですが、スマートフォンやパソコン上から盗難される恐れや、ウイルスに感染したり、ハッキングされたりすることによって盗難されることがあります。そんな盗難のリスクがあるビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨ですが、近年では詐欺被害によって盗難されることも増えてきています。どういった盗難があるのかというと、ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨の投資などのセミナーで謳い文句などで仮想通貨の購入を勧められたり、金融庁などなどの職員を名乗って仮想通貨などの購入を勧められるということもあります。

 

このような事例がある中で、どのように対処すればいいのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな時には相談窓口などを使うことが良いです。ただしセミナーなどで配られたパンフレットなどは全て詐欺会社のグルなので絶対に電話などをしないようにしてください。

 

また、盗難などのリスクがある中で対処する方法としては不正ログインなどが起こらないようにパスワードは手動で入力するようにしておくことや、パソコンなどにビットコイン(Bitcoin)を保存しておくのであればセキュリティソフトを使ったり、オフライン上にパソコンを置いておくことです。つまりインターネットなどを使って回線さえ繋がらなければ取られることがありません。最後に二段階認証を必ず行うようにしてください。

 

【保存版】安心・安全のおすすめビットコインアプリ17選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン取引はツールが命といっては過言ではありません。今回はおすすめビットコインアプリについてまとめました。

 

 

マウント・ゴックス事件

日本で起きたビットコイン(Bitcoin)の盗難について紹介をさせていただきますが、代表例としてあるのが「マウント・ゴックス事件」です。先ほども紹介させていただいたように経った3日間の間に115億円ものビットコイン(Bitcoin)が盗まれた事件です。当時の価値として115億円で、現在の価値に換算すると500億円以上もの価値になっています。

 

そんなマウント・ゴックス事件ですが、ハッキングされたことによって失われたと事件の真相がわかるまでは思っていた人達も多く、ビットコイン(Bitcoin)が盗難にあったときの保証などもありません。実際に現金で言えば、銀行に預けていたものが盗まれたりした場合に保証などが適用されると思います。ですが、ビットコイン(Bitcoin)はそういった保証などが一切ないため、盗まれた人たちは多額のビットコイン(Bitcoin)を失ったことになりました。

 

この盗難は社長が盗んだということもありますし、システムの不具合にハッキングをしたということもあり、完全ではないビットコイン(Bitcoin)を盗むのは容易いことだったようです。ですが、結局はビットコイン(Bitcoin)が返ってくることもありませんでした。システムの不具合を利用した不正のアクセスが起こって、最後まで売買が完了しない取引が増加しました。それによって、ビットコイン(Bitcoin)が浮いたまま盗まれたということです。

 

これ以外にも沢山の事件が起こっていますが、基本的にビットコイン(Bitcoin)の盗難などは企業からハッキングされ盗まれた場合は破綻することも多いです。その場合は仮想通貨が戻ってくることがありません

 

 

 

2億7500万円相当の盗難事件

2つ目の事例になりますが、2つ目は2億7500万円相当の盗難事件が発生しました。シルクロード2.0と呼ばれる闇取引のサイトがハッキングにあったことによって、ビットコイン(Bitcoin)が盗まれることになりました。管理人が取引しているメンバーに「ハッカーが有能でシステム上のビットコイン(Bitcoin)を全て回収された結果、空っぽになってしまった。」などと文面を送ったことによって発覚しました。盗まれたビットコイン(Bitcoin)はシルクロード2.0内にあったビットコイン(Bitcoin)や取引していたユーザーが所有しているビットコイン(Bitcoin)の両方を盗まれる結果となって、2億7000万円以上ものビットコイン(Bitcoin)を盗まれる結果となりました。

 

管理人がビットコイン(Bitcoin)を盗まれたことを伝えた後にシルクロード2.0上でのビットコイン(Bitcoin)などの取引が全て停止することになりました。この事件は2014年に起きた事件で、シルクロード2.0のユーザーである3人がハッキングをしたのではないかと疑いがあります。それ以外にも第三者ではなくスタッフがハッキングを行い、ビットコイン(Bitcoin)を全て盗んだのではないかともいわれています。

 

この事件は未だに解決しておらず、新しい疑惑としてシルクロード2.0の管理者が盗んだのではないかと言われており、実際にシルクロード2.0の取引に不具合があったそうです。ビットコイン(Bitcoin)の中にバグがあり、コードを書き換えることによってサイトにDoS攻撃をすることが出来たそうです。この事件もビットコイン(Bitcoin)を盗難された事例になります。

 

 

 

 

詐欺リスク

詐欺のリスクについて紹介をさせていただきますが、冒頭で紹介させていただきましたが、ビットコイン(Bitcoin)が怪しいというイメージを持っている方がいらっしゃると思います。その中の理由の1つとして仮想通貨詐欺というのがあります。仮想通貨詐欺とは、仮想通貨は実際に決済することが出来たり、色々な面で使うことが出来ます。ですが、購入をするにあたってお金が必要です。

 

そんな時に実在しない仮想通貨を、仮想通貨にあまり詳しくない方は引っかかってしまうわけです。引っかかってしまって、取引としてお金を渡し、仮想通貨が入金されるまで待つわけですが、当然、実在しない仮想通貨なのでお金だけ取られてしまうということになります。つまり、正体不明の仮想通貨へ投資をさせられ、お金だけ取られてしまうという詐欺になります。

 

仮想通貨に価値が付く時というのが、多くの人が利用をしていて購入をしていなければ価値がありません。ビットコイン(Bitcoin)などが一番購入されており、価値がそれだけ高いということになるわけです。ですが、そのような仮想通貨ではないため詐欺のリスクなどがあります。

 

【要注意】ビットコイン(Bitcoin)の詐欺事情 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)に投機商材のため、それに便乗し、詐欺まがいな行動も横行しています。うかつに儲け話に飛びつかないようにしっかりと注意しましょう。

 

 

仮想通貨問題リスク

仮想通貨問題リスクというのはビットコイン(Bitcoin)にはある問題があります。その問題というのが決済や送金までに時間がかかってしまうという問題です。つまりシステム上の問題があり、技術的に最近では数多くの仮想通貨が作られていることもあり、劣っているというのがあります。その中でどういったリスクがあるのかというと、仮想通貨というのは、話題になったり、人気の仮想通貨ほど価値が付けられ、価格が上がるわけです。そのため、上記で紹介させていただいたようにビットコイン(Bitcoin)は価格が増加したり、下落してしまったりを繰り返しているわけですが、ビットコイン(Bitcoin)のシステム上の問題があるため、より優れた仮想通貨が出てきたときに、価格が暴落するのではないかというリスクがあります。

 

今までにも何度か暴落してきたことがありましたが、私が知っている限りだと11月19日に新しく作られる「B2X」と呼ばれる仮想通貨によって暴落するのではないかと思っています。この仮想通貨はビットコイン(Bitcoin)よりも全体的に優れており、ビットコイン(Bitcoin)ATMとしてサポートしてきた企業も、このB2Xのサポートをすることに決め、ビットコイン(Bitcoin)のサポートをしないと表明したこともあり暴落すると予想されています。 そのようなリスクがあるため、気を付けなければいけません。

 

【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)にまつわる4つの基本的な問題 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)に関する問題について取り上げました。リスクや問題としっかりと知った上で、ビットコイン(Bitcoin)の運用を行いましょう。

 

 

既に失敗した仮想通貨一覧

失敗している仮想通貨について紹介をさせていただきますが、これだけ多くの仮想通貨が失敗していたり、詐欺の仮想通貨となっています。

 

ノアコイン
ADAコイン
クローバーコイン
キートークン
NAGEZENI
ベネフィットクレジットコイン
ベイジアコイン
ディールコイン
ジュエルコイン
ASECコイン
TLCコイン
エターナルコイン
フュージョンコイン
サークルコイン
BitRegeon
D9クラブ
ビットシャワー

 

 

この中には上場している仮想通貨などもあり、皆さんも知っているのではないでしょうか?ADAコインと言えば「Bittrex」上場している仮想通貨ですが、世界からのアクセスの約半分の5割が日本からとなっています。そんなADAコインは、投資するのは危険だと言われており、失敗している仮想通貨ですが、それ以外にもノアコインなども失敗している仮想通貨です。

 

皆さんの中には知っている方もいらっしゃると思いますが、ノアコインは「フィリピンの貧困層」を救うために作られた仮想通貨で、手数料などが無料となっているわけなんですが、日本とフィリピンのみにしか販売されていないということもあり、日本を狙った詐欺の仮想通貨ではないのかと言われています。

 

そんなノアコインですが、今年2017年の7月に返金対応が始まりました。結局は失敗したコインだということです。またノアコインは日本の情報しか見つからず、ほとんどの国でノアコインに関する情報がありません。
他にも沢山ありますが、その中でも日本企業が開発した仮想通貨があります。それが「ベイジアコイン」です。2015年にリリースされ、価格は140円となっています。ですが、価値が暴落してしまい、現在の価格は4円となっています。この仮想通貨はあまり魅力がなかったこともあり、仮想通貨としては失敗してしまったんだと思います。

 

最後に紹介をさせていただくのが、クローバーコインです。このコインは公式の情報にはないのですが、購入したクローバーコインの20%がリップルで保全されるのと、運営費に20%も持っていかれるということもあり失敗した仮想通貨です。

 

入金額が1口3万円からで、クローバーコインを購入したらリップルが今年時価総額がかなり上がっていることもあり、保全している20%がリップルということもあり換金したいという人が増加したわけなんですが、結局は換金する様子もないようです。

 

また現時点では換金されていないわけですが、換金されたとしたら大儲けをするわけすることになるため、一概に失敗した仮想通貨とは言えませんが現時点では失敗した仮想通貨として紹介をさせていただきました。

 

これ以外にも沢山の失敗した仮想通貨であったり、詐欺の仮想通貨などがあり、今回紹介させていただいた仮想通貨は、失敗した仮想通貨などを紹介させていただきました。皆さんもこれから仮想通貨を購入するのであれば、このように失敗しない仮想通貨や詐欺の仮想通貨を購入しないようにしてください。

 

【保存版】ビットコインをはじめとする、有名アルトコイン13選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン、イーサリアム、リップル…アルトコインは多数あります。今回は最低限有名どころなアルトコイン13選をまとめました。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)で失敗した有名人

 

ノブコブ吉村

ビットコイン(Bitcoin)で失敗した有名人です。この人は番組でビットコイン(Bitcoin)の投資アプリを利用したわけですが、その後興味を持ち投資をた結果、100万円投資をして、1割ほど損をしてしまうという結果になりました。あまり失敗をしていないように思えますが、無知でしてしまうと危険です。

 

ロンブー淳

ロンブー淳もビットコイン(Bitcoin)で失敗しています。マウント・ゴックス事件に巻き込まれた一人で、当時の企業のセキュリティやシステムが甘かったということもあり、横領という形で盗難にあいました。そのため、失敗をしないためには信用がある企業に保管しておくことが大切です。

 

ガリガリガリクソン

逮捕されたガリガリガリクソンも失敗した一人です。彼はビットコイン(Bitcoin)ではありませんが、仮想通貨であるリップルに投資をした結果1/20という結果になってしまい、失敗をしました。逮捕前にツイッターに上げている写真なども未だに残っている状態となっています。

 

布川敏和

布川敏和も失敗した有名人で、この方は失敗というより詐欺にあった一人です。年利700%という非常に怪しいビットコイン(Bitcoin)の投資に参加をして、結局はビットコイン(Bitcoin)を詐欺られるという結果になりました。投資先はブラジルでサッカーの勝敗によって、利益を上げているという意味の分からない説明を聞かされて納得したようです。

 

中村雅俊

最後に紹介させていただくのが中村雅俊です。この方も詐欺にあった一人で、ネズミ講に引っかかりました。世界7都市の千仏投資会社に投資をしないかと言われ、元本100%は保証で絶対に儲かると言われて50万円を投資した結果、詐欺にあいました。少なくとも元本100%あるということはありませんので皆さんも失敗しないようにしてください。

 

 

危険なリスクを負って、成功した億万長者

※0145の掲載
 

 

現在の国内仮想通貨取引所のセキュリティについて

 

ビットフライヤーの安全性

現在の国内仮想通貨取引所のセキュリティについて紹介をさせていただきますが、ビットフライヤーはリクルートや三菱UFJなどの大企業が出資をしており、日本で初めて作られた取引所となっています。ビットフライヤーについて紹介をさせていただきます。ビットフライヤーは日本最大の取引所でもあり、世界最大の取引所となっています。セキュリティ面について紹介をさせていただきますが、現在は世界で一番取引をされているビットフライヤーですが、2017年6月12日にサーキットブレーカーと呼ばれている制度を導入しました。この制度は、相場が急激に下落した場合などに取引を一時的に停止することによって、資産を失わないようにしています。

 

またハッカーなどにハッキングされ、盗難にあった場合などに日本では、日本円で500万円まで保証してくれます。セキュリティ面に関しても日本国内の大企業と損害保険の契約を結んでいるためセキュリティに関しても凄く効果があります。

 

セキュリティに関してネットワークでは、次世代の暗号システムやハッキングに強い暗号化技術の導入をしているため、セキュリティに関しては世界の中でもトップクラスだといえます。ビットフライヤーでは、個人情報を確実に漏らさない、そして全てのデータを暗号化していて、大手の金融機関が利用している技術を使用しているため、ハッキングをされたとしてもほとんど盗まれることがありません。

 

そして、世界最高の認証局である「DigiCert」から認証書を採用しています。ログインに関しても同様にアカウントが盗まれてしまわないようにパスワード強度のチェックや、パスワードを一定回数間違ってしまった場合に、アカウント自体をロックする機能がついていたりします。

 

それだけではなく携帯電話などのデバイスによる2段階認証を設定しています。SMSやメールアドレス、認証アプリなどを使って、設定することが可能となっています。またアカウントが盗まれた場合などに、新しいデバイスからのログインだった場合に認証コードを入力しなければいけないという、セキュリティなども追加されているため、第三者がアカウントに入り込んだとしても、時間の経過によって、再度アカウントに認証コードが送られてくるのでセキュリティはかなりきちんとしています。

 

最後に紹介をさせていただくのが、自動的にログアウトしてくれる機能です。アカウントにログインをした場合に、一定時間操作がなければ自動的にログアウトをするという機能があります。これによって、第三者がアカウントに入り込んだとしても、自動的に扱っていなければログアウトさせられ、上記で紹介させていただいたようにセキュリティをくぐってこなければいけないので安心して利用することが出来ます。皆さんもビットフライヤーという取引所を使うことをおススメします。ビットフライヤーにはここでは紹介させていただいていないセキュリティなどもありますので是非利用をしてみてください。

 

 

 

コインチェックの安全性

コインチェックは2014年に運営がスタートし、安全性が高いと言われています。コインチェックの公式ページからセキュリティに関する情報がありますので、下記で紹介をさせていただきます。

 

「●私たちはJBA(一般社団法人日本価値記録事業者協会)に加入しており、coincheckの取引機能の制限、及びセキュリティ施策はJBAが定めるガイドラインを遵守しており、お客様が安全にサービスをお使いいただけるよう尽力しております。
●coincheckでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。
●coincheckのウォレットは、RFC6979 という安全な乱数の生成方法を利用しており、脆弱性の心配はありません。
●お客様からの預り金は経営資金とは完全に分離して管理しています。預り金を会社の資金として運営に用いられることは決してございません。
●お客様がより安全にcoincheckをご利用できるよう、セキュリティ認証の強化にSMS、そしてGoogle社が提供する認証アプリ(Google Authenticator / iOS, Android)による二段階認証を採用しています。
●お客様との通信にはSSL暗号化通信を利用しており、第三者が盗み見ることはできません。
●coincheckでは、お客様に安全にサービスをご利用していただくため、複数にわたって本人確認を行っております。これは悪意のある第三者によるお客様のなりすましを確実に防止するためです。」
参考:https://coincheck.com/ja/

 

このように安全性が高いので、上記で紹介させていただいた「マウント・ゴックス事件」のようにハッキングをされたり、不具合が起きたりすることがありません。コインチェックはそのように安全性に注意を置き、今までに盗難にあったときのような問題が起こらないようにセキュリティに力を入れているのでとてもおススメです。

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

【特集】ビットコイン(Bitcoin)で儲かる!?儲からない!?体験談15選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)って本当に儲かるのか?20人をインタビューして、見えてきた結果とは…
【保存版】安心・安全のおすすめビットコインアプリ17選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン取引はツールが命といっては過言ではありません。今回はおすすめビットコインアプリについてまとめました。
【要注意】ビットコイン(Bitcoin)の詐欺事情 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)に投機商材のため、それに便乗し、詐欺まがいな行動も横行しています。うかつに儲け話に飛びつかないようにしっかりと注意しましょう。
【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)にまつわる4つの基本的な問題 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)に関する問題について取り上げました。リスクや問題としっかりと知った上で、ビットコイン(Bitcoin)の運用を行いましょう。
【保存版】ビットコインをはじめとする、有名アルトコイン13選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン、イーサリアム、リップル…アルトコインは多数あります。今回は最低限有名どころなアルトコイン13選をまとめました。

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status