更新日 2018.08.30
投資

ビットコイン(Bitcoin)での稼ぎ方BEST4選

ビットコイン(Bitcoin)で稼ぐ方法

ビットコイン(Bitcoin)には、「ブロックチェーンという新しい技術」、「非中央集権型の通貨という社会実験」、「金融+ITのフィンテックの最前線」など多くの側面があり、世界中の多くの人々が注目しています。

 

しかし興味を持ったきっかけは何であれ、実際に取引を行う立場になれば、一番気になるのは「ビットコイン(Bitcoin)で稼ぐ方法」ではないでしょうか。ビットコイン(Bitcoin)も金融商品のひとつでありますが、マイニングなど従来の金融商品では存在しなかった稼ぎ方も存在します。ビットコイン(Bitcoin)で稼ぐ方法は未知の可能性に満ちていますが、その一部を紹介します。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)マイニングについて

まずマイニングの方法を説明する前に、ビットコイン(Bitcoin)の仕組みについて簡単に説明します。

 

ビットコイン(Bitcoin)はデジタル通貨であって、支払いが完了したことや、二重支払いが行われていないかどうかを承認して、ブロックチェーンという分散型の台帳に書き込まないといけません。これらの承認作業はコンピューターの計算によって行われ、この計算をより多く行った者に手数料としてビットコイン(Bitcoin)が配布されます。よってこのコンピューターによる計算をマイニング、マイニングを行う者をマイナーと呼びます。

 

この仕組みはPoW (Proof of Work)と言って、計算能力を増やすほどにマイナーは多くのビットコイン(Bitcoin)を稼げ、また計算能力が増えるほどビットコイン(Bitcoin)は承認が複雑になりハッキングに強くなるという仕組みです。マイニングは個人のパソコンでも可能で、専用のマイニングソフトを使って「マイニングプール」というマイニングのチームに登録することですぐにでもできます。

 

また新たな単語の説明になってしまいますが「難易度」とは、マイニングの難しさ、つまりビットコイン(Bitcoin)を掘り当てるのに必要な計算能力のことです。ビットコイン(Bitcoin)の採掘難易度は、マイナーが増えるほどに上昇していくので、マイナーは常に計算能力を増強し続けないといけません。このマイニング競争によってPoW通貨のビットコイン(Bitcoin)はハッキング耐性を担保しています。

 

では難易度が上昇した今誰がマイニングしているのかというと、その大部分は中国などの電気代が安い国で「ASIC」というビットコイン(Bitcoin)のマイニング専用に作られた、非常にマイニング性能の高い専用コンピューターを何万台も稼働させている「マイニングファーム」という工場で行われています。これらに立ち向かって個人でマイニングで収益を上げるには、ASICを海外通販で輸入して行う方法もありますが、現実的には「クラウドマイニング」に投資するという方法が一番手軽で収益も期待できます。

 

「クラウドマイニング」とは、マイニングファームを持つ企業に出資することで、出資額に応じたマイニング能力を一定期間借りる事ができるという投資商品です。一例を挙げると、10万円をクラウドマイニング業者に投資することで、10万円分のマイニング能力(ハッシュレートと呼びます)を1年間使う事ができます。

 

この1年間にマイニングされたビットコイン(Bitcoin)は投資者のものになります。マイニング機材の用意や維持管理、電気代の支払いは全てクラウドマイニング業者が負担するために、投資者はただ投資して待っているだけでビットコイン(Bitcoin)を稼げるという仕組みです。クラウドマイニングの優れているところは、個人では用意することのできない最新のマイニング機材や莫大な電気料金、コンピューターを冷却する施設や、維持管理する人間を全てクラウドマイニング業者が準備してくれて、それらのリスクを負ってくれる点ですでは投資者に100%リスクがないのではというと、もちろんそうではありません。

 

まず、これはどんな投資にも共通しますがクラウドマイニング業者が破綻すると投資金額の回収が困難になることが予想されます。そして何よりマイニング難易度の上昇による採掘量の低下およびビットコイン(Bitcoin)価格自体の下落によって損益分岐点を下回り、クラウドマイニングに投資するよりもそのままビットコイン(Bitcoin)を買う方が得だった、もしくは投資金額のビットコイン(Bitcoin)の回収すらできなかった、となってしまう可能性もあります。

 

しかし後者についてはクラウドマイニング各社のホームページで、大よその元本回収期間や期待収益は公開されているので、リスクコントロールすることは十分可能です。できるだけ元本回収機関が短いものを選べば、それ以降の契約期間にマイニングされるビットコイン(Bitcoin)は全て利益になります。個人でASICを用意して趣味としてマイニングを行うのも、クラウドマイニングでリスクを抑えてマイニング収益を狙うのも、どちらも立派なマイニングであって、稼ぎだけでなくビットコイン(Bitcoin)ネットワークへの貢献にもなります。

 

【初心者向け】ビットコインマイニングのわかりやすく徹底解説
マイニング(Mining)とは、日本語で「採掘」を意味します。ビットコインは、貨幣のように特定の機関が発行していません。このマイニングよって新規に発行されます。マイニングは誰でも参加出来ます。ビットコインのマイニングをイメージしやすくすると、ブロックチェーンを繋げるカギを見つる作業を意味します。報酬額は報酬額は12.5BTCです。日本円にすると、なんと2,312万円!

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)売買について

ビットコイン(Bitcoin)に限らず、全ての金融商品、ひいては全ての商売に通じる普遍的な稼ぎ方が「安く買って高く売る」というトレード(売買)です。

 

ビットコイン(Bitcoin)は世界中の取引所に上場されており、24時間取引可能なので、常に価格が動いています。ビットコイン(Bitcoin)には発行主体や管理者がいないので、一般的な商品のように価格を決定する権限は基本的に誰にもありません。よってその価格は株価と同じように、取引所に参加する投資家の需要と供給で全て決まります。

 

具体的には、ビットコイン(Bitcoin)を売りたい人が多数で買いたい人が少数だった場合は、市場にビットコイン(Bitcoin)が余っている状態、つまり需要<供給となり、取引所でのビットコイン(Bitcoin)の価格は下がります。逆に多くの人がビットコイン(Bitcoin)を買いたがっているけれども、売ってくれる人が少数の場合は、需要>共有となり価格は上がります。ビットコイン(Bitcoin)価格はビットコイン(Bitcoin)の誕生以降、ほぼ一貫して上昇を続けているのは、常に世の中に売りに出されるビットコイン(Bitcoin)の量よりも多くのビットコイン(Bitcoin)需要がありつづけたということになります。

 

ビットコイン(Bitcoin)の売買はビットコイン(Bitcoin)取引所で行う事ができます。売買を行う基本的な流れは「取引所の口座開設→取引所に入金→取引所でビットコイン(Bitcoin)を売買→利益を取引所から出金」となります。取引所は国内外に多くの業者がありますので、その中から自分に合った信頼できる取引所を選びましょう。

 

ビットコイン(Bitcoin)の取引所の中には少しややこしいのですが、「販売所」「取引所」があります。

 

販売所は決められた価格ですぐにビットコイン(Bitcoin)が買えるシステムで、手軽ですが手数料が高く、買う時には少し割高、売る時には少し割安になってしまいます。

 

取引所は売りたい人と買いたい人がそれぞれ希望の値段を提示して取引するシステムで、価格が折り合わないと購入できませんが、手数料が非常に低いので効率的に売買できます。取引所での注文方法は「成り行き」「指値」があります。

 

成り行き注文は価格を指定しない注文で、市場価格での売買注文になります。約定(売買の成立)も起こりやすいので、初心者にはおすすめの注文方法です。

 

指値注文は希望金額を決めた注文で、その価格にならないと約定しません。自分で損益計算した価格で注文を出せるために、中級者以上は基本的に指値注文を好みます。

 

売買で利益を出すには「安く買って高く売る」の原則が全てですが、価格差(投資用語でボラリティと呼びます)を取りだす方法は大きくふたつあります。

 

ひとつは時間の経過による価格変動を使う方法です。同じスーパーの同じ牛乳がセールの日には安くなるように、ビットコイン(Bitcoin)も様々なニュースによって価格が上下します。安い時に買って、高くなったら売る、というのが時間経過による価格変動を使った売買になります。

 

もうひとつは取引所の違いによる価格差を使う方法です。同じ牛乳でも隣のスーパーの方が安いことがあるように、ビットコイン(Bitcoin)の価格も取引所によって少し異なります。これはまだビットコイン(Bitcoin)市場の参加者が多くないために、取引所毎にそれぞれ需要と供給のバランスに差が出てしまうために起こります。

 

よってビットコイン(Bitcoin)価格の安い取引所でビットコイン(Bitcoin)を買って、ビットコイン(Bitcoin)価格の高い取引所に送金して売却することで利益をあげる売買も可能となります(この手法を投資用語では裁定取引=アービトラージと呼びます)。

 

ビットコイン(Bitcoin)の売買のテクニックとしては大きく分けて長期売買短期売買があります。

 

長期売買とはその名の通り、数か月~数年間のスパンでビットコイン(Bitcoin)の売買を行うことです。現在ビットコイン(Bitcoin)はおおよそ2年で10倍程度の価格上昇を続けており、長期売買には最適な投資商品となっております。またビットコイン(Bitcoin)は定期的に暴落しており、短期的な価格変動で精神をすり減らさないためにも、長期売買というのはビットコイン(Bitcoin)に向いていると言えるでしょう。

 

短期売買はその逆で、他の金融商品に比べても圧倒的に大きなボラリティをもつビットコイン(Bitcoin)の特徴を最大限利用し、一日~一週間スパンで売買を繰り返す方法です。アンテナを高く張ってニュースを常にチェックし、最適な売買を繰り返すことができるとリターン(利益)は長期投資をはるかに凌ぐ可能性を秘めています。もちろんそれだけビットコイン(Bitcoin)価格の下落で損失を出す確率も上がるため、非常にハイリスク・ハイリターンな売買方法となります。

あくまでもビットコイン(Bitcoin)の売買は自己責任でリスクを管理しつつ、しっかり情報収集を行い最大限の収益を手に入れましょう。

 

 

 

現物取引について

ビットコイン(Bitcoin)の売買の基本は現物取引になります。

 

現物取引とは、自分の資金を使ってビットコイン(Bitcoin)の実物を購入すること、および自分の保有しているビットコイン(Bitcoin)を市場価格で売却することです。現物と言っても、実際の物質としてビットコイン(Bitcoin)があるわけではなく、あくまでも電子データとしてのビットコイン(Bitcoin)の所有権を実際に取引することを意味します。

 

例えば、自分の銀行預金に預けている100万円の現金をビットコイン(Bitcoin)取引所に入金して、ビットコイン(Bitcoin)を1btc購入する。もしくは、ビットコイン(Bitcoin)取引所に預けている1btcを取引所で売却する。これらを現物取引と呼びます。当たり前すぎてなぜこんなことを説明するのか分からないと思った方もいるでしょうが、これは後に紹介する応用的な「信用取引」と対になる概念なので、まずはしっかり理解して下さい。

 

現物取引のポイントは、借金をせずに自己資金で実物を売買するという点です。まず借金をせずに自己資金で売買を行うことによって、メリットとデメリットが存在します。

 

メリットについては、自己資金の中でしか売買しないので、最悪ビットコイン(Bitcoin)の価値がゼロになった場合でも被る損失は、自身が拠出した資金の範囲内で収まるという点です。これはリスクが限定的であるということで、初心者にもまず最初におススメしたい売買方法となる理由です。

 

逆にデメリットは、動かせる投資金額が自己資金の範囲内に限られるために、期待できるリターンも限られているという点があります。これはリスクが低い分、その裏返しとなるところです。そして何より大きなデメリットが、利益を出す方法が安く買って高く売るという方法しかないということです。

 

ビットコイン(Bitcoin)価格上昇局面では現物取引で、ビットコイン(Bitcoin)を購入して価格が上がったら売却を行うことで利益を上げることができます。しかしビットコイン(Bitcoin)価格下落局面では、現物取引では利益を出すことができないので、ただひたすらに価格下落が終わって価格上昇トレンドに転換するのを待つしかありません。待てば良いだけ、と思われるかもしれませんがこれは大きな機会損失となってしまします。機会損失とは経済学の概念で、概要を説明すると「儲けるチャンスがあったのに儲けられなかったら、実際に損失は出していなくても儲けの期待値分は損をしている」ということです。

 

例えば、一か月のうちでビットコイン(Bitcoin)価格上昇した日が15日あって、残りの15日はビットコイン(Bitcoin)価格が下落していたとします。この場合、現物取引しか行わなければ儲けられる可能性があるのは一カ月の内半分だけで、残りの半分の時間は無駄にしていることになってしまいます。つまり、もし価格下落局面でも儲けられる手法があるのにそれを使わずに、価格下落局面では使えない現物取引にこだわっていると、儲けられるはずだった機会を損失してしまうということです。

 

このように売買を行う上で、現物取引は比較的低リスク・低リターンという特徴があります。この他の特徴としては、ビットコイン(Bitcoin)現物を所有することができるので、もし価格が下落したら価格が再び上昇するまでいつまでも持っておくこともできます。また現物なので貯金の代わりに将来に備えて少しずつ積み立て購入したり、他人に送金できるなど自由度が高いのも現物取引ならではとなります。

【徹底比較】現物取引と信用取引の5つの違い | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインの信用取引は、取扱企業等に証拠金となる通貨を預け、ビットコインを借りて運用することをいいます。通常の現物取引の違い、注意点についてまとめ、紹介しています。

 

 

 

信用取引について

取引所に担保となる自己資金(証拠金と呼びます)を入金すると、取引所にもよりますが最大で証拠金の25倍程度の金額を取引所から一時的に借金する形で運用することができます。この証拠金に対する最大運用可能金額の倍率をレバレッジ(てこの原理)と呼びます。てこが少ない力で大きなものを動かせるように、小さな資金で大きな運用ができるという意味です。

 

例えば手元資金が10万円しかなくても、それを元手に250万円分のビットコイン(Bitcoin)を購入することができるということです。仮に10%値上がりして利益が出た場合、現物取引なら利益は1万円ですが、信用取引なら最大25万円のリターンを得る事ができます。

 

このレバレッジを掛けて自己資金では得られない大きなリターンを得るというのは、投資戦略において非常に重要な戦法となります。

 

投資の最大の目標は、資産を「早く大きく」することです。このうち資産を大きくするという視点は皆さん持っているのですが、早くという点は見逃されがちです。早さなどどうでもよいから資産を大きくしたい、ということであれば金や土地を持っているだけで、歴史に裏付けされている長期的なインフレーションによって50年以上過ぎれば価格は大幅に上昇している可能性が非常に高いです。

 

しかし資産家以外の庶民が投資によって財を成そうとすると、少ない資金をいかに早く効率的に回転させて大きくするかという視点が必須になります。そこで少額資金を効率的に大きくできるレバレッジ取引は大きなチャンスとなります。ただしレバレッジを掛ける分、損失も10倍になってしまう点は見逃せない大きなリスクです。これゆえに信用取引はビットコイン(Bitcoin)取引の中級~上級者向けの取引方法となります。

 

ではレバレッジによって自己資金以上の損失が出てしまった場合どうなるのでしょうか。

 

例えば、10万円の証拠金で250万円分のビットコイン(Bitcoin)を購入したが、10%の暴落があった場合を考えてみましょう。250万円分のビットコイン(Bitcoin)が10%減となる、つまり手元に10万円しかないのに25万円の損失となります。実際にはロスカットと言って、自己資金を上回る損失が出る前に自動的に取引所が損失確定の取引を行います。今回の場合だと損失が10万円に達する前に(多くの取引所ではロスカット基準=証拠金維持率=75%程度に設定しているので損失が2.5万円程度で)信用買いしていたビットコイン(Bitcoin)を全て売却することで、口座がマイナスになることを防いでくれます。

 

しかしあまりに急激な価格変動でロスカット注文が間に合わないことがまれにあります。この場合は損失が証拠金を上回ってからロスカットが行われることになり、口座残高はマイナスとなります。その場合行われるが、信用取引投資家が一番恐れている追加証拠金、略して「追証」と呼ばれるものです。これは文字通り不足した証拠金を後から入金しないといけない状態です。

 

この追証があるために信用取引は利益がマイナスになって、最悪の場合は破産に追い込まれる可能性も秘めています。10万円取引の例ですと、ロスカットが間に合わず25万円の損失が確定してしますと、不足分の15万円が追証請求され数日以内に振り込まないといけなくなってしまします。ただしこの追証がない(=口座がマイナスになることがなくリスクが限定的)FX取引所もあるため(GMOコイン等)、信用取引を行いたい場合は取引所の条件を良くチェックしましょう。

 

信用取引にはもうひとつ大きな特徴があり、価格下落局面でも利益を上げることができます。

 

この手法は空売り、もしくはショートと呼ばれ高値でビットコイン(Bitcoin)を売って、安値で買い戻すことでその下落幅を利益にすることができるというものです。信用取引ならではで、高値の時に証拠金を担保に取引所からビットコイン(Bitcoin)を借りて売却、安値でビットコイン(Bitcoin)を購入して取引所に返却しているという意味になります。

 

【空売りとは?】空売り向けのおすすめビットコイン(Bitcoin)取引所
空売りとは、何も持っていない状態で売るという方法です。そして、後から買い戻すという行為を行い利益をあげます。空売りは有効に活用すると、下降相場であっても大きな利益を得ることができます。ビットコイン(Bitcoin)を空売りする取引所を厳選して紹介します。

 

具体例では、10万円の証拠金で250万円分のビットコイン(Bitcoin)を空売りし、10%値下がりしたら買い戻して25万円の利益、逆に値上がりしていたら損失となります。空売りの存在で価格上昇トレンドだけでなく価格下落トレンドでも利益を出せるために、信用取引では機会損失を小さくできます。レバレッジによる資金効率も合わさって、リスクはありますが資金力の小さい個人でも大きなチャンスを手にすることができる可能性があるのが、信用取引です。

 

【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)信用取引の用語解説~信用取引所一覧表~ | ビットコイン取引所オールナビ
信用取引には難しい漢字が並んでいますよね…。知っておきたい用語をまとめ、解説しています。加えて信用取引におけるおすすめビットコイン(Bitcoin)取引所を紹介してます!

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の価格変動のタイミング

ビットコイン(Bitcoin)はボラリティがとても大きいので、リスクもリターンも高い投資となります。そんなビットコイン(Bitcoin)でも、価格変動がどの様なタイミングでどんな原因で起こるかを知っておけば、ボラリティを味方につけてリスクを抑えリターンを最大化することができます。すべての価格変動のタイミングを予想することはできませんが、少しでも知識を持っておくと周りより早く価格変動の兆しに気付くことができるかもしれません。そこで、代表的な価格変動タイミングをご紹介します。

 

 

 

半減期とは

ビットコイン(Bitcoin)は2100万枚という発行上限があり、そこに向かってマイニングで日々新たなビットコイン(Bitcoin)が発行されています。そしてこのマイニングによって発行されるビットコイン(Bitcoin)の量は定期的に半分に削減されており、このタイミングを半減期と言います。

 

ビットコイン(Bitcoin)のマイニング報酬(ブロックと呼ばれるマイニング単位を最初に採掘した場合の報酬)は、ビットコイン(Bitcoin)がスタートした2009年当初は50BTCでしたが、最初の半減期があった2013年には25BTCに削減されました。次の半減期は2016年にあって、現在のマイニング報酬は12.5BTCとなっています。おおよそ4年に一度半減期が来るペースで、最終的にマイニング報酬は半減を続け、2040年には0となる、つまりマイニングによる新規ビットコイン(Bitcoin)の供給がなくなるということです。

 

2040年以降のことは諸説ありますが、マイナーは送金手数料を得るビジネスになるのではなどと言われています。マイナーがマイニングを行いブロックチェーンの承認作業を行わないとビットコイン(Bitcoin)の取引が成立しないために、何かしらの形でマイナーの収入減は確保されるはずです。

 

ではこの半減期がなぜあるのかというと、急激なインフレーション(ビットコイン(Bitcoin)価格低下)を防ぐためです。

 

経済学の説明になりますが、通貨の供給量が増えると、通貨の価値は下がってモノの価格は上昇するインフレーションとなります。その逆が日本が長く苦しめられたデフレーションとなります。日本円などの法定通貨は中央銀行が発行量をコントロールし、急激なインフレやデフレが起こらないように調整しています。一方ビットコイン(Bitcoin)は中央管理主体がないために、もし半減期がなくマイナーが無制限にビットコイン(Bitcoin)の発行を行えば、ビットコイン(Bitcoin)の供給量は急増してしまいます。そうなるとビットコイン(Bitcoin)はインフレを起こし価格は急落してしまいます。この事態を防ぐための仕組みが、ビットコイン(Bitcoin)供給量を制限(ゆっくり減らしていく)する半減期という仕組みです。

 

では前置きが長くなりましたが、半減期のタイミングでビットコイン(Bitcoin)価格はどの様に変動するのでしょうか。前回の半減期(2016年7月10日)では、半減期に向かって価格が上昇し、半減期が終わるといったん下落、その後再び価格上昇トレンドに戻るというパターンでした。ビットコイン(Bitcoin)は取り巻く状況が変わり続けているので次回もこうなるとは限りませんが、前回の教訓としては「半減期に向けて供給減少期待で価格上昇、半減期を迎えて利益確定売り」という感じでしょうか。少し先の話ではありますが、頭の片隅に覚えておくと役に立つかもしれません。

 

【徹底解説】ビットコインの半減期ってなに?原因は?影響はあるの?
半減期はビットコインにおけるビッグイベントです。半減期とは「マイニングの報酬が半分になる」ことを意味します。マイニング報酬が半分になる?気になるのはビットコインの価格がどうなるのか?その半減期っていつあるのか?徹底解説しています。

 

 

 

信頼度とは

最近の激しい値動きは主にビットコイン(Bitcoin)の信頼度に左右されています。まだまだビットコイン(Bitcoin)は一般的に普及・信頼されている金融商品と比べると「胡散臭い、詐欺ではないか」という印象が強いため、信頼性を揺るがすようなニュースが流れると一気に価格が下落してしまいます。ただしこれは価格が下がった「絶好の買い場」が訪れるということでもあるので、ニュースを正しく理解し判断することがビットコイン(Bitcoin)で稼ぐためには必要となります。

 

そこでビットコイン(Bitcoin)の信頼度が下がってしまうニュースの代表例を挙げます。

 

 

・ビットコイン(Bitcoin)取引所のハッキング・盗難・不正行為
ビットコイン(Bitcoin)取引所がハッキング攻撃を受けて、ビットコイン(Bitcoin)が盗難されたり、最悪破綻してしまい引き出し不能になってしまうリスクです。これによってビットコイン(Bitcoin)の信頼度が著しく毀損され、価格は大きく下落します。実際は取引所とビットコイン(Bitcoin)のシステムは全く別物で、取引所が脆弱だったからビットコイン(Bitcoin)が脆弱であるということではなく、取引所で購入したビットコイン(Bitcoin)を個人のウォレット(アプリや専用のUSBメモリ、紙等)で保管していれば取引所破綻の影響は受けずに済みます。

 

しかし風評被害は絶大で、かの有名な2014年の当時国内最大ビットコイン(Bitcoin)取引所「Mt.GOX」から300億円相当のビットコイン(Bitcoin)が消失したと報道された際には、ビットコイン(Bitcoin)価格は半額以下に暴落し、二年以上も高値を更新できないような状況になりました。このころからビットコイン(Bitcoin)=胡散臭いという評価は根強く、だからこそ信頼度に影響するニュースに価格が過敏に反応するようになっています。もちろん取引所のセキュリティ向上は健全な成長に必須なので、投資家の目が厳しくなったという良い面もあります。

 

 

・政府の規制
ビットコイン(Bitcoin)はその将来性により急激に成長しているため、各国の法制度が追い付かずに度々問題として取り上げられることがあります。また本質的に非中央集権通貨のビットコイン(Bitcoin)を国家政府が認めてしまって良いのか、という議論もあります。

 

特によく話題になるのは中国の規制です。最近でも2017年9月に中国では取引所での中国元でのビットコイン(Bitcoin)取引が全面的に禁止されると発表され、ビットコイン(Bitcoin)価格が暴落するという事件がありました。しかし11月からは中国の取引所も一部取引が再開されるなど、現状中国の強力な国力でもビットコイン(Bitcoin)を完全に禁止にはしない(できない)というのも重要な事実です。

 

逆に日本では金融庁がビットコイン(Bitcoin)取引所を認定制にして法的に認める姿勢を取るなど、各国の対応はばらつきがあるので注視が必要です。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)で稼ぐ時のリスク

ビットコイン(Bitcoin)は急成長中でチャンスに満ち溢れた投資対象ですが、当然リスクもあります。投資においてリスクとはリターンとほぼ同意義で、リターンの高いものには高いリスクがあります。正しくリスクを理解することで、過度にリスクを恐れ機会を逃すのではなく、リスクを適切にコントロールすることで、収益を最大化しましょう。

以下に代表的なビットコイン(Bitcoin)取引におけるリスクをいくつか挙げます。

 

 

価格下落リスク

文字通り価格が下落した時に、保有ビットコイン(Bitcoin)の価値が購入時より下回ってしまうリスクです。

 

ビットコイン(Bitcoin)は長期では上昇トレンドにあるものの、短期的には様々なニュースで価格が急落することもあります。このタイミングで売ってしまうと損失が確定してしまいます。価格の上下は必ず起こるものですが、ニュースを良く見極めて狼狽売りだけはせずに、慎重に売買することが大事です。ビットコイン(Bitcoin)は上昇トレンドにあるので、含み損状態でもキープできるなら、下落局面を耐え忍べば含み益に転じることもあります。

 

しかし信用取引をしている場合は素直に損切りラインを設定して、速やかに撤退するのがおススメです。レバレッジがかかった状態での長期保有はあまりにリスクが大きいからです。

 

 

 

価格上昇リスク

これは現物取引ではリスクにはなりませんが、信用取引で空売り(ショート)を行った時のリスクになります。ビットコイン(Bitcoin)は特にニュースがなくても価格が急騰することもあります。また長期的には上昇トレンドであるために、価格下落にレバレッジを掛けるショートを仕掛けるときには十分に注意しましょう。
TV等でビットコイン(Bitcoin)が取り上げられると急に認知度が上がって値上がりすることなどもあるので、ショート状態ではニュースから目を離さず、できれば長期の放置はやめて雲行きが怪しくなってきたら短期間で仕切り直しを行いましょう。

 

 

 

取引所ハッキングリスク

Mt.GOXやBitfinex等の国内外の大手取引所でもビットコイン(Bitcoin)の盗難は起こってしまっているのが実情です。信頼できる取引所を選ぶことと、できればビットコイン(Bitcoin)を保管する際は取引所ではなく個人のウォレットに移すようにしましょう。取引所を選ぶ際、日本では金融庁が仮想通貨取扱業者の許認可制度で認めた取引所があるために、信頼できる取引所の目安になります。

 

また一部の取引所(bitflyerやcoincheck)では不正ログインで損失が出た際には、一定の損失補償も行っているのでこのあたりも取引所選定の基準にされると良いでしょう。

 

 

 

政府規制リスク

中国やロシア、ベトナム等の旧共産圏の国々では特に、ビットコイン(Bitcoin)に一定の規制をかけようという動きが活発です。ビットコイン(Bitcoin)は国家のコントロール下にない通貨なだけに、政府によって規制されるリスクは常にあります。しかし特に日本については金融庁が適切な規制のもとに取引所業務を許可しており、これは他の先進国を見渡してもかなり進んだ取り組みなので、主に他国の規制動向およびそれに伴う値動きに注意しましょう。

 

【保存版】ビットコイン(Bitcoin)を取り巻くリスク | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)はどうしても怪しいイメージがありますが、イメージだけでなく、実際はどうなのでしょうか?ビットコイン(Bitcoin)に関するリスクを徹底解説します。

 

 

ビットコインを稼ぎやすい取引所は?

ビットポイント

 

現物手数料が無料であり、レバレッジ取引手数料(スワップポイント)も低いので、安くビットコインを手に入れることできます。また国内の取引所で手数料がかからずRipple(XRP)を購入できるのはbitbankとBITPointだけです。

 

またビットポイントのみ利用できるMT4とは、「MetaTrader4」というFX取引のためのツールソフトです。ウェブ上で世界中のクリエイターが作り出したインジケーターをダウンロードすることが出来るのも強みの一つです。また自分の勝ちパターンを自動売買機能に設定することで、自分が手を動かさなくても利益を生む仕組みを作ることが可能です!

 

比較的に上級者向けに充実したツールが揃えっている一方、アプリも非常に使いやすく、国内取引所で唯一電話サポートに対応しています。すぐに問題を解決したい場合や、専門スタッフによるサポートを受けたい方にはありがたいサポート体制なので、初心者にもおすすめです。

 

セキュリティにおいても親会社の「株式リミックスポイント」は東証二部上場企業であり、客の資産はすべてコールドウォレットで管理していますので、ハッキング等による流出リスクは小さいと言えます。

 

また今ならアカウント開設すると3,000円分のビットコインを全員にプレゼント中です!

 

 

 

仮想通貨の時価総額ランキング

 

ビットコイン(Bitcoin)


言わずと知れた仮想通貨の代表格で、歴史も知名度も時価総額も断トツのNo.1です。

 

ビットコイン(Bitcoin)は2009年にサトシ・ナカモトを名乗る人物の論文から始まった壮大な社会実験です。ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った、中央管理者の存在しない非中央集権型の電子通貨という、仮想通貨の代表的な形もビットコイン(Bitcoin)から始まりました。そしてこの思想は主に政府発行通貨への信頼が乏しい国(中国やその他発展途上国)を中心に徐々に広がり、数々の政府規制や取引所不祥事を乗り越えて現在まで成長を続けてきました。

 

送金が早く低コストであるという電子通貨のメリットから決済手段や国際送金手段としても既に多くの場所で取り入れられ、実用化されています。

 

また発行上限および半減期が設定されており供給量が絞られている=希少価値がある上に、PoWによる承認のためにマイナーは莫大な設備投資と維持費(電気代)を支払い続けています。ビットコイン(Bitcoin)は価値の裏付けがないと批判されることもありますが、上記のように希少価値のあるものを巨額の投資で掘り出しているのがビットコイン(Bitcoin)で、まさに金と同じ構図とも捉えられます。

 

よってインフレに強く法定通貨に対しては値上がりし続ける圧力がかかるため、価値のやり取りだけでなく、価値の保存手段としても大きな期待が寄せられています。ビットコイン(Bitcoin)は時価総額も取引高も仮想通貨の中で常にトップレベルを保っているので、取引所も多く流動性が高く取引しやすいのも大きな魅力です。そして仮想通貨取引の実質的な基軸通貨になっているために、まず最初に購入を検討すべき仮想通貨と言えます。

 

【完全保存版】ビットコイン(Bitcoin)とは?大全集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)ってどうしても難しいイメージが先行してしまいます。初心者向けにわかりやすく、そしてビットコイン(Bitcoin)の全てを解説し、ビットコイン(Bitcoin)ならではの特長を紹介しています。

 

【初心者向け】ビットコインの仕組みをわかりやすく徹底解説 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインってよく聞くけど、一体どういうモノなの?初心者の方でもわかりやすくビットコインの仕組みを解説しています。これであなたもビットコインマスター!

 

ビットコイン(Bitcoin)の19のメリット・デメリット総まとめ集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)の関するメリット・デメリットを包み隠さず、解説しています。

 

【保存版】ビットコインをはじめとする、有名アルトコイン13選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン、イーサリアム、リップル…アルトコインは多数あります。今回は最低限有名どころなアルトコイン13選をまとめました。

 

 

 

イーサリアム


イーサリアムとは仮想通貨時価総額でビットコイン(Bitcoin)に次ぐ第2位に位置する、代表的なアルトコインで、単位はETHとなります。イーサリアムはビットコイン(Bitcoin)2.0とも言われるビットコイン(Bitcoin)の改良・進化版のアルトコインの一種です。

 

その最大の特徴は、スマートコントラクトというブロックチェーンを使った契約機能にあります。ビットコイン(Bitcoin)は基本的に支払いや送金にしか使えませんが、イーサリアムのスマートコントラクトを使うと、契約の締結から履行、支払いまで一貫でブロックチェーン上で行うことが可能になります。

 

具体的な例を挙げると、将来的には個人間でオークション等で物を売買したら、売買契約をイーサリアムで結び、ドローンで配達、確実に相手の手元に届いてから支払い実施、のような事がブロックチェーン上で、つまり中央的な管理会社不要で実現できる可能性があります。

 

またイーサリアムはブロックチェーンのプラットフォームでもあるために、イーサリアムベースのトークン(独自の仮想通貨)を発行することも可能です。この機能によってICOと呼ばれる、ベンチャー企業や新規プロジェクトが、イーサリアムベースの独自トークンを発行して資金を調達するという、新たな資金調達方法も多く行われています。ICOで発行されたトークンは取引所に上場すると値上がりすることが多くあるために、ICOにいち早く参加してトークンを獲得、取引所上場後に売却して差益を得るという手法も2017年前半に大流行しました。

 

今はICOについては各国の規制も行われ過剰なブームは落ち着きましたが、イーサリアムはICOの基軸通貨で、スマートコントラクト機能を備えたプラットフォームとしてもその技術的な将来性は非常に高い仮想通貨です。

 

【ビットコインとイーサリアムの違い5選】~イーサリアムを扱う取引所一覧表~ | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインと並んで人気なアルトコインである”イーサリアム”。イーサリアムも興味があるが、ビットコインのどういった違いがあるのか。またイーサリアムのポテンシャルは?歴史から紐付いて解説しています。
【完全比較】イーサリアム(ETH)購入におすすめな取引所
イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額第2位の仮想通貨であり、非常に注目を浴びています。イーサリアムを購入できる取引所も多くありますが、どこが一番安く購入できるか知っていますか?答えは[『Zaif』です!手数料、保有手数料等さまざまな手数料を日本の取引所、海外の取引所すべて徹底比較しました!
【今後の予想】イーサリアム(ETH)の将来性を徹底的に考えてみた
時価総額は仮想通貨の中で2位のイーサリアム(ETH)。イーサリアム(ETH)へは『マイクロソフト』『三菱東京UFJ』など続々と大手企業もビジネス利用に乗り出しています。また格付け機関でB評価と高い評価を受け、かなり将来性のあるアルトコインです。

 

 

 

リップル

リップルは時価総額トップ5の常連で単位はXRP、国際送金の用途に特化した少し毛色の違う仮想通貨です。

 

他の多くの仮想通貨が非中央集権的であるのに対して、リップルはリップル社という米国の企業が開発し、その流通量もコントロールしています。そして特筆すべきことにリップル社はあのgoogleの関連会社からの出資を受けています。これだけでリップルの良し悪しは判断できませんが、それだけ期待されている企業の仮想通貨だとは言うことができるでしょう。

 

リップルは主に銀行間の国際送金の際に仲介する「ブリッジ通貨」となるべく開発が進められています。現在の銀行間の国際送金は高額な手数料や、数日に及ぶ取引時間という問題があります。ここで送金元通貨を一旦XRPに変換してから電子送金し、現地でXRPから現地通貨へ再変換することで低手数料・高速取引を実現しようというのがリップル社の壮大な目標です。

 

リップルはビットコイン(Bitcoin)の様にPoWを採用しておらず、独自の高速承認システムを実装しているために送金は数秒(ビットコイン(Bitcoin)は10分以上)で済み、手数料も数円以下と格安で済みます。また最初から国際送金の膨大なボリュームを処理できるように開発されているために、ビットコイン(Bitcoin)が対策を続けているスケーラビリティ問題(増加しつづける送金処理をどの様に対処するかという課題)に非常に強く、既に全世界で決済に使われているVISAと同等の処理能力(処理速度)を持っています。

 

リップルは多くの銀行と提携を表明しており、国内でも三菱東京UFJ銀行が2018年からリップルの技術を用いた海外送金を開始する予定との報道もありました。既存の金融機関と密接に連携しその問題を解決するのがリップルのミッションであり、壮大な国際プロジェクトのコア技術となります。

 

ビットコイン(Bitcoin)とリップル(XRP)の違い5選~リップルを取扱う取引所一覧~ | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)と並んで人気なアルトコインである”リップル(XRP)”。リップル(XRP)も興味があるが、ビットコイン(Bitcoin)のどういった違いがあるのか。またリップル(XRP)のポテンシャルは?歴史から紐付いて解説しています。
【完全比較】リップル(XRP)の購入におすすめな取引所
リップル(XRP)はSBIをはじめとする名だたる大企業より非常に注目を浴びています。リップル(XRP)を購入できる取引所も多くありますが、どこが一番安く購入できるか知っていますか?答えは『bitbank』です!手数料、保有手数料等さまざまな手数料を日本の取引所、海外の取引所すべて徹底比較しました!
【今後の予想】リップル(XRP)の将来性を徹底的に考えてみた
三井住友銀行やりそな銀行といった、大手金融機関をはじめとした日本の金融機関37社と韓国の金融機関がリップルの技術を使って送金の実験を始める発表。実験が成功すれば、日韓の金融機関同士の送金が即日で完結できるようになり、送金のコストを30%削減できます。このようにリップル(XRP)は大手金融機関からも非常に注目されており、価格推移はより上昇するのではないかと期待されています。今後のリップル(XRP)の価格推移を徹底解説しています。

 

 

 

ライトコイン


ライトコインは元GoogleエンジニアであるCharlie Lee氏によって2011年にリリースされた、ビットコイン(Bitcoin)の弱点を補ってより実用的にしたような仮想通貨です。

 

時価総額ランキングではTop10常連で、単位はLTCとなります。

 

基本的な仕組みはビットコイン(Bitcoin)と同様ですが、以下の様な違いがあります。

 

・発行上限が8400万枚とビットコイン(Bitcoin)(2100万枚)より多い
供給量が多いことで、ビットコイン(Bitcoin)ほどの急激な値上がりはしにくく、決済用途に使いやすくなります。

 

・マイニングコスト(電気代)が安い
ビットコイン(Bitcoin)に比べるとマイニングにかかる電気代は低く効率的に採掘できるため、マイナーからの支持が強いです。

 

・承認が2.5分~と早い(ビットコイン(Bitcoin)は10分~)
承認が早いために決済や送金時の待ち時間が少なく済みます。

 

またビットコイン(Bitcoin)を補完する様な生い立ちからか、価格にも相関がみられることがしばしばあります。特にビットコイン(Bitcoin)に不穏なニュースが出た際にはビットコイン(Bitcoin)価格が下がってライトコイン価格が上昇する様な場面も過去にはありました(2017年7月のビットコイン(Bitcoin)分裂騒動の時など)。

 

また技術開発が活発な点もライトコインの特徴です。開発者のLee氏は2017年までCoinbase社という世界最大級のビットコイン(Bitcoin)取引所に勤めていましたが、現在は退社してライトコインの開発に集中しています。
そしてビットコイン(Bitcoin)に先んじてSegwitやLightning Networkと呼ばれる送金処理能力向上技術も実用化しています。

 

これらについてLee氏は積極的にtwitterで発信しているのでライトコインの購入を検討している方はチェックしてみると良いでしょう(英語なので必要に応じてgoogle翻訳をご利用ください)。

【完全比較】ライトコイン(LTC)の購入におすすめな取引所
ライトコインの誕生は2011年10月7日。元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によってリリースされた仮想通貨です。現在はライトコイン(LTC)を購入できる取引所も多くありますが、どこが一番安く購入できるか知っていますか?答えは『bitbank』です!手数料、保有手数料等さまざまな手数料を日本の取引所、海外の取引所すべて徹底比較しました!
【今後の予想】ライトコイン(LTC)の将来性を徹底的に考えてみた
ライトコインの誕生は2011年10月7日。元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によってリリースされた仮想通貨です。仮想通貨全体でも5位の規模を持つので、注目度は高いといえます。ですが、ビットコインより優れた通貨であるにも関わらず、ビットコインより時価総額が低いのはおかしいともいえます。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)で億単位を稼いだ有名人

【億り人】ビットコインで億万長者の11人 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを保有者であれば、誰もが憧れる『億り人』実は身近のあの人も『億り人』かも…まだまだ億万長者のチャンスはあるかも!?

 

 

 

 

あわせて読みたい

【初心者向け】ビットコインマイニングのわかりやすく徹底解説
マイニング(Mining)とは、日本語で「採掘」を意味します。ビットコインは、貨幣のように特定の機関が発行していません。このマイニングよって新規に発行されます。マイニングは誰でも参加出来ます。ビットコインのマイニングをイメージしやすくすると、ブロックチェーンを繋げるカギを見つる作業を意味します。報酬額は報酬額は12.5BTCです。日本円にすると、なんと2,312万円!
【徹底比較】現物取引と信用取引の5つの違い | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインの信用取引は、取扱企業等に証拠金となる通貨を預け、ビットコインを借りて運用することをいいます。通常の現物取引の違い、注意点についてまとめ、紹介しています。
【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)信用取引の用語解説~信用取引所一覧表~ | ビットコイン取引所オールナビ
信用取引には難しい漢字が並んでいますよね…。知っておきたい用語をまとめ、解説しています。加えて信用取引におけるおすすめビットコイン(Bitcoin)取引所を紹介してます!
【徹底解説】ビットコインの半減期ってなに?原因は?影響はあるの?
半減期はビットコインにおけるビッグイベントです。半減期とは「マイニングの報酬が半分になる」ことを意味します。マイニング報酬が半分になる?気になるのはビットコインの価格がどうなるのか?その半減期っていつあるのか?徹底解説しています。
【保存版】ビットコイン(Bitcoin)を取り巻くリスク | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)はどうしても怪しいイメージがありますが、イメージだけでなく、実際はどうなのでしょうか?ビットコイン(Bitcoin)に関するリスクを徹底解説します。
【完全保存版】ビットコイン(Bitcoin)とは?大全集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)ってどうしても難しいイメージが先行してしまいます。初心者向けにわかりやすく、そしてビットコイン(Bitcoin)の全てを解説し、ビットコイン(Bitcoin)ならではの特長を紹介しています。
【初心者向け】ビットコインの仕組みをわかりやすく徹底解説 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインってよく聞くけど、一体どういうモノなの?初心者の方でもわかりやすくビットコインの仕組みを解説しています。これであなたもビットコインマスター!
ビットコイン(Bitcoin)の19のメリット・デメリット総まとめ集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)の関するメリット・デメリットを包み隠さず、解説しています。
【保存版】ビットコインをはじめとする、有名アルトコイン13選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン、イーサリアム、リップル…アルトコインは多数あります。今回は最低限有名どころなアルトコイン13選をまとめました。
【ビットコインとイーサリアムの違い5選】~イーサリアムを扱う取引所一覧表~ | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインと並んで人気なアルトコインである”イーサリアム”。イーサリアムも興味があるが、ビットコインのどういった違いがあるのか。またイーサリアムのポテンシャルは?歴史から紐付いて解説しています。
ビットコイン(Bitcoin)とリップル(XRP)の違い5選~リップルを取扱う取引所一覧~ | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)と並んで人気なアルトコインである”リップル(XRP)”。リップル(XRP)も興味があるが、ビットコイン(Bitcoin)のどういった違いがあるのか。またリップル(XRP)のポテンシャルは?歴史から紐付いて解説しています。
【億り人】ビットコインで億万長者の11人 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを保有者であれば、誰もが憧れる『億り人』実は身近のあの人も『億り人』かも…まだまだ億万長者のチャンスはあるかも!?

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

ビットコイン(Bitcoin)で稼ぐ方法

ビットコイン(Bitcoin)には、「ブロックチェーンという新しい技術」、「非中央集権型の通貨という社会実験」、「金融+ITのフィンテックの最前線」など多くの側面があり、世界中の多くの人々が注目しています。

 

しかし興味を持ったきっかけは何であれ、実際に取引を行う立場になれば、一番気になるのは「ビットコイン(Bitcoin)で稼ぐ方法」ではないでしょうか。ビットコイン(Bitcoin)も金融商品のひとつでありますが、マイニングなど従来の金融商品では存在しなかった稼ぎ方も存在します。ビットコイン(Bitcoin)で稼ぐ方法は未知の可能性に満ちていますが、その一部を紹介します。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)マイニングについて

まずマイニングの方法を説明する前に、ビットコイン(Bitcoin)の仕組みについて簡単に説明します。

 

ビットコイン(Bitcoin)はデジタル通貨であって、支払いが完了したことや、二重支払いが行われていないかどうかを承認して、ブロックチェーンという分散型の台帳に書き込まないといけません。これらの承認作業はコンピューターの計算によって行われ、この計算をより多く行った者に手数料としてビットコイン(Bitcoin)が配布されます。よってこのコンピューターによる計算をマイニング、マイニングを行う者をマイナーと呼びます。

 

この仕組みはPoW (Proof of Work)と言って、計算能力を増やすほどにマイナーは多くのビットコイン(Bitcoin)を稼げ、また計算能力が増えるほどビットコイン(Bitcoin)は承認が複雑になりハッキングに強くなるという仕組みです。マイニングは個人のパソコンでも可能で、専用のマイニングソフトを使って「マイニングプール」というマイニングのチームに登録することですぐにでもできます。

 

また新たな単語の説明になってしまいますが「難易度」とは、マイニングの難しさ、つまりビットコイン(Bitcoin)を掘り当てるのに必要な計算能力のことです。ビットコイン(Bitcoin)の採掘難易度は、マイナーが増えるほどに上昇していくので、マイナーは常に計算能力を増強し続けないといけません。このマイニング競争によってPoW通貨のビットコイン(Bitcoin)はハッキング耐性を担保しています。

 

では難易度が上昇した今誰がマイニングしているのかというと、その大部分は中国などの電気代が安い国で「ASIC」というビットコイン(Bitcoin)のマイニング専用に作られた、非常にマイニング性能の高い専用コンピューターを何万台も稼働させている「マイニングファーム」という工場で行われています。これらに立ち向かって個人でマイニングで収益を上げるには、ASICを海外通販で輸入して行う方法もありますが、現実的には「クラウドマイニング」に投資するという方法が一番手軽で収益も期待できます。

 

「クラウドマイニング」とは、マイニングファームを持つ企業に出資することで、出資額に応じたマイニング能力を一定期間借りる事ができるという投資商品です。一例を挙げると、10万円をクラウドマイニング業者に投資することで、10万円分のマイニング能力(ハッシュレートと呼びます)を1年間使う事ができます。

 

この1年間にマイニングされたビットコイン(Bitcoin)は投資者のものになります。マイニング機材の用意や維持管理、電気代の支払いは全てクラウドマイニング業者が負担するために、投資者はただ投資して待っているだけでビットコイン(Bitcoin)を稼げるという仕組みです。クラウドマイニングの優れているところは、個人では用意することのできない最新のマイニング機材や莫大な電気料金、コンピューターを冷却する施設や、維持管理する人間を全てクラウドマイニング業者が準備してくれて、それらのリスクを負ってくれる点ですでは投資者に100%リスクがないのではというと、もちろんそうではありません。

 

まず、これはどんな投資にも共通しますがクラウドマイニング業者が破綻すると投資金額の回収が困難になることが予想されます。そして何よりマイニング難易度の上昇による採掘量の低下およびビットコイン(Bitcoin)価格自体の下落によって損益分岐点を下回り、クラウドマイニングに投資するよりもそのままビットコイン(Bitcoin)を買う方が得だった、もしくは投資金額のビットコイン(Bitcoin)の回収すらできなかった、となってしまう可能性もあります。

 

しかし後者についてはクラウドマイニング各社のホームページで、大よその元本回収期間や期待収益は公開されているので、リスクコントロールすることは十分可能です。できるだけ元本回収機関が短いものを選べば、それ以降の契約期間にマイニングされるビットコイン(Bitcoin)は全て利益になります。個人でASICを用意して趣味としてマイニングを行うのも、クラウドマイニングでリスクを抑えてマイニング収益を狙うのも、どちらも立派なマイニングであって、稼ぎだけでなくビットコイン(Bitcoin)ネットワークへの貢献にもなります。

 

【初心者向け】ビットコインマイニングのわかりやすく徹底解説
マイニング(Mining)とは、日本語で「採掘」を意味します。ビットコインは、貨幣のように特定の機関が発行していません。このマイニングよって新規に発行されます。マイニングは誰でも参加出来ます。ビットコインのマイニングをイメージしやすくすると、ブロックチェーンを繋げるカギを見つる作業を意味します。報酬額は報酬額は12.5BTCです。日本円にすると、なんと2,312万円!

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)売買について

ビットコイン(Bitcoin)に限らず、全ての金融商品、ひいては全ての商売に通じる普遍的な稼ぎ方が「安く買って高く売る」というトレード(売買)です。

 

ビットコイン(Bitcoin)は世界中の取引所に上場されており、24時間取引可能なので、常に価格が動いています。ビットコイン(Bitcoin)には発行主体や管理者がいないので、一般的な商品のように価格を決定する権限は基本的に誰にもありません。よってその価格は株価と同じように、取引所に参加する投資家の需要と供給で全て決まります。

 

具体的には、ビットコイン(Bitcoin)を売りたい人が多数で買いたい人が少数だった場合は、市場にビットコイン(Bitcoin)が余っている状態、つまり需要<供給となり、取引所でのビットコイン(Bitcoin)の価格は下がります。逆に多くの人がビットコイン(Bitcoin)を買いたがっているけれども、売ってくれる人が少数の場合は、需要>共有となり価格は上がります。ビットコイン(Bitcoin)価格はビットコイン(Bitcoin)の誕生以降、ほぼ一貫して上昇を続けているのは、常に世の中に売りに出されるビットコイン(Bitcoin)の量よりも多くのビットコイン(Bitcoin)需要がありつづけたということになります。

 

ビットコイン(Bitcoin)の売買はビットコイン(Bitcoin)取引所で行う事ができます。売買を行う基本的な流れは「取引所の口座開設→取引所に入金→取引所でビットコイン(Bitcoin)を売買→利益を取引所から出金」となります。取引所は国内外に多くの業者がありますので、その中から自分に合った信頼できる取引所を選びましょう。

 

ビットコイン(Bitcoin)の取引所の中には少しややこしいのですが、「販売所」「取引所」があります。

 

販売所は決められた価格ですぐにビットコイン(Bitcoin)が買えるシステムで、手軽ですが手数料が高く、買う時には少し割高、売る時には少し割安になってしまいます。

 

取引所は売りたい人と買いたい人がそれぞれ希望の値段を提示して取引するシステムで、価格が折り合わないと購入できませんが、手数料が非常に低いので効率的に売買できます。取引所での注文方法は「成り行き」「指値」があります。

 

成り行き注文は価格を指定しない注文で、市場価格での売買注文になります。約定(売買の成立)も起こりやすいので、初心者にはおすすめの注文方法です。

 

指値注文は希望金額を決めた注文で、その価格にならないと約定しません。自分で損益計算した価格で注文を出せるために、中級者以上は基本的に指値注文を好みます。

 

売買で利益を出すには「安く買って高く売る」の原則が全てですが、価格差(投資用語でボラリティと呼びます)を取りだす方法は大きくふたつあります。

 

ひとつは時間の経過による価格変動を使う方法です。同じスーパーの同じ牛乳がセールの日には安くなるように、ビットコイン(Bitcoin)も様々なニュースによって価格が上下します。安い時に買って、高くなったら売る、というのが時間経過による価格変動を使った売買になります。

 

もうひとつは取引所の違いによる価格差を使う方法です。同じ牛乳でも隣のスーパーの方が安いことがあるように、ビットコイン(Bitcoin)の価格も取引所によって少し異なります。これはまだビットコイン(Bitcoin)市場の参加者が多くないために、取引所毎にそれぞれ需要と供給のバランスに差が出てしまうために起こります。

 

よってビットコイン(Bitcoin)価格の安い取引所でビットコイン(Bitcoin)を買って、ビットコイン(Bitcoin)価格の高い取引所に送金して売却することで利益をあげる売買も可能となります(この手法を投資用語では裁定取引=アービトラージと呼びます)。

 

ビットコイン(Bitcoin)の売買のテクニックとしては大きく分けて長期売買短期売買があります。

 

長期売買とはその名の通り、数か月~数年間のスパンでビットコイン(Bitcoin)の売買を行うことです。現在ビットコイン(Bitcoin)はおおよそ2年で10倍程度の価格上昇を続けており、長期売買には最適な投資商品となっております。またビットコイン(Bitcoin)は定期的に暴落しており、短期的な価格変動で精神をすり減らさないためにも、長期売買というのはビットコイン(Bitcoin)に向いていると言えるでしょう。

 

短期売買はその逆で、他の金融商品に比べても圧倒的に大きなボラリティをもつビットコイン(Bitcoin)の特徴を最大限利用し、一日~一週間スパンで売買を繰り返す方法です。アンテナを高く張ってニュースを常にチェックし、最適な売買を繰り返すことができるとリターン(利益)は長期投資をはるかに凌ぐ可能性を秘めています。もちろんそれだけビットコイン(Bitcoin)価格の下落で損失を出す確率も上がるため、非常にハイリスク・ハイリターンな売買方法となります。

あくまでもビットコイン(Bitcoin)の売買は自己責任でリスクを管理しつつ、しっかり情報収集を行い最大限の収益を手に入れましょう。

 

 

 

現物取引について

ビットコイン(Bitcoin)の売買の基本は現物取引になります。

 

現物取引とは、自分の資金を使ってビットコイン(Bitcoin)の実物を購入すること、および自分の保有しているビットコイン(Bitcoin)を市場価格で売却することです。現物と言っても、実際の物質としてビットコイン(Bitcoin)があるわけではなく、あくまでも電子データとしてのビットコイン(Bitcoin)の所有権を実際に取引することを意味します。

 

例えば、自分の銀行預金に預けている100万円の現金をビットコイン(Bitcoin)取引所に入金して、ビットコイン(Bitcoin)を1btc購入する。もしくは、ビットコイン(Bitcoin)取引所に預けている1btcを取引所で売却する。これらを現物取引と呼びます。当たり前すぎてなぜこんなことを説明するのか分からないと思った方もいるでしょうが、これは後に紹介する応用的な「信用取引」と対になる概念なので、まずはしっかり理解して下さい。

 

現物取引のポイントは、借金をせずに自己資金で実物を売買するという点です。まず借金をせずに自己資金で売買を行うことによって、メリットとデメリットが存在します。

 

メリットについては、自己資金の中でしか売買しないので、最悪ビットコイン(Bitcoin)の価値がゼロになった場合でも被る損失は、自身が拠出した資金の範囲内で収まるという点です。これはリスクが限定的であるということで、初心者にもまず最初におススメしたい売買方法となる理由です。

 

逆にデメリットは、動かせる投資金額が自己資金の範囲内に限られるために、期待できるリターンも限られているという点があります。これはリスクが低い分、その裏返しとなるところです。そして何より大きなデメリットが、利益を出す方法が安く買って高く売るという方法しかないということです。

 

ビットコイン(Bitcoin)価格上昇局面では現物取引で、ビットコイン(Bitcoin)を購入して価格が上がったら売却を行うことで利益を上げることができます。しかしビットコイン(Bitcoin)価格下落局面では、現物取引では利益を出すことができないので、ただひたすらに価格下落が終わって価格上昇トレンドに転換するのを待つしかありません。待てば良いだけ、と思われるかもしれませんがこれは大きな機会損失となってしまします。機会損失とは経済学の概念で、概要を説明すると「儲けるチャンスがあったのに儲けられなかったら、実際に損失は出していなくても儲けの期待値分は損をしている」ということです。

 

例えば、一か月のうちでビットコイン(Bitcoin)価格上昇した日が15日あって、残りの15日はビットコイン(Bitcoin)価格が下落していたとします。この場合、現物取引しか行わなければ儲けられる可能性があるのは一カ月の内半分だけで、残りの半分の時間は無駄にしていることになってしまいます。つまり、もし価格下落局面でも儲けられる手法があるのにそれを使わずに、価格下落局面では使えない現物取引にこだわっていると、儲けられるはずだった機会を損失してしまうということです。

 

このように売買を行う上で、現物取引は比較的低リスク・低リターンという特徴があります。この他の特徴としては、ビットコイン(Bitcoin)現物を所有することができるので、もし価格が下落したら価格が再び上昇するまでいつまでも持っておくこともできます。また現物なので貯金の代わりに将来に備えて少しずつ積み立て購入したり、他人に送金できるなど自由度が高いのも現物取引ならではとなります。

【徹底比較】現物取引と信用取引の5つの違い | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインの信用取引は、取扱企業等に証拠金となる通貨を預け、ビットコインを借りて運用することをいいます。通常の現物取引の違い、注意点についてまとめ、紹介しています。

 

 

 

信用取引について

取引所に担保となる自己資金(証拠金と呼びます)を入金すると、取引所にもよりますが最大で証拠金の25倍程度の金額を取引所から一時的に借金する形で運用することができます。この証拠金に対する最大運用可能金額の倍率をレバレッジ(てこの原理)と呼びます。てこが少ない力で大きなものを動かせるように、小さな資金で大きな運用ができるという意味です。

 

例えば手元資金が10万円しかなくても、それを元手に250万円分のビットコイン(Bitcoin)を購入することができるということです。仮に10%値上がりして利益が出た場合、現物取引なら利益は1万円ですが、信用取引なら最大25万円のリターンを得る事ができます。

 

このレバレッジを掛けて自己資金では得られない大きなリターンを得るというのは、投資戦略において非常に重要な戦法となります。

 

投資の最大の目標は、資産を「早く大きく」することです。このうち資産を大きくするという視点は皆さん持っているのですが、早くという点は見逃されがちです。早さなどどうでもよいから資産を大きくしたい、ということであれば金や土地を持っているだけで、歴史に裏付けされている長期的なインフレーションによって50年以上過ぎれば価格は大幅に上昇している可能性が非常に高いです。

 

しかし資産家以外の庶民が投資によって財を成そうとすると、少ない資金をいかに早く効率的に回転させて大きくするかという視点が必須になります。そこで少額資金を効率的に大きくできるレバレッジ取引は大きなチャンスとなります。ただしレバレッジを掛ける分、損失も10倍になってしまう点は見逃せない大きなリスクです。これゆえに信用取引はビットコイン(Bitcoin)取引の中級~上級者向けの取引方法となります。

 

ではレバレッジによって自己資金以上の損失が出てしまった場合どうなるのでしょうか。

 

例えば、10万円の証拠金で250万円分のビットコイン(Bitcoin)を購入したが、10%の暴落があった場合を考えてみましょう。250万円分のビットコイン(Bitcoin)が10%減となる、つまり手元に10万円しかないのに25万円の損失となります。実際にはロスカットと言って、自己資金を上回る損失が出る前に自動的に取引所が損失確定の取引を行います。今回の場合だと損失が10万円に達する前に(多くの取引所ではロスカット基準=証拠金維持率=75%程度に設定しているので損失が2.5万円程度で)信用買いしていたビットコイン(Bitcoin)を全て売却することで、口座がマイナスになることを防いでくれます。

 

しかしあまりに急激な価格変動でロスカット注文が間に合わないことがまれにあります。この場合は損失が証拠金を上回ってからロスカットが行われることになり、口座残高はマイナスとなります。その場合行われるが、信用取引投資家が一番恐れている追加証拠金、略して「追証」と呼ばれるものです。これは文字通り不足した証拠金を後から入金しないといけない状態です。

 

この追証があるために信用取引は利益がマイナスになって、最悪の場合は破産に追い込まれる可能性も秘めています。10万円取引の例ですと、ロスカットが間に合わず25万円の損失が確定してしますと、不足分の15万円が追証請求され数日以内に振り込まないといけなくなってしまします。ただしこの追証がない(=口座がマイナスになることがなくリスクが限定的)FX取引所もあるため(GMOコイン等)、信用取引を行いたい場合は取引所の条件を良くチェックしましょう。

 

信用取引にはもうひとつ大きな特徴があり、価格下落局面でも利益を上げることができます。

 

この手法は空売り、もしくはショートと呼ばれ高値でビットコイン(Bitcoin)を売って、安値で買い戻すことでその下落幅を利益にすることができるというものです。信用取引ならではで、高値の時に証拠金を担保に取引所からビットコイン(Bitcoin)を借りて売却、安値でビットコイン(Bitcoin)を購入して取引所に返却しているという意味になります。

 

【空売りとは?】空売り向けのおすすめビットコイン(Bitcoin)取引所
空売りとは、何も持っていない状態で売るという方法です。そして、後から買い戻すという行為を行い利益をあげます。空売りは有効に活用すると、下降相場であっても大きな利益を得ることができます。ビットコイン(Bitcoin)を空売りする取引所を厳選して紹介します。

 

具体例では、10万円の証拠金で250万円分のビットコイン(Bitcoin)を空売りし、10%値下がりしたら買い戻して25万円の利益、逆に値上がりしていたら損失となります。空売りの存在で価格上昇トレンドだけでなく価格下落トレンドでも利益を出せるために、信用取引では機会損失を小さくできます。レバレッジによる資金効率も合わさって、リスクはありますが資金力の小さい個人でも大きなチャンスを手にすることができる可能性があるのが、信用取引です。

 

【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)信用取引の用語解説~信用取引所一覧表~ | ビットコイン取引所オールナビ
信用取引には難しい漢字が並んでいますよね…。知っておきたい用語をまとめ、解説しています。加えて信用取引におけるおすすめビットコイン(Bitcoin)取引所を紹介してます!

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の価格変動のタイミング

ビットコイン(Bitcoin)はボラリティがとても大きいので、リスクもリターンも高い投資となります。そんなビットコイン(Bitcoin)でも、価格変動がどの様なタイミングでどんな原因で起こるかを知っておけば、ボラリティを味方につけてリスクを抑えリターンを最大化することができます。すべての価格変動のタイミングを予想することはできませんが、少しでも知識を持っておくと周りより早く価格変動の兆しに気付くことができるかもしれません。そこで、代表的な価格変動タイミングをご紹介します。

 

 

 

半減期とは

ビットコイン(Bitcoin)は2100万枚という発行上限があり、そこに向かってマイニングで日々新たなビットコイン(Bitcoin)が発行されています。そしてこのマイニングによって発行されるビットコイン(Bitcoin)の量は定期的に半分に削減されており、このタイミングを半減期と言います。

 

ビットコイン(Bitcoin)のマイニング報酬(ブロックと呼ばれるマイニング単位を最初に採掘した場合の報酬)は、ビットコイン(Bitcoin)がスタートした2009年当初は50BTCでしたが、最初の半減期があった2013年には25BTCに削減されました。次の半減期は2016年にあって、現在のマイニング報酬は12.5BTCとなっています。おおよそ4年に一度半減期が来るペースで、最終的にマイニング報酬は半減を続け、2040年には0となる、つまりマイニングによる新規ビットコイン(Bitcoin)の供給がなくなるということです。

 

2040年以降のことは諸説ありますが、マイナーは送金手数料を得るビジネスになるのではなどと言われています。マイナーがマイニングを行いブロックチェーンの承認作業を行わないとビットコイン(Bitcoin)の取引が成立しないために、何かしらの形でマイナーの収入減は確保されるはずです。

 

ではこの半減期がなぜあるのかというと、急激なインフレーション(ビットコイン(Bitcoin)価格低下)を防ぐためです。

 

経済学の説明になりますが、通貨の供給量が増えると、通貨の価値は下がってモノの価格は上昇するインフレーションとなります。その逆が日本が長く苦しめられたデフレーションとなります。日本円などの法定通貨は中央銀行が発行量をコントロールし、急激なインフレやデフレが起こらないように調整しています。一方ビットコイン(Bitcoin)は中央管理主体がないために、もし半減期がなくマイナーが無制限にビットコイン(Bitcoin)の発行を行えば、ビットコイン(Bitcoin)の供給量は急増してしまいます。そうなるとビットコイン(Bitcoin)はインフレを起こし価格は急落してしまいます。この事態を防ぐための仕組みが、ビットコイン(Bitcoin)供給量を制限(ゆっくり減らしていく)する半減期という仕組みです。

 

では前置きが長くなりましたが、半減期のタイミングでビットコイン(Bitcoin)価格はどの様に変動するのでしょうか。前回の半減期(2016年7月10日)では、半減期に向かって価格が上昇し、半減期が終わるといったん下落、その後再び価格上昇トレンドに戻るというパターンでした。ビットコイン(Bitcoin)は取り巻く状況が変わり続けているので次回もこうなるとは限りませんが、前回の教訓としては「半減期に向けて供給減少期待で価格上昇、半減期を迎えて利益確定売り」という感じでしょうか。少し先の話ではありますが、頭の片隅に覚えておくと役に立つかもしれません。

 

【徹底解説】ビットコインの半減期ってなに?原因は?影響はあるの?
半減期はビットコインにおけるビッグイベントです。半減期とは「マイニングの報酬が半分になる」ことを意味します。マイニング報酬が半分になる?気になるのはビットコインの価格がどうなるのか?その半減期っていつあるのか?徹底解説しています。

 

 

 

信頼度とは

最近の激しい値動きは主にビットコイン(Bitcoin)の信頼度に左右されています。まだまだビットコイン(Bitcoin)は一般的に普及・信頼されている金融商品と比べると「胡散臭い、詐欺ではないか」という印象が強いため、信頼性を揺るがすようなニュースが流れると一気に価格が下落してしまいます。ただしこれは価格が下がった「絶好の買い場」が訪れるということでもあるので、ニュースを正しく理解し判断することがビットコイン(Bitcoin)で稼ぐためには必要となります。

 

そこでビットコイン(Bitcoin)の信頼度が下がってしまうニュースの代表例を挙げます。

 

 

・ビットコイン(Bitcoin)取引所のハッキング・盗難・不正行為
ビットコイン(Bitcoin)取引所がハッキング攻撃を受けて、ビットコイン(Bitcoin)が盗難されたり、最悪破綻してしまい引き出し不能になってしまうリスクです。これによってビットコイン(Bitcoin)の信頼度が著しく毀損され、価格は大きく下落します。実際は取引所とビットコイン(Bitcoin)のシステムは全く別物で、取引所が脆弱だったからビットコイン(Bitcoin)が脆弱であるということではなく、取引所で購入したビットコイン(Bitcoin)を個人のウォレット(アプリや専用のUSBメモリ、紙等)で保管していれば取引所破綻の影響は受けずに済みます。

 

しかし風評被害は絶大で、かの有名な2014年の当時国内最大ビットコイン(Bitcoin)取引所「Mt.GOX」から300億円相当のビットコイン(Bitcoin)が消失したと報道された際には、ビットコイン(Bitcoin)価格は半額以下に暴落し、二年以上も高値を更新できないような状況になりました。このころからビットコイン(Bitcoin)=胡散臭いという評価は根強く、だからこそ信頼度に影響するニュースに価格が過敏に反応するようになっています。もちろん取引所のセキュリティ向上は健全な成長に必須なので、投資家の目が厳しくなったという良い面もあります。

 

 

・政府の規制
ビットコイン(Bitcoin)はその将来性により急激に成長しているため、各国の法制度が追い付かずに度々問題として取り上げられることがあります。また本質的に非中央集権通貨のビットコイン(Bitcoin)を国家政府が認めてしまって良いのか、という議論もあります。

 

特によく話題になるのは中国の規制です。最近でも2017年9月に中国では取引所での中国元でのビットコイン(Bitcoin)取引が全面的に禁止されると発表され、ビットコイン(Bitcoin)価格が暴落するという事件がありました。しかし11月からは中国の取引所も一部取引が再開されるなど、現状中国の強力な国力でもビットコイン(Bitcoin)を完全に禁止にはしない(できない)というのも重要な事実です。

 

逆に日本では金融庁がビットコイン(Bitcoin)取引所を認定制にして法的に認める姿勢を取るなど、各国の対応はばらつきがあるので注視が必要です。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)で稼ぐ時のリスク

ビットコイン(Bitcoin)は急成長中でチャンスに満ち溢れた投資対象ですが、当然リスクもあります。投資においてリスクとはリターンとほぼ同意義で、リターンの高いものには高いリスクがあります。正しくリスクを理解することで、過度にリスクを恐れ機会を逃すのではなく、リスクを適切にコントロールすることで、収益を最大化しましょう。

以下に代表的なビットコイン(Bitcoin)取引におけるリスクをいくつか挙げます。

 

 

価格下落リスク

文字通り価格が下落した時に、保有ビットコイン(Bitcoin)の価値が購入時より下回ってしまうリスクです。

 

ビットコイン(Bitcoin)は長期では上昇トレンドにあるものの、短期的には様々なニュースで価格が急落することもあります。このタイミングで売ってしまうと損失が確定してしまいます。価格の上下は必ず起こるものですが、ニュースを良く見極めて狼狽売りだけはせずに、慎重に売買することが大事です。ビットコイン(Bitcoin)は上昇トレンドにあるので、含み損状態でもキープできるなら、下落局面を耐え忍べば含み益に転じることもあります。

 

しかし信用取引をしている場合は素直に損切りラインを設定して、速やかに撤退するのがおススメです。レバレッジがかかった状態での長期保有はあまりにリスクが大きいからです。

 

 

 

価格上昇リスク

これは現物取引ではリスクにはなりませんが、信用取引で空売り(ショート)を行った時のリスクになります。ビットコイン(Bitcoin)は特にニュースがなくても価格が急騰することもあります。また長期的には上昇トレンドであるために、価格下落にレバレッジを掛けるショートを仕掛けるときには十分に注意しましょう。
TV等でビットコイン(Bitcoin)が取り上げられると急に認知度が上がって値上がりすることなどもあるので、ショート状態ではニュースから目を離さず、できれば長期の放置はやめて雲行きが怪しくなってきたら短期間で仕切り直しを行いましょう。

 

 

 

取引所ハッキングリスク

Mt.GOXやBitfinex等の国内外の大手取引所でもビットコイン(Bitcoin)の盗難は起こってしまっているのが実情です。信頼できる取引所を選ぶことと、できればビットコイン(Bitcoin)を保管する際は取引所ではなく個人のウォレットに移すようにしましょう。取引所を選ぶ際、日本では金融庁が仮想通貨取扱業者の許認可制度で認めた取引所があるために、信頼できる取引所の目安になります。

 

また一部の取引所(bitflyerやcoincheck)では不正ログインで損失が出た際には、一定の損失補償も行っているのでこのあたりも取引所選定の基準にされると良いでしょう。

 

 

 

政府規制リスク

中国やロシア、ベトナム等の旧共産圏の国々では特に、ビットコイン(Bitcoin)に一定の規制をかけようという動きが活発です。ビットコイン(Bitcoin)は国家のコントロール下にない通貨なだけに、政府によって規制されるリスクは常にあります。しかし特に日本については金融庁が適切な規制のもとに取引所業務を許可しており、これは他の先進国を見渡してもかなり進んだ取り組みなので、主に他国の規制動向およびそれに伴う値動きに注意しましょう。

 

【保存版】ビットコイン(Bitcoin)を取り巻くリスク | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)はどうしても怪しいイメージがありますが、イメージだけでなく、実際はどうなのでしょうか?ビットコイン(Bitcoin)に関するリスクを徹底解説します。

 

 

ビットコインを稼ぎやすい取引所は?

ビットポイント

 

現物手数料が無料であり、レバレッジ取引手数料(スワップポイント)も低いので、安くビットコインを手に入れることできます。また国内の取引所で手数料がかからずRipple(XRP)を購入できるのはbitbankとBITPointだけです。

 

またビットポイントのみ利用できるMT4とは、「MetaTrader4」というFX取引のためのツールソフトです。ウェブ上で世界中のクリエイターが作り出したインジケーターをダウンロードすることが出来るのも強みの一つです。また自分の勝ちパターンを自動売買機能に設定することで、自分が手を動かさなくても利益を生む仕組みを作ることが可能です!

 

比較的に上級者向けに充実したツールが揃えっている一方、アプリも非常に使いやすく、国内取引所で唯一電話サポートに対応しています。すぐに問題を解決したい場合や、専門スタッフによるサポートを受けたい方にはありがたいサポート体制なので、初心者にもおすすめです。

 

セキュリティにおいても親会社の「株式リミックスポイント」は東証二部上場企業であり、客の資産はすべてコールドウォレットで管理していますので、ハッキング等による流出リスクは小さいと言えます。

 

また今ならアカウント開設すると3,000円分のビットコインを全員にプレゼント中です!

 

 

 

仮想通貨の時価総額ランキング

 

ビットコイン(Bitcoin)


言わずと知れた仮想通貨の代表格で、歴史も知名度も時価総額も断トツのNo.1です。

 

ビットコイン(Bitcoin)は2009年にサトシ・ナカモトを名乗る人物の論文から始まった壮大な社会実験です。ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った、中央管理者の存在しない非中央集権型の電子通貨という、仮想通貨の代表的な形もビットコイン(Bitcoin)から始まりました。そしてこの思想は主に政府発行通貨への信頼が乏しい国(中国やその他発展途上国)を中心に徐々に広がり、数々の政府規制や取引所不祥事を乗り越えて現在まで成長を続けてきました。

 

送金が早く低コストであるという電子通貨のメリットから決済手段や国際送金手段としても既に多くの場所で取り入れられ、実用化されています。

 

また発行上限および半減期が設定されており供給量が絞られている=希少価値がある上に、PoWによる承認のためにマイナーは莫大な設備投資と維持費(電気代)を支払い続けています。ビットコイン(Bitcoin)は価値の裏付けがないと批判されることもありますが、上記のように希少価値のあるものを巨額の投資で掘り出しているのがビットコイン(Bitcoin)で、まさに金と同じ構図とも捉えられます。

 

よってインフレに強く法定通貨に対しては値上がりし続ける圧力がかかるため、価値のやり取りだけでなく、価値の保存手段としても大きな期待が寄せられています。ビットコイン(Bitcoin)は時価総額も取引高も仮想通貨の中で常にトップレベルを保っているので、取引所も多く流動性が高く取引しやすいのも大きな魅力です。そして仮想通貨取引の実質的な基軸通貨になっているために、まず最初に購入を検討すべき仮想通貨と言えます。

 

【完全保存版】ビットコイン(Bitcoin)とは?大全集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)ってどうしても難しいイメージが先行してしまいます。初心者向けにわかりやすく、そしてビットコイン(Bitcoin)の全てを解説し、ビットコイン(Bitcoin)ならではの特長を紹介しています。

 

【初心者向け】ビットコインの仕組みをわかりやすく徹底解説 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインってよく聞くけど、一体どういうモノなの?初心者の方でもわかりやすくビットコインの仕組みを解説しています。これであなたもビットコインマスター!

 

ビットコイン(Bitcoin)の19のメリット・デメリット総まとめ集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)の関するメリット・デメリットを包み隠さず、解説しています。

 

【保存版】ビットコインをはじめとする、有名アルトコイン13選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン、イーサリアム、リップル…アルトコインは多数あります。今回は最低限有名どころなアルトコイン13選をまとめました。

 

 

 

イーサリアム


イーサリアムとは仮想通貨時価総額でビットコイン(Bitcoin)に次ぐ第2位に位置する、代表的なアルトコインで、単位はETHとなります。イーサリアムはビットコイン(Bitcoin)2.0とも言われるビットコイン(Bitcoin)の改良・進化版のアルトコインの一種です。

 

その最大の特徴は、スマートコントラクトというブロックチェーンを使った契約機能にあります。ビットコイン(Bitcoin)は基本的に支払いや送金にしか使えませんが、イーサリアムのスマートコントラクトを使うと、契約の締結から履行、支払いまで一貫でブロックチェーン上で行うことが可能になります。

 

具体的な例を挙げると、将来的には個人間でオークション等で物を売買したら、売買契約をイーサリアムで結び、ドローンで配達、確実に相手の手元に届いてから支払い実施、のような事がブロックチェーン上で、つまり中央的な管理会社不要で実現できる可能性があります。

 

またイーサリアムはブロックチェーンのプラットフォームでもあるために、イーサリアムベースのトークン(独自の仮想通貨)を発行することも可能です。この機能によってICOと呼ばれる、ベンチャー企業や新規プロジェクトが、イーサリアムベースの独自トークンを発行して資金を調達するという、新たな資金調達方法も多く行われています。ICOで発行されたトークンは取引所に上場すると値上がりすることが多くあるために、ICOにいち早く参加してトークンを獲得、取引所上場後に売却して差益を得るという手法も2017年前半に大流行しました。

 

今はICOについては各国の規制も行われ過剰なブームは落ち着きましたが、イーサリアムはICOの基軸通貨で、スマートコントラクト機能を備えたプラットフォームとしてもその技術的な将来性は非常に高い仮想通貨です。

 

【ビットコインとイーサリアムの違い5選】~イーサリアムを扱う取引所一覧表~ | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインと並んで人気なアルトコインである”イーサリアム”。イーサリアムも興味があるが、ビットコインのどういった違いがあるのか。またイーサリアムのポテンシャルは?歴史から紐付いて解説しています。
【完全比較】イーサリアム(ETH)購入におすすめな取引所
イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額第2位の仮想通貨であり、非常に注目を浴びています。イーサリアムを購入できる取引所も多くありますが、どこが一番安く購入できるか知っていますか?答えは[『Zaif』です!手数料、保有手数料等さまざまな手数料を日本の取引所、海外の取引所すべて徹底比較しました!
【今後の予想】イーサリアム(ETH)の将来性を徹底的に考えてみた
時価総額は仮想通貨の中で2位のイーサリアム(ETH)。イーサリアム(ETH)へは『マイクロソフト』『三菱東京UFJ』など続々と大手企業もビジネス利用に乗り出しています。また格付け機関でB評価と高い評価を受け、かなり将来性のあるアルトコインです。

 

 

 

リップル

リップルは時価総額トップ5の常連で単位はXRP、国際送金の用途に特化した少し毛色の違う仮想通貨です。

 

他の多くの仮想通貨が非中央集権的であるのに対して、リップルはリップル社という米国の企業が開発し、その流通量もコントロールしています。そして特筆すべきことにリップル社はあのgoogleの関連会社からの出資を受けています。これだけでリップルの良し悪しは判断できませんが、それだけ期待されている企業の仮想通貨だとは言うことができるでしょう。

 

リップルは主に銀行間の国際送金の際に仲介する「ブリッジ通貨」となるべく開発が進められています。現在の銀行間の国際送金は高額な手数料や、数日に及ぶ取引時間という問題があります。ここで送金元通貨を一旦XRPに変換してから電子送金し、現地でXRPから現地通貨へ再変換することで低手数料・高速取引を実現しようというのがリップル社の壮大な目標です。

 

リップルはビットコイン(Bitcoin)の様にPoWを採用しておらず、独自の高速承認システムを実装しているために送金は数秒(ビットコイン(Bitcoin)は10分以上)で済み、手数料も数円以下と格安で済みます。また最初から国際送金の膨大なボリュームを処理できるように開発されているために、ビットコイン(Bitcoin)が対策を続けているスケーラビリティ問題(増加しつづける送金処理をどの様に対処するかという課題)に非常に強く、既に全世界で決済に使われているVISAと同等の処理能力(処理速度)を持っています。

 

リップルは多くの銀行と提携を表明しており、国内でも三菱東京UFJ銀行が2018年からリップルの技術を用いた海外送金を開始する予定との報道もありました。既存の金融機関と密接に連携しその問題を解決するのがリップルのミッションであり、壮大な国際プロジェクトのコア技術となります。

 

ビットコイン(Bitcoin)とリップル(XRP)の違い5選~リップルを取扱う取引所一覧~ | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)と並んで人気なアルトコインである”リップル(XRP)”。リップル(XRP)も興味があるが、ビットコイン(Bitcoin)のどういった違いがあるのか。またリップル(XRP)のポテンシャルは?歴史から紐付いて解説しています。
【完全比較】リップル(XRP)の購入におすすめな取引所
リップル(XRP)はSBIをはじめとする名だたる大企業より非常に注目を浴びています。リップル(XRP)を購入できる取引所も多くありますが、どこが一番安く購入できるか知っていますか?答えは『bitbank』です!手数料、保有手数料等さまざまな手数料を日本の取引所、海外の取引所すべて徹底比較しました!
【今後の予想】リップル(XRP)の将来性を徹底的に考えてみた
三井住友銀行やりそな銀行といった、大手金融機関をはじめとした日本の金融機関37社と韓国の金融機関がリップルの技術を使って送金の実験を始める発表。実験が成功すれば、日韓の金融機関同士の送金が即日で完結できるようになり、送金のコストを30%削減できます。このようにリップル(XRP)は大手金融機関からも非常に注目されており、価格推移はより上昇するのではないかと期待されています。今後のリップル(XRP)の価格推移を徹底解説しています。

 

 

 

ライトコイン


ライトコインは元GoogleエンジニアであるCharlie Lee氏によって2011年にリリースされた、ビットコイン(Bitcoin)の弱点を補ってより実用的にしたような仮想通貨です。

 

時価総額ランキングではTop10常連で、単位はLTCとなります。

 

基本的な仕組みはビットコイン(Bitcoin)と同様ですが、以下の様な違いがあります。

 

・発行上限が8400万枚とビットコイン(Bitcoin)(2100万枚)より多い
供給量が多いことで、ビットコイン(Bitcoin)ほどの急激な値上がりはしにくく、決済用途に使いやすくなります。

 

・マイニングコスト(電気代)が安い
ビットコイン(Bitcoin)に比べるとマイニングにかかる電気代は低く効率的に採掘できるため、マイナーからの支持が強いです。

 

・承認が2.5分~と早い(ビットコイン(Bitcoin)は10分~)
承認が早いために決済や送金時の待ち時間が少なく済みます。

 

またビットコイン(Bitcoin)を補完する様な生い立ちからか、価格にも相関がみられることがしばしばあります。特にビットコイン(Bitcoin)に不穏なニュースが出た際にはビットコイン(Bitcoin)価格が下がってライトコイン価格が上昇する様な場面も過去にはありました(2017年7月のビットコイン(Bitcoin)分裂騒動の時など)。

 

また技術開発が活発な点もライトコインの特徴です。開発者のLee氏は2017年までCoinbase社という世界最大級のビットコイン(Bitcoin)取引所に勤めていましたが、現在は退社してライトコインの開発に集中しています。
そしてビットコイン(Bitcoin)に先んじてSegwitやLightning Networkと呼ばれる送金処理能力向上技術も実用化しています。

 

これらについてLee氏は積極的にtwitterで発信しているのでライトコインの購入を検討している方はチェックしてみると良いでしょう(英語なので必要に応じてgoogle翻訳をご利用ください)。

【完全比較】ライトコイン(LTC)の購入におすすめな取引所
ライトコインの誕生は2011年10月7日。元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によってリリースされた仮想通貨です。現在はライトコイン(LTC)を購入できる取引所も多くありますが、どこが一番安く購入できるか知っていますか?答えは『bitbank』です!手数料、保有手数料等さまざまな手数料を日本の取引所、海外の取引所すべて徹底比較しました!
【今後の予想】ライトコイン(LTC)の将来性を徹底的に考えてみた
ライトコインの誕生は2011年10月7日。元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によってリリースされた仮想通貨です。仮想通貨全体でも5位の規模を持つので、注目度は高いといえます。ですが、ビットコインより優れた通貨であるにも関わらず、ビットコインより時価総額が低いのはおかしいともいえます。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)で億単位を稼いだ有名人

【億り人】ビットコインで億万長者の11人 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを保有者であれば、誰もが憧れる『億り人』実は身近のあの人も『億り人』かも…まだまだ億万長者のチャンスはあるかも!?

 

 

 

 

あわせて読みたい

【初心者向け】ビットコインマイニングのわかりやすく徹底解説
マイニング(Mining)とは、日本語で「採掘」を意味します。ビットコインは、貨幣のように特定の機関が発行していません。このマイニングよって新規に発行されます。マイニングは誰でも参加出来ます。ビットコインのマイニングをイメージしやすくすると、ブロックチェーンを繋げるカギを見つる作業を意味します。報酬額は報酬額は12.5BTCです。日本円にすると、なんと2,312万円!
【徹底比較】現物取引と信用取引の5つの違い | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインの信用取引は、取扱企業等に証拠金となる通貨を預け、ビットコインを借りて運用することをいいます。通常の現物取引の違い、注意点についてまとめ、紹介しています。
【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)信用取引の用語解説~信用取引所一覧表~ | ビットコイン取引所オールナビ
信用取引には難しい漢字が並んでいますよね…。知っておきたい用語をまとめ、解説しています。加えて信用取引におけるおすすめビットコイン(Bitcoin)取引所を紹介してます!
【徹底解説】ビットコインの半減期ってなに?原因は?影響はあるの?
半減期はビットコインにおけるビッグイベントです。半減期とは「マイニングの報酬が半分になる」ことを意味します。マイニング報酬が半分になる?気になるのはビットコインの価格がどうなるのか?その半減期っていつあるのか?徹底解説しています。
【保存版】ビットコイン(Bitcoin)を取り巻くリスク | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)はどうしても怪しいイメージがありますが、イメージだけでなく、実際はどうなのでしょうか?ビットコイン(Bitcoin)に関するリスクを徹底解説します。
【完全保存版】ビットコイン(Bitcoin)とは?大全集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)ってどうしても難しいイメージが先行してしまいます。初心者向けにわかりやすく、そしてビットコイン(Bitcoin)の全てを解説し、ビットコイン(Bitcoin)ならではの特長を紹介しています。
【初心者向け】ビットコインの仕組みをわかりやすく徹底解説 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインってよく聞くけど、一体どういうモノなの?初心者の方でもわかりやすくビットコインの仕組みを解説しています。これであなたもビットコインマスター!
ビットコイン(Bitcoin)の19のメリット・デメリット総まとめ集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)の関するメリット・デメリットを包み隠さず、解説しています。
【保存版】ビットコインをはじめとする、有名アルトコイン13選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン、イーサリアム、リップル…アルトコインは多数あります。今回は最低限有名どころなアルトコイン13選をまとめました。
【ビットコインとイーサリアムの違い5選】~イーサリアムを扱う取引所一覧表~ | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインと並んで人気なアルトコインである”イーサリアム”。イーサリアムも興味があるが、ビットコインのどういった違いがあるのか。またイーサリアムのポテンシャルは?歴史から紐付いて解説しています。
ビットコイン(Bitcoin)とリップル(XRP)の違い5選~リップルを取扱う取引所一覧~ | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)と並んで人気なアルトコインである”リップル(XRP)”。リップル(XRP)も興味があるが、ビットコイン(Bitcoin)のどういった違いがあるのか。またリップル(XRP)のポテンシャルは?歴史から紐付いて解説しています。
【億り人】ビットコインで億万長者の11人 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを保有者であれば、誰もが憧れる『億り人』実は身近のあの人も『億り人』かも…まだまだ億万長者のチャンスはあるかも!?
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status