更新日 2018.02.17
送金

ビットコイン取引におすすめの銀行や送金方法をお教えします!

ビットコインはいま、注目が高まってきている仮想通貨です。ニュースで話題になることも少なくないビットコイン。「使ったことはないけど、名前は聞いたことがある」そんな方は少なくないのではないでしょうか。一昔前に比べて、日本でもビットコインが盛り上がりをみせています。ビットコインに対応する店舗が急激的に増えてきました。そこで、この記事ではビットコインの取引におすすめの銀行や送金方法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

仮想通貨「ビットコイン」の送金方法

ビットコインを送金したい場合、必ず作らなければいけないものがあります。それは「ウォレット」です。ウォレットとは、データ上の財布のことを指します。自身のビットコインを保有しているシステムといえば、分かりやすいでしょうか。ビットコインを通しての送金には必ずウォレットが必要になります。株で取引をする際には口座を開設しますよね。それと同じ要領です。

 

登録料は基本的に無料です。送金のみに利用であれば、本人確認書類も不要なケースが多いです。ただし、取引所を使ってコインを売買したい場合には本人確認書類が必要となります。

 

例えば、日本で人気の取引所「coincheck」を利用した場合。送付先のビットコインアドレスを入力します。あとは入力したアドレスを送付するだけです。たったこれだけの操作でビットコインを送金することができます。テクノロジーの進歩は凄まじいですね。

 

【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)の送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)で送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!

 

 

ビットコインの通貨価値は常に変動している

ビットコインの通貨価値は変動を繰り返しています。それは需要と供給のバランスが常に変化しているからです。例えば、株の場合は需要が高まると価格が上がり、需要が減ると価格が下がりますよね。ビットコインも同様です。そのため、常に通貨価値が変動を繰り返しているのです。

 

通貨価値が変動を繰り返す理由はひとつだけではありません。市場がまだ、それほど大きくないということも理由のひとつです。例えば、頻繁に取引をしていた投資家が取引をやめてしまったとしましょう。その場合は通貨価値が大きく下落することが予想されます。なぜなら、大きな金額が売りにだされるからです。大きな市場では、それほど影響はないでしょう。しかし、ビットコインのように小さな市場である場合は、価格が大きく変動する傾向にあるのです。そして、法律がまだ整っていないことも価格の変動に影響を与えています。世界各国では、ビットコインに対する法律がいまだに整っていません。それも、ほとんどの国でです。そのため、国のちょっとした動きが通貨価値に大きな影響を与えてしまうこともあるのです。

 

 

海外での換金方法の特徴

銀行で海外送金した場合は直後にATMや海外口座から引き出すことができます。一方で、ビットコインはどうなのでしょうか。「せっかく送金したのに現地で使えない…」そんな事態が起きたら困りますよね。ご安心ください。海外でビットコインを換金することはできます。方法は2通りです。

 

1つ目は外貨に換金したあと、現地の銀行口座で出金する方法です。ウォレット内で外貨に換金します。2つ目はビットコインATMを利用する方法です。1つ目の方法は2つ目に比べて、ちょっと面倒かもしれませんね。手軽さを重視したいなら、ビットコインATMの利用をおすすめします。

 

とはいえ、ビットコインATMはまだそれほど普及していません。普及速度は急激に早まってきています。それでも、まだまだ少ないというのが現状です。そのため、ビットコインATMを利用したい場合は、事前に確認されることをおすすめします。

 

銀行の海外送金はバカらしい!ビットコイン(Bitcoin)で海外送金すると〇〇円のみ | ビットコイン取引所オールナビ
海外送金は手間とお金がすごくかかりますよね…ビットコイン(Bitcoin)だと海外送金は一瞬!その上手数料も…

 

 

ビットコインにおすすめの銀行はどこ?

ビットコインを使うためには取引所の口座に入金する必要があります。銀行口座やコンビニなど、さまざまな入金方法があります。クレジットカードでの入金も可能です。とはいえ、手数料が高いこともあり、利用している人は少ない傾向にあります。一方で、銀行口座は高い人気を誇ります。それもダントツでです。銀行の中でも特に「住信SBIネット銀行」の人気が高いです。

 

いったいなぜ、住信SBIネット銀行が人気なのでしょうか。理由のひとつとして考えられるのが、「サービスの質」です。住信SBIネット銀行のサービスは質が良いと評判なのです。例えば、口座の場合、住信SBIネット銀行では目的別口座というサービスを提供しています。これは自身の口座に目標とする期間や金額を自由に設定できるサービスです。所有できる口座は最大5つまで。資産運用や投資など、いろいろな使い方ができるわけです。もちろん、貯蓄もできます。金額や期間を自由に設定できることもあって、常に目標を見据えてアクションを起こすことが可能です。しかも、専用のアプリまで用意されています。スマートフォンで手軽に管理できるのはありがたいですよね。

 

 

取引所手数料と銀行手数料

ビットコインを入出金するときには必ず“あるもの”が必要となります。それは「手数料」です。入金には銀行の振込み手数料。出金には取引所の手数料がそれぞれ必要です。手数料は基本的に発生しますが、それぞれ料金が異なります。つまり、手数料が安い機関を選べば、それだけ節約できるというわけです。そこで、おすすめしたいのが「住信SBIネット銀行」です。

 

私が手数料の節約に「住信SBIネット銀行」をおすすめする理由は2つです。1つ目は手数料が安いことです。例えば、自行宛であれば、無料で利用できます。それも金額に関係なくです。そして、他行宛もトップクラスの安さに設定されています。2つ目は振込先指定銀行としての需要が高いことです。ほとんどの取引所では住信SBIネット銀行を振込先に指定しています。ビットコインでは振込先指定銀行からの入金は同行間の送金とみなされます。住信SBIネット銀行では自行宛の入金を無料に設定していましたよね。つまり、手数料が無料となるわけです。ビットコインに手数料はつきもの。振込先指定銀行ではない銀行を使った場合は手数料が発生します。数百円の手数料でも何度も繰り返せば大きな金額になります。また、入金後の反映がスピーディなところも魅力のひとつです。以上が手数料の節約に住信SBIネット銀行をおすすめする理由です。

 

 

6.他行振込手数料を無料にする方法

前述の通り、住信SBIネット銀行では他行宛の入金は有料となります。しかし、他行宛への入金も無料にしてしまう“裏技”があるのです。他行宛の振込は月に3回まで無料となります。ただし、条件をクリアすることが前提となります。条件はひとつだけでありません。一番簡単なところでいえば、口座の月末残高が30万円以上であることでしょうか。とはいえ、預金に1万円以上あれば、他の条件を2つ満たすことで他行振込手数料を無料にできます。おすすめは「給与の振込指定口座に指定する」ことと「外貨預金を残高ありにしておく」ことです。預金1万円以上にプラスして、この2つの条件を満たせば、他行への入金が月3回まで無料です。

 

 

世界中の企業や有力銀行がブロックチェーンに注目している

世界ではいま、ブロックチェーンに注目が集まっています。大手企業はもちろん、世界中の有力銀行も注目しています。そもそもブロックチェーンとは、いったい何なのでしょうか。テレビでも耳にすることは少なくないブロックチェーン。名前は知っていても機能をきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。ブロックチェーンとは、ビットコインの取引データに関連する技術のことです。ビットコインのシステム上において中核をなす、ともいわれています。分かりやすい特徴をひとつ挙げるならば「管理が分散される」ことです。つまり、管理が1つの機関に集中していないということですね。当然、特別に管理している機関もありません。なぜなら、ユーザー同士が管理しあっているからです。そのため、運営にありがちな余計なコストを省くことができます。そして、システム障害に強いことも魅力のひとつです。

 

以上の点もあり、有力銀行ではいま、ブロックチェーンの研究を行っています。とはいえ、どうやら通貨のために研究しているわけではないようです。コストの削減を目的に研究しているのだとか。例えば、大きなデータを管理するにはコンピューターが必要になりますよね。しかし、ブロックチェーンのような分散データベースならどうでしょうか。ユーザーごとに管理することができます。つまり、専用にコンピューターを用意する必要がないわけです。すべての情報を分散データベースで共有できれば、どうなると思いますか?大幅にコストを削減できるのです。そして、コンピューターのみならず、人件費も大幅に削減することが可能になるはずです。少しでもコストを削減できるのは、どの企業にとってもありがたいですよね。これが有力銀行を含む、大手企業がブロックチェーンに注目している理由です。

 

 

ビットコインに対する金融業界と小売業の反応

金融業界ではビットコインに対して、否定的な意見が少なくありません。いったい、なぜなのでしょうか。それは金融業界がビットコインに対して“危機感”を感じているからではないか、といわれています。

 

例えば、銀行の場合、入金と送金が主な業務ですよね。仮想通貨が当たり前の世の中になったとします。決済などをビットコインで行われてしまっては銀行の収入源が減ってしまいます。それは企業にとっては大ダメージですよね。そのこともあり、金融業界はビットコインに対して否定的なのではないか、といわれているのです。

 

一方、小売業は金融業界とは対照的な反応をみせています。小売業やサービス業ではビットコインに肯定的な意見がほとんどです。なぜなら、小売業やサービス業では収入源が減ってしまうことがないからです。反対に、ビットコインが普及するほど、利益も増大するのではないでしょうか。支払い方法がひとつ増えるということですからね。現金とは違い、気軽に利用できることも魅力のひとつです。アメリカでは多くの小売業やサービス業がビットコインに対して積極的です。日本でも大手家電量販店「ビックカメラ」がビットコイン決済の対応を発表しました。この通り、金融業界と小売業ではビットコインに対しての反応に大きな違いがあります。

 

 

 

 

あわせて読みたい

【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)の送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)で送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!
銀行の海外送金はバカらしい!ビットコイン(Bitcoin)で海外送金すると〇〇円のみ | ビットコイン取引所オールナビ
海外送金は手間とお金がすごくかかりますよね…ビットコイン(Bitcoin)だと海外送金は一瞬!その上手数料も…

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

ビットコインはいま、注目が高まってきている仮想通貨です。ニュースで話題になることも少なくないビットコイン。「使ったことはないけど、名前は聞いたことがある」そんな方は少なくないのではないでしょうか。一昔前に比べて、日本でもビットコインが盛り上がりをみせています。ビットコインに対応する店舗が急激的に増えてきました。そこで、この記事ではビットコインの取引におすすめの銀行や送金方法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

仮想通貨「ビットコイン」の送金方法

ビットコインを送金したい場合、必ず作らなければいけないものがあります。それは「ウォレット」です。ウォレットとは、データ上の財布のことを指します。自身のビットコインを保有しているシステムといえば、分かりやすいでしょうか。ビットコインを通しての送金には必ずウォレットが必要になります。株で取引をする際には口座を開設しますよね。それと同じ要領です。

 

登録料は基本的に無料です。送金のみに利用であれば、本人確認書類も不要なケースが多いです。ただし、取引所を使ってコインを売買したい場合には本人確認書類が必要となります。

 

例えば、日本で人気の取引所「coincheck」を利用した場合。送付先のビットコインアドレスを入力します。あとは入力したアドレスを送付するだけです。たったこれだけの操作でビットコインを送金することができます。テクノロジーの進歩は凄まじいですね。

 

【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)の送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)で送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!

 

 

ビットコインの通貨価値は常に変動している

ビットコインの通貨価値は変動を繰り返しています。それは需要と供給のバランスが常に変化しているからです。例えば、株の場合は需要が高まると価格が上がり、需要が減ると価格が下がりますよね。ビットコインも同様です。そのため、常に通貨価値が変動を繰り返しているのです。

 

通貨価値が変動を繰り返す理由はひとつだけではありません。市場がまだ、それほど大きくないということも理由のひとつです。例えば、頻繁に取引をしていた投資家が取引をやめてしまったとしましょう。その場合は通貨価値が大きく下落することが予想されます。なぜなら、大きな金額が売りにだされるからです。大きな市場では、それほど影響はないでしょう。しかし、ビットコインのように小さな市場である場合は、価格が大きく変動する傾向にあるのです。そして、法律がまだ整っていないことも価格の変動に影響を与えています。世界各国では、ビットコインに対する法律がいまだに整っていません。それも、ほとんどの国でです。そのため、国のちょっとした動きが通貨価値に大きな影響を与えてしまうこともあるのです。

 

 

海外での換金方法の特徴

銀行で海外送金した場合は直後にATMや海外口座から引き出すことができます。一方で、ビットコインはどうなのでしょうか。「せっかく送金したのに現地で使えない…」そんな事態が起きたら困りますよね。ご安心ください。海外でビットコインを換金することはできます。方法は2通りです。

 

1つ目は外貨に換金したあと、現地の銀行口座で出金する方法です。ウォレット内で外貨に換金します。2つ目はビットコインATMを利用する方法です。1つ目の方法は2つ目に比べて、ちょっと面倒かもしれませんね。手軽さを重視したいなら、ビットコインATMの利用をおすすめします。

 

とはいえ、ビットコインATMはまだそれほど普及していません。普及速度は急激に早まってきています。それでも、まだまだ少ないというのが現状です。そのため、ビットコインATMを利用したい場合は、事前に確認されることをおすすめします。

 

銀行の海外送金はバカらしい!ビットコイン(Bitcoin)で海外送金すると〇〇円のみ | ビットコイン取引所オールナビ
海外送金は手間とお金がすごくかかりますよね…ビットコイン(Bitcoin)だと海外送金は一瞬!その上手数料も…

 

 

ビットコインにおすすめの銀行はどこ?

ビットコインを使うためには取引所の口座に入金する必要があります。銀行口座やコンビニなど、さまざまな入金方法があります。クレジットカードでの入金も可能です。とはいえ、手数料が高いこともあり、利用している人は少ない傾向にあります。一方で、銀行口座は高い人気を誇ります。それもダントツでです。銀行の中でも特に「住信SBIネット銀行」の人気が高いです。

 

いったいなぜ、住信SBIネット銀行が人気なのでしょうか。理由のひとつとして考えられるのが、「サービスの質」です。住信SBIネット銀行のサービスは質が良いと評判なのです。例えば、口座の場合、住信SBIネット銀行では目的別口座というサービスを提供しています。これは自身の口座に目標とする期間や金額を自由に設定できるサービスです。所有できる口座は最大5つまで。資産運用や投資など、いろいろな使い方ができるわけです。もちろん、貯蓄もできます。金額や期間を自由に設定できることもあって、常に目標を見据えてアクションを起こすことが可能です。しかも、専用のアプリまで用意されています。スマートフォンで手軽に管理できるのはありがたいですよね。

 

 

取引所手数料と銀行手数料

ビットコインを入出金するときには必ず“あるもの”が必要となります。それは「手数料」です。入金には銀行の振込み手数料。出金には取引所の手数料がそれぞれ必要です。手数料は基本的に発生しますが、それぞれ料金が異なります。つまり、手数料が安い機関を選べば、それだけ節約できるというわけです。そこで、おすすめしたいのが「住信SBIネット銀行」です。

 

私が手数料の節約に「住信SBIネット銀行」をおすすめする理由は2つです。1つ目は手数料が安いことです。例えば、自行宛であれば、無料で利用できます。それも金額に関係なくです。そして、他行宛もトップクラスの安さに設定されています。2つ目は振込先指定銀行としての需要が高いことです。ほとんどの取引所では住信SBIネット銀行を振込先に指定しています。ビットコインでは振込先指定銀行からの入金は同行間の送金とみなされます。住信SBIネット銀行では自行宛の入金を無料に設定していましたよね。つまり、手数料が無料となるわけです。ビットコインに手数料はつきもの。振込先指定銀行ではない銀行を使った場合は手数料が発生します。数百円の手数料でも何度も繰り返せば大きな金額になります。また、入金後の反映がスピーディなところも魅力のひとつです。以上が手数料の節約に住信SBIネット銀行をおすすめする理由です。

 

 

6.他行振込手数料を無料にする方法

前述の通り、住信SBIネット銀行では他行宛の入金は有料となります。しかし、他行宛への入金も無料にしてしまう“裏技”があるのです。他行宛の振込は月に3回まで無料となります。ただし、条件をクリアすることが前提となります。条件はひとつだけでありません。一番簡単なところでいえば、口座の月末残高が30万円以上であることでしょうか。とはいえ、預金に1万円以上あれば、他の条件を2つ満たすことで他行振込手数料を無料にできます。おすすめは「給与の振込指定口座に指定する」ことと「外貨預金を残高ありにしておく」ことです。預金1万円以上にプラスして、この2つの条件を満たせば、他行への入金が月3回まで無料です。

 

 

世界中の企業や有力銀行がブロックチェーンに注目している

世界ではいま、ブロックチェーンに注目が集まっています。大手企業はもちろん、世界中の有力銀行も注目しています。そもそもブロックチェーンとは、いったい何なのでしょうか。テレビでも耳にすることは少なくないブロックチェーン。名前は知っていても機能をきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。ブロックチェーンとは、ビットコインの取引データに関連する技術のことです。ビットコインのシステム上において中核をなす、ともいわれています。分かりやすい特徴をひとつ挙げるならば「管理が分散される」ことです。つまり、管理が1つの機関に集中していないということですね。当然、特別に管理している機関もありません。なぜなら、ユーザー同士が管理しあっているからです。そのため、運営にありがちな余計なコストを省くことができます。そして、システム障害に強いことも魅力のひとつです。

 

以上の点もあり、有力銀行ではいま、ブロックチェーンの研究を行っています。とはいえ、どうやら通貨のために研究しているわけではないようです。コストの削減を目的に研究しているのだとか。例えば、大きなデータを管理するにはコンピューターが必要になりますよね。しかし、ブロックチェーンのような分散データベースならどうでしょうか。ユーザーごとに管理することができます。つまり、専用にコンピューターを用意する必要がないわけです。すべての情報を分散データベースで共有できれば、どうなると思いますか?大幅にコストを削減できるのです。そして、コンピューターのみならず、人件費も大幅に削減することが可能になるはずです。少しでもコストを削減できるのは、どの企業にとってもありがたいですよね。これが有力銀行を含む、大手企業がブロックチェーンに注目している理由です。

 

 

ビットコインに対する金融業界と小売業の反応

金融業界ではビットコインに対して、否定的な意見が少なくありません。いったい、なぜなのでしょうか。それは金融業界がビットコインに対して“危機感”を感じているからではないか、といわれています。

 

例えば、銀行の場合、入金と送金が主な業務ですよね。仮想通貨が当たり前の世の中になったとします。決済などをビットコインで行われてしまっては銀行の収入源が減ってしまいます。それは企業にとっては大ダメージですよね。そのこともあり、金融業界はビットコインに対して否定的なのではないか、といわれているのです。

 

一方、小売業は金融業界とは対照的な反応をみせています。小売業やサービス業ではビットコインに肯定的な意見がほとんどです。なぜなら、小売業やサービス業では収入源が減ってしまうことがないからです。反対に、ビットコインが普及するほど、利益も増大するのではないでしょうか。支払い方法がひとつ増えるということですからね。現金とは違い、気軽に利用できることも魅力のひとつです。アメリカでは多くの小売業やサービス業がビットコインに対して積極的です。日本でも大手家電量販店「ビックカメラ」がビットコイン決済の対応を発表しました。この通り、金融業界と小売業ではビットコインに対しての反応に大きな違いがあります。

 

 

 

 

あわせて読みたい

【完全解説】ビットコイン(Bitcoin)の送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコイン(Bitcoin)で送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!
銀行の海外送金はバカらしい!ビットコイン(Bitcoin)で海外送金すると〇〇円のみ | ビットコイン取引所オールナビ
海外送金は手間とお金がすごくかかりますよね…ビットコイン(Bitcoin)だと海外送金は一瞬!その上手数料も…
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status