更新日 2018.01.11

ビットコイン(Bitcoin)ATMとは?ビットコイン(Bitcoin)ATMの使い方などをまとめて紹介!

ビットコイン(Bitcoin)と言えば、今や新たな仮想通貨として盛り上がっていますよね。そんなビットコイン(Bitcoin)には、ビットコイン(Bitcoin)ATMというものがあるのはご存知でしょうか?ATMということは、銀行のATMのようなものなのかと疑問があることでしょう。そして、やはり使用もしてみたいですよね。しかし、使用方法が分からない方も多いです。そこで今回は、そんな気になるビットコイン(Bitcoin)ATMの使い方をまとめて紹介させていただきます。お見逃しなく!

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMとは?

まず、そもそもビットコイン(Bitcoin)ATMとはどんなものか気になりますよね。ビットコイン(Bitcoin)ATMとは、ビットコイン(Bitcoin)の売却ができる機器となっています。さらには、ビットコイン(Bitcoin)の購入までできてしまうのです。

 

ATMは、イメージとしてはお金を預けたり下ろすことができる機器ですよね。そのため、通貨を購入することまでできるのは、新しいと感じてしまいます。もちろん、ビットコイン(Bitcoin)の出入金も可能です。

 

一般的に、日本ではビットコイン(Bitcoin)は取引所を利用するという方は多いです。しかし、ビットコイン(Bitcoin) やはり、ATMはイメージとして身近に感 じるためです。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMがある場所ってどこ?


ビットコイン(Bitcoin)ATMに興味を惹かれてくれば、次に気になるのはビットコイン(Bitcoin)ATMはどこにあるの?という疑問でしょう。実は、ビットコイン(Bitcoin)ATMは、日本ではまだそれほど普及していません。そのため、数は少ないのです。しかし、貴重だからこそ一度使用してみたいですよね。

 

そんなビットコイン(Bitcoin)ATMは、主に東京に多いです。例えば、六本木の「The Pink Cow」は日本で初めてビットコイン(Bitcoin)を導入したレストランと言われており、ビットコイン(Bitcoin)ATMが設置されています。他にも東京では「Two Dogs Taproom」や「コイントレーダー中野」などに設置されているようです。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)ATMは東京以外にもこんなところで設置されています。三重県の「BITMASTER」(BTMというATMを設置)や、福岡県の「FUTURE EXCHANGE JAPAN」などで設置されているのが発見できるでしょう。日本各地にビットコイン(Bitcoin)ATMは発見できるのですが、やはりまだ珍しいという域を達してはいません。

 

しかし、東京オリンピックに向けてこれからまだ、数は増えていくことは予想されます。そのため、しばらく、静観するというスタンスもいいかもしれませんね。

 

北海道 総合施設・モール nORBESA
東京 バー・レストラン THE PINK COW
東京 バー・レストラン Two Dogs Taproom
東京 カフェ・バー WALL STREET CAFE
東京 カフェ・バー WORLD STAR CAFE
東京 寿司屋 銀座沼津港
東京 会員制スペース 銀座コワーキングカフェ
東京 バー JOKERS BAR
東京 両替所 Fujicrypto Office
東京 両替所 現金屋
神奈川 商品販売 Vape Switch
茨城 ガレットカフェ Agato
大阪 カフェ・バル chef’s kichen 白猫
大阪 ワーキングスペース ROUGH LABO
岡山 カフェ・バー Cafe&Dining PEACH
広島 カフェ Petit Colon

 

 

日本より海外の方がビットコイン(Bitcoin)ATMは多い!


さて、日本のビットコイン(Bitcoin)ATMはまだ多くはないということですが、海外ではどうでしょうか?実は、海外ではビットコイン(Bitcoin)ATMはいくつも発見できてしまいます。やはり、ビットコイン(Bitcoin)の普及率が高い海外では、それだけビットコイン(Bitcoin)ATMも利用する方が多いということなのでしょう。特にカナダやアメリカ、オーストラリア、さらにはヨーロッパも多く発見できます。

 

そんなビットコイン(Bitcoin)ATMは、カナダの起業家ジェフ・バーウィック氏が世界初となるビットコイン(Bitcoin)ATMを2013年に設置したのが始まりとされているようです。そのため、北米などで多く発見できるのは、納得ですね。

 

ですが、意外と新興国などにもビットコイン(Bitcoin)ATMは発見できるのです。例えば、近場のアジアではベトナムで 設置されています。また、ビットコイン(Bitcoin) そして、ビットコイン(Bitcoin)ATMは現在も海外で増え続けています。

 

そのため、海外旅行などには便利な世の中になっていくのが予想されているようです。ぜひ、そんなビットコイン(Bitcoin)ATMを海外で見かけたら利用してみてください。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMの入金方法は?

次に、ビットコイン(Bitcoin)ATMを利用してみたいけど、どうやって使えばいいのか分からないという方も多いでしょう。そんなビットコイン(Bitcoin)ATMの入金方法について紹介させていただきます。

 

まず、スマホにビットコイン(Bitcoin)のモバイルウォレットをインストールしましょう。次に、そのモバイルウォレットをインストールしたスマホをビットコイン(Bitcoin)ATMにかざします。この行為が、いわゆる銀行の通帳やカードをATMに入れることと同じことになるのです。その後、本人認証をします。

 

そして、スマホにインストールしておいたモバイルウォレットを、ビットコイン(Bitcoin)ATMのQRコードリーダーにかざしましょう。その後、入金する金額を入力して、紙幣を投入します。ちなみに、ビットコイン(Bitcoin)ATMでは、基本的に紙幣のみ取り扱っていますので、入金額は最低1000円からになりますので、ご注意を。

 

また、アカウントの種類などによって一度に取り扱える最大金額が決まっているのも、注意したいポイントです。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMの出金方法は?


次に、ビットコイン(Bitcoin)ATMの出金方法について紹介します。出金方法は、基本的に入金方法と同じです。スマホにビットコイン(Bitcoin)のモバイルウォレットをインストールします。次に、本人認証をしましょう。その後、スマホにインストールしたおいたモバイルウォレットをビットコイン(Bitcoin)ATMのQRコードリーダーにかざします。そして、出金したい金額を入力すれば、紙幣が出てくるので取り出しましょう。

 

また入金の際もそうなのですが、機種によって額の入力とモバイルウォレットの読み取りが前後する場合があります。そして、入金と同じように基本的に紙幣のみの取り扱いなので、出金額は最低1,000円からです。

 

さらに、アカウントの種類などによって一度に取り扱える最大金額は決まっていますが、自身の持っている額以上は出金できませんので、注意してくださいね。

 

 

 

モバイルウォレットとは?


さて、ビットコイン(Bitcoin)ATMの紹介をしていると先ほどからモバイルウォレットという言葉を耳にしますよね。しかし、モバイルウォレットとは何だろうと思っている方も多いでしょう。

 

モバイルウォレットとは、そのままの通り財布、もしくは口座を意味します。そんな財布を携帯(スマホ等)に保存しておくことができるのが、モバイルウォレットです。そのため、主にスマホのアプリとして提供されています。そして、わざわざパソコンを立ち上げる必要がない分、気軽に使用できるのが魅力です。

 

そんなウォレットは、取引所に保管するのが不安、という方にはおすすめです 取引所では、ハッキングなどの何かトラブルが起こった場合、困ってしまいます。その点モバイルウォレットは、ウォレット情報をスマホ等に直接保管する仕組みのため、セキュリティ面は強いと言えますね。しかし、フリーWi-Fiなどで誰でもアクセスできる環境下での利用は、アドレス等が流出する危険性があるため、注意したいポイントとなっています。

 

そんなビットコイン(Bitcoin)ATMで利用するモバイルウォレットという保管方法を、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の出入金は普通の銀行のATMは使えない?


さて、ビットコイン(Bitcoin)ATMの出入金について紹介しましたが、そもそもビットコイン(Bitcoin)の出入金は普通の銀行のATMでは使えないのでしょうか?結論から言いますと、ビットコイン(Bitcoin)の出金には普通の銀行のATMは使うことができません。

 

さらに、入金でも普通の銀行のATMはそのまま使用することができないのです。入金は、自身の銀行口座からビットコイン(Bitcoin)のアカウントへの振り込みという形を取って入金することが可能となっています。

 

しかし、ここで注意が必要です。入金は、そのままでは日本円となっていますので、日本円でビットコイン(Bitcoin)を購入する手続きが必要となります。少々、工程がありますがこのような使い方もあることは知っておくと良いでしょう。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMは手数料もかかる!

ビットコイン(Bitcoin)ATMを利用してみたいという方も出てきたでしょう。しかし、そこで一つ疑問です。ビットコイン(Bitcoin)ATMは手数料はかかるのでしょうか?

 

実は、ビットコイン(Bitcoin)ATMでは手数料はかかります。そして、手数料は、そのビットコイン(Bitcoin)ATMによって異なるようです。ビットコイン(Bitcoin)ATMでは、購入や売却でそれぞれ数パーセントかかるようです。多い場合は、10パーセントもかかる場合も!

 

なので、ビットコイン(Bitcoin)ATMの手数料は、少々割高になることが多いです。便利ではありますが、手数料がかかるということを頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMを使用する注意点は?


次に、ビットコイン(Bitcoin)ATMを使用したいけど注意する点はあるの?という疑問が出てきたでしょう。実は、ビットコイン(Bitcoin)ATMは注意しなければいけない点がいくつかあるのです。

 

例えば、時間がかかってしまう場合があります。ビットコイン(Bitcoin)ATMは、ハイクオリティなセキュリティで守っているので、機種によって身分の認証に時間がかかってしまうケースがあるのです。そのため、時間がない方は少々ストレスを感じるでしょう。

 

また、使える時間帯が決まっているケースがあるのです。もちろんビットコイン(Bitcoin)の売買に時間制限はなく、ATMですので24時間使用できます。ですが普通の銀行からの入金などは、銀行側の使える時間が決まっている場合がありますので、ご注意を。

 

そして、ビットコイン(Bitcoin)ATMでは、モバイルウォレット以外にもペーパーウォレットで記録を取ることもできます。しかし、ペーパーウォレットは感熱紙で二次元バーコードを印刷したものです。感熱紙は、劣化がしやすいため心配な方はコピーを取らなければならない、という面倒な面もあります。さらに、コピーを取る場合は、インターネットに接続していないプリンターを使用するようにしましょう。情報漏えいの危険があります。

これらの点はビットコイン(Bitcoin)ATMを使用する際、十分注意してください。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMの種類は?


ここまで、ビットコイン(Bitcoin)ATMについて紹介してきましたが、基本的な疑問がまだ残っていますよね。それが、ビットコイン(Bitcoin)ATMの種類についてです。実は、ビットコイン(Bitcoin)ATMにはいくつか種類があります。

 

例えば、有名なところで言うと「ロボコイン」です。「ロボコイン」はアメリカのベンチャー企業が、アメリカ国内で製造した世界初のビットコイン(Bitcoin)ATMと言われています。業界最高峰と誉れ高いマネーロンダリング防止や、消費者保護機能があるようです。しかし、現在はサービスを停止しています。

 

さらに、日本企業の「BMEX」のATMが知られているところでしょう。こちらは、比較的簡単にビットコイン(Bitcoin)の売買ができるので、人気が出ています。このように、いくつも種類があり、その特徴も違うようです。そのため、自身で試してみて使いやすいビットコイン(Bitcoin)ATMを利用してみてください。きっと、ビットコイン(Bitcoin)ATMの良さをより知れるはずです。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMと取引所の違いは?


さて、ビットコイン(Bitcoin)ATMを利用したくなっているでしょうが、こんな考えもありませんか?それが、ビットコイン(Bitcoin)ATMと取引所の違いです。一般的に利用する取引所はもう慣れている方も多いでしょうが、ビットコイン(Bitcoin)ATMとどう違うのか気になるところでしょう。

 

実は、ビットコイン(Bitcoin)ATMはスピード感が違います。基本的に取引所で出金する場合、出金が反映されるのは銀行の翌営業日になってしまうことってありますよね。しかし、ビットコイン(Bitcoin)ATMでは、基本的に今すぐ引き出すことができます。これは、うれしい点ですね。

 

また、取引所での口座開設などの面倒な作業も、ビットコイン(Bitcoin)ATMでは必要ありませんので、そこは違う点です。そんな違いを気にしながら、利用してみるのも良いでしょう。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)ATMのメリットとデメリットとは?


ここまでビットコイン(Bitcoin)ATMのご紹介をしてきましたが、そもそもビットコイン(Bitcoin)ATMのメリットとデメリットとは何だろうと考えていませんか?ビットコイン(Bitcoin)ATMのメリットと言えば、やはりその場で現金を引き出せる点でしょう。ビットコイン(Bitcoin)を銀行口座に振り込んだ後、引き出すのはやはり面倒です。

 

さらに、ATMによっては、面倒な工程もなく簡単に引き出すことができるのはメリットでしょう。また、海外に行ったときビットコイン(Bitcoin)ATMがあると心強いですよね。

 

そして、デメリットとしては前にも説明しましたが、やはりまだ日本での設置台数が少ないところです。しかし、東京オリンピックに向けてこれから、まだまだビットコイン(Bitcoin)ATMは設置されていくことが予想されますので期待が持てます。また、手数料の点も気になるところです。そんな、ビットコイン(Bitcoin)ATMのメリット、デメリットを理解したうえでご活用してみてください。

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

初心者におすすめ
ビットコイン取引所一覧

取引所キャンペーン入金方法レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料申し込み
人気急上昇!
GMOコインGMOコインもれなく全員20,000Satoshiプレゼント!銀行、ペイジー入金最大10倍0.001BTC無料0.05%
人気急上昇!
bitbank tradebitbanktrade-銀行、クレジットカード最大20倍0.01BTC0.01%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
人気急上昇!
bitbank.cc取引手数料無料銀行最大20倍0.0001BTC-0.05%~+0.05%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
bitFlyer合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大15倍0.001BTC0.01%~0.15%無料
Zaifzaif毎日上位50名に対して最大1億円銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大25倍0.0001BTC-0.01%~0.1%実質0.039%
QUOINEX手数料無料銀行最大25倍0.01BTC無料0.05%
Kraken-銀行最大5倍0.00001BTC0~0.26%0.01%
みんなのビットコイン-銀行最大25倍0.01BTC無料(無料)0.05%
Bitfinex仮想通貨3.3倍0.01BTC0~0.2%15~18%
Bittrex仮想通貨--0.0005BTC0.25%--
cryptopia仮想通貨--0.0001BTC0.2%--
Bitconnect.co仮想通貨--0.03BTC0.25%--
Aidos Market仮想通貨--$5 USD0.09~0.2%--
Yobit仮想通貨、クレジットカード、オンライン決済、電子マネー--0.0001BTC0.2%--
KuCoin仮想通貨--0.000001BTC0.1%--
Btcbox銀行最大3倍0.0001BTC無料無料
Fisco銀行--0.0001BTC無料--
Lemuria銀行--0.1BTC無料--
BITPOINT最高総額 150万円銀行最大25倍0.0001BTC無料(無料)実質0.035%
DMMBitcoin新規口座開設申込後、30日以内に口座開設完了で1,000円をプレゼント銀行、クイック入金5倍0.001BTC無料無料
Bit Trade-銀行-0.0001BTC0.2~0.3%-
Binance仮想通貨--0.00000001BTC0.1%(BNB建ての場合0.05%)--
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status