【完全解説】2017年版ビットコイン(Bitcoin)使い方マニュアル

ビットコイン(Bitcoin)の購入・入手方法

ビットコイン(Bitcoin)の購入方法

1,取引所に自分のアカウントを作成する。
2,アカウントの本人確認をする。
3,自分のアカウントに日本円を入金する。
4,取引所で購入金額を提示し、取引が成立したら日本円を支払う
5,ビットコイン(Bitcoin)を入手

 

以上の流れです。

 

取引所に自分のアカウントを作成する。
取引所というと、堅苦しそうで身構えてしまうかもしれないですが、アカウントの作成はとても簡単です。

メールアドレスさえあれば、作成できます。各取引所で些細な違いはありますが、基本的にはメールアドレスとパスワードを登録し、送られてきたメールに載っているアドレスにて認証すればアカウントが作成できます。
代表的な取引所のHPのを見ると、以下のようにメールアドレスを登録するフォームが載っています。

 

 

 

 

アカウントの本人確認をする。
アカウント作成しログインすると本人情報を入力するように勧められるので、氏名・住所・電話番号を入力しましょう。なお、本人確認資料の提出を求められるので、正しい情報を入力するようにしましょう。続いて、運転免許証・パスポートなどの写真付本人確認書類の画像を指定のページアップロードし、取引所から本人確認してもらいます。よっぽど混雑していなければ、1営業日あれば本人確認は完了します。

bitFlyerの本人情報入力ページと確認資料アップロードページ

 

 

 

 

 

 

自分のアカウントに日本円を入金する。
ビットコイン(Bitcoin)を購入するためには、原資として日本円が必要です。アカウントは最初何もない状態なので、自分の持っている日本円をアカウントに入金しなければなりません。日本円を入金する方法いくつかあります。下の図は、ビットコイン(Bitcoin)とcoincheckの入金方法選択画面です。

 

 

 

取引所で購入金額を提示し、取引が成立したら日本円を支払う

日本円が入金できたら、いよいよ購入の注文です。

 

先ほど説明しように、取引所にはビットコイン(Bitcoin)を買いたい人と売りたい人がいます。買いたい人は2種類の注文方法があります。成行注文指値注文です。

 

成行注文は、購入したいビットコイン(Bitcoin)の数量だけ指定します。そうすると、今売りたい人が提示している価格のうちできるだけ低いものを選んで取引が成立します。

 

指値注文は数量と購入したい価格を指定します。指定した価格で売りたい人の提示があるまで取引成立をじっと待つことになります。

 

成行注文と指値注文のどちらが優れているというわけではなく、場面によって使い分けするとよいでしょう。相場激しく動いていて、どうしてもすぐ欲しいと思えば成行注文がいいでしょうし、特に取引を急いでいる状況ではなく、この価格なら買いたいという場面ならば指値注文がいいでしょう。購入方詳細はその項目で紹介します。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)を入手

取引が成立すれば、アカウントから支払額分の日本円が出金され、購入した分のビットコイン(Bitcoin)が入金されます。価格の調整から、指定した取引量と微量のズレが生じますが、アカウントにビットコイン(Bitcoin)の残高が表示されていることを確認しましょう。

 

bitFlyerの残高確認画面(ホーム)

 

 

販売所での購入の場合

続いて販売所での購入方法を紹介します。

 

各販売所にアカウントを作成し、日本円を入金するところまでは取引所と同様です。基本的に取引所は販売所を兼ねている場合が多く、アカウントを一つ作れば取引所も販売所も利用できるようになります。

 

代表的な販売所であるbitFlyerとcoincheckそれぞれの販売所での購入方法を紹介します。とても簡単なので、アカウントに入金を済ませた後は1分もかからずに購入が完了します。なお、スマートフォンで取引される方が多いと思うので、各販売所のスマートフォンアプリでの購入方法を紹介します。

 

 

 

bitFlyerの販売所での購入方法

1.アプリでログインしてホーム画面を表示。販売所が選択されていることを確認し、ビットコイン(Bitcoin)の項目をタップします。

 

 

 

 

2.購入したいビットコイン(Bitcoin)の量を数量の欄をタップし入力します。最低は0.01BTCです。なお、「+0.01」などのボタンをタップすると、そのボタンの分だけ量が入力されます。

 

 

 

 

3.取引量を入力したら、「買う」のボタンをタップします。

 

 

 

4.以下の画面が表示されますので数量と価格を確認し、購入に問題がなければ「購入を確定する」をタップすれば購入完了です。表示された価格の日本円がアカウントから支払われて、購入した数量のビットコイン(Bitcoin)が入金されます。

 

 

 

 

3.日本円での購入価格が表示されるので、問題なければ「購入」をタップします。

 

 

 

 

4.最終確認のメッセージが表示されるので問題なければ「OK」をタップすると購入が完了します。

 

 

 

 

5.購入したビットコイン(Bitcoin)の残高はメニューの「総資産」で確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の購入方法に関しては下記にて紹介しています。

【完全解説】2017年版ビットコイン購入マニュアル | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを買いたいけど、どうやったら買えるの?そもそもどこから買えるの?そんな方のためにビットコインを購入方法・手順を全網羅してます。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の無料で入手する方法~購入偏~

ネットショッピングをする時に、bitflyerを経由してそのショッピングサイトに行くと、ビットコイン(Bitcoin)が無料で貰えます。ビットコイン(Bitcoin)に対応しているポイントサイト、Moppyやちょびリッチ、ポイントタウンやGポイントでも同じように貰うことができます。

 

例えば楽天市場で買い物する時に、いきなり楽天市場のサイトに行くのではなく、bitflyerか、対象のポイントサイトに行きます。そこから楽天市場のサイトに飛ぶだけで、購入代金の0.6%のビットコイン(Bitcoin)が手に入ります。

 

最近ではファッションはもちろん、食品や薬局、家具や家電のサイトなど、ビットコイン(Bitcoin)が貰えるショッピングサイトは増えていますので、購入前にそのサイトが対象かどうか、調べてみると良いと思います。貰えるビットコイン(Bitcoin)の割合はサイトによって異なりますが、ネットショッピングが多い人なら、意外に貯まります。

 

【Bitnet”とは?】楽天も導入するビットコインの背景 | ビットコイン取引所オールナビ
大手IT企業の楽天も導入したビットコイン。ビットコインを導入することにより、より一層生活に密着していくと三木谷さんは発表しています。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の無料で入手する方法~生活偏~

コインチェックにある「Coincheckでんき を利用すれば、電気料金の一部をビットコイン(Bitcoin)で還元してくれます。電気代を円で払う場合は、電気代の1%~7%のビットコイン(Bitcoin)が貰えますし、ビットコイン(Bitcoin)で払えば電気代が1%~7%割引になります。

 

クレジットカードを作る際も、bitflyerや対象のポイントサイトを経由すると、クレジットカード会社にもよりますが、数千円相当のビットコイン(Bitcoin)が貰えます。他にもNTTフレッツ光やWiMAXなどのネット回線の申し込みや、huluの申し込みなどでもビットコイン(Bitcoin)は貰えます。

 

ブランディアや楽天買取などの買取サイトもありますので、不用品の処分の際も使えます。じゃらんなどの旅行サイトもありますので、生活のいろんなシーンでビットコイン(Bitcoin)を貰うことができます。

 

 

 

 

Faucet

サイトに行くと必ず表示される、広告のおかげです。サイトは広告収入によって運営されているので、そのサイトを訪れた人に収入の一部を還元してくれるという仕組みです。

 

Faucetの特徴は、簡単に、ノーコスト、ノーリスクでビットコイン(Bitcoin)を手に入れられることです。Faucetでは数分から数時間おきにサイトに行って、クリックするだけでビットコイン(Bitcoin)が貰えます。ほとんどのタスクが時間をおいてクリックするだけの単純作業であり、その待ち時間にできるゲームが用意されているサイトもあります。中にはビットコイン(Bitcoin)をかけて2倍、3倍を狙うものもありますが、基本的には無料でビットコイン(Bitcoin)を貰えます。

 

まだ海外サイトがほとんどなので、英語表記のものばかりです。アカウントの作成の時には多少戸惑うかも知れませんが、入ってしまえばやることは単純なので、それほど苦労はしないと思います。

 

無料で入手する詳細の方法は下記ページで紹介しています。

【保存版】ビットコインを無料で手に入れる13の方法 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインは実は誰でも無料で手に入れる裏ワザテクニックがあります!お得にビットコインを手に入れて、儲けましょう!

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の使い方・ウォレットとは

ビットコイン(Bitcoin)ウォレットとは

ビットコイン(Bitcoin)を代表する仮想通貨はあくまでも、法定通貨の代わりとなり得る電子上の存在です。その為、データの保持にはデータの置き場所が必要となります。法定通貨に財布があるように、仮想通貨にもウォレットと呼ばれる記帳・送金・残高のデータを管理するシステムがあります。

 

もっとも、取引所のデータ管理と個人のデータ管理の違いはありますが、ビットコイン(Bitcoin)の売買だけに着目したうえで利益をあげるのであれば、ウォレットよりも取引所の方が安心と言えるでしょう。これに関して言えば、取引所のやり取りではウォレットは不要ですが、直接送金などの利用する場合にはウォレットが必要となります。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)のやり取りで生じるデータは、中央サーバーや金融機関などは全く関係のないものであり、誰からの介入も不可能なものとなっています。しかし、ウォレットに記録されているデータに関しては自己管理であり、秘密鍵と公開鍵を誰かに知られるようなことがあれば、保有していた仮想通貨を全て失う可能性はいつでもあります。

 

逆に言えば、脆弱性のない保管場所で保管されている仮想通貨の全ては秘匿性の高いものであり、データの所在地すらわからないのであれば、悪用される確率は低いと言えるでしょう。ちなみに、ウォレットと呼ばれるものは、実に様々な種類があり、種類ごとにメリットとデメリットが存在します。

 

 

 

PCアプリ型

PCはネットワークにつなぐ以外にも使い道があり、個人・企業問わずデータの保管庫としての役割を果たしています。ビットコイン(Bitcoin)のデータに関してもPCで保管することが可能であり、PCに保管する口座データをPCアプリ型のウォレットと呼んでいます。

 

PCアプリ型のウォレットは、マイニングの可能な完全版と口座や送金情報のみに使用する簡易版の2種類に分かれます。

 

ブロックチェーンはPCが相互にやり取りしてデータの処理を行っているため、データの一部のみを切り取り保持することと、ブロックチェーンの内部データそのものとしての機能をPCに持たせるかどうかという違いになる為、マイニングを行いたいのであれば完全版を選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、マイニングそのものに関しては、データ処理能力が高くなければ全く利益の出ないものである為、データの管理という意味では完全版をダウンロードする必要はありません。

 

また、完全版はデータ容量が膨大であり、ダウンロードのみで数日かかることも珍しくなく、起動するたびにデータの読み込みにも時間がかかりますが、マイニングを行うことが可能です。対して、簡易版は起動・取り扱いそのものが軽量であり、PCの容量・能力を気にする必要があります。能力に関連して言えば、PCは回線速度も大切ですがアプリを取り扱う処理能力は出来る限り高いほうが処理もダウンロードも早く、フリーズも少ないというメリットがあります。

 

全てのPCアプリ型のウォレットのメリットとして、個人管理であるということから、取引所の有無は関係なく、最悪の場合潰れても自分の資産を失うことはありません。加えて、セキリティ性も高く、自分の管理下で全てのデータを保持出来る為、他人に自分の公開鍵やアドレスを周知しない限りは悪意のある操作は不可能です。また、直接サーバーとやり取りしているようなものである為、オンライン環境がなくてもデータを確認することが可能となっています。

 

対して、デメリットとしては、PCそのものの故障やマシントラブルでデータを全て消失する可能性があること、持ち運びが難しい場合が多いこと、ソフトウェア依存である為、端末同期は不可能という面が挙げられます。オンライン型とは、存在の定義が違いますがウィルス対策は例え、オンラインに繋がっていなくても必要です。

 

また、ウィルスは感染したデバイスからデバイスへと感染するため、オンライン上でのウィルス感染がなくてもPCアプリ型でウォレットを管理する場合は最新の注意を払いデバイスを取り扱う必要があります。

 

ウィルスは、個人情報の抽出のみでなく、端末のデータ破壊・プログラムの破壊など実に恐ろしいものが途方もなく存在しています。また、何気ない動画などでもウィルス感染することも少なくはない為、PCアプリ型のウォレットを使用する端末とネットに常につなぐ端末は別の方がセキリティ性は向上するでしょう

 

 

 

オンラインサービス型

仮想通貨の取引においてもオンラインサービス型のウォレットは非常に便利な機能を有しています。

 

オンラインサービス型のウォレットは、ダウンロードが不要であり、口座の管理情報の全てをオンライン上で済ませるものです。その為、PC端末とネット環境さえあれば、いつでも取引・口座の確認・送金が可能となっており、非常にユーザーの多いウォレットとなっています。また、ダウンロードが不要であることから、端末そのものが故障してもウォレットが消失することはなく、自分の管理下に置かれた仮想通貨が消失することもないことが大きなメリットと言えるでしょう。

 

しかし、ハードウェアではなく、ネット依存の環境であるということは、電子的な不正操作や悪意のあるハッキングに対して何らかの対策をしなければ、最も狙われやすいウォレットと言っても過言ではありません。

 

公開鍵や秘密鍵は管理側のサーバーで行っているため、自分で管理する必要はありませんが、預け先であるウォレットはなるべく信頼のおけるものを使用すると良いでしょう。取引所などもオンラインサービス型のウォレットに近い形態ではありますが、信用性は各取引所や使用するサービスによって異なるのが現状です。

 

つまり、ウォレットを開設できる場所は依然と比べても増加しつつありますが、そのすべてが必ずしも安全とは言えない状況にあり、ビットコイン(Bitcoin)の残高そのものがいつでも悪意のあるハッキングなどで消失するリスクを抱えているということを意識して使用しましょう。

 

ちなみに、自分の使用する端末に対するウィルス対策も必要となってきますが、最も重要なのは、ウォレットの存在はオンライン上のサーバー内にしかないということです。その為、ウィルスやハッキングの被害にあう確率は、現存しているウォレットの中ではオンラインサービス型が最もリスクが高いと言えるでしょう。

 

仮想通貨の特性として、24時間いつでも取引が可能となっている点もオンラインサービス型のウォレットからすれば、いつでもハッキングの対象になる可能性があるということになります。

 

また、仮想通貨そのものがネット上にしかないという性質である為、仮想通貨の補償をオンラインサービス型のウォレットが行っている所は非常に少ないことにも注意してください。

 

これについては、取引所などのオンラインサービスでも国による規制やサーバーの不具合などで取引が不能になる可能性はいつでも存在しています。その為、オンライン上のウォレットを安心に使用するためには、保障があり、サーバーに対する守りが強固なものを選定するように心がけて下さい。

 

 

 

スマホアプリ

スマホはほとんどのものをアプリとしてダウンロードし、便利に活用できるという特性があります。そして、スマホアプリ型のウォレットもiPhoneやAndroidどちらでも提供されており、容易に持ち運びができる点が最大のメリットと言えるでしょう。
OSに関して言えば、Android端末におけるアプリは非常に審査が甘い状況にあり、特に特定サイトでの配信アプリなどではトラブルが多い現状にあります。

 

もし、携帯端末にアプリ型のウォレットをダウンロードする場合は、そのアプリの安全性や元々の端末が他のアプリによってウィルス感染、或いは悪意のある使用がされていないかチェックしてから導入することを強くお勧めします。

 

また、アプリ型のウォレットはオンライン型のウォレットと似たような性質も持ち合わせており、ウィルスや特定や特定端末への攻撃には強いとは言えないのが現状です。

 

例えば、スマホのほとんどはUSB接続で他の端末に容易につなぐことが可能であり、クラウドサービスなどを利用してもデータがウィルスに感染していれば、よほど強固な認証を施していないかぎりセキリティを突破される可能性はいつでもあります。もっとも、ウォレットの構造そのものがそこまで他人に読み取られやすいものを使用しているわけではありませんが、オンライン型のウォレットや端末依存型のウォレットである限り、ウィルス対策は万全を期す必要があるでしょう。

 

スマホアプリ型ウォレットに関連して言えば、スマホアプリによって認証を行うという機会が日本国内では着実に増加しつつあります。ビックカメラグループがアプリを使用しての支払いを認証していることから、これから更にアプリ型のウォレットは増加していく傾向にあると言えるでしょう。

 

しかし、携帯端末そのもので言えば、PCと同じようなウイルス・ハッキング対策を行っている人は少ない傾向にあります。特に、Android端末を使用している方は、モバイルに対応したウィルス対策ソフトを使用することを強くお勧めします。そして、モバイルウォレットも端末依存型のウォレットである為、端末の故障などには非常に弱く、もし多額のビットコイン(Bitcoin)を保有したまま端末を紛失・故障した場合にはそのウォレット内のデータは永遠に失われる可能性が非常に高いため、多額の仮想通貨や法定通貨の運用は控えた方が賢明です。

 

 

 

コールドウォレット

コールドウォレットは、ペーパーウォレットの事でありペーパーという名の通り、紙にビットコイン(Bitcoin)の口座に関する情報を記載し、口座を管理するウォレットです。

 

ビットコイン(Bitcoin)の本人認証として必要な情報は、公開鍵と呼ばれるアドレスと秘密鍵と呼ばれる他人には教えてはならない暗号の二つを紙に印刷し保持しておくというものです。記録して保持しておくという概念は他のウォレットと同一ですが根本的に、紙を焼失しない限り有効であり、取引所が消滅しても保有しているビットコイン(Bitcoin)は無くなりません。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)そのものはハッキングやウィルスなどの電子的な攻撃を常に受ける側ではありますが、いまだにシステムそのものを乗っ取られたことはなく、デバイスや端末などにデータとして残しているわけではない為、コールドウォレットはセキリティ性という意味では最も高いウォレットと言えるでしょう。

 

一方、コールドウォレットのデメリットとしては、媒体が紙である為、劣化や火などに弱く、化学変化にはどうしても逆らうことが困難である為、劣化(酸化)しない環境を作り出すか金庫などなどに入れて保管するなどの対策が必要となります。これに加えて、秘密鍵を作った時点で自分の口座は決まっているため、暗号化に必要であるパスワードを消失した場合には永遠に口座に入ったビットコイン(Bitcoin)は回収不可能となります。

 

口座の記録そのものが紙にされているということは、口座から入出金を行う場合、別のサービスやウォレットを使用する必要があります。その為、ペーパーウォレットそのもののセキリティ性は高くても他媒体におけるセキリティ性が低いのであれば、ビットコイン(Bitcoin)を失うリスクは常につきまとうことを意識してください。

 

そして、コールドウォレットの使用方法として最適なのは、高額のビットコイン(Bitcoin)を保有しており、それらを長期間保有する場合や他人に譲渡する場合です。つまり、頻繁に入出金を行うためにはかなり手間であり、何回も同じペーパーウォレットを使用することは推奨されていません。紙であっても目に見える形で存在しているため、何度も使用するためにはその紙を何度も保管場所から出し入れすることになり、その回数が増えれば増えるほど人の目につきやすくなるということになります。

 

コールドウォレットは、媒体としてオンラインやハードウェアから切り離される為、オンラインウォレットなどと比較すると、保有し続けるという目的であればコールドウォレットの方が向いていると言えます。しかし、出金の際には一時的にオンライン状態になることを考えると長期的な保持以外では使用しにくいという点を忘れないでください。

 

 

 

 

ウォレットを使うメリット

メリット1:匿名性

ビットコイン(Bitcoin)における取引は、ブロックチェーンによって全て記録されます。

 

しかし、個人情報はウォレットを使用している場合、誰かに知られることはありません。ブロックチェーンは、ビットコイン(Bitcoin)の根幹を成すシステムであり、このシステムによって管理者不要、24時間対応の取引、国境のない取引などが可能となっています。これはネットワークによる分散管理であり、口座・取引の追記・更新を世界中のPCの演算能力を借りているというシステムであり、ハッキングなどに対しても非常に高いセキリティを誇ります。

 

また、ウォレットによるアドレスは個人しか知り得ませんが、アドレスそのものは個人を特定できるデータではありません。あくまでも、アドレスの情報は、ウォレットの場所を示すものであり、そのアドレスの情報そのものが世界中に拡散されたサーバーで記録されているため、ビットコイン(Bitcoin)のシステムそのもののセキリティ性は非常に高いものと言えるでしょう。逆に言えば、取引情報は全て記録されますがそこから個人情報を読み取ることは不可能でしょう。

 

取引所などにおいては、ハッキングを受けデータを消失する事件などもありましたが根本的なシステムの破壊・不正なハッキングによる資金の流失などは未だにありません。

 

また、取引所などにおいて、個人情報は取引所の口座開設の際に、必要とされることがある為、匿名性の高い取引という意味では、ウォレットを使用した場合に限られています。もっとも個人情報そのものも取引所のセキリティにおいて守られているため、個人が個人の取引そのものを監視することは現実的ではないでしょう。

 

 

 

メリット2:資金の分散管理

ビットコイン(Bitcoin)はシステム上、取引情報などは全てブロックチェーンによって分散管理されています。

 

ウォレットを使用する場合には、その分散管理を十分に生かせる環境ができ上がります。

 

例えば、100万円分のビットコイン(Bitcoin)をモバイルウォレット、ペーパーウォレット、PCアプリ型のウォレットに分けることも可能です。また、金額が大きくなればなるほど最も使い勝手のいいオンラインウォレットに対する不安感は大きくなる為、分散して管理することにより、資金・仮想通貨両方に対する消失のリスクを無くすことが出来ます。分散して管理する場合には、各ウォレットの公開鍵や秘密鍵を混同しないこと、消失しないこと、他人に見せないこと、などの事柄に注意しましょう。

 

これに関連して、ウォレットはウォレットに関連する情報さえ管理できれば、いくらでも作成することが可能です。

 

しかし、数が多くなればなるほど管理が難しくなる為、自分が使用したいウォレット及び管理方法はあらかじめ決めておきましょう。

 

ウォレットに対して、取引所管理下である資金や仮想通貨の安全性は取引所任せであり、最悪の場合、取引所に入れてある法定通貨・仮想通貨の全てが消失するというリスクもあります。もっとも、ハッキングで現在の有名な取引所であるビットフライヤーやコインチェックなどのセキリティ性は簡単にハッキングを行えるほどたやすいものではない為、信用性のある取引所で取引を行うことが大切と言えるでしょう。

 

【徹底解説】ビットコインウォレット17選の比較 | ビットコイン取引所オールナビ
実は色々な種類のある”ビットコインウォレット”。あなたに合ったビットコインウォレットは何か。全て比較し、ベストのビットコインウォレットを見つけよう!

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)が使える店

Amazonでの使い方

【完全解説】amazonでビットコインを利用する全貌 | ビットコイン取引所オールナビ
様々なシーンで利用されるビットコイン。大手ショッピングサイトのamazonでもビットコインは使えます!実際にamazonでビットコインを利用した記録です。

ビックカメラでの使い方

【完全解説】ビックカメラでビットコインを利用する全貌 | ビットコイン取引所オールナビ
様々なシーンで利用されるビットコイン。家電量販店のビックカメラでもビットコインは使えます!実際にビックカメラでビットコインを利用した記録です。

楽天市場での使い方

【Bitnet”とは?】楽天も導入するビットコインの背景 | ビットコイン取引所オールナビ
大手IT企業の楽天も導入したビットコイン。ビットコインを導入することにより、より一層生活に密着していくと三木谷さんは発表しています。

Vプリカでの使い方

【保存版】Vプリカでビットコインを購入する方法 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを購入する方法は多々ありますが、今回はVプリカを使ってビットコインを購入する手順をご説明します。

 

 

nanacoギフトでの使い方

nanacoギフトと言えば、セブン&アイホールディングスにおける共通の電子マネーであり、使用できる箇所は日本全国にあり、その有用性はかなり高いものと言えるでしょう。

 

使用できる店舗はセブンイレブンのみでなく、ドミノピザ、ビックカメラなどの大手企業などでも使用可能です。

 

対して、ビットコイン(Bitcoin)は、現在ではアプリを通してそのまま使用できる場所や店舗も増えてきましたが、全国的にはまだまだ直接の支払いに対応している状況ではありません。

 

そこでビットコイン(Bitcoin)をnanacoギフトに変換することにより、日常での有用性を高めることができます。

 

レートは各サイトによって異なりますが、現在の所、大手取引所であるビットフライヤーなどではAmazonギフト券、nanacoギフト券など様々な電子マネーとの交換が可能となっており、ビットフライヤー以外でも仮想通貨と電子マネーの相互交換が行えるサイトは増加しつつあります。仮想通貨の代表格であるビットコイン(Bitcoin)が使用可能であるということは、他の仮想通貨に関しても次第に使用可能となっていく可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

また、特に通貨同士の相互交換である為、難しい操作は必要としませんが、取引口座にビットコイン(Bitcoin)がなければ交換できない点には注意して使用しましょう。法定通貨と電子マネーのレートは変化することはありませんが、仮想通貨のレートは日々変化します。特にビットコイン(Bitcoin)に関しては、その値段の高さと分裂を繰り返している現状から今後どのようなレートで電子マネーと交換できるのか詳細は不明です。

 

24時間取引可能であるということは、レートは随時変動することになる為、高値と安値の見極めも大切になります。

 

そして、nanacoギフトなどの電子マネーへの変換はあくまで日本円への変換とは異なる為、現在の所、課税対象ではありません。

 

仮想通貨で取引を行っている方にとっては、税金対策にもなり得るため、近くにnanacoカードを使用できる店舗がある場合には、ビットコイン(Bitcoin)で得た利益をnanacoギフトに変換しておくと良いでしょう。

 

もっとも、一度変換した資産は二度と元の状態には戻せない為、金額にもよりますが仮想通貨から電子マネーへの変換時には最新の注意を払いましょう。

 

 

 

銀行口座への出金

銀行口座は金融機関の窓口やネットでの申し込みによって開設できるものであり、仮想通貨のシステムそのものにはあまり関係はありません。 

 

しかし、仮想通貨を日本円で出金する場合には必要になります。また、大手取引所における日本円による入出金は基本的に口座指定であり、出金においてはネット銀行・実店舗を持つ金融機関など制限はありません。入金に関しては指定された口座を各取引所で保有しているため、その口座に振り込む必要があり、その手間を考えればネット口座を開設したうえで取引を行った方が何かと便利だと言えるでしょう。

 

また、楽天銀行とジャパンネット銀行においてはビットフライヤー及びコインチェックのクイック入金に対応しており、文字通り通常の金融機関が休みの場合でもいつでも入金を可能にするシステムです。通常の金融機関の口座ではここまで迅速な対応は不可能であり、迅速な出入金を行うのであれば、ネット口座を選ぶことが賢明だと言えるでしょう。

 

特に、仮想通貨は土日などの曜日に関係なく、レートが動くため迅速な判断が利益を生むかどうかの境目となることも非常に多いため、迅速な取引を行うためにはある程度の資金と口座そのものの準備をしておくことが必要です。

 

銀行口座に関して、大手取引所とつながりのあるものもあり、特に住信SBIネット銀行は多くの大手取引所と提携しているため、手数料に関しては安価と言えるでしょう。

 

注意したい事柄としてウォレットで管理しているビットコイン(Bitcoin)を日本円に変えたい場合には、ATMがない場合には必ず取引所を使用することになります。要は、売却を行い、それを金融機関の口座に出金するという流れであり、仮想通貨から法定通貨への換金はこの売却時に行われることになります。

 

これに関連して、ビットコイン(Bitcoin)のレートは保持している物量が同じだとしても換金する取引所によって数千円ほどの違いが生まれることがあります。加えて、銀行口座に入金しなくても例として、取引所において20万円で買ったビットコイン(Bitcoin)を100万円で売却した場合、利益として残る80万円は課税対象となり、納税の義務が生じることに注意してください。

 

そして、銀行口座はちゃんとした金融機関の口座であれば、出金に関する制限はありません。しかし、手数料は銀行ごとに規定されており、優遇されているものとそうでないものははっきりと分かれているため、取引における手数料をネックに感じる場合はよく考慮したうえで使用する銀行口座を決定・解説しましょう。

 

 

 

coinmap

coinmapは簡単に言えば、ビットコイン(Bitcoin)が使用可能である店舗が掲載されているサイトです。

 

日本に関してはまだまだ登録場所そのものが少ない状態ではありますが、日本だけでなく欧州や米国などワールドワイドにビットコイン(Bitcoin)を使用できる店舗を掲載しています。

 

ビットコイン(Bitcoin)を日本円に換金せずそのまま使用できる店舗は、そこまで多くはありません。その為、ビットコイン(Bitcoin)をそのまま使用しようとするとかなりの労力を費やすことになりかねません。そのようなときこそ、coinmapを参考にしてビットコイン(Bitcoin)が使用可能な店舗を見つけることが可能となります。

 

また、coinmapの店舗情報は登録制であり、店舗の情報を自由に書き込める状態である為、ビットコイン(Bitcoin)決済を始めた店舗などの宣伝にも使用することが可能です。これに関連して言えば、都内ではビットコイン(Bitcoin)を日本円に換金できるATMも存在し、その場所も何か所か登録されているため、ビットコイン(Bitcoin)でなく日本円が必要な場合にも何かと便利なサービスと言えるでしょう。

 

例えば、ビットコイン(Bitcoin)が法定通貨並みに認知されるものであれば、日本中が対象ポイントとなることも可能性としてはゼロではありません。そうなる為には、ビットコイン(Bitcoin)を取り扱う店舗や企業が今の数倍以上にならなければ、実現しない為、coinmapはビットコイン(Bitcoin)を使用できる実店舗が記載されている貴重なサイトという立ち位置にあります。

 

取引という意味においても、取り扱う店舗数が多くなればなるほどビットコイン(Bitcoin)の発行数は決まっているため、価値は向上することになりますし、ビットコイン(Bitcoin)の普及が更に全世界的なものとなれば仮想通貨としての立ち位置もゆるぎないものとなり得る可能性があります。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の取引手数料

法定通貨のやり取りでも取引に対する手数料は加算されるところが多く、契約内容にもよりますが決して安価な値段設定ではありません。

 

例えば、国内大手であるビットフライヤーやコインチェック、ザイフなどの設定手数料は各取引所によって異なります。
また、各取引所によって取引手数料が異なるということは自分の運用する金額に合わせて、取引所の選定を行うことが必要になってきます。もっとも、取引所そのものもあくまでも運営することが目的である為、経済状況や影響力、安定性などは各取引所によって大きく異なることにも注意しましょう。

 

また、取引を行う上で取引手数料は必ず発生するものではありますが、少しでも多くの利益を上げるという意味では手数利用はなるべく安価な取引所を選ぶことが大切になってきます。

 

例えば、買値が50万で売値が500万円だとして、その損益は450万円の利益ということになります。この金額に対して1%未満或いはマイナスの手数料を課す取引所と、現実ではここまで高額な手数料を課する所はありませんが、10%など高額の手数料を課す取引所では、最終的な利益が異なることは明らかでしょう。

 

加えて言えば、仮想通貨の運用利益が20万円を上回るのであれば、雑所得と住民税の対象となります。そのようにして考慮すれば、手数料があまりにも高い取引所には魅力が薄いということになっていきます。
しかし、取引所を選ぶ基準は、手数料のみでなく、安定性やセキリティ性の高さ、資金力などの項目も大切である為、手数料の安さのみで取引所の選定を行うことはお勧めしません。

 

ちなみに、仮想通貨の運用において、利益が出るかどうかは全くの未知数であり、必ずしも買値よりも売値が高くなるとは限りません。しかし、ユーザーの情報収集などの努力によって、より利益がでる方向に運用することは可能です。

 

つまり、取引所によって徴収額が異なる手数料は利益が目減りする原因そのものになりかねません。

 

取引手数料に関して言えば、国内では大手とされるコインチェックとザイフは手数料の心配は皆無です。コインチェックは0%であり、ザイフに至っては-0.01%という数値であり、ザイフの場合は取引ごとに利益にわずかな金額でも加算されるということになります。

 

各取引所で表記が異なりますが、FXなどの取引方法でない限り、ビットコイン(Bitcoin)の売買は全て現物取引として扱われています。そして、各取引所では、手数料に加え扱う仮想通貨が全く異なる場合もある為、自分がどの仮想通貨での利益を狙いたいのか取引所で取引を始める前に決定しておくと良いでしょう。

 

 
▼スマホの方は横スライドでご覧ください▼

取引所 仮想通貨 取引手数料 出金手数料 送金手数料 レバレッジ 特徴

GMOコイン
(仮想通貨FX)
BTC
ETH
無料 無料 無料 最大
25倍
最低スプレッド500円
FX専用スマホアプリ

coincheck
(信用取引)
BTC
ETH
ETC
無料 0.01ETH 0.0005BTC 最大
5倍
13種類の仮想通貨
ペイメント注力

bitflyer
(Lightning FX)
BTC
ETH
0.2% 無料 0.0004BTC 最大
15倍
高速取引ツール
高水準セキュリティ

bitpoint
(ビットポイントFX)
BTC
ETH
無料 無料 無料 最大
25倍
MT4で取引
注文種類が豊富

bitbanktrade
(BTCFX?)
BTC
ETH
無料 0.0005ETH 0.0001BTC 最大
20倍
通貨ペアはBTC/USDのみ
BTCを証拠金に取引
追証なし

zaif
BTC
MONA
ETH
無料 0.01ETH 0.0001BTC 最大
7.77倍
通知機能
追証不要

QUOINEX
BTC
ETH
0.1% 無料 無料 最大
25倍
タイトスプレッド

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)のデビットカードとは

【徹底比較】おすすめビットコインデビットカード7選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインデビットカードは、ビットコインをチャージし、そのままクレジットカードのように使えるということが大きなメリットです。日本で人気なビットコインデビットカードを比較し、紹介しています。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)でおすすめの取引所はコインチェックで決まり!

  • 直近5-8月のビットコイン(Bitcoin)日本取引量No.1で、仮想通貨取扱い種類もトップ水準
  • 24時間土日も取引可能
  • スマホの取引も楽チン
  • 不正ログインに対して100万の保証
キャンペーン 入金方法 レバレッジ
毎週総額20万円相当のビットコイン(Bitcoin) 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード 最大20倍
取引単位 現物取引手数料 レバレッジ取引手数料
0.005BTC 無料 実質0.04%~0.05%
キャンペーン 毎週総額20万円相当のビットコイン(Bitcoin)
入金方法 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード
レバレッジ 最大20倍
取引単位 0.005BTC
現物取引手数料 無料
レバレッジ取引手数料 実質0.04%~0.05%
直近5-8月のビットコイン(Bitcoin)日本取引量はNo.1。仮想通貨取扱いは日本取引所の中でも多い13種類です。最短10分でユーザー登録からコイン購入まで行え、取引は24時間可能です!現在、coincheck paymentと呼ばれる決済サービスに力を入れていて、coincheckのシェアも高いのも特徴です!
アプリの操作性も抜群で、初心者が困るチャートの読み込みや、入出金も行いやすく初心者に優しいコインチェック。取引手数料が無料なことも初心者の方には優しいですね。

また、貸仮想通貨サービスがあります。ご自身のビットコイン(Bitcoin)をcoincheckに預けると、契約期間満了後に預けた同量・同等の仮想通貨に加え、最大年率5%で一定の料率に基づいた仮想通貨が支払われるサービスです。仮想通貨の取扱い種類も多く、スタンダードにサービスを取り揃えている為、色々なサービスに興味がある人にオススメ!

 

 

 

 

あわせて読みたい

【完全解説】2017年版ビットコイン購入マニュアル | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを買いたいけど、どうやったら買えるの?そもそもどこから買えるの?そんな方のためにビットコインを購入方法・手順を全網羅してます。
【Bitnet”とは?】楽天も導入するビットコインの背景 | ビットコイン取引所オールナビ
大手IT企業の楽天も導入したビットコイン。ビットコインを導入することにより、より一層生活に密着していくと三木谷さんは発表しています。
【保存版】ビットコインを無料で手に入れる13の方法 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインは実は誰でも無料で手に入れる裏ワザテクニックがあります!お得にビットコインを手に入れて、儲けましょう!
【徹底解説】ビットコインウォレット17選の比較 | ビットコイン取引所オールナビ
実は色々な種類のある”ビットコインウォレット”。あなたに合ったビットコインウォレットは何か。全て比較し、ベストのビットコインウォレットを見つけよう!
【完全解説】amazonでビットコインを利用する全貌 | ビットコイン取引所オールナビ
様々なシーンで利用されるビットコイン。大手ショッピングサイトのamazonでもビットコインは使えます!実際にamazonでビットコインを利用した記録です。
【完全解説】ビックカメラでビットコインを利用する全貌 | ビットコイン取引所オールナビ
様々なシーンで利用されるビットコイン。家電量販店のビックカメラでもビットコインは使えます!実際にビックカメラでビットコインを利用した記録です。
【保存版】Vプリカでビットコインを購入する方法 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインを購入する方法は多々ありますが、今回はVプリカを使ってビットコインを購入する手順をご説明します。
【徹底比較】おすすめビットコインデビットカード7選 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインデビットカードは、ビットコインをチャージし、そのままクレジットカードのように使えるということが大きなメリットです。日本で人気なビットコインデビットカードを比較し、紹介しています。

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status