更新日 2017.12.15
購入

【完全解説】amazonでビットコイン(Bitcoin)を利用する全貌

ビットコイン(Bitcoin)はAmazonで使えるのか!?

 

ビットコイン(Bitcoin)の現状

ビットコイン(Bitcoin)の勢いが止まりません。ビットコイン(Bitcoin)の価格は乱高下を続けながらも、最終的には過去最高の値上がりを見せているのが現状です。日本政府もビットコイン(Bitcoin)を貨幣とみなしているため、法的に企業はビットコイン(Bitcoin)を決済通貨として使用できることになっています。実際に多くの企業がビットコイン(Bitcoin)決済の導入を始めており、全国チェーンではビックカメラを筆頭に多くの企業がビットコイン(Bitcoin)での決済を進めており、この流れは今後加速していくはずです。

 

ここで気になるのが世界最大手の販売網を誇るアマゾンです。アマゾンほどの大企業であればもちろんビットコイン(Bitcoin)をはじめとする仮想通貨で決済ができると勘違いされがちですが、アマゾンはビットコイン(Bitcoin)をはじめとする仮想通貨での決済を未だに行なっていないのです。

 

しかし本国のアメリカでは、最大のライバルであるebayはすでにビットコイン(Bitcoin)決済を導入していますので、今後アマゾンのビットコイン(Bitcoin)決済導入の可能性は十分にあります。

 

また意外と知られていませんが、ビットコイン(Bitcoin)を使用してAmazonギフト券をお得に購入したり、別サイトを通じてビットコイン(Bitcoin)をアマゾンでの決済に利用することも実は可能です。この決済の時にも割引が適用されますので、ビットコイン(Bitcoin)をうまく利用すればアマゾンでの買い物がお得になります。この記事ではアマゾンでビットコイン(Bitcoin)を最大限活用できてお得に買い物ができる方法に関して解説していきます。

 

 

 

Amazonギフト券でビットコイン(Bitcoin)を利用する

ビットコイン(Bitcoin)でAmazonギフト券を使用する方法ですが、ビットコイン(Bitcoin)を持っていない人は、まずはビットコイン(Bitcoin)取引所でビットコイン(Bitcoin)を取得する必要がでてきます。Amazonギフト券をお得に購入するのはその後です。そしてビットコイン(Bitcoin)を手に入れた後、ギフト券取引所でビットコイン(Bitcoin)を使用してギフト券を購入します。

 

今回はビットコイン(Bitcoin)を取得していない人にも向けて、ビットコイン(Bitcoin)取引所についても紹介していきます。今回紹介するビットコイン(Bitcoin)取引所は、日本最大の仮想通貨取引所であるビットフライヤー、そしてギフト券取引所はアマテンを紹介していきます。

 

まずビットフライヤーですが、前述したとおり日本最大の仮想通貨取引所であり、アマゾンが公認するAmazonギフト券正規取扱い所です。ビットコイン(Bitcoin)を所有していない人がビットコイン(Bitcoin)を入手するにはさまざまな方法がありますが、仮想通貨取引所で入手するというのが最も一般的で確実な方法です。

 

ビットフライヤーはアカウントの作成自体は、メールアドレスかフェイスブックアカウント、もしくはヤフーID、グーグルアカウントのいずれかで作成可能です。
  
      
 

 

ビットフライヤーでビットコイン(Bitcoin)を入手後、取引を開始となるとまた色々な手続きが必要となります。しかし今回の目的はビットコイン(Bitcoin)の入手のみです。入手のみならアカウント作成のみで問題ありません。ビットフライヤーではビットコイン(Bitcoin)を入手してからそのままAmazonギフト券と交換も可能です。つまりビットフライヤーなら、ビットコイン(Bitcoin)取得からAmazonギフト券交換まで一気に行うことができます。

 

一方のアマテンですが、こちらはすでにビットコイン(Bitcoin)を保持している人がお得にAmazonギフト券を入手するのに有効です。アマテンとは各種ギフト券を売却したい人とギフト券を購入したい人のマッチングサイトです。アマテンの最大の魅力はAmazonギフト券を最大10パーセント近く安く購入できるということです。ただでさえビットコイン(Bitcoin)の価格は上昇していますので、以前からビットコイン(Bitcoin)を保持している人などはかなり安くアマゾンで買い物ができるということになります。

 

ただしアマテンはビットフライヤーのようなアマゾンが公認しているAmazonギフト券正規取扱い所ではありません。基本的に個人間売買の場所であり、アマテンはその仲介所に該当しますので、その分のリスクなども利用前に事前に把握しておく必要があります。また、ビットフライヤー以外でもアマゾンがAmazonギフト券正規取扱い所として公認しているサイトでビットコイン(Bitcoin)が使用できるサイトも多々あります。しかしビットフライヤーをはじめとする公認サイトでは、基本的にビットコイン(Bitcoin)とAmazonギフト券は等価交換が基本です。

 

ビットコイン(Bitcoin)を使用してお得にAmazonギフト券を購入したい人は、ビットフライヤーでビットコイン(Bitcoin)を入手してアマテンでAmazonギフト券を購入。といった流れが一番お得です。
 

 

 

 

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)でAmazonギフト券を購入する方法

ビットコイン(Bitcoin)でAmazonギフト券を購入する方法ですが、ビットコイン(Bitcoin)を持っていない人はまずはビットコイン(Bitcoin)を入手する必要があります。ビットコイン(Bitcoin)の入手には仮想通貨取引所を利用することが一般的と解説しましたが、ビットコイン(Bitcoin)入手から一気にAmazonギフト券まで入手していきたい人は、ビットフライヤーで全て完結させることも可能です。

 

ビットフライヤーは簡単にアカウントを開設できますので、先述した方法でアカウントを取得します。アカウント取得後、ページ内にある「Amazonギフト券に交換」ページに移動してAmazonギフト券に交換する金額を指定します。現在は「1000円」「3000円」「5000円」分のAmazonギフト券に交換できるように設定されていますので、まずは金額の指定です。

 

 

金額を指定後、ビットフライヤーから登録されたメールアドレスあてにワンタイムパスというセキュリティコードのようなものを送信してもらいます。その後、送られてきたメールに記載されたワンタイムパスを画面に入力し支払いを完了させます。これでビットフライヤーからのAmazonギフト券の購入は完了です。画面上にAmazonギフト券のコード16桁が表示されますので番号を忘れずに記録します。

 

 

次にアマテンでAmazonギフト券を購入する方法ですが、ビットフライヤーやその他の取引所でまずはビットコイン(Bitcoin)を入手します。その後、アマテンのサイトにアクセスするとアマテンでのアカウント作成画面が表示されます。

 

 

アマテンでのアカウント開設方法は主に3つです。住所、氏名などを入力していく方法とフェイスブックアカウントやグーグルアカウントで登録する方法です。アカウントを開設後、Amazonギフト券の取引に入ります。

 

アマテンでのAmazonギフト券購入はビットコイン(Bitcoin)で直接購入するわけではなく、ビットコイン(Bitcoin)を一度日本円に換金することではじめます。換金は難しいことではなく、アマテンのアドレスにビットコイン(Bitcoin)を送金するだけです。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)が送金されるとビットコイン(Bitcoin)が日本円としてアマテンの口座にチャージされます。このチャージされた日本円を使用してAmazonギフト券を購入する運びとなります。

 

Amazonギフト券購入方法は、まずはギフト券一覧の中からアマゾンのロゴを選択です。すると現在出品されているAmazonギフト券が金額とともに一覧表示されます。希望する金額のAmazonギフト券があれば「買う」のボタンをクリックして購入します。

 

 

その後、購入したギフト券の登録を行います。アカウントにギフト券が登録ができた場合、30分以内に確定処理が必要です。万が一、ギフト券が登録できない「エラー」が発生した場合はエラー処理を期限内に行う必要があります。アマテンでのアマゾンギフト券購入の際は、実売価格とAmazonギフト券の差額も表示されています。どれだけお得になっているのかを確認しながらAmazonギフト券を購入できるのでかなり便利です。

 

また余談にはなりますが、ビットコイン(Bitcoin)にも税金が発生します。ビットコイン(Bitcoin)は雑所得扱いになりますので、普通の会社員の方なら年間20万円以上、ビットコイン(Bitcoin)で利益が発生した場合は税金を納める必要がでてきます。

 

以前からビットコイン(Bitcoin)を入手しており、ビットコイン(Bitcoin)の価格が上昇して換金したいが租税回避を模索してAmazonギフト券を購入しようと考えいる人は要注意です。ビットコイン(Bitcoin)課税は、保有しているビットコイン(Bitcoin)の利益確定の時点で課税されます。アマテンでビットコイン(Bitcoin)でのチャージを選択した場合、ビットコイン(Bitcoin)は一旦日本円に換金されます。ビットコイン(Bitcoin)を日本円に換金した時点で利益確定となりますので、アマテンのようなサイトでAmazonギフト券を購入する場合は課税対象となるので注意が必要です。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)そのもので支払いを行なった場合も課税対象となります。そしてビットコイン(Bitcoin)からその他の仮想通貨にトレードした場合も課税対象です。仮想通貨も立派なお金であることを認識することが極めて重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)支払いで割引ができるPurseとは

 

Purseとは

ここまではビットコイン(Bitcoin)を使用してAmazonギフト券を購入する方法をメインで解説していきましたが、ここからはビットコイン(Bitcoin)を直接使用してアマゾンで買い物を行う方法を解説していきます。
アマゾン自体はまだアマゾンでの決済方法にビットコイン(Bitcoin)決済を加えていませんが、別サイトを利用すればアマゾンでのビットコイン(Bitcoin)決済は可能です。「Purse」というサイトを利用するのですが、このサイトを利用すればアマゾンでの買い物が最大で35パーセントオフになります。

 

このPurseですが、どのようなサイトかを簡単に説明すると「アマゾンで安く買いたい人」と「Amazonギフト券を現金化したい、ビットコイン(Bitcoin)が欲しい」人を世界中で繋ぐサイトです。先ほどのアマテンと同様、個人間取引のサイトになります。アマゾンで安く買いたい人とAmazonギフト券を現金化、またビットコイン(Bitcoin)が欲しい人をいったいどのようにして結びつけるのかですが、この部分は多少複雑ですので後で詳しく説明いたします。まずはこのPurseのメリットとデメリットに関して説明していきます。

 

 

 

Purseのメリット

Purseのメリットですが、まず一番に挙げられるのがアマゾン商品を安く購入できるということです。どれぐらい安く購入できるのかというと10~35パーセントの範囲の値引き価格でアマゾン商品を購入できます。毎回この値引き率でアマゾン商品を購入できるとなるとかなり出費も抑えられます。高額になればなるほど値引率も大きくなりますので、ビットコイン(Bitcoin)保持者でアマゾンをよく利用する人にとっては必須のサイトともいえます。また、なにかしらの事情で取引所に登録できない人でビットコイン(Bitcoin)を入手したい人、Amazonギフト券を出品以外の方法で換金、もしくはビットコイン(Bitcoin)に交換したい人にもpurseは有効です。

 

Purseはアマゾン商品を第三者に購入してもらい、その商品代金をビットコイン(Bitcoin)で支払う仕組みになっています。商品を出品されている価格で第三者に購入してもらい、その金額の10~35パーセント引いた金額に該当するビットコイン(Bitcoin)を購入してくれた人に支払うのがPurseの仕組みです。

 

つまり購入してくれた第三者は通常の相場よりも安くビットコイン(Bitcoin)を対価として受け取ることになります。一見損のような気もしますが、このPureseには一旦は損をしてもビットコイン(Bitcoin)を入手したいという人が大勢集まってきます。

 

そんな人いるのか、と思われがちですが、Purseは世界中の人をつなぐマッチングサイトです。世界には銀行口座を持っていない人の方が大多数といわれています。そのような人たちは、ビットコイン(Bitcoin)が欲しくても取引所にアカウントをつくれない、といった人たちも想像以上に多いはずです。そのような人たちにとってはビットコイン(Bitcoin)を取引所を介さずに手に入れることができるのは大変大きなメリットになります。また、数量制限商品を購入する場合もPurseは有効です。アマゾンには時々「1人○個まで」といった数量制限を設けた商品も存在します。このような商品が複数個欲しい場合にもPurseは有効です。

 

Purseの仕組みは自身が購入するのではなく、第三者に購入してもらうわけです。つまり複数個欲しいのであれば、複数人に購入してもらえばいいだけです。しかもその商品は実質値引きの状態で購入できます。Purseをうまく活用できればアマゾンの買い物はメリットだらけになります。

 

 

 

Purseのデメリット

いいことづくめのように感じるPurseですが、もちろんデメリットもあります。まずPurseを利用するということは、自らアマゾンで購入するのではなく、第三者に購入してもらうということです。

 

しかも商品を購入してもらって相手に支払う金額は、商品の10~35パーセント値引きした金額です。それでもビットコイン(Bitcoin)が欲しいという人がいるのは事実ですが、多少なりとも相手にとってはデメリットになります。そうなると相手もより良い条件を探すはずです。値引き額が大きい商品ほどマッチング率は低くなります。すなわち欲しい商品が緊急を要するものであったり、限定商品ですぐに売り切れる可能性がある場合にはPurseは向かないといえます。

 

そうなると、マッチする人がいた時で構わない、と気楽に考えられる商品をPurseでは選択する必要があります。そう考えるとなんでもかんでもアマゾンの商品がお得に購入できるというわけではありませんので、若干なりとも魅力は減少すると考える人もいるはずです。

 

また、Purseは購入してくれた人に自らの個人情報が公開される仕組みなっています。遠い外国の人に自らの個人情報が知られてどうなる、といった見方もありますが、個人情報を晒されるというのは誰しも気持ちがいいものではないはずです。世界中の人とマッチングするサイトですから悪質なハッカーなどが悪さをしようと狙っている可能性も否定できませんので注意が必要です。

 

そしてPurseの運営会社は日本企業ではありませんので、このようなサイトを利用して何かしらの不都合が起きてしまった場合も対応が難しいことも覚悟しておく必要があります。やりとりは基本的に英語でのやりとりになります。またサポートも日本企業よりはクレバーだと考えるのが普通です。このような海外サイトを使用する場合は完全に自己責任であり自己管理能力が長けている必要があります。メリットが多いサイトですが、そこに潜むデメリットも十分に認識したうえ利用するべきです。

 

 

 

 

Purseの使い方

Purseの使い方ですが、まずはPurseのサイトにアクセスします。海外サイトですの全て英文表示です。必要とあらば翻訳ツールなどでページを翻訳して進めていきます。

 

 

まずはアカウントの作成です。Purseでも各SNSのアカウントに同期できます。使用できるアカウントはフェイスブック、グーグル、コインベースの三種類です。これらのアカウントがなければメールアドレスを登録してアカウントを作成することも可能です。自らに合った方法でまずはアカウントを作成していきます。

 

 

 

アカウントを作成後、自分専用のwalletが使用できますのでwalletを選択してクリックします。クリックするとwalletアドレスが表示されますので、このアドレスあてにまずはビットコイン(Bitcoin)を送金です。

 

 

 

次にアマゾンのページを開きます。アマゾンには「ほしい物リスト」という商品をリスト化できる機能がありますので、そのリストに自らの欲しい商品を入れていきます。やり方は欲しい商品ページを開いて「ほしいものリストに追加する」をクリックするだけです。これで商品がほしいものリストに追加されます。このほしいものリストに追加した商品をPurseを利用して安く購入してもらうのですが、まずはこのリストに追加した商品をPurseの自らのページに反映させる必要があります。Purseに反映させるには、ほしいものリストに追加した商品の上部に表示される「シェアする」をまずはクリックです。

 

 

 

クリックすると「固定リンク」が表示されますので、その固定リンクをコピーして再びPurseのページに戻ります。そしてPurseのトップページの検索窓に先ほどのURLをペーストです。ペーストしてクリックすると、Purse内での商品ページが表示されますので、商品を何パーセント引きにするのかをここで選択です。割引額を確認後「PLACE ORDER」をクリックします。

 

 

 

あとは購入者が現れるのを待つのみです。ここで注意が必要なのはこの時点で自らのwalletに入金してあるビットコイン(Bitcoin)は引き出しが不可になるということです。取引が成立するか中断しない限りこの状態は続きます。

 

そして購入者が現れた場合、Purseからその旨の連絡がメールで届くはずです。メールの受信から概ね1週間ほどで商品は届くという認識で大丈夫です。商品到着後、自らのページで届いた商品の確認ボタンをクリックすればPurseの方でビットコイン(Bitcoin)の送金は行ってくれます。

 

一見、難しそうに感じられるPurseですが使用してみると意外と簡単です。登録もSNSアカウントで行えます。そして登録後は、アマゾンで欲しい商品をほしいものリストに追加してURLをコピー&ペーストでPurseに貼り付けるだけです。支払いもPurseが自動的に行ってくれますので大きな手間がかからないのが特徴です。

 

ここで注意したいことは、商品が届いたらできるだけ早く確認を行うことです。商品が早々と届いているのに購入者に支払いを待たせてしまうのはマナー違反となります。うっかり忘れていた、ということのないように注意が必要です。ビットコイン(Bitcoin)を持て余している人や、逆にAmazonギフト券を持て余している人はこのPurseを利用することにより互いにメリットを享受できます。もちろんリスクも混在しますので、メリットデメリットをしっかりと把握のうえ上手にPurseを利用していきましょう。

おすすめ関連カテゴリーニュース

ビットコインキャッシュ取引所おすすめ
最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status