更新日 2017.12.14
ツール

【徹底解説】ビットコインウォレット17選の比較

ビットコインのウォレットとは?

皆さんはビットコインを知っていると思いますが、ビットコインのウォレットについて紹介をさせて頂こうと思います。実はビットコインを管理するためのシステムとして「ビットコインウォレット(財布)」というのがあります。

 

元々「ビットコイン」は仮想通貨であるために専用の「ビットコインウォレット」と呼ばれている管理システムで保有しています。管理するためには「PC・スマートフォン」など様々な電子端末で管理することができて、ウォレットをしようするためにはパスワードなどを設定し、自分自身しか使用することができないようになっています。

 

ビットコインウォレットを使用するためにはPC・スマートフォンといった電子端末にアプリなどをインストールして、ビットコインを保有するためにビットコインを購入する必要があります。
ビットコインは先ほども紹介したように「仮想通貨」であるので、販売所などで購入をすることも可能であり、周囲の知り合い・友人などに譲ってもらうことなども可能です。このようにビットコインを購入・譲歩してもらいビットコインを受け取るためには、インターネットを通せば24時間どこでも可能です。

 

ビットコインウォレットにビットコインが送付された際に表示されるのが「BTC」というように表示されます。この「BTC」を貯金することも可能で支払う際にも使用することが可能です。最近ではビットコインを通して商品を購入することが可能になっていたり、便利な使い方も出来るようになっています。
ビットコインウォレットは先ほども紹介させていただいたように「PC・スマートフォン」以外にも管理する方法があります。それが「紙」などです。ペーパーウォレットとも呼ばれている保有の方法です。

 

 

ビットコインウォレットの種類

 

PCでのビットコインウォレット

最初に紹介させて頂くのが「PC」のビットコインウォレットです。

 

PCの場合だと自分の所持しているPCにビットコインウォレットをインストールして管理することができます。

 

メリット
・ローカル環境の中で管理することができるため、セキュリティ面に関してはとても優れている
・オンライン環境・オフライン環境の両方で利用することができる

 

デメリット
・ビットコインウォレットを使用するためにインストールや設定をする必要があるため、始めるまで時間がかかってしまう
・インストールするソフトが多数あるので、悩む
・ビットコインの取引などの履歴を確認するためにダウンロードする必要があり、面倒
・PCが故障してしまった場合、ビットコインが取り出せない可能性がある
・PCがウイルスなどにかかるとハッキングなどで盗まれる可能性がある

 

バックアップ・セキュリティ等に注意をしなければいけないため、PCでビットコインウォレットを使用するのであれば、オンライン環境でのビットコインの保有をおススメします。

 

 

 

スマホでのビットコインウォレット

次に紹介させて頂くのが「スマートフォン」です。
スマートフォンと言えば「iPhone」や「Android」などの端末がありますが、その中にアプリを入れることで使うことが出来ます。通称「モバイルウォレット」とも呼ばれています。

 

メリット
・持ち運びができる
・アプリをダウンロードして設定するだけで使用することができるので、手軽
・ビットコンを利用できるお店であれば会計も簡単に済ませることができる

 

デメリット
・PCよりもセキュリティ面では不安がある
※スマートフォン上にビットコインを保有せずに、アプリ等を運営している企業に保有しているビットコインを所持している場合は盗まれる心配がありません。

 

個人的におススメなアプリはIOSの場合は「breadwallet 」もしくは「Copay」、Androidの場合は「Mycelium 」などがおススメです。それ以外にも「Bitcoin Wallet 」などのアプリが信頼度が高いためおススメです。本ページ下部にて紹介させていただいています。

 

 

 

インターネットでのビットコインウォレット

インターネット上のビットコインウォレットの場合「オンラインウォレット」などと呼ばれています。

 

メリット
・基本的にはどの端末からでもアクセスすることが出来る
・設定や口座開設なども簡単にすることが出来る

 

デメリット
・自分ではない誰かに保管してもらうということにもなるため、セキュリティなどが高い管理者を選ぶ必要がある

 

現在はインターネット上にある信頼のおける大手の運営会社と言えば「Blockchain.info」「Coinbase」などはビットコインなどですぐに決済することが可能なのでおススメです。また先ほども紹介させて頂きましたが、ビットコインを大量に同じ場所に管理しておくのは危険なのでやめておく必要があります。

 

 

 

紙・コールドウォレット

最後に紹介させて頂くのが紙・コールドウォレットです。

 

メリット
・セキュリティが一番安全

 

デメリット
・使用した際にペーパーウォレットからの引き出しを行うと同じアドレスなどで利用することが出来ず、時間や手間がかかる
・アドレスを毎回変えなければいけないため、作成プログラム必要。その際の作成プログラム自体がハッキングされてしまうと盗難されてしまう可能性はある
・長期間保存で紙の劣化が起こる可能性がある
・紙そのものを無くしてしまった場合は利用できない

 

個人的におススメなのが「bitaddress.org」です。サイトではありますが、一番安全だと言われており印刷して保管しておくことが出来るので便利です。もし利用をするのであればこちらのサイトを利用してみてください。

 

 

 

 

 

PC・デスクトップウォレット4選

 

Bitcoin Core


 

最初に紹介させて頂くのが「Bitcoincore」です。PCに保管することができるソフトで、「ビットコイン」から出ている公式のソフトでもあります。特徴としては「Windows」や「Mac」、「Linux」といった主要のOSに対応をしているということです。「Bitcoincore」のダウンロードは「完全版」と「簡易版」の2種類に分かれています。この2つの特徴としては両方、使うことができますが完全版の場合は全てのブロックチェーンなども全てダウンロードしているため時間がかかってしまいます。利用者の中には3日間かかった人などもいるそうなので、すぐに利用を考えている人などは簡易版をおススメします。ただし、簡易版を利用している内にハッキングなどをされてしまうと簡単にとられてしまう恐れもあり、心配している人は完全版の方が良いといえます。ブロックチェーンについては省略させていただきますが、安全なシステムとなっています。

 

 

 

Electrum


 

2つ目に紹介させていただくのが「Electrum(エレクトラム)」です。Electrumの特徴としてはPCにダウンロードをしますが、オフライン環境下でも利用することができるという特徴があります。またウォレットとしては非常に優れていて、ダウンロードにも時間がかからず軽量型でありながらも色々な機能がついているので優れています。またオフライン環境下で取引をする機能である「コールドストレージ」もあり、セキュリティ面でも様々なオプションがあるため安全なソフトとなっています。更に最近では軽量化が進んでいて、ソフトを開くときに重くて開くこと出来ないということもないため安心して利用することができます。ただElectrumは現時点ではビットコインのみにしか対応はしていません。またElectrumの最大の特徴としては「日本語対応」をしているということです。基本的に仮想通貨などは日本語対応をしていないことが多く、Electrumの場合は設定で「Japanise」と設定して再起動をすることで適用されるので、ビットコインウォレットを利用したいけど英語が苦手だという人でも簡単に利用することができます。

 

 

 

Copay


 

3つに紹介させて頂くのが「Copay」です。Copayは多くのビットコイン決済サービスを提供している「BitPay社」のソフトで、特徴的なのが対応しているデバイスが多いということです。「IOS」「Android」「Windows」「Mac」といったようにPC・スマートフォンに対応しています。またPCとスマートフォンの両方にはあまり違いがないため、PCで利用をして携帯でも迷うことがなく利用することができるのも特徴的です。セキュリティとしても複数の端末から利用をする場合などは二段階認証を行うこともできるため安心して利用をすることができます。こちらも「日本語対応」をしているため、英語が苦手な人でも簡単に利用をすることができます。またこのソフトの良い特徴として挙げられるのが「購入と売却」が出来ます。「Glidera」や「coinbase」を利用することによって取引をすることができるので、どちらかを利用している方にとっては良い特徴だといえます。

 

 

 

mSIGNA


 

最後に紹介させていただくのが「mSIGNA」です。このソフトは必要ソフトとして「Bitcoin Core」をダウンロードしなければいけません。また「日本語非対応」となっているため、英語が苦手な方には利用するのが難しいというのが特徴的です。「mSIGNA」は上記で紹介させて頂いたソフトの中では一番のセキュリティを持っていますが、現段階ではまだ発展段階にあり、ベータ版となっているためおススメすることはできません。更にベータ版となっているため説明も不足している部分が沢山あり、独自のウォレット構造となっているため、初心者の方には向いていないウォレットだと言えます。ですが「mSIGNA」は今後の発展によっては一番安心して利用することが出来るソフトになり得る可能性もあります。「マルチシグネチャ」と呼ばれる1つのアドレスにいくつかの秘密鍵を割り当てる技術を駆使しているため、今後の発展に期待しています。

 

 

 

 

 

スマホ・モバイルウォレット6選

 

Mycelium


 

最初に紹介させていただく「Mycelium」はAndroidのアプリとなっています。IOS版もありますが、Android版であれば「日本語対応」、IOS版であれば「日本語非対応」となっています。特徴としてはビットコインの送受金を端末を使って行うことが出来て、スマートフォンのアプリなので持ち運びが可能だということです。また「Mycelium」の最大の特徴なのが「安全性」が非常に高いということです。セキュリティシステム「コールド・ストレージ・インタグレーション」と呼ばれている高いセキュリティをしようしているので、オフライン環境下で保管されています。つまり、ハッキングされることが限りなく低く安全に保管されているということになります。またQRコードが利用することが出来るので、支払いなどもアプリ等を使って簡単に済ませることができます。ビットコインだけではなく様々な仮想通貨にも対応しているのでおススメです。

 

 

 

breadwallet

 

次に紹介させて頂くのが「breadwallet」というアプリです。iPhoneなどのiOSで使われているアプリで、特徴としてはビットコインのウォレットアプリとしては基本機能の「送受金」の機能しかありません。初期設定が完了するとQRコードやビットコインの残高などが表示されるようになります。セキュリティでは、オンライン上では保管をしていないためハッキングされることがほとんどありません。他のアプリなどはオンライン上で管理している場合に管理会社のほうにハッキングがされた場合はビットコインが盗まれる可能性などもありますが、そういったことが一切ないのがbreadwalletの特徴です。端末そのものがウイルスなどで攻撃をされてしまった場合は流出する可能性もあるため、念のためには注意をしておいてください。それ以外にも「SPV方式」と呼ばれる物と取り入れているため、「Blockchain」などのデータを取り入れていないため、データ量がそこまで多くないためアプリとしての動作が軽いのが特徴的です。

 

 

 

Bitcoin Wallet


 

「Bitcoin Wallet」の特徴を紹介させて頂きます。「Bitcoin Wallet」は日本語に対応しているアプリで、「Android」にしかアプリはありません。また「Bitcoin Wallet」は世界最大級のソフトウェアウォレットとなっているので、とても使いやすいです。どのように使いやすいのかというと例えば「LINE」や「Facebook」などを使って、送金したり受け取ることも可能としています。更にアプリ内で取引なども簡単に行うことができるのが特徴的です。更にスマートフォン端末となっているので支払いなどにもすぐ使えます。セキュリティ面では、ビットコインウォレットとしては初めてのアプリとなっていて非常に評価が高くセキュリティ面でも問題がありません。更にオフライン環境下でもBluetoothを通すことによって支払いなども可能となっています。そのため個人的にも非常におススメのアプリとなっています。

 

 

 

Copay

 

次に紹介させていただきますのが「Copay」になります。先ほども紹介させていただいたように「Copay」は多くのビットコイン決済サービスを提供している「BitPay社」のソフトで特徴的なのが対応しているデバイスが多いです。スマートフォン端末であれば「iOS」「Android」の両方で利用することが可能で、最大の特徴が「PC」と「スマートフォン」の両方にあまり違いがありません。そのためPCで利用をしている方でも携帯で迷うことがなく利用することができます。セキュリティ面では、複数の端末から利用をする場合などは「二段階認証」を行うことも出来ます。なので安心して利用をすることができます。アプリも「日本語対応」をしているため、簡単に利用することができて、アプリ内で購入と売却をすることができるため、すごくおススメです。購入と売却をするためには「Glidera」と「coinbase」のどちらかを利用しておく必要がありますが、とても簡単に利用することができるのが最大の特徴だと言えます。

 

 

 

Coinomi


 

次に紹介させて頂くのが「Coinomi」です。このアプリは日本語に対応していて、端末としては「Android」のみとなっています。ただし、今後はiPhone版もリリースする予定です。この「Coinomi」というアプリの特徴としてはビットコインウォレットではありますが、それ以外の仮想通貨なども全て一緒に管理することができます。家族間であれば同じウォレットで管理することができるのも特徴的です。初心者でも使いやすく、取り扱っている仮想通貨が50種類あるため、どのアプリを使えばいいのか迷っている人がいるのであれば「Coinomi」がおススメです。セキュリティ面では、50種類の仮想通貨を扱っていて、それだけ多くの人に利用されているアプリとなっています。そのためセキュリティ面でも力を入れていて、ハッキングされることはありません。支払いなどでも利用することができますので、これから利用を考えている方は是非一度利用してみてください。

 

 

 

Bither

 

最後に紹介させて頂くのが「Bither」というアプリになります。特徴としては「iOS」と「Andorid」の両方で利用することが可能です。ただし、日本語非対応となっているため、英語が苦手な方には少し難しいかもしれません。またオフラインでの管理が出来るように「コールドウォレット」と呼ばれるシステムが使われているので、ハッキングなどが起きたとしても盗難にあうことがありません。また秘密鍵がデジタルパスワードにて管理をされていて、ビットコインを取り扱っているお店であれば使うことができます。セキュリティ面での話になりますが、先ほども紹介させて頂いたようにハッキングには強いのですが、PINコードのみとなっているため、セキュリティが万全というわけではありません。そのためスマートフォンを利用して、多額のビットコインを利用するのはおススメできず、お店などで利用をする程度であれば問題はないと思いますが、長期的に利用をするのはおススメできません。

 

 

 

 

 

インターネット・オンラインウォレット7選

 

Blockchain.info


 

最初に紹介させて頂くのが「Blockchain.info」です。特徴としては「ビットコインウォレット」の中では最大手企業になります。ビットコインの残高が簡単に表示されて、ビットコインの送受信も簡単に行うことができるのが「Blockchain.info」になります。また「Blockchain.info」ではWeb上で管理をしているため、利用者はインターネットに接続できる環境であればすぐに利用することができるのが特徴です。セキュリティ面としては「Blockchain.info」にハッキングがあった際に送受金してしまうことにより、ビットコインなどの仮想通貨を盗まれてしまうということもあるため注意をする必要があります。多額のビットコインなどを保有しておく場合は「コールドウォレット」を利用することによって、ハッキングにあう可能性が低くなります。ただ現時点でアカウントにハッキングなどによって資産が取り出せなくなるという事例が報告されているため、不安だと感じる方は他のインターネットウォレットを利用した方が良いと思われます。

 

 

 

Coinbase


 

次に紹介をさせて頂くのが「Coinbase」です。この「Coinbase」というアプリを運営している本社がアメリカにあり、インターネットウォレットとして他のサービスとの連携などを行っているというのが特徴としてあります。またアメリカに口座があれば「ビットコイン」に両替をすることができたり、決済サービスなども豊富にあります。また先ほど紹介させていただいた「Blockchain.info」に次いでに運気となっていて、取引所としても利用されていることが多いです。またアメリカの口座が必要となっているため、日本人はあまり利用していないのが現状ではあります。ただし、「東京三菱UFJ」系列である「ユニオン・バンク」であれば日本でも口座開設をすることができます。当然、日本語非対応となっているため、英語が苦手な人などはあまりおススメすることは出来ません。しかし、利用をしたい方などは「Coinbase」の利用方法などを紹介しているサイトなどもありますので是非利用してみてください。

 

 

 

Coinapult


 

次に紹介させていただくのが「Coinapult」というアプリです。Coinapultの特徴としては「ビットコイン」の価格を固定する「Locks」という機能があります。更に「Coinapult」はメールアドレスや電話番号のみでビットコインの送受信を行うことが出来ます。決済サービスなどもあるため多くの利用者がいて、使いやすいのが特徴的です。「Locks」というのは、Coinapultのサイトに登録を行い、ビットコインの価格を固定することができます。現時点では「ドル・ユーロ・ポンド」などの主要国のお金で固定することができます。そのため、いくらビットコインの相場が変動したとしても「Coinapult」によってビットコインのレートを決めておくことができるのでビットコインで決済を行う方にとってはとてもおススメです。またこれから利用を考えている方にとっても「Coinapult」を利用して、先に価値を決めておくのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

BitGo


 

「BitGo」について紹介をさせていただきます。「BitGo」は日本語非対応となっていてそこまで有名ではありません。ですがセキュリティにとても力を入れていて、先ほど紹介させていただいたように「マルチシグネチャ」を導入しているためハッキングされることがほぼありません。そのため非常に高レベルのセキュリティを持っていて、仮想通貨などにあまり詳しくない初心者の方におススメです。また共有して利用をする場合などには2段階認証を行う必要があり、ビットコインが盗まれる可能性がある場合でも複数のデバイスからのログインには認証が必要なので、それだけでも安全に利用をすることができます。多額のビットコインを入れておくことは危険ですが、利用を考えている人などはセキュリティが高いので、盗まれたとしても問題がない範囲で利用をすることをおススメします。今後は「BitGo」が取り扱う仮想通貨なども増加していくということなので、ビットコイン以外の仮想通貨を利用している方にとっても今後の進展次第でおススメです。

 

 

 

GreenAddress


 

次に紹介をさせて頂くのが「GreenAddress」になります。最近注目されている「GreenAddress」ですが、日本語非対応となっています。セキュリティ面では「マルチシグネチャ型」を利用しているので安心して利用することができます。またインターネットなどで利用することができますが、最近ではアプリなども出ています。GreenAddressの特徴として挙げられるのがビットコインなどを利用した際に手数料が格段に下がるので、ビットコインをより多く利用することが出来るというのが特徴的だと言えます。またサーバーなどを経由しない「SPVウォレット」となっているのでより安心に使うことができます。それだけではなく「Segwit」にも対応しているのでビットコインなどの仮想通貨を利用している人にとってはとても良い情報ではないでしょうか?皆さんもこれから利用をするのであれば是非一度GreenAddressを利用してみてください。

 

 

 

Xapo


 

次に紹介させていただくのが「Xapo」になりますが、独自のセキュリティを取り入れているためセキュリティ面ではとても安心して利用することができます。またビットコインウォレットとしては珍しいのが「VISAデビットカード」と連携をしているところが特徴として挙げられます。Paypalなどの決済にも使用することができてとてもおススメです。また最新の暗号技術を使っているため、オフライン環境下でもストレージを管理することが出来るというシステムを導入しています。ただし、日本語に対応をしていないということや、手数料がかかってしまうということもきちんと頭の中に入れておく必要があります。登録などもすべて英語なので英語が苦手な人はあまりおススメすることが出来ません。ビットコイン有りのVISAデビットカードを利用したい場合などは、Xapoカードが一番合っているのではないでしょうか?これから利用を考えている人は是非Xapoを参考にしてみてください。

 

 

 

Airbitz

 

最後に紹介させていただくのが「Airbitz」になります。ビットコインウォレットとしては多機能のウォレットで、インターネットだけではなくアプリとしてもあります。「iOS」と「Android」の両方にあるのが特徴です。ですが、日本語は非対応となっているので、その点はきちんと理解しておく必要があります。またAirbitzの最大の特徴ともいえるのが、1つのウォレットだけではなく様々なウォレットを使うことが出来るため、同じアプリなどでも複数のウォレットを保有することが出来るということです。それだけではなくBluetoothを使って送金することが可能となっているので、オフライン環境下でもBluetoothさえ繋ぐことが出来たら送金することが出来ます。ただし、日本国内からビットコインを購入することが出来ず、「Glidera」もしくは「Bity」のみとなっています。
皆さんもビットコインウォレットといっても様々なソフトやアプリがあります。その中でいい物を選んでいただけたらなと思っていますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみてください。

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

初心者におすすめ
ビットコイン取引所一覧

取引所キャンペーン入金方法レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料申し込み
人気急上昇!
GMOコイン最大35,000円キャッシュバック銀行、ペイジー入金最大10倍0.001BTC無料0.05%
人気急上昇!
bitbank trade-銀行、クレジットカード最大20倍0.01BTC0.01%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
人気急上昇!
bitbank.cc取引手数料無料銀行最大20倍0.0001BTC-0.05%~+0.05%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
bitFlyer合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大15倍0.001BTC0.01%~0.15%無料
Zaif毎日上位50名に対して最大1億円銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大25倍0.0001BTC-0.01%~0.1%実質0.039%
QUOINEX手数料無料銀行最大25倍0.01BTC無料0.05%
Kraken-銀行最大5倍0.00001BTC0~0.26%0.01%
みんなのビットコイン-銀行最大25倍0.01BTC無料(無料)0.05%
Bitfinex仮想通貨3.3倍0.01BTC0~0.2%15~18%
Bittrex仮想通貨--0.0005BTC0.25%--
cryptopia仮想通貨--0.0001BTC0.2%--
Bitconnect.co仮想通貨--0.03BTC0.25%--
Aidos Market仮想通貨--$5 USD0.09~0.2%--
Yobit仮想通貨、クレジットカード、オンライン決済、電子マネー--0.0001BTC0.2%--
KuCoin仮想通貨--0.000001BTC0.1%--
Btcbox銀行最大3倍0.0001BTC無料無料
Fisco銀行--0.0001BTC無料--
Lemuria銀行--0.1BTC無料--
BITPOINT最高総額 150万円銀行最大25倍0.0001BTC無料(無料)実質0.035%
Coincheck毎週総額20万円相当のビットコイン銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大20倍0.005BTC無料実質0.04%~0.05%
DMMBitcoin新規口座開設申込後、30日以内に口座開設完了で1,000円をプレゼント銀行、クイック入金5倍0.001BTC無料無料
Bit Trade-銀行-0.0001BTC0.2~0.3%-
Binance仮想通貨--0.00000001BTC0.1%(BNB建ての場合0.05%)--
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status