【初心者向け】ビットコイン(Bitcoin)の仕組みを世界一わかりやすく徹底解説

ビットコイン(Bitcoin)の仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン(Bitcoin)は、目に見える形としては存在していません。

 

しかし、ビットコイン(Bitcoin)は通常の通貨と同じように商品やサービスの購入が可能であり、場合によっては通常の通貨よりも使い勝手のいい場面もあります。また、ビットコイン(Bitcoin)は国や政府により発行されているものではなく、その価値は需要と供給のみで成り立っています。また、ビットコイン(Bitcoin)はオンライン上に存在し、データそのものが分散され記憶される為、セキリティ性の面からも非常に優れています。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)とは

ビットコイン(Bitcoin)は、現実の世界では目に見えない存在ではありますが、現金と同じように使用することが可能であり、現実のサービスや商品などの購入が可能となっています。ビットコイン(Bitcoin)は、電子マネーやアプリ内の通貨などと同じような特性を持ちながら世界中の何処にいても価値が変わりません。

 

つまり、取得した国や地域、政府などの介在を受けずに取引を行える新しい形の通貨であり、誰にもその価値を保証されているものではありません。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)は仮想通貨の中でも特に価値が高く、その価値の高さから仮想通貨を利用した運用においては、主要な仮想通貨の1つとして分裂をした後でも人気と需要の高さを維持しています。その為、ビットコイン(Bitcoin)の取引に関する話題は、他の仮想通貨にも影響を与えることもあり、ビットコイン(Bitcoin)の代わりとなりえる仮想通貨にも多大な影響を与える存在と言えるでしょう。

 

ビットコイン(Bitcoin)の特徴について言えば、政府・中央銀行などの中間介在者がおらず、スムーズなやり取りが可能です。ちなみに、ピットコインでの取引が過熱していることもあり、分裂の回数としては有名な仮想通貨の中では最も多く、暴騰暴落の差が激しさは仮想通貨の中でも最上位の存在です。その為、運用における見極めは難しいですが、利益が出た際のリターンにおいてはほかの通貨よりも高額となりやすいものとなっています。

 

また、支払い方法においては日本国内でも日本円にレート換算してなくてもビットコイン(Bitcoin)のまま使用できる場所や店舗も増加しつつあり、日本国内でのビットコイン(Bitcoin)という通貨に対する認識は更に広がっていくと言えるでしょう。

 

そして、ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨を持つうえで無視できないのは、その価格の変動です。需要と供給によって仮想通貨の価値は決まってくるものですが、ビットコイン(Bitcoin)の価格は2回の分裂を繰り返しても60万円を下回っていません。もっとも数万円の値動きは、日々のチャートをチェックするだけでも確認することが出来るため、価格の変動を利用しての利益の確保は24時間のうち活発にやり取りがされる時間帯を把握するとより効果的です。

 

世界中で仮想通貨による取引が活発化しているということは、それだけ世界中の人々が自国の法定通貨に対しての信頼度が高くないということになります。国家が経済的に崩壊するケースは、往々にして少なくありません。国という単位でも、収支のバランスが悪ければ国としての体裁を保てなくなるのも時間の問題であり、そうなってしまえばその国の通貨の価値は国内外問わず保つことは難しいでしょう。

 

その為、ビットコイン(Bitcoin)をはじめとする仮想通貨に対する取引は過熱傾向にあります。

 

【完全保存版】ビットコインとは?大全集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインってどうしても難しいイメージが先行してしまいます。初心者向けにわかりやすく、そしてビットコインの全てを解説し、ビットコインならではの特長を紹介しています。

 

 

 

仮想通貨とは

仮想通貨は、管理者のいないオンライン上に存在する電子的な貨幣です。

 

しかし、電子的な存在であっても仮想通貨は、現実に存在する貨幣と換金性があり、場合によっては現実に存在する貨幣よりも優れた面も持ち合わせています。中央銀行や政府が介在していない為、手数料などは非常に安価であり、海外送金などにおいては金融機関よりも迅速で即決と言えるでしょう。

 

仮想通貨というと、アプリ内の通貨などと定義的な面は変わりません。あくまでオンライン上の存在であり、オンライン上にあるということはセキリティホールなどの問題があればたやすく突破される危険性も皆無ではなく、その価値の保証は誰も行うことができません。もっとも、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム、リップルなどの代表的な仮想通貨においては、情報の暗号化に加えて、個人・取引情報などは分散して記録されているため、セキリティ性は非常に高く、ビットコイン(Bitcoin)などの個人取引に関する情報はハッキングによって破られたことがありません。

 

つまり、ビットコイン(Bitcoin)のシステムよりも、自分の使用するネットワーク端末の脆弱性の方が高リスクということになります。最も使用者の多いウォレットはモバイルウォレットですが、モバイル端末に対してウィルス対策を行っている人は少ないのが現状である為、取引に用いるのであれば自分のネットワーク端末はウィルス対策を必ず行いましょう。

 

また、仮想通貨は常に流動性を備えており、24時間いつでも取引可能となっています。24時間のうちに価格の激しい上下がある場合は、その差額で利益をあげることも可能であり、株やFXに代わる新たな投資方法としての注目も集めています。

 

ちなみに、ビットコイン(Bitcoin)やリップルなどの仮想通貨に対する価値は、開発者などが決めているわけでもなく、需要と供給のみで成り立っています。その為、国や金融機関からの影響は受けませんが、仮想通貨に対する規制などのマイナスの情報であれば、価値が崩れることも少なくありません。しかし、価値に流動性があるという面は、利益を生み出すことにつながり、マイナスの要素のみを内包しているわけではない為、仮想通貨に対する期待は高まっています。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)のシステムの仕組み

仮想通貨のシステムは、ゲーム内通貨や電子マネーとも似ています。ネット上にしか存在せず、殆どの場合は、取引所などで購入したうえで保有・運用するという流れになるでしょう。ウォレットを作り、個人的にビットコイン(Bitcoin)を不特定多数の方に送付してもらうことも可能ですが、それは自分の公開アドレスを世界中に知らせる手段も少ない為、現実的ではありません。

 

電子マネーの種類について言えば、Amazon、Googleplay、iTunesなど電子マネーと呼ばれるものは複数存在しており、それぞれ目的に沿った使用方法以外では使用できません。しかし、仮想通貨のシステムは電子マネーと同じようにネット上で購入できるにも関わらず、その仮想通貨に対応しているサービスや商品であれば、現金と同じように全てのサービスと商品を購入することが可能です。電子マネーに関して言えば、全ての電子マネーは一定の場所でしか使用出来ません。

 

その為、同じ金額を払っても還元率も異なれば、対応する端末そのものまで限定されることも少なくありません。

 

対して、仮想通貨の管理者は自分であり、仮想通貨の取引に使用される全てのデータは複数のサーバーに保存され、優良な取引所であれば一定金額の担保まで補償してもらうことが可能です。また、取引情報に関してはブロックチェーンと呼ばれる拡散型の共有ネットワークで管理されており、送金・受取などの改ざんはハッキングでも不可能となっています。

 

また、クレジットカードや電子マネーは不正利用なども考えられますが、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム、リップルなどの代表的な仮想通貨はセキュリティに対する心配をしなくてもいいほど最初から強度の高いセキュリティを有しています。

 

ビットコイン(Bitcoin)に限らず、ありとあらゆる仮想通貨は独自のシステムを持っています。ビットコイン(Bitcoin)が作られた目的は法定通貨による様々なしがらみを緩和するために開発されており、その目的通り現在最も使い勝手の良い仮想通貨と言えるでしょう。インターネットでの取り扱いは、取引所のみですが、実店舗では徐々にビットコイン(Bitcoin)での支払いが可能な店舗が増加しています。システム上の問題もありますが、ビットコイン(Bitcoin)のオンライン決済が可能な点から、ネット通販の導入もそう遠くない未来と言えるでしょう。

 

また、取引においては公開鍵と秘密鍵というものが設定されており、本人から全ての情報を教えてもらう以外は、不正な取引が限りなく不可能に近いシステムになっています。ちなみに、送金は認証が必要ですが受取に対しての認証は必要なく、特定の名前が表示されるわけでもない為、ビットコイン(Bitcoin)の取引は非常に匿名性の高いものとなっています。価値だけに着目すると、他の仮想通貨もビットコイン(Bitcoin)と同じように、現実に存在する紙幣とレート変換可能ですが、ビットコイン(Bitcoin)と同じ価値を持っている仮想通貨は他にありません。

 

ビットコイン(Bitcoin)のシステムは、存在から流通量・システムなど誰にも管理されていません。開発者はおろか、企業・金融機関でさえもビットコイン(Bitcoin)の価値や発行量を変えることは不可能です。しかし、ビットコイン(Bitcoin)が採用しているシステムは、ネットワーク上のPC端末の能力によって稼働するため、中央型のサーバーなどがなくても稼働でき、情報そのものが分散して記録される為、根本的なシステムそのものが破壊されることもありません。

 

その為、ビットコイン(Bitcoin)で採用している共有ネットワークシステム、ブロックチェーン技術は他の業界や仮想通貨でも採用されています。金融業界に適用した場合には、不正な送金や受取などは限りなく減少させることが可能でしょう。もっとも、手数料などの仕組みが全て変化することになる為、システムの導入よりも利益の確保が難しくなることもある為、あくまでもビットコイン(Bitcoin)と法定通貨は定義そのものが異なることを忘れないでください。

 

そして、ビットコイン(Bitcoin)の取り扱いを行っているのは1つの取引所のみではなく、複数にわたります。これは、取引所そのものの違いですが、価格については取引所によって上下するということをわすれないようにしましょう。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)のマイニングについて

マイニングは発掘という意味の単語であり、ビットコイン(Bitcoin)にとってマイニングは、新しい通貨とシステムの維持のために必要な作業です。ビットコイン(Bitcoin)の管理には、開発者も含めた全ての人・企業は関わっていません。ビットコイン(Bitcoin)のシステムは人々のネットワークを利用して、端末の能力を借り膨大な取引データの処理を自動的に行っている状態にあります。

 

その為、取引所の売買の管理とは全く異なるので混同しないように気を付けましょう。取引所においては、あくまでもその取引所を利用しているユーザー間でのやり取りである為、新しいビットコイン(Bitcoin)の発行には一切かかわっていません。

 

ビットコイン(Bitcoin)の最大発行数量は2100万枚と決まっています。しかし、現在の発行数量は1600万枚程度であり、まだ誰も手にしていないビットコイン(Bitcoin)が600万枚ほど存在しており、その残りのビットコイン(Bitcoin)を発行するためにマイニングという行為が必要とされています。ビットコイン(Bitcoin)のシステムとも関連してきますが、ビットコイン(Bitcoin)は一定期間ごとに情報を更新し書き込みます。その更新情報には、個人の取引なども含まれ全取引のデータベースと分散された情報を照らし合わせることにより、誰の管理も必要とせず自動で管理し続けることが可能となっています。

 

全世界・全取引の情報を処理できるシステムをビットコイン(Bitcoin)そのものは保有していません。世界中のある一定の人々がビットコイン(Bitcoin)の管理する取引情報や個人情報の更新に対して、PCの能力を貸すことにより運営しています。

 

 

つまり、ビットコイン(Bitcoin)のシステムそのものはネットワークの共有によって行われており、PCの演算能力をビットコイン(Bitcoin)のシステムに一部リースしたお礼としてビットコイン(Bitcoin)が付与されるということです。その為、ビットコイン(Bitcoin)のマイニングは、ビットコイン(Bitcoin)のシステムの維持と追記、新しいビットコイン(Bitcoin)の採掘には必ず必要なものであり、最大発行数量に至るまでマイニングを行うことが出来ます。

 

マイニングそのものについて言えば、ブロックチェーン技術により、マイニングで得た報酬を誤魔化すこともできなければ、不正な改ざんも不可能となっています。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)のマイニングは、誰でも行うことが可能です。プログラムをインストールすれば、それだけでマイニングを開始することが出来ます。計算処理の方法そのものは、そこまで難しい内容ではありませんが、マイニングの難易度はビットコイン(Bitcoin)の価値が高いため、極めて競争率が高く、マイニングによって利益を得ることはかなり難しいと言えるでしょう。

 

また、マイニングの難易度が落ちるということは、ビットコイン(Bitcoin)の価値や存在自体が危ういと予想できるため、マイニングの難易度の推移でビットコイン(Bitcoin)の今後をある程度、推定することも可能です。

 

そして、マイニングによって得られるビットコイン(Bitcoin)は計算能力次第で差が生じます。スーパーコンピュータと呼ばれるようなものと、一般的に市販されているPCではそもそも演算能力が違いすぎることに加え、ビットコイン(Bitcoin)のマイニングを行う人々が増えすぎた為、現在ではマイニングで利益を確保することそのものが難易度の高いものと言えるでしょう。

 

ちなみに、マイニングで利益を上げようとするのであれば、数百万円ほどの投資が必要になることも忘れないでください。世界には個人だけでなく、工場でビットコイン(Bitcoin)のマイニングを行っている場所もあり、マイニングで利益を上げることは非常に激しいと意識しましょう。

 

現在では、マイニングそのものは、他の仮想通貨でも採用されているシステムとなっています。

 

 

 

通貨としての機能

ビットコイン(Bitcoin)を代表する仮想通貨のすべては、政府や金融機関の介在を受けていません。

 

その為、仮想通貨全ての価値は政府や国による保証はなく、需要と供給によって価格が決まっています。もちろん、発行数量が多ければ、その分単価は安価となり大量に保有できますが、保有するにあたってはあくまで金額分の価値を保有している為、価格の上下は逐一チェックするとよいでしょう。

 

 

つまり、仮想通貨は通貨として何者の制約も受けない為、通貨としてはかなり自由度の高いものとなっています。取引所においては、アプリとネットワーク環境さえあれば、いつでもビットコイン(Bitcoin)や他の仮想通貨を現地の法定通貨に変換することが可能です。

 

仮想通貨によっては、ビットコイン(Bitcoin)がよく話題となりますが、ビットコイン(Bitcoin)が仮想通貨の全てではなく、作ろうと思えば、国・企業でさえも独自のものをいくつでも開発できる状況にあります。もっとも、通貨として法廷通貨と呼ばれる国が管理している通貨では、外国からの参入も難しく、敷居の高さから為替取引を行おうと志す人は現在では限りなく少ない状況でしょう。

 

また、仮想通貨の管理についても金融機関はおろか証券会社などの株やFXといった金融商品を扱う会社ですらも、価値や供給量の調整は出来ません。逆に言えば、現実に存在するものであるにも関わらず、国や住んでいる場所などの環境・政治的な要素などは全くビットコイン(Bitcoin)に影響を与えることはありません。

 

税制だけは各国で異なる為、注意が必要になってきますが、ビットコイン(Bitcoin)を保有している状態での価値の変動については本人次第で別の通貨にも変換可能です。通貨として、仮想通貨は変換可能な法定通貨を有する国であればどこでも使用することが可能であり、世界中の何処にいても送金・受取・取引が可能なため、資金力があり、相対的に市場の状況を読めるのであれば、世界中の何処にいても仮想通貨により取引によって生活することが可能です。金額の繁栄についても極力ロスがない状態であり、仮想通貨において最も重要なのは、ウォレットを管理する端末とネットワーク機器であり、法定通貨の価値そのものは国が破綻していないかぎり気にする必要はありません。

 

換金や取り扱いについては、即決であり、タイムロスの少ない取引が可能です、これは、間に金融機関などの仲介者がおらず、ビットコイン(Bitcoin)の取引そのものが本人以外の者が勝手に不正な操作ができないと言えるほど高いセキリティを持っていることに起因しています。

 

その為、海外・国内問わずスムーズなやり取りが可能であり、ビットコイン(Bitcoin)による資金調達もあらゆる意味で自由な市場となっています。例えば、個人から企業、企業から個人、個人から個人など、相手の立場・組織に関わらず自由に送金や受取が行えるという点もメリットの1つでしょう。

 

仮想通貨全てにおいて、言えることですが、仮想通貨は国や地域にその価値を左右されません。その為、金融機関や国そのもののシステムを必要としない為、オンライン環境が整っており、レート換算できる国であれば、どこでも仮想通貨を使用可能です。しかし、国や金融機関が介在していないということは、仮想通貨の価値は誰も補償できず、保有し続けるだけでは損になることもある為、仮想通貨で将来に備えたいと思う方は、運用も視野にいれて取引を行いましょう。

 

取引という意味では、ビットコイン(Bitcoin)を含む仮想通貨は大きな市場を持っており、市場への参入の敷居は非常に低いものとなっています。リップルやモナーコイン、ビットコイン(Bitcoin)などは数千円から購入可能であり、運用するにあたってもリスクを抑えることが可能です。また、仮想通貨は通貨として、大手企業に認められているため、これからは更に流通量が増えるでしょう。

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の相場の決まり方

ビットコイン(Bitcoin)に限らず、全ての仮想通貨には相場があります。簡単に言えば、仮想通貨における相場のコントロールは、買い手と売り手が決めています。その為、仮想通貨の価格は24時間取引が可能だという条件も加えたうえで非常に変動しやすいものとなっています。

 

紙幣の価値で言えば、円やドルでさえ国外での価値は一定ではありませんし、金融危機や財政破綻などの情報から大きな影響を受けることも少なくありません。円やドルなどの法定通貨の相場は、発行しすぎれば相対的に価値が下落することに加え、国や金融機関のコントロールがなければ、バランスそのものがすぐに崩れ去るでしょう。

 

対して仮想通貨は、管理者がおらず国や金融機関とは別の仕組みでシステムを構築していますが、その価格は仮想通貨に関するマイナスの情報には大きな影響を受けます。例えば、9月に行われた中国における仮想通貨取引所の営業停止命令などはビットコイン(Bitcoin)の価格に対して数万円以上の影響を与えています。これは、国における取引所全てが停止するということであり、新しい取引が不可能になるということです。その為、この情報はビットコイン(Bitcoin)のみでなく、仮想通貨の価値全体に影響を与えました。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)に限らず、仮想通貨は仮想通貨そのものに対するプラスの情報で価値を数倍にすることも珍しくありません。モナーコインなどは、メディアでの紹介、半減期、大手取引所での取り扱い開始の情報を受けて、底値は数年前の数百倍ほどに変化しています。
もし、そのタイミングからモナーコインを大量に保有していた場合、現在ではビットコイン(Bitcoin)よりも激しい値上がりをしている為、資産運用と意味では大成功と言えるでしょう。

 

ビットコイン(Bitcoin)の相場について言えば、ユーザー数、取引可能な取扱所、扱える金額の幅など他の買う通貨に比べても、信頼性の高いものです。8月、10月と続けて分裂していますが価値が半減するなどの大きな影響は出ておらず、むしろ、分裂の結果生まれたビットコイン(Bitcoin)キャッシュ、ビットコイン(Bitcoin)ゴールドの今後の立ち位置が心配になるほどです。

 

 

もちろん、仮想通貨は需要と供給によって成り立っている為、分裂を繰り返せば、自然とユーザーがビットコイン(Bitcoin)から離れていくことは目に見えており、そう遠くない未来にビットコイン(Bitcoin)に代わる通貨が開発される可能性もあります。その為、仮想通貨の相場は自分では決められないものの、安価となるタイミングと値上がりとなるタイミングさえ間違わなければ利益の確保そのものはさほど難しいものではなくなるでしょう。

 

相場をより詳しく知るのであれば、チャートの確認よりも未来に起こると予測される仮想通貨の取り扱いに対する情報を仕入れることをお勧めします。仮想通貨は、常に変動を続けていく通貨であり、数ヶ月の予定はある程度決まっています。もちろん、突発的な規制もある為、相場はそのたびに変動することになりますが、プラスの情報であればマイナス要素を簡単にひっくり返すことが可能である為、相場的に値段が落ち込んだ時が買い時と言えるでしょう。

 

ビットコイン(Bitcoin)が値段の変動が激しいわりに一定の価値を保っていられるのは、世界全ての法定通貨に対する不安が拭えず、いつでも崩壊する可能性があること、世界的に認知されている仮想通貨であり、ビットコイン(Bitcoin)のまま使用できる店舗が増えていること、ユーザー数が多いことなどが挙げられます。

 

しかし、ビットコイン(Bitcoin)に代わる仮想通貨が台頭してきた場合には、その価値は大きく変動することを忘れないでください。株やFXとは異なりますが、市場として一定のユーザーと金額を保有している仮想通貨は金融商品の1つであり、ユーザー次第でその価値に対する損益が異なってくることを意識しましょう。

 

 

 

送金・決済の仕組み

ビットコイン(Bitcoin)は、現在では通貨としての立ち位置を強めていますが、その存在はオンライン上にしかありません。その為、容易に書き換えが可能だと思われることもあります。実際、文書・計算ソフトなどのデータは容易に書き換えが可能なうえデータそのものは、送信者と受信者以外にも回覧できるものとなっています。

 

しかし、ビットコイン(Bitcoin)のデータは相互に繋がったネットワークによって、取引情報そのものが分散して記録される為、本人以外の不正な操作や口座の破壊などほぼ不可能であり、送金などの手続きに至っては送金者と受取者以外では取引履歴すら確認できません。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)の送金・決済は即時であり、タイムロスは極力抑えられています。現在では、ユーザー数が増加しすぎて、システム上のロスが発生する状況ではありますがそれでも10分もあれば送金・決済は完了します。ビットコイン(Bitcoin)の送金に限って言えば、相手のアドレスさえ分かっていれば、すぐに送金が可能であり、金融機関などの仲介者を間に挟む必要がありません。その為、手数料なども安価であり、世界中の何処にいても送金・受け取りに関して2.3日もロスが発生するという事態に陥ることはありません。

逆に言えば、日本においては、金融機関がビットコイン(Bitcoin)並みの送金スピードに対応することはないでしょう。カードローンなどの金融商品も審査などを行いますし、通常の送金においても情報の精査を行っていることもあり、金融機関の送金・決済においてはどうしてもロスが発生します。

 

また、情報そのものが分散して格納されているわけではない為、もしカードの情報や金融機関の送金システムそのものをハッキングなどにより破壊されるようなことがあれば、預け入れていた資産は引き出すことが叶わなくなるリスクもあります。

 

対して、過疎通貨の代表格であるビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーン技術と相互にネットワークを繋げ、認証を行うP2Pの仕組みを破壊しない限りはハッキングの心配は皆無です。その為、送金・決済におけるビットコイン(Bitcoin)の取引情報は、非常にセキリティ性の高いものであり、ビットコイン(Bitcoin)のシステムは国や地域にとらわれない自由な取引の可能性を限りなく広げたと言えるでしょう。

 

【完全解説】ビットコインの送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインで送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!

 

 

 

 

安全性について

仮想通貨は全てオンライン上に存在しており、ハッキングなどの標的とされることがあります。はっきり言えば、仮想通貨そのものはオンライン上の存在でしかなく、オンライン上にあるということはハッキングの危険性はいつでも存在しています。

 

しかし、ビットコイン(Bitcoin)に使用されている技術は、1つのサーバーや取引所に全ての情報を集めるものではありません。拡散して記録しているため、サーバーへの攻撃があったとしても情報全てが失われることは皆無でしょう。もっとも、個人の端末におけるセキリティ対策は万全を期す必要があることを忘れないでください。

 

 

 

 

 

ブロックチェーンについて

現在では、ブロックチェーン技術は他の仮想通貨にも使用されるほど、革新的な技術とされています。ビットコイン(Bitcoin)におけるブロックチェーンは、拡散型のデータを統合するシステムであり、データサーバーとして中心となるサーバーそのものを必要としません。

 

その為、ハッキングの被害にあったとしても根本的に全てのデータが失われることはなく、ハッキングなどによる不正な送金・資金プログラムそのものの破壊を行うことは不可能となっています。

 

例えば、金融機関であれば、中央のサーバーが破壊された場合、全てのシステムに障害をきたすことに加え、システムが復旧したとしてもネットワークとして脆弱性の残ったものである限りは全くセキリティ性の高くないものとなってしまいます。

 

対して、ブロックチェーン技術においては、全くこの仕組みには当てはまりません。もっとも国で発行する通貨をこの仕組みに置き換えることは金融機関のシステムとしても難しく、基本的な目的が異なる為、金融機関での仮想通貨の取り扱いはあり得るかもしれませんが、仲介者としての立場を崩すことはないでしょう。

 

また、ブロックチェーン技術においては、データの改ざんは出来ません。ビットコイン(Bitcoin)の取引所においてもセキリティの高さは各取引所で異なる為、取引が出来れば何処でもいいという考えは捨て、セキリティ的にも安心できる取引所を利用することを心掛けてください。そして、もし株式がこの仕組みを採用した場合には、株式やFXなどの金融商品のあり方、会社の資金源などは全く新しい形態になると予想されます。

 

システムの在り方に関して言えば、ブロックチェーンは世界中に拡散されているため、政府や国によるコントロールは不可能です。しかし、仮想通貨はコントロールしなくても需要と供給のバランスは崩壊していませんし、信頼できる通貨のやり取りの手段としての新たな立ち位置を得ようとしています。

 

これらの点から、ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨の発行を国が行う可能性すらあります。一度、発行してしまえばやり取りの記録はブロックチェーンによって管理され、財源としての立ち位置も世界から資金を集め、より自由なやり取りが可能になるというメリットを無視できないでしょう。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)のアドレスとは

概要について

ビットコイン(Bitcoin)を使用するうえで、ブロックチェーン、取引所、値段の変動以外にもある程度アドレスに対する知識が必要になってきます。電子メールなどについても同じことが言えますが、アドレスがわからない宛先の不明なメールは送信することが出来ません。また、もし間違ったアドレスにビットコイン(Bitcoin)を送付してしまった場合、ビットコイン(Bitcoin)の場合は取り消し不可能です。

 

ビットコイン(Bitcoin)のアドレスは、金融機関における自分の口座番号と同義であり、ビットコイン(Bitcoin)の運用におけるアドレスは暗号の意味もある為、公開されているアドレス以外は簡単に他人に教えないように気を付けましょう。
http://bitcoin-allnavi.com/new/on0099/

 

 

 

公開鍵と秘密鍵について

ビットコイン(Bitcoin)に限った話しではありませんが、ネットワークには公開鍵と秘密鍵と与原物があります。公開鍵は、ネットワーク上において皆が回覧できるものであり、本人以外でも容易に確認することが可能です。ビットコイン(Bitcoin)における公開鍵はアドレスの事であり、アドレスを指定することによって個人間でのビットコイン(Bitcoin)のやり取りが可能となります。

 

秘密鍵に関して言えば、金融機関やクレジットカードなどにおける暗証番号のようなものであり、本人以外は知りえない暗号である為、公開鍵と秘密鍵を組み合わせたうえで初めてやり取りが可能になります。

 

 

 

 

ビットコイン(Bitcoin)の取引の流れ

電子署名について

電子署名は、簡単に言えば、ネットワーク上で行われる署名であり、それをもってその取引や契約について「正当なもの」であることを証明するためのものです。

 

クレジットカードなどの利用で体験したことがある方も居ると思いますが、ビットコイン(Bitcoin)においてもその仕組みは採用されています。電子署名そのものは、革新的な技術ではなく公的機関などでも使用されているものですが、ビットコイン(Bitcoin)の場合の電子署名も取引の証明という意味合いは変わりません。

 

ビットコイン(Bitcoin)における電子署名は、公開鍵と秘密鍵の生成から取引の検証まで行うことになる為、電子署名のないビットコイン(Bitcoin)の直接取引は出来ません。ビットコイン(Bitcoin)の取引には、公開鍵と秘密鍵が必要となります。

 

例えるなら、公開鍵はカードや通帳であり、秘密鍵は暗唱番号です。もっともビットコイン(Bitcoin)の秘密鍵は64桁もあり、そのすべてを記憶できる人は稀でしょう。その為、秘密鍵の管理は厳重に行わなければなりません。秘密鍵に関して言えば、秘密鍵を失ってしまったウォレットにあるビットコイン(Bitcoin)は永遠に失われることも忘れないでください。

 

つまり、ビットコイン(Bitcoin)の直接取引を行うためには電子署名は、必要なものであり、それらの情報をブロックチェーンに伝達するためにも行わなければならない作業ということになります。電子署名は、取引を本人が行っているという証明にもなり得るため、なりすましの防止になるというメリットもあります。

 

実際の手続きにおいては、コピー&ペースト、QRコードなどで相手のアドレスを読み取り送信する作業である為、難解な作業ではありません。ウォレットと取引所の仕組みも関わってきますが、保有と運用はそもそも目的そのものが異なる為、混同しないように気を付けましょう。

 

ビットコイン(Bitcoin)の取引情報の改ざんは不可能ですが、送金はアドレスと秘密鍵と呼ばれる暗号を組み合わせることで初めて行うことが出来るものです。その為、公開鍵のみを知っていてもビットコイン(Bitcoin)の送金は不可能と考えてよいでしょう。ちなみに、取引所における売買は、あくまでも運用目的である為、アドレスの指定・電子署名などの必要性がない所もあります。

 

ビットコイン(Bitcoin)はセキリティ性の高さから、取引相手に対して、秘密鍵と公開鍵を持ち合わせた者しか相手に対して送金を行うことが出来ません。ビットコイン(Bitcoin)に限らず電子署名は、正当な取引を証明するものであり、ビットコイン(Bitcoin)における電子署名は本人以外が行うことはほぼ不可能であるほどセキリティ性の高いものです。

 

そして、個人間で取引を行う場合には、電子署名は必ず必要とされるものであり、生成される秘密鍵は資産として家族に譲渡するなどの場合以外は絶対に他人に教えないようにしましょう。

 

 

 

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンはビットコイン(Bitcoin)のシステムの大部分を占めるものであり、このシステムによって管理・運営されていると言っても過言ではありません。ブロックチェーンそのものは、簡単に言えば個人の情報を分散して記憶したうえで、世界中に散らばる端末によって個人情報・取引情報を管理するというシステムです。

 

取引はもちろん、マイニングで取得したビットコイン(Bitcoin)もブロックチェーンに記憶されることになります。むしろ、ビットコイン(Bitcoin)におけるシステム的な意味でのマイニングの目的はビットコイン(Bitcoin)の生成ではなく、ビットコイン(Bitcoin)の情報の処理が目的である為、マイニングという作業がなければビットコイン(Bitcoin)の仕組みそのものが停滞し破滅するでしょう。

 

送金・承認などの各手続きはブロックチェーンがあるからこそ可能と言えるでしょう。取引所は別として、ウォレットで管理しているビットコイン(Bitcoin)においても、ブロックチェーンに記憶されているため、ビットコイン(Bitcoin)の価値が崩壊しない限り、一定の価値を保ち続けられるということになります。

 

もし、ブロックチェーンの技術がなければ、仮想通貨はここまで普及することもなく、国際的な送金、24時間可能な取引など仮想通貨のメリットとれる大部分が失われることになります。それこそ、現在の法定通貨のように金融機関や国などの管理者が居なければなりたたないシステムとなっていた可能性もあります。

 

ブロックチェーンへの記録は、常に行われており、送金・受け取り全てにおいて取り消しが出来ません。しかし、取引履歴や個人情報が分散されて記録されているため、1つのPCやサーバーに攻撃を受けたとしてもそこから個人の口座にたどり着かれ、不正な送金がされる心配がないと言えるのはブロックチェーンの賜物と言えるでしょう。

 

また、ブロックチェーンに記録される情報は書き換え不可能であり、取引の内容そのものを取り消しにすることは出来ません。その為、ブロックチェーンを取引の際に気にしていなくても取引情報そのものは絶対に消えてなくなることはないでしょう。

 

そして、ビットコイン(Bitcoin)がブロックチェーン技術の代表格とされていますが、そのセキリティ性・独自性の高さから他の仮想通貨にも採用されています。ブロックチェーン技術を採用しているだけでそれなりのセキュリティ性の高さを誇ることもあり、取引においても安心感が異なってきます。

 

ブロックチェーン技術はやり方によっては、管理者を設けるシステムの構築も可能である為、これからの資産管理における仮想通貨の分野では更にブロックチェーン技術を応用したものが作られていくと考えてよいでしょう。

 

 

 

 

トランザクションについて

トランザクションは、ビットコイン(Bitcoin)における取引を指す言葉であり、ビットコイン(Bitcoin)における取引は全てシステムとして記録されています。トランザクションの大きな要素として、送金先の指定・送金されたビットコイン(Bitcoin)を受け取る・それらの情報を記録するという3つにわけることが出来ます。

 

送金に関して言えば、ビットコイン(Bitcoin)の送金システムは本人の確認の段階から、送金先の指定、送金後のデータ全てにおいてセキリティ性の高いものであり、第三者による介在はほぼ不可能と言えるほどのものです。

 

もっとも、公開鍵と秘密鍵の組み合わせは秘密鍵のすべてを誰かに知られると、悪用される可能性もある為、紙や文書ソフトなどでの管理においては非常に気を付けなければなりません。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)での送金は全てブロックチェーンで管理されており、送金における取り消し、改ざんは不可能となっています。送金においては、海外や国内に関係なく行えるのはトランザクションのシステムにおいてブロックチェーンが記録・仮の役割を果たすためであり、そもそもブロックチェーンがなければ、国際的な取引も24時間対応の取引は不可能となります。

 

ビットコイン(Bitcoin)を受け取ることについては、特に何も考えなくてもビットコイン(Bitcoin)のシステムが計算を行い迅速に反映されますが、トランザクションにおける送金においては、ビットコイン(Bitcoin)のユーザーが多くなりすぎた為、承認までの反応が遅れていることもあり、10分前後の時間を要します。

 

しかし、現在のような状況でも仮想通貨のやり取りは金融機関を利用するよりも迅速であり、手数料などにおいても安価である為、ビットコイン(Bitcoin)の個人間取引は金融的な出金・受取・引き落としよりも比較的自由な取引と言えるでしょう。

 

ちなみに、取引における手数料はトランザクションフィーと呼ばれており、入金においては使用するウォレット・取引所によって通常よりも高額となる料金を支払えば、待機時間をなくせる場所もあります。

 

トランザクションにおけるすべての事柄は、秘密鍵を使用することから始まります。秘密鍵の使用そのものだけでは、あまり意味はありませんが秘密鍵を使用しなければトランザクションは成り立ちません。

 

取引が全て分散して記録されるということは逆に言えば、その取引そのものが正しいものであるという証明にもなり得ます。しかし、取引の内容が正しいものであってもウォレットに保管されるビットコイン(Bitcoin)の価値が永遠に今の価値を保有し続けるわけではないことを忘れないでください。

 

結論から言えば、ビットコイン(Bitcoin)の取引は、そこまで難解なものではありません。ビットコイン(Bitcoin)の取引について言えば、ビットコイン(Bitcoin)における送金・受取・確認は自分が望まなくても電子的に記録されます。取引そのものにおいては匿名性が高く、相手のアドレス以外に相手の証明になりうるものは送金者には確認できないことを事実として知っておきましょう。

 

ビットコイン(Bitcoin)そのものの特徴としては、記録上では絶対に消えることのないビットコイン(Bitcoin)の取引ですが、目で見える形でビットコイン(Bitcoin)を視認出来ることはありません。法定通貨のように、目に見える形としてビットコイン(Bitcoin)は存在しないからです。

 

しかし、対応のアプリを使用すれば実店舗においても円に換算しなくても使用することが可能となります。取引という意味ではそれも1つの取引となる為、課税の対象にはなることには注意しましょう。また、サービスや商品を購入する際のウォレットからの出金は、送金と同義である為、ブロックチェーンの特性上取り消しは行えないことも注意が必要です。

 

 

 

プルーフオブワークについて

ビットコイン(Bitcoin)におけるプルーフオブワークは、仕事量に対する正当な承認を行うシステムの事です。ビットコイン(Bitcoin)には管理者がなく、それでも通貨としての信頼性が高いとされているのは、不正な操作やハッキングなどに対しての強みを持っているからです。

 

また、ビットコイン(Bitcoin)の取引における承認は、重要な行為であり、承認の全段階である、申請・金額の決定、送金の操作などは全てブロックチェーンに記録されることになります。その為、プルーフオブワークはそれらの作業に対する正当な承認を行うシステムであり、ビットコイン(Bitcoin)の根幹ともいえるセキュリティ性の高さにも関係しています。不正の監視と防止、および正当な取引における正当性を主張するものとして、プルーフオブワークはビットコイン(Bitcoin)になくてはならないシステムです。

 

もっとも、性質としてはブロックチェーン技術と同じようにマイニングにてプルーフオブワークを行っており、マイニングがなければシステムの更新および取引情報の書き込みそのものが不可能といった問題もあります。

 

マイニングにおいてプルーフオブワークを承認することになりますが、ビットコイン(Bitcoin)はユーザーが増えすぎたことから、このままではマイニングでの報酬は一部の企業などにほぼ奪われてしまうことも懸念されています。

 

結果として、ビットコイン(Bitcoin)のマイニングを行っているユーザーが分裂を希望した為、ビットコイン(Bitcoin)キャッシュとビットコイン(Bitcoin)ゴールドが作られました。11月には更なる分裂が予想されており、この分裂が今までとは比較にならないレベルのものとも予想されています。もちろん、分裂して生まれる仮想通貨もビットコイン(Bitcoin)から生まれるものである為、性質やシステムは似たようなものとなるので、ビットコイン(Bitcoin)の価値がなくなればこの3つの分裂先のどれかにビットコイン(Bitcoin)のユーザーがなだれ込むでしょう。

 

プルーフオブワークにおけるビットコイン(Bitcoin)の不正な発行は事実上不可能となっており、まだ発行されていないビットコイン(Bitcoin)を得るためには必ずマイニングを行う必要があります。また、これは取引においても大切なことであり、確認のない取引が行えるようであれば、そのような通貨はここまで普及しないでしょう。

 

しかし、プルーフオブワークは完璧なシステムではありません。採掘システムの51%を個人か企業が占有してしまえば、一時的なものとはいえ、不正な取引が可能となることがあります。もっともこれだけ世界中で拡散しているシステムの51%を支配できる個人や企業が現れる各釣りは低いため、当面はビットコイン(Bitcoin)のプルーフオブワークのシステムに不安は要らないでしょう。

 

 

 

 

P2Pはビットコイン(Bitcoin)に欠かせない仕組み

ビットコイン(Bitcoin)に限らずP2Pと呼ばれるシステムは、サーバーによる管理を行わず、個人間のデータファイルをネットワークでつなぐことで共有可能になるシステムです。

 

その為、法律で強制的にネットワークを遮断するなどの強硬手段以外ではネットワークは繋がり続けます。ビットコイン(Bitcoin)におけるP2Pシステムは、簡単に言えば、個人のネットワークと他人のネットワークの共有です。通常のネットワークは中央にサーバーや管理者がおり、そこから個人へと割り振ることでサーバー内での管理が可能です。

 

しかし、ビットコイン(Bitcoin)のシステムにいては、最初から中央サーバーはなく、あくまでも個人間でのネットワークを共有することでセキュリティ性の高いやり取りを実現しています。もし、これが中央集中型のネットワークであった場合は、送金・受取に関するやり取りは金融機関並みに時間のロスが発生するでしょう。

 

また、サーバーとしての形がないということは、ハッキングのよる不正な取引を容易に行うことは出来ず、取引情報全てに同時にアクセスし破壊するなどの到底不可能であろう方法でしかビットコイン(Bitcoin)のシステムにアクセスは出来ません。

 

ちなみに、マイニングなどもこの共有システムを利用した生成方法であり、膨大な計算処理を有志によるPCの能力を借りることによって処理しています。その為、24時間取引可能などのビットコイン(Bitcoin)のメリットとされる面は、ネットワーク共有の賜物と言えるでしょう。

 

また、P2Pのシステムはブロックチェーンやプルーフオブワークに応用されており、この仕組みがなければ、全世界で取引はおろか管理者のいない通貨としてこまで普及することはなかったと言えるでしょう。もちろん、P2Pそのものの根幹はファイルの共有である為、システム的にはウィルス感染や悪意のある操作の危険性はいつでもありますが、それをプルーフオブワークとブロックチェーンが防ぐという形になっています。

 

つまり、ブロックチェーンもP2P技術の応用であり、取引においてはネットワークでつながった端末でマイニングを行うことで承認される為、ブロックチェーンの根幹としてP2P技術は必要不可欠です。分散型の情報処理、取引記録の追記など、ビットコイン(Bitcoin)のシステムはP2Pの応用で成り立っています。

 

そして、ビットコイン(Bitcoin)という通貨は、ネットワークのグループとして数人だけでも成り立つ仮想通貨でしたが、そのネットワークが世界中に広がるにつれて、その価値を世界中のユーザーが認めたために、今では世界中で新しいビットコイン(Bitcoin)のマイニングのスピードを競い合い、日々取引が行われているということになります。

 

 

 

 

あわせて読みたい

【完全保存版】ビットコインとは?大全集 | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインってどうしても難しいイメージが先行してしまいます。初心者向けにわかりやすく、そしてビットコインの全てを解説し、ビットコインならではの特長を紹介しています。
【完全解説】ビットコインの送金方法・手順が丸わかり | ビットコイン取引所オールナビ
ビットコインで送金とかって難しそう…安心なの?実は銀行での送金よりも安全でカンタンです!

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

初心者におすすめ
ビットコイン取引所一覧

取引所キャンペーン入金方法レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料申し込み
人気急上昇!
GMOコインGMOコインもれなく全員20,000Satoshiプレゼント!銀行、ペイジー入金最大10倍0.001BTC無料0.05%
人気急上昇!
bitbank tradebitbanktrade-銀行、クレジットカード最大20倍0.01BTC0.01%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
人気急上昇!
bitbank.cc取引手数料無料銀行最大20倍0.0001BTC-0.05%~+0.05%0.1%(途中決済と期日決済は手数料無料)
bitFlyer合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大15倍0.001BTC0.01%~0.15%無料
Zaifzaif毎日上位50名に対して最大1億円銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード最大25倍0.0001BTC-0.01%~0.1%実質0.039%
QUOINEX手数料無料銀行最大25倍0.01BTC無料0.05%
Kraken-銀行最大5倍0.00001BTC0~0.26%0.01%
みんなのビットコイン-銀行最大25倍0.01BTC無料(無料)0.05%
Bitfinex仮想通貨3.3倍0.01BTC0~0.2%15~18%
Bittrex仮想通貨--0.0005BTC0.25%--
cryptopia仮想通貨--0.0001BTC0.2%--
Bitconnect.co仮想通貨--0.03BTC0.25%--
Aidos Market仮想通貨--$5 USD0.09~0.2%--
Yobit仮想通貨、クレジットカード、オンライン決済、電子マネー--0.0001BTC0.2%--
KuCoin仮想通貨--0.000001BTC0.1%--
Btcbox銀行最大3倍0.0001BTC無料無料
Fisco銀行--0.0001BTC無料--
Lemuria銀行--0.1BTC無料--
BITPOINT最高総額 150万円銀行最大25倍0.0001BTC無料(無料)実質0.035%
DMMBitcoin新規口座開設申込後、30日以内に口座開設完了で1,000円をプレゼント銀行、クイック入金5倍0.001BTC無料無料
Bit Trade-銀行-0.0001BTC0.2~0.3%-
Binance仮想通貨--0.00000001BTC0.1%(BNB建ての場合0.05%)--
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status