更新日 2017.12.26
取引所

今話題のビットコインを徹底比較!各取引所の長短所まとめ

急速な発展を見せ、今後もさらに発展を続けていくだろうといわれている「ビットコイン」。この時代の流れで、ビットコインを始めようという方も多いのではないでしょうか?

そんなビットコインを運用していくには取引所の利用が基本なのですが、ビットコインを始めるうえでまず考えなければいけないのが、「どの取引所を利用するか」ということでしょう。そこで今回は、各取引所の特徴やメリット・デメリットを詳細に解説いたします。

 

ビットコインの入手方法

ビットコインを入手するには様々な方法が存在しています。販売所でビットコインを購入する方法や、ビットコインATM、さらにはマイニング(採掘)と呼ばれる方法などがありますが、その中でも一番オーソドックスなビットコインの入手方法が、取引所を利用してビットコインを所有している人同士で売買する方法です。

 

ただしそんな取引所を利用したビットコインの売買の際に必ず問題となるのが、数ある取引所の中からどの取引所を利用するかを選択することです。国内だけでも10種類以上のビットコイン取引所が存在していますので、ビットコインを運用していくうえで最初の壁は「自分に合った取引所探し」と言えるでしょう。

 

 

取引所について

取引所とはその名の通り、ビットコインの取引の場を提供しているプラットフォームとなります。つまりビットコインを買いたい人とビットコインを売りたい人をマッチングさせる機能を持っています。取引所はビットコインを売る人からも買う人からも手数料をもらうことによってビジネスモデルを形成している「仲介役」というイメージですね。

 

なお取引所といえば、非常に難しい交渉などが行われているというイメージを持たれるかもしれませんが、案外簡単なシステムとなっています。取引所はオークションシステムを採用しており、ビットコインを売る人の売却希望価格と、ビットコインを買う人の購入希望価格がマッチした際に取引が成立するという流れになります。ネットショッピングが普及している現代において、取引所でのビットコインの取引はそこまでハードルの高いものではありません。

 

 

取引所を比較する際のポイント

それでは、そんな取引所を比較検討する際にはどのような点を考慮すれば良いのでしょうか?当然数ある取引所にはそれぞれ特徴があり、メリットもあればデメリットも存在します。その中で自分のビットコインの運用方法などと照らし合わせて、自分に合った取引所を選択する必要があります。

 

大きく分けてビットコインの取引所を選ぶ際に気を付けるべきポイントは8つあります。「セキュリティー面」、「取引手数料」、「レバレッジ」、「取引の種類」、「取引所を運営する会社の安全性」「取引所としての実績」、「モバイル連動」、「その他」です。次からはそれぞれのポイントについて詳しくご説明いたします。

 

比較ポイント「セキュリティー面」

まず取引所を選ぶ際のポイントとして最も重要なのがセキュリティー面です。ビットコインは「仮想」とはつくものの通貨であり、現金と同じような価値のある大切な資産となります。現金を預けておく銀行にも安全性を求めるのが当然であるように、ビットコインの取引所にも強固なセキュリティーが必要不可欠なのです。

 

なおビットコインは実際には「モノ」がないため、インターネット上での取引が必須であり、現金のように直接手渡しで取引ができるものではありません。つまりインターネット上でビットコインの管理などを行うことになりますので、他人に盗まれたり悪用されたりしないよう、より高いセキュリティー対策が必要ですよ!

 

比較ポイント「取引手数料」

先ほども「取引所はビットコインを買う人からも売る人からも手数料を徴収するビジネスモデルを形成している」と説明しましたが、手数料が必要となるのは取引時のみではありません。銀行と同様に口座への入金や出金の際や、後ほど説明する信用取引、もしくは先物取引時の借入の際などにも手数料は発生するのです。

 

一回の手数料はわずかであっても、「塵も積もれば山となる」のように取引などを積極的に行えば行うほど、手数料も蓄積されていきます。従って自分がどれくらいの頻度で取引を行うのか、自分が行う取引の種類はなにか、などをしっかりと把握し、自分のビットコインの運用方法における手数料の安い取引所を探すことも重要ですよ。

 

比較ポイント「レバレッジ」

レバレッジとは、信用取引を利用する際に出てくる言葉です。ビットコインでは自身が保有する金額以上の取引を行うことができます。現金ならば自身が保有している金額以上の商品を購入することはできませんが、ビットコインなどインターネット上での取引ではその限りではありません。例えば100万円分のビットコインを保有していながら、300万円分の取引をすることも可能なのです。

 

その際の倍率(100万円分のビットコインで300万円分の取引を行う場合は3倍)をレバレッジといいます。当然倍率が高い方が少ないビットコインでも大規模な取引を行うことができ、うまくいけば利益も爆発的に増えます。しかしながら自身が保有する金額以上の取引が行えてしまうため、損失が出た場合は借金を背負う危険性もあります。取引所によってレバレッジの最高倍率が変動しますので、取引所を比較する際はレバレッジの倍率も注目しなければいけません。

 

比較ポイント「取引の種類」

続いてご紹介する取引所を比較する際に注目すべきポイントは、取引の種類です。ビットコインの購入や売却をする会社は必ず「販売所取引」、「取引所取引」、「信用取引」、「先物取引」のどれかを提供しています。それぞれ種類が異なる取引のため、「自分はどのような取引をしたいのか」を把握する必要があり、さらには「自分が利用しようとしている取引所では、自分が希望する取引を行える取引所なのか」という点を必ず確認する必要があるのです。

 

なおそれぞれの取引の説明については次の通りです。

 

取引の種類「販売所取引」

「販売所取引」とは、取引所を運営する会社がビットコインを保有しており、そのビットコインを購入することができる(ビットコインが販売されている)ことです。ビットコインを入手する方法としては一番簡単であり、なおかつスピーディですので、初心者でも安心のシステムです。

 

なお販売所におけるビットコインの値段は、相場などを考慮して販売所側が決定しています。さらにはその利便性ゆえに、手数料は後述の「取引所取引」よりも高いという傾向が見られますので、今すぐビットコインが必要ではないという方や、ビットコインの取引に慣れてきた方は、「取引所取引」を利用することをおすすめします。

 

取引の種類「取引所取引」

「取引所取引」とは、ビットコインを売りたい人と買いたい人が取引をする場を提供する、いわゆる一般的なビットコインの取引ができる場です。この場合運営している会社はあくまで取引の場を提供しているだけにすぎず、主な取引はビットコインを売りたい人とビットコインを買いたい人の個人間で行われるため、手数料は「販売所取引」よりも安いことがほとんどです。

 

「取引所取引」のデメリットとしてはビットコインを会社から購入するだけの「販売所取引」よりも、ビットコインをすぐに入手できない場合があることや、自分が希望する条件でビットコインを売買してくれる人が見つからない場合は、取引成立までに時間がかかることが挙げられます。

 

取引の種類「信用取引」

「信用取引」とは、簡単に言うと運営している会社に信用してもらい、お金を借り入れることによってビットコインを取引することです。先ほども説明したレバレッジも、この「信用取引」で必要となる重要な数値となります。

 

取引所によって自身が保有する金額の何倍まで取引ができるのかは異なりますし、さらには取引の際には通常の手数料に追加して、借り入れの手数料も必要となります。取引の結果によっては莫大な利益を得ることも可能ですが、その逆に甚大な損失を被ることや、通常の取引よりも高い手数料が必要となるといったデメリットが挙げられます。

 

取引の種類「先物取引」

「先物取引」とは簡単に一言で説明すると「契約」です。ビットコインの「今現在」の値段を利用して、「将来」必ず売買するという契約になります。なお、その「将来」とは限月と呼ばれるシステムを使って期限が決められています。さらに「先物取引」は、「信用取引」と同様にレバレッジをかけることができるのも特徴です。

 

比較ポイント「取引所を運営する会社の安全性」

取引所を選ぶ際のポイントとして、その取引所を運営する会社の状況を確認することも重要です。たとえ取引所が高いセキュリティー対策を施しており、手数料が他の取引所より安かったとしても、その取引所を運営する会社が破産してしまったら元も子もありません。

 

取引所を運営している会社が破産してしまえば当然取引所も破産してしまうため、預けていたビットコインがすべて失われる危険性もあります。もちろん会社の安全性、将来の経営状態などを完全に把握することは不可能ですが、資本金やどのような企業が株を保有しているかなどの情報を見て、取引所を運営する会社が安全かどうか確認することをおすすめします。

 

比較ポイント「取引所としての実績」

やはり取引所としての実績は十分にあるのか、どのくらいの人がその取引所を利用しているのかという点も、取引所を選ぶ際の重要なポイントとなります。その取引所を利用している人が多いのであれば、インターネットなどで口コミを確認することで、事前に知らなかったメリットやデメリットを把握することができるかもしれません。

 

まだビットコインは運用が開始されてからの歴史が浅いため、「ビットコインの取引所としての長い歴史を持っている」という取引所はまだありません。しかしそれでもビットコインの取引所として十分な実績を持っているかどうかは、取引所選択の際におおいに参考になりますよ。

 

比較ポイント「モバイル連動」

近年では、スマートフォンと連動した取引所も少なくありません。その理由として、ビットコインでは取引や分析機能の俊敏性で利益の増減が左右されることがあるからです。いついかなる時も状況を確認するためには、スマートフォンなどのモバイル機器と連動した取引所を利用するのがおすすめです。また外出先や、小規模な取引を行う際にも、モバイルに連動している取引所を利用すると非常に便利ですよ。

 

比較ポイント「その他」

他にも取引所を選ぶ際のポイントとしては「操作性」が挙げられます。簡単な取引をするだけの人でしたら、難しい操作が必要な取引所よりも、操作性が良くシンプルなものがいいと感じるかもしれません。当然その逆もまたしかりです。

 

また「取扱いしている仮想通貨の種類」もポイントとなります。ビットコイン以外にもイーサリアムやモナーコインなどの運用をしている方は、それらの仮想通貨の取り扱いも可能な取引所を選ぶことで、取引所を一括で管理することができますよ。

 

 

国内のビットコイン取引所

これまで、ビットコインの取引所を比較する際のポイントをご説明してきましたが、これからは実際に国内にあるビットコインの主な取引所について、それぞれの特徴やメリット、デメリットなどをご説明いたします。

 

数が多くどの取引所にするか迷うかとは思いますが、取引所とは非常に価値の高いビットコインの取引を行う際に利用するものですので、適当に決めるのではなく、自分が計画しているビットコインの運用方法や、どのポイントを重要視するかをしっかりと把握したうえで選択してくださいね。

 

 

おすすめ取引所1位:コインチェック

  • 直近5-8月のビットコイン日本取引量No.1で、仮想通貨取扱い種類もトップ水準
  • 24時間土日も取引可能
  • スマホの取引も楽チン
  • 不正ログインに対して100万の保証
キャンペーン 入金方法 レバレッジ
毎週総額20万円相当のビットコイン 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード 最大20倍
取引単位 現物取引手数料 レバレッジ取引手数料
0.005BTC 無料 実質0.04%~0.05%
キャンペーン 毎週総額20万円相当のビットコイン
入金方法 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード
レバレッジ 最大20倍
取引単位 0.005BTC
現物取引手数料 無料
レバレッジ取引手数料 実質0.04%~0.05%
直近5-8月のビットコイン日本取引量はNo.1。仮想通貨取扱いは日本取引所の中でも多い13種類です。最短10分でユーザー登録からコイン購入まで行え、取引は24時間可能です!現在、coincheck paymentと呼ばれる決済サービスに力を入れていて、coincheckのシェアも高いのも特徴です!
アプリの操作性も抜群で、初心者が困るチャートの読み込みや、入出金も行いやすく初心者に優しいコインチェック。取引手数料が無料なことも初心者の方には優しいですね。

また、貸仮想通貨サービスがあります。ご自身のビットコインをcoincheckに預けると、契約期間満了後に預けた同量・同等の仮想通貨に加え、最大年率5%で一定の料率に基づいた仮想通貨が支払われるサービスです。仮想通貨の取扱い種類も多く、スタンダードにサービスを取り揃えている為、色々なサービスに興味がある人にオススメ!

 

 

おすすめ取引所2位:ビットフライヤー

  • ビットコイン取引量・ユーザー数・資本金の3冠を達成(2017年9月時点)
  • メガバンクが株主等、資本力が大きく、安心して取引を行える高い信用力
  • ビットコインが無料でもらえるログインキャンペーンを不定期に開催(3冠の達成記念実施中)。買い物などの特典でビットコインが付与されるサービスも
  • ライトニングはトップレベルの取引ツール
キャンペーン 入金方法 レバレッジ
合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード 最大15倍
取引単位 現物取引手数料 レバレッジ取引手数料
0.001BTC 0.01%~0.15% 無料
キャンペーン 合計売買高が上位の方に140万円分を毎日、山分け
入金方法 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード
レバレッジ 最大15倍
取引単位 0.001BTC
現物取引手数料 0.01%~0.15%
レバレッジ取引手数料 無料
2017年9月、ビットコイン取引量・ユーザー数・資本金の3冠を達成し、現在ビットコイン購入、運用であれば間違いなくビットフライヤー!
資本力として、みずほFGやメガバンク系列のキャピタル会社等、株主に大企業が名を連ね、セキュリティ面も超安心。特徴としては、次世代暗号システムによる最高強度の暗号技術や、顧客資産の分別管理があります。
使いやすく、初心者の方でもすぐにビットコインの運用に慣れると評判です!一方で、上級者にも対応の取引ツールのライトニングなど取引環境が充実しています。
またキャンペーンも頻繁に行われており、現在では無料のログインキャンペーンを行っており、お得感も非常にあります!
2017年9月に仮想通貨交換業者に登録されていますので、安心ですね!

 

 

おすすめ取引所3位:zaif

  • 取引手数料がマイナス(本人認証必要)。※ビットコインと日本円の取引対象
  • 銀行口座引き落としの積立サービスあり「Zaifコイン積立」
  • XEMを購入したい方向け(手数料0%~0.1%)
  • トークンと呼ばれる取引所間の様々な種類の通貨ZAIF/ビットコイン等を取引可能
キャンペーン 入金方法 レバレッジ
毎日上位50名に対して最大1億円 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード 最大25倍
取引単位 現物取引手数料 レバレッジ取引手数料
0.0001BTC -0.01%~0.1% 実質0.039%
キャンペーン 毎日上位50名に対して最大1億円
入金方法 銀行、ペイジー入金、コンビニ、クレジットカード
レバレッジ 最大25倍
取引単位 0.0001BTC
現物取引手数料 -0.01%~0.1%
レバレッジ取引手数料 実質0.039%
他の取引所で取扱いが少ない仮想通貨のXEM(取引手数料0%~0.1%)などが取引対象にあり、取引所間での通貨ペアであるトークンも多くの種類を取引できます。
取引所に登録後に本人認証まで完了すると、取引手数料がマイナス0.01%になる特典を受けられるので、取引すればするほどお得!

またトレードだけでなく、毎月固定額でビットコインを積み立てをしたい人には「Zaifコイン積立」サービスを提供しており、毎月最大100万円まで可能です。積立申し込みに銀行印は不要で全てオンラインで申し込みが可能で、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。

2017年9月に仮想通貨交換業者として登録されています。

 

 

複数の取引所の利用

これまで国内の取引所の特徴や、メリット、デメリットなどをご説明いたしました。非常に数が多いので、どの取引所を利用するべきか悩んでしまう方が多いのですが、ここで取引所のおすすめの利用方法についてご説明いたします。それは一つの取引所を利用するのではなく、複数の取引所を利用することです。

 

ビットコインの取引所で口座を開設するのは非常に簡単で、基本的にはオンラインで完結することができますので、複数の取引所を利用するといってもそこまで手間はかかりませんよ。

 

それでは、なぜ一つの取引所を利用するのではなく、複数の取引所を利用することがおすすめとされているのかをご説明いたします。

 

複数の取引所を利用するメリット「危機管理」

取引所を複数利用することの最大のメリットは「危機管理」です。一つの取引所を利用していて、万が一その取引所を運営する企業が破産してしまった場合、取引所に預けているビットコインはすべてなくなってしまう危険性があります。しかし複数の取引所に分散してビットコインを預けておけば、たとえ一つの取引所が破産してしまったとしても、すべてのビットコインを失わずに済むということです。

 

先ほどもご説明した通り、取引所を選ぶ際には取引所を運営する企業の安全性も重要なポイントとしていますが、たとえ口座を開設する際は安全であっても今後一生絶対に安全である保障はありません。従って取引所を複数利用し、ビットコインを分散して管理することによって、破産によるビットコインの全損失というリスクを減らすことが可能になるのです。

 

複数の取引所を利用するメリット「仮想通貨の種類」

次に取引所を複数利用する際のメリットとして挙げられるのが「仮想通貨の種類」です。仮想通貨はビットコインだけではなく、他にもイーサリアムやモナーコインなど様々な種類が存在しています。しかしビットコインの取引所は多くの種類があるのですが、時価総額がビットコインに続いて二番目に高いイーサリアムでさえ、取り扱い可能な取引所は非常に限られています。

 

そこで数種類の仮想通貨を扱っている方、もしくはこれから扱っていきたいと考えている方は、取引所を複数利用することによって対応可能な仮想通貨の幅を広げることが必要になります。

 

複数の取引所を利用するメリット「円への換金」

仮想通貨であるビットコインを法定通貨である日本円に換金する場合にも取引所を利用することになるのですが、そこで気を付けなければいけないことが「出金上限額」と、「サーバーメンテナンスなどの緊急事態」です。

 

取引所によっては、ビットコインを日本円で出金する際に、上限の金額が定められている場合があります。もし急にまとまった現金が必要になった場合でも、利用している取引所に出金上限額が定められていたら、口座にビットコインがあるのに出金できないという状況になってしまいます。またもし出金する際に利用している取引所がサーバーメンテナンスやサーバーダウンなどの緊急事態だった場合も、同様に出金ができないという状況になる可能性があるのです。

 

そこで利用する取引所を分散することにより、一つの取引所で出金上限額やサーバーメンテナンスなどの緊急事態に引っかかった場合でも、他の取引所からスムーズに出金できますよ。

 

複数の取引所を利用するメリット「使用感の確認」

取引所というのは、やはり実際に使用してみないと自分に合うかどうかわからないものです。口コミの評価が高かったり、セキュリティー面などで安心できたとしても、操作する画面が難解でどのように操作していいか分からなければ意味がありません。

 

そこで複数の取引所で口座を開設し、実際に自分の目で見て触ってみることで、本当に自分に合う取引所はどれなのかを比較することができますよ。

 

 

自分に合ったビットコインの取引所とは?

これまで、数多くある国内のビットコイン取引所を比較する際に重要視すべきポイントや、それぞれの取引所の特徴などをご説明いたしました。ビットコインと一言でいっても、運用方法は人それぞれですし、取引所を比較検討する際にどのポイントを優先するかも人それぞれです。従ってどの取引所がいいのかは、ユーザーによって変化するのです。

 

自分に一番合う取引所を探すのならば、まずは自分がビットコインをどのように運用していこうと考えているのかを、冷静に整理することが重要となります。そして取引所を比較検討する際に重要視すべきポイントも、自分の価値観とあわせて優先順位をつけるようにしましょう。そうすることで自分に合う取引所を見つけることができますよ!

 

おすすめ関連カテゴリーニュース

イーサリアム・クラシック取引所
ライトコイン取引所
ビットコインキャッシュ取引所おすすめ
モナコイン取引所
最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status