更新日 2018.02.19
送金

【徹底解説】Coincheck(コインチェック)の出金・送金方法

coincheck(コインチェック)のアカウント開設がまだの方は先にcoincheck(コインチェック)の口座開設を行いましょう!

 

 

 

 

出金方法

coincheck(コインチェック)での出金方法は、まず管理画面左側の[日本円を出金する]をクリックします。

 

 

 

 

そして[新しい講座情報を登録する]をクリックします。

 

 

 

 

その後講座情報を入力する画面が出てきますので正しい講座情報を入力しましょう。
ただし、coincheck(コインチェック)アカウントで登録している氏名(アカウント保有者本人の氏名)以外の銀行口座は利用できないので注意してください。

登録が完了したら、出金の前準備は完了です。

 

 

 

 

次に出金手続きをするので、[この口座に振り込む]をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

ここからはとても簡単で、出金額を入力して、[出金申請をする]をクリックするだけです。
あとは、1~2営業日で指定の口座に振り込まれます。

 

 

 

 

 

ちなみにアプリからは、メニューの[日本円の出金]から同じ手順で出金申請ができます。


 

 

 

 

 

送金方法

coincheckからほかの取引所やウォレットに送金するには、管理画面左側の[コインを送る]から行います。

 

 

 

 

 

まず、送金する通貨を選択し、送金先アドレスをリストに追加する必要があります。

送金先アドレスを追加するには[送金先リストの編集]をクリックします。
するとアドレスを追加する項目が出てくるので、それぞれ入力します。

 

 

 

 

 

ラベルは自分がわかりやすいもので構いません(“”自分のウォレット””など)。

 

 

 

 

 

入力が終わったら、[追加]をクリックしてリストの編集を完了します。
完了したら、[宛先]に先程追加したアドレスが選べるようになっているので選択します。
そして、送金する金額を入力して、[送金する]を押したら送金手続きが開始されます

 

 

 

 

 

送金手続きが行われると[コインの送金履歴]に記載され、送金した情報をクリックするとトランザクションなども確認でき、まだ送金手続き中(TX IDが発行されていない)であればキャンセルも可能です)。

 

 

 

 

 

ちなみにアプリからは、メニューの[送金]から行えます。

 

 

 

 

ただし、ブラウザで送金するのとは少し手順が異なり、アドレスを直接入力するか、QRコードを読み取る形になっています。
可能な限りコピーペーストかQRコード読み取りで確実に正しいアドレスを入力するようにしましょう。

 

 

 

 

あわせて読みたい

【徹底解説】Coincheck(コインチェック)の口コミと利用マニュアル | ビットコイン取引所オールナビ
直近5-8月のビットコイン日本取引量はNo.1。仮想通貨取扱いは日本取引所の中でも多い13種類です。最短10分でユーザー登録からコイン購入まで行え、取引は24時間可能です!アプリの操作性も抜群で、初心者が困るチャートの読み込みや、入出金も行いやすく初心者に優しいCoincheck(コインチェック)。取引手数料が無料なことも初心者の方には優しいですね。
【徹底解説】Coincheckアプリの使い方 | ビットコイン取引所オールナビ
coincheckのアカウント開設がまだの方は先にcoincheckの口座開設を行いましょう! coincheck公式ページへ coincheckはスマホで簡単に取引できるように取引アプリをリリースしています。 ブラウザでできるほとんどの機能が使えて、スマホ用に最適化されているため、ストレスフリーで売買することができるようになっています。 ただし、取引所の機能だけアプリには搭載されていないらしく、coincheckから直接購入するしか方法がないため、手数料無料でビットコインを買いたい場合は、ブラウザでcoincheckにアクセスする必要があります。 アプリを開くとビットコインのチャートが表示されていると思いますが、画面したの各通貨をタップすることで、それぞれの通貨のチャートを見ることができるようになっています。 そして、仮想通貨を売買するときは、今見ているチャートの下にある、をタップすることで、それぞれの売買画面へと移ることができます。 アプリからの仮想通貨の送金はビットコインしか対応しておらず、アドレス指定も直接入力かQRコードのみとなっています。 実際にコインを送金するには、右にスワイプしたら出てくるメニューのから行なえます 手入力はまず間違えますので、コピーペーストかQRコードの認証でアドレスを入力するといいでしょう。 チャートが見やすいことと取引所が使えない、送金はビットコインしかできないこと以外はブラウザでできることと同じなので、すぐに慣れるでしょう。 coincheck公式ページへ
【徹底解説】Coincheckのチャートの見方 | ビットコイン取引所オールナビ
coincheckのアカウント開設がまだの方は先にcoincheckの口座開設を行いましょう! coincheck公式ページへ coincheckでは簡易チャートと本格的なローソクチャートが見れます。 簡易チャートは、取引所のページの下側にあります。 あくまで簡易チャートなので折れ線グラフで表示しているだけですが、もっと詳しいチャートを見たい場合は、取引所ページ一番上のをクリックします。 こちらでさらに詳しいチャートを見ることができます。 マウスホイールで拡大縮小できるようになっており、ドラッグで見ているチャートの位置変更もできます。 初期状態では1時間足で表示されていますが、チャートの上にあるやをクリックするとチャートを切り替えれます。 足とはローソク足のことをいい、1時間足であれば1時間の間にどれだけ価格変化が起きたかを表しています。 アプリではただ線が引かれた簡易チャートとローソクチャートを切り替えれるようになっており、以下の画像に示した手順で切り替えることができます。 coincheck公式ページへ
【徹底解説】coincheckの入金方法 | ビットコイン取引所オールナビ
coincheckのアカウント開設がまだの方は先にcoincheckの口座開設を行いましょう! coincheck公式ページへ 銀行振り込み 銀行振込は最も手数料を抑えることが出来る方法です。 coincheckでは、りそな銀行と住信SBIネット銀行に対応していて、どちらかの口座を持っていると手数料無料で入金できるので、入金に使用した金額すべてを仮想通貨の購入に回すことができます。 この二つの銀行以外からでも大丈夫ですが、他行あてと処理されるので、銀行ごとに手数料が掛かるので可能であれば入金用に口座を一つ開設しててもいいでしょう。 その銀行振込の方法ですが、まずはcoincheckの管理画面にて振込先情報を取得する必要があります。 まずはブラウザでのやり方です。 振込先情報は、管理画面の左側のメニューにあるをクリックします。 すると、初期状態でが選択されていて、二つの口座情報が表示されていると思いますが、どちらかに振り込めば、coincheckに入金されます。 ※XXXとなっているところはユーザーごとに異なります。 ただし、ここで気を付けないといけないのが、りそな銀行あての場合は、口座種別が””当座””であること、住信SBIネット銀行あての場合は、振込人名義にユーザーIDを含める必要があります。 りそな銀行あての場合は、ユーザーごとに口座番号が異なっていますが、住信SBIネット銀行あての場合は、口座番号は是認共通となっているため、振込人名義にユーザーIDを含めないとユーザーの区別ができず、入金が反映されません。 ユーザーIDはここに書かれているのでよく確認しておいてください。 住信SBIネット銀行あてに振り込んだが、ユーザーIDの入力を忘れた場合は、自分で組み戻し手続きが必要になるため、注意しましょう。 すべて確認できたらあとはその振込情報を使ってATMにて振り込むだけになります。 15時以降や土日に振り込んだ場合、反映されるのは翌営業日となるので気をつけましょう。

おすすめ関連カテゴリーニュース

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料

coincheck(コインチェック)のアカウント開設がまだの方は先にcoincheck(コインチェック)の口座開設を行いましょう!

 

 

 

 

出金方法

coincheck(コインチェック)での出金方法は、まず管理画面左側の[日本円を出金する]をクリックします。

 

 

 

 

そして[新しい講座情報を登録する]をクリックします。

 

 

 

 

その後講座情報を入力する画面が出てきますので正しい講座情報を入力しましょう。
ただし、coincheck(コインチェック)アカウントで登録している氏名(アカウント保有者本人の氏名)以外の銀行口座は利用できないので注意してください。

登録が完了したら、出金の前準備は完了です。

 

 

 

 

次に出金手続きをするので、[この口座に振り込む]をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

ここからはとても簡単で、出金額を入力して、[出金申請をする]をクリックするだけです。
あとは、1~2営業日で指定の口座に振り込まれます。

 

 

 

 

 

ちなみにアプリからは、メニューの[日本円の出金]から同じ手順で出金申請ができます。


 

 

 

 

 

送金方法

coincheckからほかの取引所やウォレットに送金するには、管理画面左側の[コインを送る]から行います。

 

 

 

 

 

まず、送金する通貨を選択し、送金先アドレスをリストに追加する必要があります。

送金先アドレスを追加するには[送金先リストの編集]をクリックします。
するとアドレスを追加する項目が出てくるので、それぞれ入力します。

 

 

 

 

 

ラベルは自分がわかりやすいもので構いません(“”自分のウォレット””など)。

 

 

 

 

 

入力が終わったら、[追加]をクリックしてリストの編集を完了します。
完了したら、[宛先]に先程追加したアドレスが選べるようになっているので選択します。
そして、送金する金額を入力して、[送金する]を押したら送金手続きが開始されます

 

 

 

 

 

送金手続きが行われると[コインの送金履歴]に記載され、送金した情報をクリックするとトランザクションなども確認でき、まだ送金手続き中(TX IDが発行されていない)であればキャンセルも可能です)。

 

 

 

 

 

ちなみにアプリからは、メニューの[送金]から行えます。

 

 

 

 

ただし、ブラウザで送金するのとは少し手順が異なり、アドレスを直接入力するか、QRコードを読み取る形になっています。
可能な限りコピーペーストかQRコード読み取りで確実に正しいアドレスを入力するようにしましょう。

 

 

 

 

あわせて読みたい

【徹底解説】Coincheck(コインチェック)の口コミと利用マニュアル | ビットコイン取引所オールナビ
直近5-8月のビットコイン日本取引量はNo.1。仮想通貨取扱いは日本取引所の中でも多い13種類です。最短10分でユーザー登録からコイン購入まで行え、取引は24時間可能です!アプリの操作性も抜群で、初心者が困るチャートの読み込みや、入出金も行いやすく初心者に優しいCoincheck(コインチェック)。取引手数料が無料なことも初心者の方には優しいですね。
【徹底解説】Coincheckアプリの使い方 | ビットコイン取引所オールナビ
coincheckのアカウント開設がまだの方は先にcoincheckの口座開設を行いましょう! coincheck公式ページへ coincheckはスマホで簡単に取引できるように取引アプリをリリースしています。 ブラウザでできるほとんどの機能が使えて、スマホ用に最適化されているため、ストレスフリーで売買することができるようになっています。 ただし、取引所の機能だけアプリには搭載されていないらしく、coincheckから直接購入するしか方法がないため、手数料無料でビットコインを買いたい場合は、ブラウザでcoincheckにアクセスする必要があります。 アプリを開くとビットコインのチャートが表示されていると思いますが、画面したの各通貨をタップすることで、それぞれの通貨のチャートを見ることができるようになっています。 そして、仮想通貨を売買するときは、今見ているチャートの下にある、をタップすることで、それぞれの売買画面へと移ることができます。 アプリからの仮想通貨の送金はビットコインしか対応しておらず、アドレス指定も直接入力かQRコードのみとなっています。 実際にコインを送金するには、右にスワイプしたら出てくるメニューのから行なえます 手入力はまず間違えますので、コピーペーストかQRコードの認証でアドレスを入力するといいでしょう。 チャートが見やすいことと取引所が使えない、送金はビットコインしかできないこと以外はブラウザでできることと同じなので、すぐに慣れるでしょう。 coincheck公式ページへ
【徹底解説】Coincheckのチャートの見方 | ビットコイン取引所オールナビ
coincheckのアカウント開設がまだの方は先にcoincheckの口座開設を行いましょう! coincheck公式ページへ coincheckでは簡易チャートと本格的なローソクチャートが見れます。 簡易チャートは、取引所のページの下側にあります。 あくまで簡易チャートなので折れ線グラフで表示しているだけですが、もっと詳しいチャートを見たい場合は、取引所ページ一番上のをクリックします。 こちらでさらに詳しいチャートを見ることができます。 マウスホイールで拡大縮小できるようになっており、ドラッグで見ているチャートの位置変更もできます。 初期状態では1時間足で表示されていますが、チャートの上にあるやをクリックするとチャートを切り替えれます。 足とはローソク足のことをいい、1時間足であれば1時間の間にどれだけ価格変化が起きたかを表しています。 アプリではただ線が引かれた簡易チャートとローソクチャートを切り替えれるようになっており、以下の画像に示した手順で切り替えることができます。 coincheck公式ページへ
【徹底解説】coincheckの入金方法 | ビットコイン取引所オールナビ
coincheckのアカウント開設がまだの方は先にcoincheckの口座開設を行いましょう! coincheck公式ページへ 銀行振り込み 銀行振込は最も手数料を抑えることが出来る方法です。 coincheckでは、りそな銀行と住信SBIネット銀行に対応していて、どちらかの口座を持っていると手数料無料で入金できるので、入金に使用した金額すべてを仮想通貨の購入に回すことができます。 この二つの銀行以外からでも大丈夫ですが、他行あてと処理されるので、銀行ごとに手数料が掛かるので可能であれば入金用に口座を一つ開設しててもいいでしょう。 その銀行振込の方法ですが、まずはcoincheckの管理画面にて振込先情報を取得する必要があります。 まずはブラウザでのやり方です。 振込先情報は、管理画面の左側のメニューにあるをクリックします。 すると、初期状態でが選択されていて、二つの口座情報が表示されていると思いますが、どちらかに振り込めば、coincheckに入金されます。 ※XXXとなっているところはユーザーごとに異なります。 ただし、ここで気を付けないといけないのが、りそな銀行あての場合は、口座種別が””当座””であること、住信SBIネット銀行あての場合は、振込人名義にユーザーIDを含める必要があります。 りそな銀行あての場合は、ユーザーごとに口座番号が異なっていますが、住信SBIネット銀行あての場合は、口座番号は是認共通となっているため、振込人名義にユーザーIDを含めないとユーザーの区別ができず、入金が反映されません。 ユーザーIDはここに書かれているのでよく確認しておいてください。 住信SBIネット銀行あてに振り込んだが、ユーザーIDの入力を忘れた場合は、自分で組み戻し手続きが必要になるため、注意しましょう。 すべて確認できたらあとはその振込情報を使ってATMにて振り込むだけになります。 15時以降や土日に振り込んだ場合、反映されるのは翌営業日となるので気をつけましょう。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status