Binance

Binance
  • 取扱通貨数圧倒的No1
  • 手数料が格安
  • 上場銘柄をコミュニティーの投票で決める
  • 日本語対応済みで、登録後すぐに取引可能
キャンペーン入金方法レバレッジ
仮想通貨--
取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
0.00000001BTC0.1%(BNB建ての場合0.05%)--
キャンペーン
入金方法仮想通貨
レバレッジ--
取引単位0.00000001BTC
現物取引手数料0.1%(BNB建ての場合0.05%)
レバレッジ取引手数料--

取扱いコイン

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • リスク(LSK)

Binanceの特徴

ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト 
ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト 


ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト ここにテキスト 
BINANCE(バイナンス)は香港にある仮想通貨取引所です。



















会社名 Binance
所在地 香港
設立 2017年7月
代表者 Changpeng Zhao

 

Binanceのメリット・デメリットまとめ


■メリットまとめ
銘柄数が約100種類と世界2位の取扱量
取引手数料が格安
ビットコインのフォークコインが全て付与される
セキュリティが強固
上場銘柄をコミュニティーの投票で決める
万全のセキュリティ体制

 
■デメリットまとめ
日本円を入金し、購入ができない
海外取引所なので、サポートが不安

 

 

【メリット①】銘柄数が約100種類と世界2位の取扱量


Binance(バイナンス)では、100種類以上の仮想通貨を取り扱い、その種類は間違いなく今後も増えていくでしょう。ビットコインはもちろん、主な仮想通貨はもれなく取り扱い、これから大きく伸びる可能性を秘めた仮想通貨もあります。

短期間で数十倍、数百倍に高騰する可能性があり、国内の大手取引所にはない多数のアルトコインの取り扱い。それがBinance(バイナンス)が注目され人気を集めた大きな要因でしょう。100種類以上ある通貨全てを紹介はできないので、取扱い銘柄からいくつかを紹介していきます。

 

 

 

【メリット②】取引手数料が格安


Binance(バイナンス)の取引手数料は、一律「0.1%」です。海外取引所では0.1%は非常に安い方ですが、仮想通貨銘柄、条件によっては最安では0.1%は最安ではないので、条件に合わせて、Binance(バイナンス)を利用したいですね!

またBinance(バイナンス)が発行している「BNBトークン」で取引すると、手数料が半額の「0.05%」になります。Binance(バイナンス)を中心に利用する方は絶対にBNB建てて取引を行ないましょう。

 

 

 

【メリット③】ビットコインのフォークコインが全て付与される





 

Binance(バイナンス)はビットコインのフォークコインに全て対応すると発表しています。

 

つまりBinance(バイナンス)内でビットコインを保有している場合、ビットコインがフォークすると、フォークコインが付与されることになります。フォークすることで価格変動リスクはもちろんありますが、その分フォークコインを付与してもらえれと、フォークに心配する必要はありませんね。

 
フォークって?
アルトコインの発行量が多くなり、取引スピード落ちてしまいます。それをフォークという技術によって、コインを分割することを指します

 

ちなみに、バイナンスはビットコインから分裂してできたビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドも、一番最初に扱いました。取引所によっては扱わないといった判断もあるため、仮にフォークによって、分裂後のコインを付与してもらったとしても、取引できないのでは元も子もありません。

また分裂後は価格のボラリティが激しく、そうこうしている内に損してしまう場合があります。バイナンスの場合は扱わないといった判断がほぼ無いと推測されるため、その不安はありません。

 

 

 

【メリット⑤】上場銘柄をコミュニティーの投票で決める




バイナンス内のコミュニティにて、上場させるコインを人気投票で行なうということができます。自分が賭けたい草コインに対して、上場させることで価格が跳ね上がる可能性があるので、バイナンスを利用する醍醐味の1つであるでしょう。

 

 

 

【メリット⑥】万全のセキュリティ体制


海外というだけで、セキュリティが脆弱で心配される方が多いかもしれませんが、バイナンスに関しては安心してください!
ログインからの二段階設定はもちろん、さらにパズルのピースをはめる事でbotの証明作業まであります。セキュリティ体制に対しての不安情報もなく、SSL脆弱性診断も問題ありませんでした。

 

 

 

【デメリット①】日本円を入金し、購入ができない


bitflyer(ビットフライヤー)などでは日本円を銀行送金、またはコンビニ、クレカなどで手軽に入金、購入ができますが、バイナンスの場合、まず国内の取引所で仮想通貨(ビットコインなど)を買って、その後バイナンスの自分の入金用アドレスに送金する手段しかありません。

 


流れとしては

国内取引所で仮想通貨(ビットコインなど)を購入

購入した仮想通貨をバイナンスの自分の口座へ送金

送金した仮想通貨を元にバイナンスで新たな仮想通貨を購入


 

上記の流れとなります。つまり円建て購入はできず、仮想通貨建ての購入となります。

 


BNBトークンで0.05%で購入したい場合

国内取引所で仮想通貨(ビットコインなど)を購入

仮想通貨をバイナンスの自分の口座へ送金

仮想通貨を元にBNBトークンを購入

BNBトークンを元にバイナンスで新たな仮想通貨を購入


 

正直なところ、少し面倒ではあります…。

 

注意点としてはビットコインでの送金は絶対に止めましょう。
理由としては

・送金手数料が高い
・送金の時間がかかる


送金をするのにはリップルかイーサリアムがおすすめです!

 

 

【デメリット②】海外取引所なので、サポートが不安


Binance(バイナンス)はページ自体はほぼ日本語対応しているので、その点は安心です。しかし、問い合わせに関しては日本語対応してません。英語が苦手な方はグーグル翻訳等を利用するといいでしょう。

 

 

 
Binanceの公式ページへ

Binanceの利用者の評価と口コミ

  • Binanceは少し前ならおすすめしたかったが最近は今一
    評価: 3
    私がBinanceに開設することにしたのはビットコインのフォークコインをゲットするためです。日本の取引所では付与されないそれが中国の取引所であるそこだと付与されるという記事を読んで0.002BTCほど送ってみたらたしかにSuperBitcoinとBitcoinXが付与されました。しかしそれから3ヶ月ほど経ってもそれらのコインは取引も引き出しもできません。他には日本の取引所にないTRONやCindicatorを買い増したが、これらは今年1月のバブルがはじけるまでは非常に値上がりしていたのに、はじけてからはかなり価格が下がってがっかりしています。あと日本語表記がなくなり、最近は日本の金融庁に名指しで非難されている始末。日本からの使用は現在のところおすすめできません。
  • Binanceの銘柄にはICOが混ざっているので注意
    評価: 4
    他の取引所では仮想通貨のみ扱っている交換所とICOが混ざっているところがあります。Binanceの取り扱っている銘柄には仮想通貨以外にもICOが混ざっており、基本的にホワイトペーパーや参入する業種についての事前知識が必要な銘柄がまざっていて、値段が上がり調子、あるいは下がっている原因を特定することが非常に難しいので、今値上がりしているからといってホワイトペーパーや運営の宣伝や、第三者による評価を熟読しないかぎり利益をだすことは難しいでしょう。さらに、運営の宣伝や達成した事実、第三者のレビューや批判は一般的に英語で書かれていることが多く、基本的に英語や英語圏のネットの口コミなどの調べ方に長けていないと日本の交換所で慣れている方は面食らう側面があるとおもいます。
  • 使いやすかったBinance
    評価: 5
    国内の仮想通貨取引所を利用していますが、今年に入ってから社会的な事件の影響もあり急に値が下がったり上がったりするので心配になりました。いろいろ考えた結果、試しにBinanceを使ってみることにしました。世界的に有名で評判は聞いていたので、不安はなかったです。最初にBinanceのアカウントを作成して、ビットコインを入金しました。入金するまで30分くらいで、思ったより時間がかかりました。Binanceは使いやすく分裂コインの対応が早いのが魅力です。日本語にも対応しているので問題なく使えます。何といっても手数料が安いのが大きなメリットです。
  • オススメ!私が初めて開設した海外取引所!
    評価: 5
    私が初めて開設した海外の取引所がBinanceです。2017年の7月にできて以降、凄まじい勢いでユーザー数を伸ばしていたこともあり、半ば勢いに乗っかって口座開設を決めました。ただ若干中国の経済状況、政治状況に左右される可能性もある為、Binanceでの口座開設を幾分悩んだことも事実です。しかし、実際に使用してみると、扱う銘柄も多く、手数料もBNBトークンで支払うと0.05%で仮想通貨を購入できるなど他の取引所よりも数多くのメリットがある取引所だと感じました。現状、Binanceで購入した仮想通貨はTRXとBinanceのトークンであるBNBの2銘柄。Binanceは、アプリも使いやすいので、日々の価格変動もすぐさまチェックして、楽しい仮想通貨ライフをBinanceと共に送らせていただいております。口座開設に悩まれている方がもし居るのであれば、是非口座開設をお勧めしたい取引所のひとつです。
  • 対応分裂コインが多い
    評価: 5
    Binanceはビットコイン以外の「分裂コイン」と呼ばれるコインの取扱数が多いことがメリットです。日本だけだとビットコインだけしか取り扱う事が出来ない分裂コインでも、Binanceでは取引所を多数経由しなくともここ一括だけで多くのコインが扱えるので非常に便利に使用できます。現在でもBinanceでは分裂コインの対応に積極的であり、今後はすべての分裂コインに対応していくという声明も出しています。日本語対応も行っており、特にデメリットといえる要素がなく非常に使い勝手の良い仮想通貨取引所だと思います。
  • 登録が簡単で使いやすかったBinance
    評価: 5
    Binanceには興味がありましたが、他の仮想通貨取引所を使っていたので手を広げられずにいました。今年に入ってから、使っていた仮想通貨取引所に問題が出てきたので、Binanceを使うことにしました。Binanceを使う一番のきっかけは、手数料がすごく安かったことです。日本語にも対応しているし、登録も簡単でした。送金速度が速いと思ってETHを選びましたが、送金が完了するまでに10分くらいかかりました。日によっては10分以内で送金できます。ビットコインだと送金にかなり時間がかかります。これまで様々な仮想通貨取引所を使ってきましたが、Binanceはその中でもトップクラスの使いやすさです。上手に使えば最強の仮想通貨取引所になりそうなので、これからも利用します。
  • 取り扱い通貨が多く使用しやすい
    評価: 5
    Binanceで取り扱われている仮想通貨は「100種類以上」です。この数は現在日本で人気の取引所であるCoincheckで13種類、Zaifで5種類と比較してみると圧倒的な事がわかります。100種類以上の豊富なアルトコインの取り扱いを行っている取引所は現在Binanceのみであり、今後も多数存在するアルトコインに対応していくと公式サポートから声明が挙げられています。将来性も抜群で目立ったデメリットのないBinanceは取引手数料も安く「0.1%」と安価で取引を行える非常にお勧めのできる仮想通貨取引所となります。
  • 世界最大の取引所で数多くの仮想通貨を扱っています。
    評価: 4
    Binanceは香港に拠点がある世界最大の仮想通貨取引所です。最大のメリットとして数多くの仮想通貨を取り扱っておりその種類は100種類を超えています。操作も簡単で仮想通貨トレードが非常に使いやすいです。また、取引コストも安いのが特徴です。私は、主にビットコインとモネロを使ったトレードを行っています。その他の仮想通貨も数多く扱っていますので多くの仮想通貨に投資したいという方にお勧めです。バイナンスに新規上場する仮想通貨は有望なものが多いとも言われています。海外サイトですので入出金に多少の手間がかかってしまう点がデメリットでしょう。
  • Binanceは手数料が安いので安心です
    評価: 5
    Binanceは、たくさんの仮想通貨を扱っているので安心して取引ができると思い利用しました。私はここでビットコインとビットコインキャッシュ、アルトコインの取引をしているのですが、取引手数料がすべて0,1パーセントなのでありがたいです。「フェイバリット」を利用すればすぐに自分がみたいものだけを見ることができるためスムーズで、外出先でもサッと価格のチェックができます。私は英語が不得意なので最初は海外の仮想通貨取引所を利用することに不安があったのですが、Binanceは日本語対応をしているため困ることはありませんでした。
  • 友達の勧めでBinanceを選びました
    評価: 5
    私は現在、Binanceを利用してリップルとネムの取引をしています。これまでに1度も仮想通貨取引をしたことがなかったのですが、取引経験がある友達におすすめの取引所を教えてほしいと言ったらこれを勧められました。それで、口座の開設をしたのです。パソコン画面での取引をしているのですが、動きがスムーズでとても使いやすいです。パソコンなら日本語対応済なので、英語に自信がないという人も使いやすいと思います。特筆すべきは、ユーザー投票で公開コインが決まるという点です。これにより、今後も取引可能な通貨の種類が増えると思うので楽しみです。取引手数料が0,1パーセントという破格の安さである点も、Binanceを使うメリットの一つだと思います。
  • 日本語に対応しているので安心でした
    評価: 5
    Binanceは中国を拠点にした取引所ですが、日本語に対応をしているのでとても使いやすいです。私はビットコインとビットコインキャッシュ、イーサリアムの取引をしているのですが入金がビットコインとイーサリアムの両方で入金ができるため重宝しています。またハードフォークコインの付与もあり、ありがたかったです。分裂前は不安でしたが、付与のスピードも速くてBinanceを選んで本当に良かったと思いました。取り扱っている仮想通貨の種類が非常に多く、その数は100種類以上という点も素晴らしいと思います。バイナンスコインを使用すると、通常0,1パーセントの取引手数料が0,05パーセントになるためうれしいです。
  • 手数料が安かったことが判明
    評価: 4
    ビットコイン15万円分、イーサリアム5万円分が減資で買い増ししつつ2017年年末合計約60万円分まで増えました。まあうまくやってるという投資状況で満足してましたが、草コインなるのをツイッターで見るようなりました。新し物好きな私は勉強しようとしました。そしてバイナンスのパソコンサイトは日本語対応していてネット検索等でブログ参考にして簡単登録できました。使いやすくて、登録しすぐ取引できるのがありがたいです。扱う銘柄も豊富で、手数料が国内のものよりも安いのが魅力です。また、デメリットでここは日本円入金できなかったりします。
  • すべてトロンに変えたことについて
    評価: 4
    国内取引所で一回ビットコインやイーサリアムを買って、それをバイナンスに入金してそこから好きな仮想通貨買うことになりました。そしてバイナンスから出金も同じで初めちょっと混乱したりします。仮にバイナンスで買った仮想通貨が値上がりしてもビットコインが値下がりすれば思ったより日本円の利益少なくなってしまうのが注意点です。そしてコインチェックに合った0.23btcをバイナンスに送金して1圧2日にすべてトロンに変えました。当時の価格は1trxあたり約0.06ドルで日本円にして約6円で、こうした価格やすい仮想通貨買えるのがバイナンスならでは。
  • binanceで初めての海外取引所
    評価: 4
    binanceは国内の取引所では取引できない通貨が数多く揃っていたために使い始めました。また世界的にも有名な取引所ですので、セキュリティー面でもセインライできる取引所だなと思いました。使っていて一番嬉しいのは、手数料の安さです。binanceが発行しているBNBをある程度買っておけば、手数料が半額になるので、短期でトレードを繰り返すときにはかなりオススメです。デメリットとしては、アプリの方が更新のたびに認証設定をしてあげないと使えない点です。たまにするだけなので、手間にはなりませんが少しめんどくさいです。
  • 海外の仮想通貨取引所としての手数料の安さが魅力
    評価: 5
    Binanceは取り扱い仮想通貨の種類が多いこと、新規上場の仮想通貨をすぐに買える場合が多いこと、仮想通貨がハードフォークした際のフォークコインを貰える可能性がたかいことなど様々なメリットがある海外の仮想通貨取引所ですが、やはりその手数料の安さが特に魅力です。入出金手数料、取引手数料、実質的な手数料であるスプレッドの幅、どれをとっても日本の仮想通貨取引所よりも大幅に安く、私はBinanceでビットコインとリップルの投資を行っていたのですが、手数料を大きく削減できかなりお得な取引をすることができました。

Binanceの口座開設方法と流れ

メールアドレス登録

①Binanceは中国にある取引所ですが、日本語に切り替えて表示できるようになっています。赤〇をクリックすると一覧が表示されるので、日本語をクリック。

 

 

 

②右上の赤〇の「登録」をクリック、または中央部分の「アカウントを作成します」でも登録できます。

 

 

 

③メールアドレスとパスワードを入力していきます。

 

1…メールアドレスを入力
2…好きなパスワードを入力
3…確認のため、もう一度2番のパスワードを入力
4…入力しません

赤枠のチェックをつけて、「登録」をクリック。

 

 

 

④クリック後は、「パズルをしてください」とのメッセージが表示されます。赤〇を右にドラッグすると、赤枠のピースが右に動きます。穴が空いている箇所にピースをはめましょう。

 

 

 

⑤パズルが終わると、自動的に「確認のメールを送った」という画面が表示されます。

 

 

 

メール認証

①登録したメールアドレスに、確認のメールが届いているはずです。届いていない場合は迷惑メールも確認してみてください。メールを開封し、「Verify Email」をクリックします。

 

 

 

②下記の画像が表示されれば、登録は完了です。赤〇のをクリックすると、そのままログインできます。

 

 

 

③ログインは、メールアドレスとパスワードの入力、登録の時に行ったパズル合わせをするとログインできます。ログイン後は、すぐにメッセージが表示されますが、これは「2段階認証を設定してください」という内容です。後で設定したい人は赤〇の「Skip for now」をクリックすると、ホーム画面が表示できます。(詳しい設定方法はセキュリティの項目を参照)

 

 

 

出金制限解除

①通常の登録では、一度に出金できる金額に制限がかかっており、2BTCまでしか出金できません。しかし、本人確認書類の提出を行えば100BTCまで出金できるようになります。出金制限の解除をする前に、まずは2段階認証を設定しましょう(セキュリティの項目を参照)設定が終わっている人は、右上の赤〇部分にマウスをのせ、「ユーザーセンター」を選択します。

 

 

 

②赤枠の「身分証完成」をクリックします。2段階認証の設定が終わっていない場合は、クリックしてもエラーメッセージが表示されて先に進めません。

 

 

 

③個人情報の入力画面に切り替わります。まずは、赤〇にチェックをつけてください。

 

1…名前を入力
2…苗字を入力
3…性別にチェックをつける
4…Japanを選択
5…パスポートの番号を入力

 

 

 

入力後、下にスクロールしてください。

上記の画像の①をクリックし、パスポートのカバーが写っている写真をアップロードします。②には、パスポートの顔写真が写っているページをアップロードします。どちらも事前にスマートフォン等で撮影してから、パソコンに保存しておくといいです。さらに下にスクロール。

 

 

 

最後の写真は本人の顔写真とパスポートを同時に撮影した写真をアップロードします。青枠部分の参考にして撮影してください。最後に「確認」をクリックで完了です。審査は約1週間前後かかります。

 

 

 

Binanceのの使い方マニュアル

最大レバレッジ取引単位現物取引手数料レバレッジ取引手数料
最大レバレッジ取引単位
現物取引手数料レバレッジ取引手数料
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status